FC2ブログ

てきとうVIP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

一方通行「イヤだ」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/06(木) 23:40:08.72 ID:UBlOi46o

天井「・・・以上が絶対能力進化の内容だ 何か質問はあるか?」

 天井亜雄はこれから行われる予定の実験についての説明を終え、未だ実験の内容を記した書類から目を離さない被験者である少年 ―― 一方通行に問いかける。
 一方通行は学園都市最高の頭脳を持つレベル5の第一位の能力者である。
 その彼にこの程度の内容が理解出来ない訳もなく、この問いかけはこれまでも実験の説明を終えるたびに行われてきた形式的なものだ。
 今まで彼から質問が返ってきたことなど一度もなく、それ故、天井は今回も一方通行から質問が返ってくるなどとは思っておらず、既に頭の中では全く別のことを考え始めていた。

一方通行「イヤだ」

天井「…は?」

 しばしの静寂の後、唐突に一方通行から放たれた一言によって、無関係な事に思考を巡らせていた天井は一気に現実に引き戻される。




2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:40:44.31 ID:UBlOi46o

一方通行「だァかァらァ、イヤだっつってんの」

天井「い、嫌だって何がだ」

一方通行「実験だよ実験、今テメエが説明した絶対能力進化とかいうやつ」

天井「は・・・はあああぁぁああ!?何が嫌なんだ!絶対能力者になれるんだぞ!?一体何が不満なんだ!」

 天井は理解できなかった。信じ難いことにこの少年は学園都市の最終目標であり、この少年自身の最終目標でもある絶対能力者への道を自ら閉ざそうとしているのだ。

一方通行「絶対能力者にはなりてェよ 実験内容も腐りきっちゃいるがまァ問題ねェ ただな・・・」

天井「ただ何だ!?」

一方通行「テメエの言うこと聞くのがイヤだ」

天井「はああああああああああああ!?お前何言ってんだホント!?」



3 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:41:18.38 ID:UBlOi46o

一方通行「まァ落ち着けよ、ちゃンと説明してやっからそこ座れ」

天井「・・・」

 促された天井は(とりあえず説明くらいは聞いてみよう)と、一先ず椅子に手をかけ腰を下ろそうとする、が

一方通行「なァにナチュラルに椅子に座ろうとしてるんですかァ?床に正座しろ正座ァ」

 一方通行に遮られ椅子を没収されてしまう。

天井「い、一体何なんだ!?ホントにおかしいぞお前!!」

一方通行「はァー・・・ったく、最初っから説明してやらねェとダメみたいだなァこの天井クンは」

 心底めんどくさそうに溜息をつく一方通行に、天井はただただ困惑する他ない。

一方通行「いいですかァ天井クン、テメエの仕事は俺の能力を研究することだよなァ?」

天井「そ、その通りだが・・・」

一方通行「つまりィ、天井クンは俺のお陰でお金が稼げてご飯が食べられてるわけですよねェ?」

天井「そんな事は・・・」

一方通行「そンな事はないってか?でも俺がいなかったら天井クンはお払い箱で路頭に迷うハメになるンですよねェ?」

天井「ぐ・・・」


4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:41:54.26 ID:UBlOi46o

一方通行「ようするに天井クンは俺に頭下げて『協力をお願いする』立場なンですよォ それなのにどうして上から目線で物を言ってるンですかねェ?」

一方通行「本来なら散々俺のご機嫌取った挙句に「協力してくださいお願いします」って床に額擦り付けるくらいのことやンなきゃいけないンじゃないですかァ?」

天井「な、何故今更そんなことを・・・」

 言い出すんだ、と天井は疑問を口にする。それも当然だ。これまで一方通行が天井の態度に口を出したことなど一度も無く、基本的には従順に、言われるがままに実験に協力してきたのだから。
 それなのに、一体どうしてこのタイミングで?天井は全く真意を掴めないでいた。

一方通行「だってよォ、最初から俺が偉そうな態度とってテメエがへーこらするのが当然になっちまったらつまンねェだろ? だからまずは下手に出てよォ、テメエを持ち上げて顔を立ててやったンだ」

一方通行「思った通りテメエは「あ、こいつには上から目線で接していいンだな」って勘違いしやがった、実際の立場は俺のほうが遥かに上なのになァ」

 ケラケラと笑う一方通行に対し、天井は未だ彼の真意が掴めない。どうして彼はそんな無意味なことをしたのだろうか。

一方通行「ワケわかンねェってツラしてンなァ・・・まァぶっちゃけるとテメエにイヤガラセしたかっただけだ」

天井「イヤガラセだあああああああ!!!????」



5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:42:50.16 ID:UBlOi46o

一方通行「俺さァ、他人にイヤガラセとかイタズラすンのが昔から大好きでよォ ここの研究員もほぼ全員何かしら俺からイヤガラセの洗礼を受けてるンだぜェ? 天井クンプライド高そうだったから、持ち上げて持ち上げてここ一番で叩き落してやろうと思ってなァ」ケラケラケラ

天井「ふっざけんなこのクソガキがああああああああ!!!」

一方通行「そうそう、そのリアクションが見たくてこれまでずっと大人しくしてきたンだぜェ!ぎゃはっもっと熱くなれよォ!!!」ゲラゲラゲラ

 爆笑する一方通行に、遂に天井は顔を真っ赤にして手を振り上げる。能力によって反射されてしまうということを忘れてしまうほど頭に血が昇っているのだ。

一方通行「おォっとそンな態度でいいのかァ天井クゥン?実験に協力してやンねェぞォ?」

天井「ぬぐぅ!?」

 その言葉に天井はビクリと身体の動きを止め、プルプルと震え始める。

一方通行「さァ天井クン、もォわかってンな?どォいう態度を取ればいいのか、どうすれば俺が実験に協力する気になるのかよォ」

天井「ぐ・・・く・・・ぐぐ・・・」

 怒りで顔を真っ赤に染め、屈辱にその身を震わせながらも、天井の身体がゆっくりと沈んでいく。そして―

天井「一方通行さん、どうか私どもの実験に協力してください・・・ッ」

 ―それはそれは、見事な土下座であった。
 同時に一方通行の爆笑が研究所に響き渡る。


6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:44:11.39 ID:UBlOi46o


 どれほどの時間が経っただろう。やがて一方通行の爆笑の声も収まり

一方通行「天井クン」

 額を床に擦り付けたままの天井の肩に、そっと一方通行の手が置かれる

一方通行「天井クン、テメエの気持ちはよくわかった だからもう顔を上げてくれ」

天井「じゃ、じゃあ!」

 さっきまで爆笑していた一方通行からかけられた優しげな声に、天井は喜び顔を上げる。
 そこにはまるで菩薩のような慈愛の笑みを浮かべる一方通行。天井は己の勝利を確信した。

一方通行「だが断る!!」

天井「え・・・な・・・あッ?」

 愕然とした表情で、最早まともな声もでない天井に一方通行は冷酷な言葉を続ける。

一方通行「一方通行さンってなンだよ、『さン』って そこは『様』だろォがよォ 結局テメ
エの気持ちなンざその程度な訳だ」

天井「い、一方通行様!お願いします!」

一方通行「ダメダメ、二度目は受け付けねェよ それに「お願いします」だけじゃ何のことだかサッパリわかンねェ
顔洗ってまた明日出直せ」

天井「ち、ちっくしょおおおおおおおお!!!」ダッ

 信じられないようなダメ出しを受けた後、即座に二度目の土下座に入った天井だったが
結局無慈悲な白い悪魔に冷たくあしらわれてしまう。
 哀れ天井は再び火が着いた様に爆笑する一方通行に見送られ、泣きながら研究所から飛び出すこととなった。


7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:45:26.99 ID:UBlOi46o

「さっきの、ちょっとやりすぎじゃないかしら?」

一方通行「あァン?見てたのかよ芳川ァ」

 天井が研究所を飛び出して数十分後、缶コーヒーを啜っていた一方通行に一人の女性研究員が話しかける。

芳川「あんなに追い詰めて、逆上して思いもよらない行動をしてくるかもしれないわよ?」

一方通行「ハッ、あの小物にそんな度胸ありゃしねェよ 
明日からは多分、これでもかってくらい俺のご機嫌を取りにくるぜェ」ケラケラ

芳川「あなたがそう言うんならそうなんでしょうね でもあまりやりすぎないでね?
私を含め他の研究員達は笑いを堪えるのが大変なのだから」

一方通行「笑いたけりゃ笑っちまえよ、それで天井の野郎があからさまに不機嫌になるようなら
「その態度が気にいらねェから実験しねェ」って俺が難癖つけるだけだからよォ」

芳川「そう、それじゃ遠慮なく笑うことにするわ ・・・ありがとう一方通行」

一方通行「ありがとうだァ?面白い見世物ができたことがそんなに嬉しいンですかァ?」

芳川「違うわ、いえそれもだけど・・・妹達のことよ 
あなた、彼女達を生かすために実験の開始を先延ばしにして、
あわよくば実験を凍結させてしまうためにあんな態度を取ったのでしょう?」

一方通行「えっ」

芳川「えっ」



8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/06(木) 23:46:12.65 ID:UBlOi46o
一方通行「・・・え?」

芳川「・・・」

一方通行「・・・」

芳川「・・・なんでもないわ、あなたは敵に回したくないわね」

芳川(本当に考えなしのただのイヤガラセだったのね・・・)

一方通行「あ、そォいえばお前にはまだイタズラもイヤガラセもしてなかったなァ
近いうちに何かお見舞いしてやっから楽しみにしとけ」ケケケ

芳川(研究員ほぼ全員にイヤガラセしてたってのも本当なのね・・・)

 カツカツと音を立てて歩き去る一方通行の背中を、なんともいえないやるせない気持ちで見送る芳川であった。



10 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:47:25.78 ID:UBlOi46o

 一方通行の予想通り、次の日から天井の猛烈なご機嫌取りが始まった。
 これまでいいように従ってきた被験者に対して急に謙らなければならないということもあってか、
最初はぎこちなく、一方通行にも散々揚げ足を取られ、難癖をつけられ、罵倒されまくり
周囲の研究員の笑い者になる天井だったが、徐々にその言動が、言動に留まらず容姿までもが、
完成されたものへと変わっていく。


 そして数ヶ月の時が流れ―




天井「一方通行様、今日も良いお天気ですね 絶好の実験日和だとは思いませんか?」

一方通行「いや・・・なンかもう誰だよお前」

 丁寧な口調に人当たりの良い微笑み、短く整えられた髪、清潔な白衣とセンスの良い小物類・・・
 天井亜雄は、それは立派な好青年へと変貌していた。


11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:48:19.65 ID:UBlOi46o

天井「誰だ、とは酷い仰り様です あなた様の天井亜雄ですよ」

一方通行「あなた様のォとか言わないでもらえますゥ!?滅茶苦茶気持ち悪いんですけどォ!」

天井「これは大変失礼致しました、非礼をお詫び致します しかし今日は本当に気持ちの良い天気ですね、
そろそろ実験を始めてみられては如何でしょう?」

「「天井さーん!」」

 一方通行に実験の開始を迫っていた天井の背後から複数の黄色い声が響く。

女性研究員A「天井さん、今日は一緒にお昼食べに行きませんかぁー?」

女性研究員B「ずるーい、今日は私と一緒に食べるんだから!」

女性研究員C「ちょっとー!今日は私の番のはずでしょー!」

 数ヶ月にわたって一方通行による性格や服装、容姿の矯正(というかダメ出しと難癖)
を受け続けていた天井は、今や誰に対しても優しく紳士的なモテ男となっていたのだ。

天井「困りましたね・・・皆さんでご一緒に、というわけにはいかないのでしょうか?」

一方通行「・・・」テクテク

天井「あぁ!一方通行様どちらへ!?」

一方通行「天井クンがモテすぎてムカつくから今日の実験も中止な」テクテク

天井「そ、そんな!ちょっと待ってください!」

 天井の制止を聞き流し、一方通行はさっさと研究所から抜け出す。時間は正午を少し過ぎたくらいだ。


12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:50:01.30 ID:UBlOi46o

一方通行(腹が減ったから出てきただけだし、別に逃げたわけじゃねェし 
ババアどもにモテてるの見ても別に羨ましくねェし)

 誰に聞かせるでもなく、言い訳めいた思考を巡らせながら一方通行は歩き続ける。

一方通行(まさかあの天井クンがあンなになるとはなァ・・・
しかしムカつくぜェ、こういうときは誰かにイヤガラセでもするのが一番だな)

 そんなろくでもない思い付きをする一方通行の前に

「おや、そこにいるのは一方通行ではありませんか?とミサカは俯き加減に歩いているモヤシに声をかけます」
 
 一匹の獲物が現れた。



13 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:52:12.38 ID:UBlOi46o

一方通行「ん?お前は・・・えーっと何号だ?」

00001号「00001号です、とミサカは自分が記念すべき第1号であることを誇らしげに言い放ちます」

一方通行「あー00001号か、相変わらず見分けつかねェなァお前等」

00001号「そんなことより何をしてるんですか?実験サボってんじゃねえぞ、とミサカは批難しながら尋ねます」

一方通行「俺が実験サボってるから生きてられンだろォがお前等・・・ 飯だよ飯、適当に昼飯食いに外に出て来てンだ」

00001号「ほう食事ですか、実はミサカもまだ食事を取っていないんですよ」

一方通行「ふゥン で?」

00001号「奢れってことだよ、言わせんな恥ずかしい、とミサカは恥らいます」

一方通行「全然恥ずかしがってるように見えないンですけどォ?まァいい、ついてこい」

00001号「え、マジで奢ってくれんの?とミサカは嬉しさのあまり小躍りします」

一方通行「うざってェからはしゃいでンじゃねェ!そこのファミレスでいいな?」

00001号「いえ、どうせあなたの奢りならあっちの高級そうなレストランにしましょう、とミサカはささやかなお願いをします」

一方通行「ささやかじゃねェよ・・・もォいい好きにしろォ」

 がっくりと項垂れた一方通行は00001号に半ば引き摺られるようにして高級レストランへと連れ込まれる。


 00001号は気付かなかった。

 この時、項垂れていた一方通行の顔に

 満面の歪な笑みが浮かんでいたことに。


14 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:54:02.26 ID:UBlOi46o

 自分の分をさっさと食べ終わった一方通行は、未だ目の前でナイフとフォークの扱いに苦戦しつつ
少しずつ食事を進めている00001号を眺めながら考える。

一方通行(十分に塩は送ったな さてこいつにどンなイヤガラセをしてやろうか)

 一方通行はイヤガラセをするにあたり、自分の中に二つのルールを設けている。
 第1に、初めてイヤガラセをする相手には必ず塩を送り、いい気分にさせてやること。
天井に大人しく従っていたのも、今目の前にいる少女に食事を奢っているのも、このルールに沿ってのことである。
 それは落とす前に持ち上げることで、その後行われるイヤガラセのダメージをより増大させる効果を持つと共に
「これだけいい思いさせてやったのだから、この後これくらいのイヤガラセをしてもいいだろう」
と自分自身の中のタガを外す効果を持つ。

 第2に、酷すぎるイヤガラセをしないことと、身体的なダメージを決して与えないこと。
 これは相手のことを気遣ってのこと等では勿論なく、イヤガラセをした際に相手を傷つけてしまうと、
相手が自分に対して恐怖感を抱いてしまい、イヤガラセの後にあまり良いリアクションを取ってくれないから
という極めて利己的な考えからである。
 彼はイヤガラセをすること自体が好きなのではなく、
イヤガラセを受けた相手が驚き、叫び、呆然とする様を笑いながら眺めることが好きなのだ。

 彼は相手の心をへし折ってしまうような悪どいイヤガラセなどは決してせず、
子供のイタズラと呼んでも差し支えのないようなレベルの些細なイヤガラセを繰り返し行い、
相手の反応を見てはゲラゲラと笑い転げるのだ。

自分で書いててイヤな奴過ぎワロタ



15 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:55:49.46 ID:UBlOi46o

00001号「ふぅご馳走様です、大変美味しゅうございました、とミサカは手を合わせます」

一方通行「そりゃァよかったですねェ ところでよォ」

00001号「はい、なんでしょうか?とミサカは聞き返します」

一方通行「イヤさァお前等やっぱり見分け辛ェから、お前には特別にプレゼントでもやろうと思ってよォ
ちょっと頭こっちに向けてみろ」

00001号「ひょっとして髪飾り的な何かをくれるんですか?
食事奢ってもらった上にプレゼントなんて何か悪いですね、とミサカは頭頂部を一方通行に突き出します」

 まァそう気にすんなァ、等と言いながら一方通行は突き出された00001号の頭を鷲掴みにし、ワシャワシャと髪を撫でる。

00001号「ちょ、ちょっと何ですか一方通行!?髪をワシャワシャとするのがプレゼントなんですか!?
とミサカは困惑気味に問いかけます!」

一方通行「気にすンな気にすンな、すぐ終わるからよォっと、できたァ」プククク

00001号「一体何なんですか?ワシャワシャしながら頭に何かつけてくれたんですか?
とミサカは髪を整えながら尋ねます」

一方通行「まァそンなところだ 中々似合ってるぜェ」クククク

00001号「ほうそうですか、とミサカはどこからともなく鏡を取り出して自分の勇姿を映し出し・・・
ってなんじゃこりゃあああああああ!!!!???」



16 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/06(木) 23:58:29.98 ID:UBlOi46o

00001号「ミサカの!ミサカの頭に!」




00001号「でっかいアホ毛が!!!!!!」




一方通行「ギャハハハハハハァ!!よォォくお似合いですよォォォォォ!」ゲラゲラ

00001号「酷い!酷すぎます一方通行!ていうか何だこれ滅茶苦茶なげえ!
ミサカの髪の中にこんな長いの無かったろ!?」

一方通行「ベクトル操作の有効利用でェす!ちなみに水で塗らそうがワックス塗りたくろうが絶対に寝ねェし
ハサミでも切れねェから!」ゲラゲラゲラ

00001号「明らかに無駄遣いだろうが!すぐ戻せこのモヤシ野郎!
とミサカは笑い転げている一方通行を罵倒します!!」

一方通行「イヤイヤイヤァ!個性的で実にいいと思いますよォ!
そォだ今度からお前のことはアホ毛って呼ぶことにするわ!」ゲラゲラゲラ

アホ毛「ふざけんなしね!!ちょ、おい名前アホ毛にすんのやめろ!!
ちょっとカメラ止めろおい!!!とミサカはマジ切れ寸前です!!!!」


17 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:02:19.66 ID:KOHIklw0

一方通行「イヤイヤ、でも俺はマジで可愛いと思うぜェ(キリッ」

アホ毛「えっ」

一方通行「正直言ってマジで俺好みだ 今すぐ愛の告白をしてェくれェだぜ(キリッ」

アホ毛「一方通行はミサカを自分好みの女にするためにこのアホ毛を・・・?
そ、そんな突然困ります イヤではありませんが、まだ心の準備というものが・・・」

一方通行「・・・」ヒクヒク

アホ毛「・・・」

一方通行「・・・」ヒクヒクヒク

アホ毛「一方通行・・・肩がヒクヒク言ってます・・・顔も半笑いになってます・・・」

一方通行「ブハァ!!もう堪えらンねェ!!やっぱそのアホ毛はねェよ!!前衛的過ぎんだろォが!!!」ゲラゲラゲラ

アホ毛「うわああぁぁぁぁ!!!覚えてろちくしょおおおおおおお!!!!
とミサカは捨て台詞を残してさめざめと泣きながら走り去りますうわあああああん!!!」ダッ

一方通行「うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!
そのアホ毛は忘れようったって忘れらンねェよ!!!」ゲラゲラゲラ

 かわいそうなアホ毛を爆笑で見送った後、一方通行はコーヒーを1杯オーダーし、のんびりとそれを啜った。
周囲の人間から向けられる奇異の目など全く気にならないほどに彼の心は穏やかに晴れ渡っていた。


19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:07:58.27 ID:n2zJ4GYo
ゲスセラレーターだと

21 名前:>>1[] 投稿日:2011/01/07(金) 00:11:55.48 ID:KOHIklwo
ちなみにアホ毛のサイズはこのくらいを想定しております
もうちょっとでかいほうがいいか?


                  _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                 /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                 |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                 |:::::::::/         ヽ
.                 |:::::::|
.                 |::::::|
               _,,,,,,,,,ヽ::|  _
               /=======ァ^ト┐
               ト=======扣z<ヽ
               人二二二二式 |:.:',  
                 /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  
             |イ:i:代ナ 弋ナ Ⅶ .:| 
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  
    -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八  
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
      -= ヘ王│  _/V,' {」/ / {/ハ
        ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   〉
            \__,xくl /} |     |   |   /
                ∨/ ,'     |  └rー|

22 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:12:55.45 ID:iRErTJIo
前衛的すぎるww

23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:13:43.47 ID:rX/7SF6o
どこぞのでかいヒーローのカッターだなこれ

25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:17:13.41 ID:XLUpKsAO
>>23
ウルトラマ○セブ○ かwwww

26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 00:21:33.37 ID:zUhLbXUP
アホ毛ってレベルじゃねぇよwwwwwwww

30 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:03:23.41 ID:dc2wc0co
アホ毛ってレベルじゃねえよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

33 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/07(金) 01:45:19.16 ID:KOHIklwo
「ありがとうございましたー!」

 その後何度も思い出し笑いをしつつ、コーヒー1杯にたっぷりと時間をかけて味わった
一方通行は足取りも軽く、なんとも優しげな微笑をたたえながらレストランを後にした。
無論、その微笑みは悪魔の微笑みなのであるが。

一方通行「やっべェなァ、これもし実験始まっちゃったら俺あのアホ毛に勝てねェンじゃね?
あンなのに真顔で銃向けられたら笑い死にしちまう自信があるぜェ」プクククク

 こりゃもう一つ実験を開始するわけにはいかねェ理由ができちまったなァ、などと
笑いを堪えながら、非常に身勝手な独り言を呟きながら、彼は再び歩き始める。



「ようやく見つけたぜぇ・・・待ちやがれ一方通行アアアアア!!!」

一方通行「あン?」

 レストランを出て数分後、晴れやかな気分のまま食後の散歩と洒落込んでいた一方通行に
突如声がかかる。

 右でも左でも、前でも後ろでもなく・・・その頭上から。


34 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:46:01.98 ID:KOHIklwo

一方通行「はァん、誰かと思えば垣根クンじゃァありませんかァ
どうしたんですかァ?真昼間っからクソ暑苦しい羽毛なんて生やしちゃってェ」ゲラゲラゲラ

 ゲラゲラと笑いながら頭上を見上げる一方通行の視線の先には、天使のそれの如く
真っ白な翼をはためかせたホスト風の男が憤怒の形相で宙に浮いていた。

垣根「どうしたのか、だと!?用件聞かなきゃわからねえ程馬鹿になっちまったのかてめぇはぁ!?」

 彼こそは垣根帝督
 この学園都市で、第1位である一方通行に次ぐ第2位の序列を持つレベル5の能力者である。
 そして―

一方通行「あっれェ、もしかして第2位ともあろうお方が
まァだあンなチャチなこと根に持ってるンですかァ!!??」

垣根「他人様の写真を勝手にゲイサイトに本名住所携帯番号付きでアップロードするのは
どう考えてもチャチなことじゃねえだろうがああああああ!!!!!!」

 ― 一方通行の主目標(メインターゲット)の一人である。


35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:46:38.75 ID:KOHIklwo

一方通行「いやァ、垣根クン女だけじゃなくて男にもモテるンですねェ。うらやましい限りですよォ 
あんなリアクションは本職の芸人でも中々出来ねェぜェ?」ゲラゲラゲラ

垣根「コロス、テメエはマジでコロス!!! だがなぁ!今回はゲイサイトの件じゃねえ!!」

一方通行「えェーっと、じゃァなんですっけェ?」


垣根「とぼけんな!!テメエだろうがぁ!!

俺の家の冷蔵庫に顔書いて手足くっつけて

       『帝凍庫クン』

とかいう不気味なマスコットにしやがったのはああああああ!!!!」

一方通行「アハッギャハハハハハァッ!!!!!ジワジワ来ただろ?ジワジワ来ただろォ!?」ゲラゲラゲラ


36 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:47:23.88 ID:KOHIklwo

垣根「ジワジワどころじゃねえ!!何か知らねえが冷蔵庫ネタで弄られると死ぬほどムカつくんだよクソがあ!!!!」

一方通行「それはそれは・・・前世は生きながら冷蔵庫にされたカワイソウな人とかだったンじゃないですかねェ」クスクスクス

垣根「有り得ねえよ何だその設定!!??とにかく死にやがれこのクソ野郎が!!!
世のため人のため俺のために、今この場で、この瞬間に死にやがれぇ!!!」

一方通行「ほら、お前常識通じねェンだろ?前世もきっと常識通じねェバカ野郎だったンだだぜきっとよォ!
試しに冷蔵庫になろうとしてみろよ!お前ならきっとなれるぜぇ!!」

 ゴオ!!と唸りを上げて襲い掛かる垣根の翼をヒラリと身をかわしつつも挑発を重ねる一方通行。

一方通行「おォ怖ェ怖ェ、垣根クンがマジ切れしてるから俺は逃げるぜェ」ケラケラケラ

垣根「ちょ、待ちやがれ!!また逃げんのか第1位のくせに!!?」

一方通行「生憎、俺と戦いたがってる奴と素直に戦ってやるほど優しくないンでェ!!
じゃァなァ!!!」バビュン

垣根「待ぁちやがれえええええええええぇぇぇええ!!!!!」バサァ

 学園都市最強最悪の鬼ごっこが、今、幕を開けた。


37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:49:03.24 ID:KOHIklwo

一方通行「しつこい男は嫌われるぜえェェ垣根くゥゥン!?」

垣根「ガキみてえなイタズラ繰り返して笑い転げてるてめえよりはマシだクソッタレがああああ!!!!」


 周囲の家屋をなぎ倒しながら、しかしそれでも一般人は巻き込まないように計算されながら、二人の鬼ごっこは続く。
 途中、一人だけ巻き込んでしまい「不幸だッ」という断末魔と共に散った儚い命があったような気がしたが、
「恐らく気のせいだから気にしないようにしよう」と無言のうちにアイコンタクトを交わし、そのまま鬼ごっこは続行された。




垣根「ハァ・・・ハァ・・・」

一方通行「おンやァ、スタミナ切れですかァ?垣根くゥン?」

垣根「うるっせえクソが!デタラメな能力しやがって・・・モヤシのくせに」ハァハァ

一方通行「ったく、そんな根性無しだからテメエンとこのあのドレスの女、心理定規だっけ?
あいつにも見放されるンだよテメエは」

垣根「はぁ!?何言ってやがんだテメエ!見放されてねえよ!!」
 
 ヤレヤレと大げさなジェスチャーを取る一方通行の口から出た思わぬ言葉に
垣根は大きく動揺する。


38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:49:46.62 ID:KOHIklwo

一方通行「え、でもあいつこの前第7位と・・・あっ」

垣根「えっ」

一方通行「・・・」

垣根「第7位と・・・?」

一方通行「・・・すまねェ、忘れてくれ」

垣根「おいちょっと待て!!!!第7位となんだ!?あの根性馬鹿と心理定規がどうした!!?」

一方通行「だから何でもねェって・・・気にすンな
それと色々イヤガラセして悪かったなァ・・・」

垣根「おいふざけんな何突然暗くなってやがる!?第7位と心理定規が『そう』なのか!?
嘘だと言ってくれおい!!!!」

一方通行「そう、そうだ嘘なンだよ・・・何時も俺がテメエにやってるチャチなイヤガラセの一環の小さな嘘だ・・・
だからもうこの話は終わりにしようぜ、人間知らないほうがいいってこともあンだよ・・・」

垣根「おいやめろ優しくすんなこら・・・そんな・・・心理定規と第7位が・・・
うわあああああああああああ!!!!!!!!」バサァッ

 大ショックを受け、泣きながら音速で飛び立つ垣根の後ろ姿を見送りながら一方通行は呟く。

一方通行「まァ本当に嘘なンですけどね」

 彼の心は、相変わらずとても晴れやかだ。


42 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 01:59:47.88 ID:n2zJ4GYo
やべえおもしれえwwww

43 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 02:06:40.55 ID:83m0ZSo0
なんで上条くんはすぐ死んでしまうん?

44 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 02:07:34.37 ID:KOHIklwo
ちなみに帝凍庫クンのイメージはこんな感じです
何無駄なもん作ってんだ俺


                ┌――――――――─┐
                 l                l
                    |               |
                 |_________________|
                ./|==========iト、
                ../ |   -―- 、__,        .|| .\
              /  l   '叨¨ヽ   `ー-、  .|ト、   \
    r、       /   .!〕   ` ー    /叨¨)   || \  \        ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / |         ヽ,     ||   \   ̄` ー‐'´ (_
  とニ二ゝソ____/   |    `ヽ.___´,       ||    \____(、,二つ
                       |       `ニ´      ||
                       |_____________j|
                 |´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|
                 |               ||
                       |〕                ||
                   /|              ||
                  |___________j|

45 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 02:12:53.17 ID:rX/7SF6o
>>44
お茶吹いたじゃねぇかwwwwwwwwwwww

48 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 02:24:45.10 ID:dc2wc0co
>>1の貼るAAが卑怯すぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

51 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 09:20:57.21 ID:n2zJ4GYo
>>44
やめwwwwwwろwwwwww

52 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 09:56:32.92 ID:2BvHL2go
一方通行さんマジ外道

68 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 20:28:30.92 ID:9BngDHko
                ┌――――――――─┐
                 l                l
                    |               |
                 |_________________|
                ./|==========iト、
                ../ |   /        \  .|| .\
              /  l   '叨¨ヽ   `ー-、  .|ト、   \
    r、       /   .!〕   ` ー    /叨¨)   || \  \        ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / |         ヽ,     ||   \   ̄` ー‐'´ (_
  とニ二ゝソ____/   |      ___´       ||    \____(、,二つ
                 |   帝凍/庫クン    ||
                       |_____________j|




                 |´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|
                 |               ||
                       |〕                ||
                   /|              ||
                  |___________j|

69 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 20:29:45.90 ID:WJmlW2Eo
>>68
秀逸

70 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 20:32:30.66 ID:ZubiyZoo
分裂wwwwwwww

71 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 20:42:09.30 ID:dc2wc0co
わけんじゃねえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

77 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:21:17.43 ID:zefzy6Io

「ちょっとそこのあなた お時間よろしいですの?」

一方通行「あァン?」

 飛び去った垣根に向かってふざけて敬礼ポーズを取っていた一方通行に声がかかる。
今度は先程の様に非常識な方向からではなく、ちゃんと背後から。

「まったく、高位の能力者が暴れているという通報があったから来てみれば・・・
なんて酷い有様なんですの!?負傷者が出ていないというのが信じられませんの!」

一方通行「あァ、その辺ちゃァンと気ィ使ったからなァ
つーか暴れたのは俺じゃねェよ、どっかのメルヘン野郎だ」

「メルヘンだかメンヘルだか知りませんが、とにかく!ちょっと来ていただきますの!」

一方通行「ハアァァア?白昼堂々とこの俺を誘拐しようってンですかァ?
つーか一体何なのよお前?何様ですかァ?」





「ジャッジメントですの!(キリッ」バァーン!!!







78 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:21:55.64 ID:zefzy6Io

一方通行「えェーっと、「ジャッジメント・ですの」サン?変わったお名前ですねェ・・・
プロレスのリングネームか何かですかァ?」

ですの(仮)「プ、プロレス!?いや違いますの!それは名前じゃありませんの!!
ちょ、ですの(仮)ってなんですのおおおおおおお!!?」

一方通行「ですのサンじゃないのか?じゃァ一体何なのよお前」

ですの(仮)「だから!ジャッジメント!!ですの!!!」

一方通行「ンン?やっぱり合ってンじゃねェか 何が言いてェんだお前?」

ですの(確定)「これだけジャッジメントを強調したのにアウトですの!?
おい確定させんな!!ですのって名前を確定させんな!!!
わたくしには白井黒子というちゃんとした名前があるんですのおおおおお!!!!」

一方通行「あァつまりアレか、白井黒子が本名でェ ジャッジメント・ですのが通り名的なァ」

白井「もうそれで結構ですの・・・ていうかジャッジメントのこと知らないんですのね・・・」

 がっくりと肩を落とす白井に一方通行は、まるで新しい玩具を買い与えられた幼子のように、
あるいは散歩前のスタンバイOKな犬のように、これでもかというほど目を輝かせながら声を掛け続ける。

一方通行「そンでェ、ですのサンはどォいう了見で俺のことを誘拐しようとしてるンですかァ?」



79 名前:>>1 名前欄入れ忘れてた[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:22:29.89 ID:zefzy6Io

白井「白井と呼んでくださいまし!! 
誘拐ではなくですね、あの、わたくし達の仕事が治安維持のようなものでして・・・」

 ジャッジメントを理解できていないであろう一方通行に、白井はしどろもどろになりながら
自分達の役割を説明しようとする。
 普段は「ジャッジメントですの!」の一言で相手が察してくれるので、こんなケースははじめてである。
 慣れぬ事に上手く言葉に出来ずにいる白井に

一方通行「あァそうか、ジャッジメントだもンなァ 
最初に「能力者が暴れてるって通報受けた」って言ってたしィ、
被害地のど真ん中に無傷で立ってた俺に事情聴取をしてェわけか」ケラケラケラ

 ― 一方通行は笑いながら助け舟を出した。

白井「そうそう!その通りですの!いやあ理解が早くて助かりますの!
・・・ってジャッジメントのことちゃんと知ってるんじゃありませんのおおおおおお!!!!!」

一方通行「いや、そりゃァ知ってるに決まってンだろ常識レベルのことだぜェ?」

白井「ぬああああああああああ!!!!!!」

 何言ってんのお前?馬鹿なの?とでも言いたげな一方通行の口調に白井はますますヒートアップする。



80 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:23:14.88 ID:zefzy6Io

 さてお気付きの方も多いだろうが、一方通行は早くも自分の設けているルール第1、
「初めてイヤガラセをする相手には塩を送る」を破ってしまっている。
これは許されざることではないのだろうか?
 しかしよく思い出して頂きたい。彼が自分のルールに則って行動をするのは、
あくまでもより一層相手にするイヤガラセを際立たせる為のものである。
つまりこのルールを破っているということは、
「イヤガラセを際立たせる気はない」という彼なりの、むしろ気遣いなのだ!!!!

 アホ毛、垣根と立て続けにイヤガラセの限りをつくした彼は既に非常にご機嫌でお腹一杯で、
だから白井にたいするこの仕打ちは食後に軽めのデザートを味わうかのようなものであり、
ようするに今、彼はイヤガラセをしているつもりすらあんまりないのだ。
本当にイヤな奴だこいつ

白井「と・に・か・く!ジャッジメントだということが理解できてるんなら
さっさと着いて来て事情を聞かせてくださりませんの!?」

一方通行「お断りだァ 白だか黒だかわかンねェ名前してるくせに
髪は茶色で肌は肌色してるよォな奴になンざ着いて行きたくねェよ」ケラケラケラ

白井「い、意味がわかりませんのおおおおおお!!
そもそも肌の色なんて肌色以外に有り得ないでしょうに!!!?」

一方通行「あァ?テメエは今俺と、ついでに全世界の白人とニガーどもを敵に回したぞ?」

白井「ついでにとかニガーとか言ってるテメエの方が遥かに敵に回してますのおおおおお!!!!」

一方通行「ハッ『これにはオ○マ大統領もニガ笑い』ってなァ!」ゲラゲラゲラ

白井「笑えませんの!!全く笑えませんのおおおお!!!!
ていうかマジでそういうブラックジョークは自重しとけええええええ!!!」



81 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:23:40.51 ID:zefzy6Io

一方通行「そんなに叫んで疲れねェか?俺なんてただ立ってるだけで疲れてきたってのによォ」フゥ

白井「一体誰のせいだと思ってるんですの!?」


 もうダメだコイツマジで手に負えねえ 白井がそう判断し、応援を呼ぼうとしたまさにその時


「黒子!大丈夫!?」



白井「お、お姉様ああああああああ!!!!」

 絶妙なタイミングで助っ人が現れた。



82 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:24:41.78 ID:zefzy6Io

「よかった、無事だったのね!高位の能力者が暴れてて、
ジャッジメントが出動したって聞いたから、私心配で・・・」

白井「お姉様・・・身体的には無事ですが、精神的にはもう・・・
後はお任せ致しますの・・・」グラリ

 崩れ落ちる白井の身体を慌てて抱き寄せ、その瞳に怒りの炎を燃やす少女。彼女の名は御坂美琴 
彼女こそアホ毛をはじめとするクローン集団『妹達』のオリジナルであり、
学園都市の第三位、レベル5の能力者!そして―

御坂「あんたね!黒子をこんな目に合わせたのは!!
ってあんたはああああああぁぁぁぁああ!!!!!」

一方通行「どォもォ、お久しぶりでェす」ゲラゲラゲラ

 ―やっぱり一方通行のイヤガラセの主目標(メインターゲット)の一人である。

御坂「ハハ・・・ハハハハ!不思議な縁もあるもんね!ここで会ったが100年目ってやつよ!
今日こそ積もり積もった恨みを晴らさせて貰うわ!!」バチバチバチ

白井「お、お姉様・・・この殿方とお知り合いでしたの!?」

御坂「知り合いなんて生易しいもんじゃないわよ!
あんたには何度か話したわよね?最近酷いイタズラを受けてるって・・・
その犯人がまさにこいつなのよ!!」


 ビシィ!と指差す御坂に応じるように、一方通行は「ハァイ」と気だるそうに片手を挙げ、
挑発するかのようにその手をひらひらと振りはじめた。


83 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:25:30.99 ID:zefzy6Io

白井「こ、この殿方が・・・でもこんなモヤシのような方、第三位のお姉様ならイチコロなのでは?」

御坂「・・・これはあんたには教えてなかったけどね、私にイヤガラセをしてた奴は!
つまりこいつは!!こんなでも私より序列が上、いいえそれどころか!!!
この学園都市の第一位なのよ!!!」

白井「だ、第一位!!この方が!!!?」

御坂「そうよ!こいつは第一位の能力と頭脳を使ってひたすら他人にイヤガラセをする最悪な奴なのよ!!!」

白井「さ、最低ですのッ!!」

一方通行「でも最強なァ」

 ニタァと不気味な笑みを浮かべながら、一方通行は御坂の方へ歩み寄る。

一方通行「わざわざ俺の紹介どォもォ で、どうするンだァ超電磁砲?」ニヤニヤ

御坂「決まってんでしょ・・・あんたの脳天に超電磁砲をぶち込んでやんのよおおおおお!!!」バチバチバチ



84 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:26:01.70 ID:zefzy6Io

一方通行「第二位といいテメエといい、本当に気が短けェなァオイ
あのカエルのぬいぐるみに落書きしたのがそンなに気に喰わなかったのかよ?」

御坂「カエルじゃなくてゲコ太よ!!!つーか何よ『4WD』って!わけわかんないわよ!!
ゲコ太は四輪駆動なんてしないわよ!!!!」

一方通行「いやァちょっとシュールなものに凝ってましてェ・・・
ジワジワきたろォ?」ケラケラケラ

御坂「ゲコ太のことだけじゃないわ!!あんたなんでしょ!私の・・・
し、下着盗んだの!!!このド変態!!!」

一方通行「えっ」

御坂「えっ」

白井「えっ」ドキン


85 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:26:42.24 ID:zefzy6Io

一方通行「え、は?下着ィ・・・?盗まれたのかァ?悪ィそれマジで知らねェわ」

御坂「う、嘘よ!だって他にいないじゃない!!
ど、どうせ私の下着でその・・・いやらしいことしてるんでしょ!!!」

白井「そ、そうですの!そうに違いありませんの!!
きっと嗅いだり舐めたり履いたりかぶったり入れたりしてるんですの!!!!」

一方通行「イヤイヤ、テメエみてェな色気のねェガキの下着でシコるなンざ
一体どンな罰ゲームですかァ?」

御坂「シコ・・・とか言うなぁ!!!罰ゲームって何よ罰ゲームってえ!!!」

白井「お姉様の履いた下着を侮辱するだなんて許せませんの!!」

一方通行「もう一回言っとくけどマジで知らねェぞ俺
誰か俺に罪を被せようとしてやがンのか?ムカつくぜェ」

御坂「本当に・・・あんたじゃないの?」

一方通行「ぬいぐるみに落書き程度のかわいいイタズラを繰り返しやってる程度の俺が
下着盗むなんて大それたことすると思うのかァ?」

御坂「言われてみれば、そうかも・・・」


86 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:27:48.69 ID:zefzy6Io

白井「お姉様!こんな変態の言うことに耳を傾けてはいけませんの!
こんな奴はさっさと警備員に突き出して、黒子と一緒に新しいパンツを買いに行くべきですの!!」

一方通行「・・・なァ白黒ォ」

白井「白井黒子ですの!」

一方通行「いやどうでもいいンだけどよォ
テメエは何で盗まれたのがパンツだって前提で話進めてんだァ?
超電磁砲は『下着』としか言ってねェってのによォ」

白井「!?」

一方通行「なのに何故かテメエは最初っから盗まれたのがパンツだって知ってたよなァ?
履いたりかぶったりとか言っちまってるしィ」

白井「たたたたた、ただの推測ですの!だって盗むんなら
ブラジャーよりもパンツのほうが色々できてよろしいんじゃないかと・・・」

一方通行「ちなみに盗まれたのは何なンだァ?」

御坂「パンツよ・・・それも根こそぎ」

一方通行「・・・」

御坂「・・・」



87 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:28:30.39 ID:zefzy6Io

白井「お、お姉様!!黒子を信じてくださいまし!!」

一方通行「おィ超電磁砲、ちょっとそいつのスカート捲ってやれ」

白井「は、はああぁあ!!何を言ってるんですの!!!この変態!変態!!変態!!!
ちょ、お姉様やめて!やめてくださいましいいいい!!!!」ペラーン

御坂「ゲコ太のガラつき・・・」

一方通行「盗まれたやつか?」

御坂「ええ・・・」

一方通行「決まりだな・・・」

御坂「黒子・・・」

白井「お、お姉様!お待ちになってください!聞いてください!
これには海よりも深い事情があるんですのおおおおお!!!」

一方通行「海水のベタベタより不快な事情があるらしィぞォ超電磁砲」

白井「黙らっしゃい!!とにかく聞けばわかりますの!!」


白井「あれは3日前のことでしたの・・・」



88 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:29:22.10 ID:zefzy6Io

回想―

白井「お姉様、今日も元気がありませんでしたの・・・」

 ここしばらく、御坂の持っているゲコ太グッズに落書きがされていたり、
下着を装着させられていたりという(御坂曰く)極悪なイタズラが続いている。
その為かここ数日、いつも太陽の様に眩しくハツラツとしている御坂の元気が
あまりないように見えるのだ。

 これには御坂を心からちょっと危ない方向に慕っている白井は堪えられない。
御坂自身は犯人の目星をある程度つけているようなフシがあるのだが、
何故か彼女はその犯人の目星を教えてくれない。

 御坂の力になりたい一心で、白井は部屋に監視カメラを付けてみたり、
一日中部屋で張り込んでみたりと対策をしてみたのだが、
どういうわけか気付いたときにはイタズラはすでに終わっているのだ。

白井(お姉様・・・黒子はなんて無力なんですの・・・)

 肝心なときに何の力にもなれない己の無力さに打ちのめされる白井。
そして彼女は遂にある結論を出してしまう―

白井「お姉様、もうこうなったら黒子が出来ることはただ一つ・・・」



白井「このイタズラの騒動に乗じてお姉様のパンツを根こそぎ盗むことだけですの!!!」



 ―どうせ解決できないんならこの流れに乗じて自分の欲望を満たしてしまおう
という最悪の結論を

― 回想終了


89 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:30:11.09 ID:zefzy6Io

白井「ということなんですの・・・わかっていただけましたか?」

一方通行「すげェ、学園都市第一位の頭脳を持ってしても何ひとつわかンねェ」

白井「どうしてわからないんですの!!?
お姉様にはわかって頂けましたよね!?黒子の葛藤が!」

御坂「一方通行・・・私今日は帰るわ」

一方通行「ん?」

白井「お姉様?」

御坂「今この子と相部屋なんだけどさ、部屋変える手続きって結構時間かかると思うから・・・」

白井「お、お姉様ああああああ!!!?」

一方通行「あー・・・気をつけて帰れよォ」

御坂「次会った時は容赦しないから、それじゃね」タタタッ

白井「お、お姉様!お待ちになってくださいまし!!」ダッ

御坂「白井さん、あまり近付かないでいただけますか?」

白井「お姉様あああああああああ!!!」

 さっさと走り去る御坂に追いすがろうとする白井だったが、
当然のように冷たくあしらわれてしまい、まるでこの世の終わりでも来たかのような
叫び声を挙げながら何処かへと飛んで行った。



90 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:31:16.14 ID:zefzy6Io

一方通行「変態ってこえェなァ・・・」

 先程までの晴れやかな気分など吹き飛んでしまい、疲れた表情でボソリと呟く一方通行の耳に

「あれー?随分とご機嫌ねぇ第一位!」

 さっきまでとはまた別の女の声が響く。

一方通行「・・・アヒャッ 今の俺の機嫌が良さそうに見えるってンなら眼科に行った方がいいぜェ?
テメエの目は多分腐ってやがるからよォ!」

「あぁらごめんなさいねえぇ、怒りのあまりはっきりと物が見えないのよぉ
だれかさんのせいでねえェェ!!!」

一方通行「ギャハハッ 他人のせいにしてンじゃねェよ!
テメエのはただの更年期障害だろうがよォ!」

「ひゃははははッ! 第一位様はついに自分でやったことすら思い出せないくらい
痴呆が進行しちゃったのかにゃーん?」




91 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:32:16.15 ID:zefzy6Io

一方通行「チッ たくよォ・・・
今日は自分から狼の餌場に飛び込んでくる子羊チャンが多い日だなァ・・・
テメエも俺に喰われに来たのかァ!!第四位!?」

 一方通行が視線を向けたその先に、一方通行にも負けぬほど邪悪な笑みを浮かべた女が立っていた。
彼女の名は麦野沈利 彼女もまた、レベル5の能力者であり、その序列は第四位。
そして一方通行のイヤガラセの主目標(メインターゲット)最後の一人である。

 一方通行の挑発を受け、不敵な笑みを浮かべたまま、麦野は一方通行へとゆっくりと近付いて行く。
 麦野の能力では一方通行には絶対に敵わない。勿論そんなことは一方通行も、麦野自身もよく知っている。
それでも麦野は邪悪な笑みを絶やさず、一歩ずつ、しかし確実に一方通行へと近付いて行く。
 そして遂に、互いに手を伸ばせば相手に届くという距離まで近付いたとき

麦野「おふぅ・・・」パタン

一方通行「ハイ?」

 麦野は突然ぶっ倒れた。


92 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:32:59.34 ID:zefzy6Io

一方通行「麦野さン?麦野さァン?まだ俺何もしてませンよォ!?」

麦野「う・・・一方通行・・・」

一方通行「一体どうしたってンですかァ・・・?」

麦野「4日前から何も食べてないの・・・さっき大声出したからもうホント限界・・・」

一方通行「はあァァ!?どうしてそンな愉快な状況になってンですかァ!?
無理なダイエットするにも歳考えてくださいよォォ!!」

麦野「ダイエットじゃねえよ!つーかテメエのせいだよこの状況!!」

一方通行「イヤイヤイヤ!そんな絶食状態に追い込むようなヘヴィなイヤガラセした覚えねェから!!」

麦野「あんた・・・4日前から学園都市中のシャケ買い占めてるでしょ?」

一方通行「あァ・・・」

麦野「だからだよ このクソが!!!!」

一方通行「意味わかンねェよ!!!鮭以外食えやァァァァ!!!!」
 


93 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:34:11.96 ID:zefzy6Io

 確かに、4日程前から一方通行は麦野へのイヤガラセの一環として
大量の金をばら撒いて鮭の買占めを行っている。
 それもひとえにこの鮭狂女の鮭が食えなくなったときの反応が見たいから、
という純粋な悪意に満ちた思いからなのだが


一方通行(まさかこれほどとはなァ・・・)

 一方通行は珍しく、麦野の性質を見誤っていた自分の行いを少しだけ反省した。

麦野「私ね、一日の最初にシャケ以外のものを口にすると死ぬの」

一方通行「どんな体質だよ!!!?」

麦野「とにかく、早くシャケ、シャケを・・・うぐっ」

一方通行「だあァァちょっと待ってろ!!こンなンで死なれたら寝覚めが悪すぎるわァ!!」ダッ

 脱兎の如く駆け出した一方通行はわずか3分ほどで再び同じ場所に戻ってきた。
その手に数個の弁当が入った袋を提げて。

一方通行「ほら、持って来てやったってオイ!!」

 一方通行が喋り終わるより先に弁当をぶん取り中の物を頬張る麦野。
その凄まじさはどこぞの白いシスターを思わせる程のものだったとか。


94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:34:48.56 ID:zefzy6Io

麦野「ムシャムシャムシャ」

一方通行「あー、うめェか?」

麦野「ムシャムシャ」

一方通行「まァ、ゆっくり味わってくれよォ?」ケケケ



麦野「・・・」ピタリ

 黙々と食べていた麦野の箸が突如止まる。

一方通行「お?」

麦野「これって・・・」

一方通行「ほォー、よく気付いたなァ第四位!さすがは鮭マイスターだぜェ!
違いなんてほとんどねェってのによォ!!」

 一方通行が、悪魔のような笑みを浮かべる。そして

麦野「ぐ・・・ぐあぁ・・・」ブルブル



95 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:35:41.96 ID:zefzy6Io

一方通行「ヒャハハハァ!だが一手遅かったなァ!

そうだ!そいつは鮭じゃねえ!!マスだ!!!!」

麦野「ぐはあぁぁ!!!」ビシャァッ

 麦野の口から盛大に赤黒い血が噴き出す。

一方通行「ちょっと麦野さあァァァン!!!!??
吐血とかオーバーリアクションにも程がありますよォォォォ!!!?」

麦野「だ、だから、シャケ以外は、ダメだって言ったのに・・・」ゼェゼェ

一方通行「あれ本当のことだったのかよ!?」

麦野「うあぁ・・・グハッ」ガクリ

一方通行「うわァァァァ!!死ンだァァァァ!!!?」

一方通行「麦野さァァァン!!起きろォォォ!!起きてくださァァァァい!!!」ガクガクガク

 ガックリと力なく倒れ伏す麦野。
 まさかの事態に混乱し、なんとか彼女の意識を呼び戻そうと麦野の肩をガクガクと揺らす一方通行。
揺らすたびに麦野の口や鼻から血が飛び散るがそんなことを気にしている場合ではない。



96 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:36:16.16 ID:zefzy6Io

麦野「・・・」ムクリ

一方通行「あァ!!よかった、気付いたかァ・・・」
 
麦野「・・・」

一方通行「ん・・・?」

麦野「ナージャデス!!」

一方通行「麦野さァァァァァン!!前世の人!前世の人が出てきちゃってますからァァァァ!!!!」

※ゲーム版むぎのんの声優は「明日のナージャ」のナージャ役などで有名な小清水さんです。


 その後麦野はなんとか病院に搬送され、鮭エキスの点滴を受けるという荒業で奇跡的に息を吹き返したという。



98 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/07(金) 21:38:52.36 ID:dc2wc0co
鮭エキスってなんだよ!wwww

110 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 00:44:27.93 ID:mRtMX6DO
このむぎのんはサーモンとして売られているものがサーモントラウトというマスであり鮭とは別物であることを理解しているのだろうか

111 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 01:22:01.96 ID:bc1efwM0
お…俺の食ってるのは鮭じゃかったのか!?
コンビニの鮭にぎりまでマスだったとか…おい嘘だろ…

123 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/08(土) 01:59:57.70 ID:auqWiqYo

一方通行(あァちくしょうがァ・・・)

 いつもの研究所でいつものコーヒーを飲みながら、しかしその日、
一方通行はこの上ないほどに不機嫌だった。

 というのも原因は明白で、昨日の昼食件散歩の最中に起こった出来事のせいである。
アホ毛を弄んで、垣根を罵倒して、途中までは最高の気分だったというのに、
その後の白黒と超電磁砲のコンビに調子を崩され、
第四位の前では楽しむどころか我を忘れるほどうろたえるという醜態をさらしてしまった。

 己の無様な姿を思い出し、不機嫌なことを隠そうともせずに髪をガリガリと掻き毟る。
そんな気分なので、当然今日も実験には協力していない。

一方通行(クソがァ・・・この苛立ちを誰にぶつけてやろうか・・・)

 とてつもなく物騒なことを考えながら、彼は獲物を物色するハンターのような眼で
あくせくと働く研究員達を見回す。と、一人の研究員が目に付いた。
 他の研究員が働く中、その研究員は自分と同じくのんびりとコーヒーを啜っている。
ニタァと歪な笑みを浮かべ、一方通行はその研究員の下へ歩き始める。

 獲物は決まった。




124 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:00:49.52 ID:auqWiqYo

一方通行「おい芳川ァ、他の研究員どもが働いてる中、一人で優雅にコーヒーブレイクたァ
随分といい御身分じゃねェかよ」

芳川「あら一方通行知らなかった?私は甘いのよ、特に自分にはね」

一方通行「ハッ給料泥棒もいいとこだなァオイ
そンなンでクビになンねェのかァ?」

芳川「ならないわ 働いている時間は少ないけれど、結果はちゃんと出しているもの」

一方通行「へェー、優秀なンですねェー」

芳川「それにね 私が仕事をしない要因の一つはあなたよ、一方通行」

一方通行「ハハァン、俺に見惚れちまって仕事に集中できませンってかァ?
テメエがショタコンだったとは知らなかったぜェ」ククク

芳川「そう、その通りなの。実は私あなたのことが・・・なんて言ってあげたいところだけれど、違うわ。
絶対能力進化以外の実験にもあなたが全く協力してくれないお陰で私の仕事は減る一方なのよ。 
そろそろ簡単な実験でいいからやってもらえないかしら?」

一方通行「オイオイ、天井クンにも言ったがよォ
他人に物を頼むんならそれ相応の態度ってもンがあるンじゃないですかァ?」ケラケラ

芳川「そう、それなら別に実験はいいわ。
今ある成果を小出しにしているだけで当分は食べていけそうだし」



125 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:01:35.72 ID:auqWiqYo

一方通行「ハァー、からかい甲斐の欠片もねェなァ・・・
テメエみてェな大人にはなりたくねェもンだぜ」

芳川「そうね、ならない方がいいわ。 私のような甘いだけの大人にはね」

 フフフ、と、どこか自嘲めいた笑いを浮かべながら芳川はコーヒーを啜る。
そんな若干の影がある妙齢の女性を前に一方通行は

一方通行(さァてどンなイヤガラセしてやろォかねェ)

 とても酷いことを考えていた。

一方通行「おォ、そォいえばよ、ちょっとコイツを見てくれ」

 しばしの沈黙の後、一方通行は一枚の写真を芳川に手渡す。

芳川「・・・クッ」フルフル


126 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:02:09.48 ID:auqWiqYo

 そこに写っていたのは、先日一方通行が散々弄り倒した、アホ毛の生えた妹達
ミサカ00001号であった。
                  _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                 /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                 |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                 |:::::::::/         ヽ
.                 |:::::::|
.                 |::::::|
               _,,,,,,,,,ヽ::|  _
               /=======ァ^ト┐
               ト=======扣z<ヽ
               人二二二二式 |:.:',  
                 /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  
             |イ:i:代ナ 弋ナ Ⅶ .:| 
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  
    -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八  
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
      -= ヘ王│  _/V,' {}/ / {/ハ
        ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   }
            \__,xくl /} |     |   |   /
                ∨/ ,'     |  └rー|



127 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:02:41.28 ID:auqWiqYo

芳川「ちょっと一方通行、私昨日この子を生で見たときに危うく呼吸困難になるくらい
ツボに入っちゃったの知ってるでしょう?やめてもらえないかしら」ピクピク

一方通行「まァいいからいいからァ、この写真をしっかり眼に焼き付けとけよォ」

芳川「そんなに焼き付けなくても忘れないわよ、このアホ毛は」

一方通行「そうかァ?じゃァ次はこっちの皆大好きポケモンの写真を見てくれェ」



128 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:03:16.25 ID:auqWiqYo


                ,. -―──- .、
             _∠ - '二 ̄  、 \
             /   `ヽ   `ヽ.   \ ヽ
             ハ   f'd  |     ヽ、__ヽ |
          lf」  |」_j  |          `ヽ!
          | ~    (>
.          d       o l、
            <) O  O    ヽ_
            ,l             ノ
          /、 、       V
         ー┴'´`ー┤ |__ |
              bノ  ヽ__,!



129 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:03:45.80 ID:auqWiqYo

芳川「こ、これは・・・」ピクピク

一方通行「そう、チコリータだ・・・似てると思わねェか?主に頭頂部とか」

芳川「ううぅ・・・」プルプル

一方通行「つーかもう・・・ 完 全 に 一 致 」

芳川「ぶはぁ!!」

研究員A「芳川さんどうしました!?」

 堪え切れなくなって噴き出してしまった芳川に、近くにいた研究員の一人が何事かと慌てて駆け寄る。

芳川「ご、ごめんなさいコーヒーでちょっと咽ただけだから、気にしないで」フルフル



130 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:04:19.12 ID:auqWiqYo

研究員A「そ、そうですか?気をつけてくださいね」

芳川「ええ、ありがt・・・」

一方通行(やれチコリータ!葉っぱカッターだ!)ボソボソ

芳川「ぶふぉぉぉおおおお!!!!!」

研究員A「芳川さああああああん!!!??」

 一方通行の悪魔の囁きに、芳川はついに限界を超え、身体をくの字に曲げて大爆笑するハメとなってしまった。

「芳川さん!芳川さんどうしたんですか!?」

「やばいぞ白目剥いて痙攣してる!!」「医務室へ運べ!急げ!」

「鎮静剤を用意しろ!早く!」「担架持って来い!!」




131 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:04:48.51 ID:auqWiqYo


一方通行「うひゃひゃひゃひゃ!!いいストレス解消になったぜェ!!」

 ビクンビクンと痙攣しながら担架で運ばれていく芳川を見て、一方通行は非常に満足そうな笑みを浮かべた。
 
一方通行(あァー、でもまだ完全に気が晴れたわけじゃねェなァ)

 どこかにいい反応を見せてくれそうな獲物はいないものか、
と一方通行は再び周囲に目を光らせはじめる。

一方通行(ダメダメだァ、モブキャラしかいねェ・・・
こうなりゃまた適当に外ぶらつくか・・・ん?何か聞き覚えのある声が近付いてくるなァ)


132 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:05:59.02 ID:auqWiqYo

天井「だから困ります!あの方は非常に気難しいんです!」カツカツ

「テメエ等がそうやって甘やかすからあのクソガキが増長しやがるんだよ!」カツカツ

 今朝から姿の見えなかった天井と、どこかで聞いた覚えのある声の持ち主が口論をしながら近付いてくる。

「言うこと聞かねえガキなんざ猿と同じだ!殴って従わせるのが一番手っ取り早え!」カツカツ

天井「し、しかしそれで機嫌を損ねられて協力的な態度が得られなかったら意味が・・・」カツカツ

「わかんねえやつだなおい!だから言うこと聞くまで殴り続けりゃいいんだよ!
やらせてくださいってあっちから懇願しはじめるくらいまでなあ!!」カツ

「なあ、テメエもそう思わねか一方通行ちゃあん?」



133 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:06:57.30 ID:auqWiqYo

 その男は白衣こそ着ているものの、とても研究者とは思えなかった。
服の上からでもわかる程分厚い筋肉、腕に装着されたグローブ、逆立てられた髪
そして顔面に施された刺青。どう見ても、真っ当な人間ではない。

そんな男を見て一方通行は、これまでに無いほど大きく口を歪めて笑った。

一方通行「木ィィィ原くゥゥゥゥゥン!!随分久しぶりじゃねェかァ!
わざわざ俺の顔を見に来てくれたのかァ!?」

木原「ああその通りだぜえ!!テメエが駄々っ子みてえなこと言ってるって聞いてよお!
育ての親みたいなもんである俺がちょっと折檻しにきてやったってわけだ!!」

一方通行「育ての親だァ!?ギャハッ笑わせやがるぜェ!
とンだ虐待家庭もあったもンだなァ!!」


134 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:07:41.28 ID:o/YeWi20
木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

135 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:08:00.20 ID:auqWiqYo

木原「何せ母親無しの父子家庭だから接し方がわからなくてなあ!
これから愛の鉄拳をぶち込んでやるから覚悟しやがれ!!」

一方通行「アハッギャハハハハ!やってみろよ木原くゥン!!
テメエの拳なんざ俺には絶対届かねェんだからよォ!!!」

 その言葉に、木原は内心ほくそ笑む。結局こいつは能力に頼りきった、ただのクソガキだ。
一方通行の能力は、反射の膜は普通ならば文句なしに最強だろう。しかし木原は確信している。
一方通行の能力を知り尽くしている自分なら、奴の思考を読み取ることさえできる自分なら
そんなもの容易に突破できるはずだ、と。

 木原は一気に間合いを詰める。もう一歩進んで手を伸ばせば届く距離だ。
一方通行は防御も考えずにこちらに殴りかかってくるだろう。それにカウンターを合わせ
まずはこのムカツクガキの鼻っ面に一撃お見舞いしてやる。それが木原の立てたプランだった。

 そして一方通行は

一方通行「ひょいっと」

 木原が近付いたのに合わせて、ピョンと後ろに跳び、距離を取った。


136 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:08:55.04 ID:auqWiqYo

木原「おいい!!テメエ何逃げてんだあ!!」

一方通行「何逃げてンだって、木原くンが突っ込んできたから離れただけですけどォ?」

木原「レベル5の第一位が無能力者相手に距離を取るなんざ恥ずかしくねえのか!」

一方通行「イヤ、恥ずかしいとか恥ずかしくねェとかじゃなくてさァ
何か知らねェけど木原くンは俺に近付きたかったンだろォ?接近戦がやりたかったンですかァ?」

一方通行「だったら俺はわざわざ木原くンのやりてェ接近戦に付き合うことなンかねェ
テメエが一番嫌がる方法でジワジワ追い詰めてやンよォ」ニタァ

 木原の誤算、それは―

木原「おら待てクソガキがぁ!!!」

一方通行「ほらほらもう少しだぜェ!鬼さんこちらァ!!」ヒャハハ

木原「待て!クソがぁ・・・」ゼェゼェ

一方通行「あっれェー、もう息が上がってるんですかァ?
歳は取りたくないですねェ このままじゃ木原くンずっと鬼のままですよォ」ケラケラ

 ― 一方通行が木原の予想を遥かに上回るほどイヤな奴へと成長していたことであった。



137 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:10:02.30 ID:auqWiqYo





木原「ハァ、ハァ・・・」

一方通行「ねェねェ今どンな気持ち?どンな気持ちィ?」ゲラゲラ

 散々挑発され、コケにされながらも、木原は分析する。

木原(コイツはつまり、他人の嫌がることをするのが大好きなわけだ・・・)

木原(ようするに今の場合、俺が追いかけて戦おうとするから、こいつは俺が嫌がるように、
俺に追いつかれないように逃げ回ってるってことになる・・・)

木原(なら、逆をしてやればいい!)

木原「一方通行・・・」

一方通行「あァ?」ケラケラ

木原「もうダメだ、俺はテメエにかないそうにねえ、だから今からは俺が逃げる」

一方通行「へェー」ニヤニヤ

木原「いいか!追ってくるなよ!絶対追ってくるなよ!」


138 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:10:37.99 ID:auqWiqYo

一方通行「いやァー、そんな風に言われちゃァ
イヤガラセ大好きな俺としては追いかけざるを得ねェなァ」ニヤニヤ

木原「絶対に追いかけてくるんじゃねえぞ!じゃあ俺は逃げるからな!」ダダッ

 背を向けて走り出す木原。その背中に
「追いかけられたくないってンなら是非とも追わないとなァ」という一方通行の声がかけられる。

木原(これでいい、これであの野郎は自分から俺の間合いに入ってくるはずだ
さあ追って来い一方通行!追って来い!追って来い!)タッタッタ

 どのくらい逃げただろうか、一方通行はまだこない。

木原(追って来い!追って来い!追って・・・・・・こねえ・・・)ガビーン



一方通行「追うわけねェだろバァカ、見え見えにも程があんぞ・・・」

 木原が走り去った後を見ながら切ない気持ちで一方通行は呟く。

一方通行(俺はあンなンに能力開発されたのか・・・)

 一歩通行は数年ぶりに、少しだけ涙を流した。


140 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:18:01.92 ID:kfAB0L2o
やだこの木原くンかわゆい

141 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:18:01.93 ID:CEgxdA6o
木原くンェ……

142 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 02:19:05.94 ID:HVVFGMAO
(・ω・`)木原クン

152 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:55:05.34 ID:auqWiqYo

「よう、揃ったな」

「ええ」

「フン」

 ある日の昼下がり、とある寂れたファミリーレストランの一角に、
三人の、只ならぬ雰囲気を持つ男女が神妙な面持ちで集結していた。

 一人は一見チャラいホスト風の男、垣根帝督
 一人は一見普通の女子学生、御坂美琴
 一人は一見どこか危うい気配を持つ女性、麦野沈利

 この三人こそは学園都市230万の頂点、たった7人しかいないレベル5であり、
それも第二位、第三位、第四位と、第一位一方通行を抜かした場合のトップスリーである。
そして―


垣根「それじゃあ今から・・・」



垣根「第八回、一方通行被害者の会(ヴィクティマーズ)の会議を始めたいと思います」

御坂「おー」

麦野「ハイハイ」

 ― 一方通行からのイヤガラセをもろに受けている、一方通行の主目標(メインターゲット)でもある。


153 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:55:32.02 ID:auqWiqYo

垣根「早いもんで、週一で行われてるこの会議も、もう八回目だぜ」ハハハ

御坂「もう二ヶ月近く経つのね、私達が出会ってから」シミジミ

麦野「それより第一位のクソったれに
何ヶ月もイヤガラセを受け続けてるってのが異常ね」フゥ

御坂「会議回数が二桁になる前にはなんとかしたいわね、ほんと・・・」ハァ

垣根「ハイハイ、それじゃいつも通り今週受けた被害の報告会からはじめっか」

 三人の出会いは本当に、全くの偶然だ。
 
 約二ヶ月前に三人は偶然、同一の日に一方通行の被害を受け、
偶然、憂さ晴らしにこの寂れたファミレスに各々一人で訪れ、
そしてこれまた偶然、三人同時に「一方通行の野郎!」と口走ったことが
第一回会議の始まりであった。その時はただの壮絶な愚痴りあいに終わったのだが。

垣根「それじゃ麦野から報告頼むわ」

麦野「また私からかよ、いつもじゃねえか」


154 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:55:59.07 ID:auqWiqYo

御坂「だって、一々順番考えるのめんどくさいから序列通り下から報告していこうって決めたじゃない」

麦野「そうだけどさぁ・・・流石に八回目ともなるとちょっと趣向を変えたいじゃない?」

垣根「っつーと?」

麦野「例えば・・・そうね、年功序列で行くとか」

御坂「それじゃ私から報告になるわけ?まぁ別に構わないけど・・・じゃあ、」

垣根「おいちょっとまて御坂」

 報告を始めようとする御坂を垣根が制止する。

御坂「ちょっと何よ?」

麦野「どうしたのよメルヘン、何か問題あったわけ?」

垣根「メルヘンって呼ぶんじゃねえよ いや、俺は問題ねえけどな」

麦野「ハア?意味がわかんないんだけど?」

垣根「麦野、お前は本当にいいのか?年功序列で・・・」

麦野「え?」キョトン

垣根「お前は、本当に、いいのか?年功序列で御坂から、
つまり下からってことは、どういうことかわかってるのか?」


155 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:56:41.53 ID:auqWiqYo


麦野「・・・」

垣根「・・・」

御坂「・・・?」

麦野「いつも通り私からいくわ」

垣根「おう」

御坂「よくわかんないけど、はい」

麦野「垣根」

垣根「あ?」

麦野「・・・アリガト」

垣根「ハッ いいってことよ」フフン

御坂「??」




156 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:57:28.34 ID:auqWiqYo


麦野「じゃあ報告はじめるわね。今回受けたイヤガラセは、
今までみたいに大切なもの(主にシャケ)を奪われたりするんじゃなくてむしろ逆、
アイツからプレゼントもらったわ」

垣根「プレゼント!?」

御坂「えぇー!それじゃ麦野さんもうイヤガラセの対象外になっちゃったの!?
アイツに懐柔されちゃったんじゃないでしょうね!?」

麦野「まぁ落ち着いて聞きなよ、あの性悪が普通のものくれるわけねえだろ
ひでえプレゼントだよクソ!!」バンバン

垣根「お、お前が落ち着け麦野!」ウワァ

御坂「麦野さん机叩かないで!落ち着いてえええ!」ヒエエ

 当時の状況を思い出してヒートアップしたのか、麦野はバンバンと机を平手で叩き始める。
その音に周囲の客や店員が何事かとこちらを注目し始め、垣根と御坂は慌てて彼女を宥めた。




157 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:58:07.16 ID:auqWiqYo

麦野「ふぅ・・・あの日、私は暗部の仕事を終えて、一人帰途についてたの。
その日の仕事は久しぶりに大物でね、とにかく疲れてて、
さっさとシャワー浴びてベッドにダイブしようと思ってたわ」

麦野「マンションの自分の部屋の前まできてね、ドアに何か紙ががはさまってるのに気付いたわけ。
宅配便でも来たかな?なんて暢気に思いながら引き抜いたらそれはなんと第一位からの手紙、
そんでこんなこと書いてんの」



麦野沈利 様

拝啓 蒸し暑い日が続きます今日この頃、麦野様はいかがお過ごしでしょうか
 
中略

 誠に勝手ではございますが、麦野様が身体を壊さぬよう
精のつく食べ物をお送りさせていただきました。
何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないよう、
ご自愛ください。
         
                                  敬具

一方通行



158 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:58:42.60 ID:auqWiqYo

麦野「馬鹿丁寧で、はっきり言って気持ち悪かったわ・・・これまでに無い程の悪寒を感じるくらいに」

垣根「そりゃ確かに気持ち悪いな・・・」

御坂「何か企んでる気配がぷんぷんするわね・・・」

麦野「で、手紙にはそんなこと書いてるんだけど実際は食べ物なんてどこにもないのよ」

垣根「ふむ?」

麦野「腑に落ちない何かを感じながらも、もうさっさと休みたかったから
そんなことなんてすぐに頭から追い出して部屋に入っんだけど、そしたらさ」



麦野「部屋中が真っ赤に染まってたわ・・・」





159 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 13:59:16.01 ID:auqWiqYo

垣根「真っ赤!?」

御坂「真っ赤って何!?一方通行がやったの!?まままま、まさか血じゃないでしょうね!!?」

麦野「いや、シャケだったわ」

垣根「鮭!!?」

麦野「シャケフレーク」

御坂「別に言い直さなくてもいいわよ!」

麦野「とにかく!疲れて帰ってきてみれば部屋がシャケフレークで埋め尽くされてたのよ!!
そりゃシャケは生活必需品だけどさすがにねえよ!!!」バンバン

御坂(生活必需品・・・?)

垣根「埋め尽くされてたって・・・どのくらいだ?」

麦野「見渡す限り真っ赤で、部屋に踏み込んだら足が膝下辺りまでズボって埋まるくらい」

垣根「oh・・・」

御坂「で、でも麦野さん鮭大好きでしょ?
好きなもので部屋が埋め尽くされてるってある意味幸せじゃない?
私はゲコ太グッズで部屋が埋め尽くされたら幸せだけどなぁ」


160 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:00:01.57 ID:auqWiqYo

麦野「そりゃアンタの好きなものがぬいぐるみとかだからでしょ!
このイヤガラセをアンタのほうで例えるなら、そうね・・・」

麦野「口の中にアンタの大好きなゲコ太グッズをこれでもかって詰め込まれるようなもんよ。
それとも美琴ちゃんはそんなことされてもゲコ太なら喜んじゃうわけぇ?」

御坂「いや、それは・・・さすがに・・・」

麦野「でしょ?これでこのイヤガラセの悪質さがわかってもらえたかしら」

御坂「うん、ごめんなさいちょっと舐めてたわ・・・」

垣根「しかしそんだけあると片付けるのも大変そうだな」

麦野「そうなのよねぇ、なかなか減らなくて・・・傷まないようにするのも大変だし」ハァ

垣根「えっ」

御坂「えっ」

麦野「ん?」

垣根(・・・食ってんのか)

御坂(食べてるのね・・・)

垣根「ま、まあ気を取り直して 次御坂、報告頼むわ」ハハハ

御坂「そ、そうね」ウフフ

麦野(何か変なこと言ったかにゃーん?)



161 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:00:50.06 ID:auqWiqYo

御坂「で、私の番だけど、私も今回はゲコ太にイタズラされたわけじゃないし、
下着を盗まれたわけでもないわ」

麦野「下着は結局濡れ衣だったんでしょ?」

垣根「つーか、じゃあ何されたんだ?」

御坂「うーんとね、前に話した私の後輩の黒子って覚えてる?」

麦野「ああ、一方通行のイヤガラセに乗じて下着盗んだ張本人よね」

垣根「そういや仲直りしたんだっけか?おめでとさん
でもよく仲直りする気になんかなったな、下着ドロと」

御坂「部屋を変えてもらってからというもの、
あの子、毎朝毎朝私の部屋までテレポートしてきて土下座してたから、全裸で。
何かもう許さないほうがめんどくさくなっちゃって・・・」

垣根「うわぁ・・・」

麦野「いやそれは許しちゃいけない人種だと思うわよ?もうジュッってやっちゃえばいいのに」



162 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:01:17.68 ID:auqWiqYo

御坂「流石に部屋はまだわかれたままだけどね
まぁなんとか昔みたいに接してあげてるわ」

麦野「心広いわねぇ」

垣根「爪でももらっとけよ麦野、煎じて飲んでみろ」ケケケ

麦野「あ゛ぁ?」ギロ

垣根「なんでもねえ」

御坂「それでね、その黒子には決め台詞みたいなものがあるんだけど」

垣根「決め台詞だぁ?どんな?」


御坂「ジャッジメントですの!(キリッ」

垣根「・・・」

麦野「・・・」


163 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:02:05.15 ID:auqWiqYo

御坂「っていう決め台詞なんだけどね」

垣根「ジャッジメントですの!(キリッ」

麦野「ジャッジメントですの!(キリッ」

御坂「ぶふっ」

垣根「あ、悪い何か言ってみたくなっちまって・・・」ハハハ

麦野「不思議よね・・・何故か言いたくなるわ」ウヒャヒャ

 噴き出してしまった御坂に、二人は笑いながら謝る。

御坂「い、いいのよ、私も実はずっと言ってみたかったし・・・」クスクス

御坂「で、話を戻すけど、その黒子の決め台詞がね」

垣根「ジャッジメントですの!(キリッ」

麦野「ジャッジメントですの!(キリッ」

御坂「ぶふぉぁ!!」

垣根「すまねえ!何か口が勝手に!」ゲラゲラ

麦野「ウヒャヒャヒャヒャ!」


164 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:02:37.96 ID:auqWiqYo

御坂「もお!とにかく話を戻すから!!その黒子の決め台詞がね!
一方通行によって常盤台の全校生徒に着ボイスとして配信されたのよ!!」

御坂「それだけじゃなく全生徒の携帯をハッキングしてそれを使用着ボイスに設定し、
おまけに変更できないようにロックまでかける始末!!お陰で今常盤台ではあっちでもこっちでも
「ジャッジメントですの!(キリッ」の声が響き渡ってるよの!!!」

垣根「御坂テメエ!俺を笑い[ピーーー]気か!!」ゲラゲラゲラ

麦野「ギャグよね?ギャグで言ってんのよね?私達を笑わせようとしてんのよね!?」ゲラゲラゲラ

御坂「もおぉぉ!!笑い事じゃないのよおお!!」

垣根「いや笑い事だろどう考えても!」ゲラゲラ



165 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:03:05.92 ID:auqWiqYo

麦野「ていうかアンタ自体は被害受けてないじゃない
ダメージがあるにしても、それは黒子って子でしょ?」

御坂「一日中あんなストーカー女の声が聞こえてたら気が全然休まんないのよおおお!!!
常に黒子に見られてるみたいでずっとビクビクしてなきゃならないのよこっちは!!」

垣根「許してたんじゃなかったのかよ!?」

御坂「許そうとはしてたんだけどさ、やっぱりそう簡単に完全には許せないわよ・・・
ていうか今回の騒動で本格的に許せなくなっちゃいそうで怖いわ」

麦野「あー・・・何か笑っちゃってごめんね?」

垣根「すまねえ・・・」

御坂「ううん、気にしないで。 私も立場が違ってたら多分爆笑してるだろうからさ・・・」




166 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:03:49.33 ID:auqWiqYo

垣根「さて、最後は俺だな」

御坂「期待してるわ、垣根さん」

麦野「つまんねー話しやがったらブチコロスわよ」

垣根「小話しにきたんじゃねえんだぞ!?」

麦野「冗談よ冗談」ケケケ

垣根「ったく、でだなお前等 『帝凍庫クン』覚えてるか?」

御坂「あー・・・」

麦野「・・・イヤな、事件だったわよね」

御坂「うん・・・」

垣根「イヤイヤそんなに深刻なモンじゃねえから!!本当に覚えてんのかテメエ等!?」

麦野「チッ冗談通じねえな。ちゃんと覚えてるわよ、
あの気持ち悪い冷蔵庫のマスコットでしょ?」

御坂「ちょっと可愛かったわよね」

垣根「えっ」

麦野「えっ」

御坂「えっ」


167 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:04:24.24 ID:auqWiqYo

麦野「ゲコ太といい、やっぱアンタのセンスはよくわかんないわ・・・」

垣根「同感だ、一回眼科に行ってきたほうがいいんじゃねえか?」

御坂「ちょ、ちょっとなんでよ!かわいいじゃない!!」

垣根「イヤイヤ無いわ・・・イヤァ無いわ・・・」

麦野「垣根、もういいから続き話せよ」

垣根「おう」

 なんでよぉ、と呟く御坂を尻目に、垣根は話を続ける。

垣根「この前日用品買いに行ったデパートでよぉ」


垣根「その帝凍庫クンが売られてたんだわ・・・」


御坂「」

麦野「」



168 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:04:55.26 ID:auqWiqYo

垣根「いや、売られてた何てもんじゃねえな
デパートの一角を完全に占拠してコーナーになってやがった!!
いつの間あんなモン大量生産しやがったんだよ一方通行は!!!!」

麦野「こ、コーナーになってたって、あの気持ち悪い冷蔵庫が群れで並んでたわけ・・・?」プルプル

垣根「ああそうだよ!その通りだちくしょう!!
ご丁寧に「私が作りました」って俺の顔写真まで飾ってあったわ!!!!
作ったの俺じゃねえよクソ!!!!!!」

麦野「ぶふっ!」

御坂(今度買いに行こう)

垣根「笑い事じゃねえんだよ麦野ぉ!
俺はあんな気持ち悪いモンを作った上にデパートの一角を占拠してゴリ押ししてる男
なんて汚名を着せられたんだぞ!!!!」

麦野「それは・・・同情するわ・・・」ヒクヒク

垣根「肩ヒクつかせてんじゃねえええええ!!!!」

御坂(どこのデパートか後で訊かないと・・・教えてくれるかな?)


169 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:05:33.18 ID:auqWiqYo

垣根「ちくしょう・・・ちくしょおお・・・」

麦野「元気、だし、なさい、って・・・」プククク

垣根「お前慰める気ねえだろおおおおお!!」

御坂(流石にこのタイミングで訊くのは失礼よね・・・あ、そういえば)

 嘆く垣根と笑いを堪え切れていない麦野、
そんな二人のやり取りをどこか上の空で聞きながら、御坂はあることを思い出す。

御坂「ねえ垣根さん、帝凍庫クンで思い出したんだけど
心理定規さん、だっけ?あの人とは結局どうなったの?
確か同じ時期に浮気疑惑が出たわよね?」

麦野「ああそういえばそんな話もあったわね
結局第七位と一緒にいたってのは第一位のついた嘘だったわけ?」

垣根「あー、あれなぁ・・・あんまり言いたかなかったんだが・・・」

垣根「あのクソアマ、本当に第七位と浮気してやがった・・・」

麦野「うわ・・・」

御坂「本当だったんだ・・・」


170 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:06:02.25 ID:auqWiqYo

垣根「探偵の真似事して張り込みしてよぉ、現場押さえて問い詰めてやったんだが
アイツなんて言ったと思う?」ハハッ

麦野「垣根、辛かったらやめてもいいわよ」

御坂「う、うん、ごめんなさい変なこと訊いちゃって」

垣根「ハッ もう吹っ切れてるから構わねえよ。むしろ聞いてくれ、溜め込んでる方が辛え」

垣根「あのアマよぉ、最初はぐだぐだ言い訳かましてやがったくせに、
俺が許す気がねえってのが分かると途端に態度を変えてこう言いやがったんだ」


「思い通りにならないあなたよりも、
単純馬鹿で能力で簡単に操れる第七位のほうが都合がいいわ!財布的な意味で!」


垣根「だとよおおおおお!!!」

麦野(うわぁ重てえ・・・)

御坂(訊かなきゃよかった・・・)


171 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:06:29.76 ID:OrucMwAO
根性さんwwwwww

172 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:06:55.50 ID:auqWiqYo

垣根「しかもな、俺以外のスクールのメンバー全員そのこと知ってやがったんだよ」

麦野「えっ」

御坂「えっ」

垣根「アイツ等何も知らない俺を見て笑ってやがったんだよおおおお!!!」

麦野(さすがにかける言葉もないわ・・・)

御坂(訊かなきゃよかった訊かなきゃよかった訊かなきゃよかった・・・)ゴメンナサイゴメンナサイ

垣根「そんなことがあってスクールはちょっと前に解散しました、ていうか俺がぶっ潰しました」

垣根「だから今の俺は自由だぜ自由!フリーダムだ!」ヒャハハハ

御坂(ゴメンナサイゴメンナサイ、古傷こじ開けてゴメンナサイ)カタカタ

麦野「自由ってか自棄になってんな・・・
垣根、よかったらアイテムに入る?可愛い子一杯いるわよ」

垣根「マジで?いいのか?」

麦野「なんかもうかわいそうで見てらんないわ・・・
アンタなら戦力的に不足はないし、今この場でリーダー権限で入れてあげるわよ」


173 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:07:24.60 ID:auqWiqYo

垣根「麦野おおおおお!!お前はなんていい奴なんだあ!!!
今まで御坂と二人でこっそりと「麦野の実年齢当て大会」とか開いててすまなかったああ!!!」

麦野「」

御坂「ちょっとおおおおおお!!!何バラしてんのおおおお!!!!??」

麦野「みーことちゃぁーん?」

御坂「ひいいいい!ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!!!」

麦野「チッ まあいいわ。
私も垣根と二人でこっそり「美琴の趣味にダメ出しする会」とか結成してたし」

垣根「おい!」イウナ!

御坂「なに結成してんのおおおお!!!」

麦野「ゴメンネー、でもこれでおあいこでしょ?
それじゃ垣根、あんたは今からアイテムの一員ね」

垣根「おう!」

麦野「とりあえずドリンクバー行ってジュースとってこい」

垣根「えっ」

御坂「えっ」

麦野「ん?」


175 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:13:38.57 ID:vYGXaLwo
この三人の組み合わせって意外と無いよね
大体一方さんがボケ役やツッコミ役にいるんで何気に新鮮

176 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 14:14:28.63 ID:ISamycYo
パシリ垣根か

188 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 21:43:58.66 ID:LPtqxE.o
                        _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                       /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                       |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                       |:::::::::/         ヽ
.                       |:::::::|
.                 ┌―――|::::::|―――――┐
                  |   _,,,,,,ヽ::|         |
                    |    帝凍庫クン     |
                  |_________________|
                 ./|==========iト、
                 ../ |   -―- 、__,        .|| .\
               /  l   '叨¨ヽ   `ー-、  .|ト、   \
     r、       /   .!〕   ` ー    /叨¨)   || \  \        ,、
      ) `ー''"´ ̄ ̄   / |         ヽ,     ||   \   ̄` ー‐'´ (_
   とニ二ゝソ____/   |    `ヽ.___´,       ||    \____(、,二つ
                        |       `ニ´      ||
                        |_____________j|
                  |´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|
                  |               ||
                        |〕 常識は通用しねぇ  ||
                   /|              ||
                   |___________j|
                     / ゚ =ー----'、... __   
 ゚             +  ===== !    ,.        ̄丶  
       __            ,. -'':.、  u     ゚     。 \
==三/ `ニ ー――-- 、..-''´    ゙ー‐ァ--―''" ̄`丶、 u  丶、ヽト、 ,.. --、
   ,r''´。 ゚  __     ・    。   _.. -''´         `丶、    `‐'"  ´‐'´'
。 /,   ,. - '´   ゙̄''ー-----―''"´      +     ゚      ヽ ー   _ノ-'´
  `゙ー-'´                      --===三三三 ヽ、_/  


189 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/08(土) 21:47:17.44 ID:IjVmQUco
きめぇwwwwww

192 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 00:30:57.87 ID:i7pG3B2P
帝凍庫クンはどこで量産されたんだろうか?wwww
あんなもん大量に作ってたら気が狂いそうwwwwwwww

196 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:41:04.19 ID:gISdB28o

 第二位、第三位、第四位による会議が開かれている丁度その頃
とある研究所でも一方通行の被害者が苦しんでいた。

 「00001号、00001号、頼まれた物を買って来たので扉を開けてください、
とミサカはドアをノックします」ドンドン

アホ毛「そこには本当にあなたしかいませんか?
この姿をあなた以外のミサカに見られる心配はありませんか?
とミサカは外の11111号に確認をします」

11111号「誰もいませんから早く開けてください、
むしろ時間をかけた方が他のミサカに見られる可能性があがりますよ
とミサカは00001号を急かします」

 ガチャリ、とドアの鍵が開く

アホ毛「早く!早く入ってください!とミサカは11111号を急かします!」

11111号「それでは失礼します、とミサカは挨拶をしながら部屋に入ります」

 ミサカ00001号、かつて一方通行の手により
その頭に超巨大なアホ毛を取り付けられてしまった彼女は、
そのマヌケな姿を人目に晒すことを恐れるあまり、引きこもりと化していた。

 唯一彼女と直接コンタクトを取ることができるのは、ナンバーに最も「1」の多くつく
予てよりの親友であるミサカ11111号だけであり、00001号は専ら彼女に買い物を頼んでいる。


197 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:41:40.79 ID:gISdB28o

11111号「どうぞ、頼まれていた電動チェーンソーです
とミサカは00001号に物騒なブツを渡します」

アホ毛「ありがとうございます。これで今度こそこのアホ毛とお別れしてやります
とミサカは11111号からチェーンソーを受け取ります」

 00001号が11111号に頼んでいたもの、
それは学園都市製の「何でも切れる」と評判の高性能チェーンソーであった。
何故このような物を購入しているのか、それもこれも全ては憎きアホ毛を取り除くためである。

 かつて一方通行が言った通り、このアホ毛は水で塗らそうがワックスをつけようが
その形状を全く変化させることなく、またハサミやカッターなどの刃物を使ってみても
どうしても切ることができないのだ。

アホ毛「・・・このチェーンソーを自分で自分の頭付近に持っていくのはやはり怖いので
やってもらえませんか、とミサカは11111号に懇願します」

11111号「仕方のない子ですね、とミサカはチェーンソーを返してもらいます。
ほら、頭を出してください」

アホ毛「こ、こうですか?とミサカはビクビクしながら11111号に頭頂部を向けます」

11111号「よし、そのまま絶対に動かないでくださいね?とミサカは念を押します
動くなよ!絶対に動くなよ!」チュイーン

アホ毛「ちょ、なんでそんな動かなきゃいけない気持ちになるようなことを言うのですか!
とミサカは某お笑いグループの決まり文句を思い出します!」



198 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:42:20.24 ID:gISdB28o

11111号「よぉし目標補足!行きますよ!チェストオオオオ!!!
とミサカは気合と共にチェーンソーを一閃・・・」バキバキバキ
 
 巨大なアホ毛に向かってチェーンソーを振り下ろした11111号だったが、
その刃はあえなくアホ毛に弾かれてしまった。

アホ毛「・・・」

11111号「・・・刃こぼれっていうか何かもう刃が完全に吹っ飛びましたね
とミサカはそのアホ毛の構造に今更ながら驚愕します」

アホ毛「この高性能チェーンソーをもってしても傷一つ付かないのですか・・・
とミサカは愕然とします・・・」

11111号「やはり一方通行に元に戻してくれるようお願いしに行きましょう
とミサカは00001号の手を取ります」

アホ毛「戻してくれるわけねえだろ!あのモヤシは他人が悩んでるの見るのが大好きなんだよ!
とミサカは11111号の手を振り解きながらヤツの性癖に憤慨します!」

11111号「それではMNWを使ってどうすればいいか情報収集を・・・」

アホ毛「そんなことしたら今のこの状態が全てのミサカに知れ渡ってしまうではありませんか!
記念すべき第一号であるこのミサカがこんな姿になっているなど、
あなた以外のミサカには絶対に知られたくありません・・・
とミサカは弱弱しく俯きます」


199 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:42:48.47 ID:gISdB28o

11111号「うーむ困りましたねえ、とミサカは00001号のアホ毛を掴み解析を試みます。
・・・手触りは完全に普通の髪なのですが」

アホ毛「どう分析しても普通の髪の毛なのに、ハードジェルやワックスを使っても寝ず、
さらにはハサミやカッターどころかチェーンソーの刃まで弾き返してしまいました。
一体どのようなベクトル操作を施したのでしょう、とミサカはしょんぼりします」

11111号「・・・やはり一方通行にお願いしてみましょう、とミサカは再度提案します」

アホ毛「無駄だからやめましょうよ、とミサカは11111号の提案を拒否します」

11111号「では00001号はここで待っていてください。あの白モヤシに必ずイエスと言わせてきます!
とミサカは友のために立ち上がります」

アホ毛「やめてください!あなたまで被害を被る事になります!
とミサカは死地に向かおうとする友を引きとめます」

11111号「大丈夫です、必ず帰ってきます
とミサカは親指を立て、男前な雰囲気を出しながら歩いていきます。I'll be back」テクテク

アホ毛「11111号・・・必ず戻ってくださいね、とミサカはさながら漫画やアニメのヒロインのようです。
ていうかあなたがいないと買い物を頼む相手がいないんでマジでちゃんと帰ってきてくださいね」

11111号(これ以上引きこもりの世話なんてしてられっか
とミサカは内心のどす黒い感情を吐露します)ハァ


200 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:43:23.26 ID:gISdB28o

11111号「さて、一方通行はどこにいるのでしょうか、とミサカは無駄に広い研究所の何処かに
いるであろうモヤシ男を探索するということのめんどくささに今更ながら辟易・・・あ、いた」

 11111号の心配を他所に、モヤシ男こと一方通行は最初に調べようとした部屋であっさりと見つかった。
彼は何やら、一人の女性研究員に何事かの頼みごとをしているようだ。

一方通行「なァ頼むぜ布束、ちょっとだけ!ちょっとだけでいいンだよ!」

布束「何度頼まれてもそれはできない。really あなたは困った人ね」

一方通行「いいじゃねェかよ減るもンじゃねェし、本当にちょっとだけだからよォ」

布束「減るものではなくとも取り返しのつかないことになるかもしれない。
いえ、あなたに任せると絶対に取り返しのつかないことになるわ」

11111号「こんにちは一方通行、布束砥信。モヤシ男は一体何を「先っちょだけ先っちょだけ」等と
童貞丸出しの頼みごとをしているのですか?とミサカは童貞坊やを嘲笑います」プクク

一方通行「先っちょとか言ってねェから!!何勝手に発言捏造してやがるンですかァ!?」



201 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:43:52.08 ID:gISdB28o

11111号「童貞であることは否定しないのですね、とミサカは分かりきっていたことを確認します。
お前の股間にも反射の膜がかかってんだろ?」クスクス

一方通行「ねェ布束さン、何この子・・・何この子・・・」

布束「こんな人格を形成した覚えは私にもないわ・・・」

11111号「この数ヶ月の日々がミサカをこれ程までに成長させたのです。
ああ生きているって素晴らしい!とミサカは人間賛歌をします」

一方通行「・・・なァ、既に取り返しのつかないことになってねェか?」

布束「oh・・・」

11111号「うん?先程の頼みごとはミサカ達に関することなのですか?
とミサカは二人の発言から推測します」

一方通行「あァ、大したことじゃねェンだがな」

布束「この人は自分にも妹達の調整を手伝わせろと言っているの」



202 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:44:26.00 ID:gISdB28o

11111号「ほう?ミサカ達のために身を粉にして働きたいと?ミサカ達にご奉仕したいと?
うむ、苦しゅうないぞ、とミサカは殊勝な心がけのモヤシを・・・
ハッ調整に乗じてあんなことやこんなことをするのが真の目的!?これだから童貞は!!」

一方通行「布束さァァァン、コイツ完全に調整ミスってますよおォォ?
一回スクラップにして作り直した方がいいンじゃないですかねェェェ!?」

布束「こんなでも一応生きている。
therefore そう簡単にスクラップにしていいものではないわ。コストもかかるし」

11111号「こんな!?一応!?コスト!?
今まで妹達を暖かく見守ってきてくれた布束砥信の冷たい言葉と目線にミサカは戦慄を覚えます!
あれ、なんだこの気持ち、冷めた目線がちょっと気持ちいいぞ・・・」

一方通行「布束さン!布束さァァァン!!ダメだコイツ!!マジでダメだ!!」

布束「・・・ドS兼ドMと言ったところね。indeed 興味深いわ」



203 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:44:57.69 ID:gISdB28o

11111号「で、実際のところ一方通行の真意は何なのですか?
とミサカはモヤシが善意で働くわけないという前提で話を進めます」

一方通行「オイ」

布束「probably 彼は調整に乗じて妹達の人格をいじることで
自分のイヤガラセの手駒にでもしたいのだと思うわ」

一方通行「俺どこまで外道なンだよ!?」

11111号「どの口がほざきますか、とミサカは自覚のないモヤシに呆れます」

一方通行「つーかモヤシモヤシ言うのやめてもらえますゥ!?地味に傷ついてるンですけどォ!!
妹達を弄るネタが拾えねェかなァ、とかちょっと思ってただけなのによォ・・・」

11111号「やっぱり何か企んでやがったんじゃねえか
とミサカはモヤシの器の小さい企みを嘲笑します」プゲラ

布束「ところで、あなたは何か用があったのではないの?」

11111号「ああそうでしたそうでした。すっかり忘れていました。
一方通行、あなたは00001号を覚えていますか?」

一方通行「あァ?あのアホ毛がどうかしたのかよ?」

布束(アホ毛?)


205 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:45:37.68 ID:gISdB28o

11111号「そのアホ毛が、アホ毛のことを気に病むあまり引きこもりになってしまっているのです。
頑なに部屋から出ようとせず、調整の時も代理を立てる始末。
このミサカが今アホ毛の世話をしているのですが、いい加減面倒なので
アホ毛のアホ毛をどうにかしてやってはもらえませんか
とミサカはアホ毛というワードがゲシュタルト崩壊を起こしそうです」

布束(アホ毛のアホ毛がアホ毛で・・・ん?)

一方通行「ようするにアホ毛のアホ毛をどうにかすればいいンだな?構わねェよ、連れて来い」

11111号「おやあっさりと。何か裏があるのでは?とミサカは当然の疑いを持ちます」

一方通行「引きこもられてちゃイヤガラセもできねェからなァ
調整受けずに死なれても寝覚めが悪ィし・・・」

11111号「なるほどそういうことですか。あくまでも利己的な目的と自己保身の為ですね
まぁいいやアホ毛が直った後のことなんて知らねえし、とミサカは00001号を呼びにいきます。」

一方通行「オマエ本当に黒いな」



206 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:46:18.21 ID:gISdB28o

11111号「・・・というわけです00001号、アホ毛直してくれるそうですよ
よかったですね、とミサカは00001号を祝福します」

アホ毛「ほ、本当に!本当に直してもらえるんですか!とミサカは感動のあまり涙目です」

11111号「はい、あくまでも自分本位な考えからですが、
本気と書いてマジで直してくれるそうですよ。
行きましょう、とミサカは00001号の手を取ります
しかしこの口調だと地の文いらなくて楽だなオイ」

アホ毛「11111号、そういうメタな発言は控えてください・・・
そ、それよりも外に出るのですか?とミサカは怯えます」

11111号「これがその憎きアホ毛と別れるための最後の試練ですよ
急がないと一方通行の気が変わってしまうかもしれません
とミサカは00001号を急かします。ハリーハリー」


207 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:46:45.50 ID:gISdB28o

アホ毛「で、でもやっぱり怖いです、誰かに見られたらどうしましょう
とミサカは芳川桔梗に目撃され爆笑されたトラウマが蘇ります・・・」

11111号「本当にめんどくせえなこいつ、いいからさっさと行くぞ
こちとらもうテメエの世話なんざコリゴリなんだよ、とミサカは00001号を無理矢理起立させます」

アホ毛「11111号!?何か性格が豹変しましたよ!!とミサカはギャップに動転します!!」

11111号「あ、やっべ素が出た、とミサカは慌てて猫を被り直します。にぱー☆」

アホ毛「素!?素なの!?今までミサカに優しくしてきてくれた頼れる11111号は全部嘘!?
とミサカは突如告げられた真実にかつてないほどのショックを受けます!」

11111号「あーはいはい、もういいから行きますよー
とミサカは00001号ことアホ毛を引き摺るようにして連れて行きます」

アホ毛「うわあぁあ!アホ毛って!アホ毛って呼ばれたああああ!!!
やめて!引き摺らないで!お外怖いよおおお、とミサカはあぁぁぁ!!!」


208 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:47:19.49 ID:gISdB28o



11111号「というわけで引きずり出してきました。
今はこの部屋の隣で待機してもらっています、とミサカは説明します」

一方通行「容赦ねェなァ・・・つーかもうさっさと入って来させろよ」

11111号「それなのですが・・・布束砥信、あなたには退室していただきたいのです
とミサカはお願いをします。」

布束「どうして?」

11111号「00001号は調整をぶっちしてることもあってか、現在非常に不安定な状態にあり、
自分の姿を他人に見られることを極端に恐れているからです、とミサカは説明します
もしあなたが00001号の姿を見て笑いでもしたら、彼女の心は砕けてしまうかも知れません」

布束「・・・自惚れかも知れないけど、私は自分を妹達の親のような存在だと思っているわ
例えどんな姿になっていようと、親は決して子のことを笑ったりはしないものよ
ずっと孤独と戦っていたあの子を優しく抱きしめてあげたいの、それでもここにいちゃダメ?」

11111号「・・・申し訳ありません、私はあなたを見縊っていたようです
とミサカは謝罪します。」

 00001号を連れてきますので少々お待ちください と11111号は部屋を後にする。


209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:47:45.35 ID:gISdB28o

一方通行「ケッ 偽善者が」

布束「そうね、自分でもそう思う。but 私は出来るだけあの子達に優しくしてあげたい
あの子達を救ってあげたい。偽善と呼ばれようが、これは私の本心よ」

一方通行「ハイハイ、そうですかァ」

布束「だからどんな理由であれ、実験を凍結してくれたあなたにも本当に感謝しているのよ」

一方通行「・・・ハッ 超が付くほどのお人良しだなァ」

 ガチャリ と部屋の扉が開く

11111号「お待たせしました。 ささ、00001号、入ってくださいとミサカは00001号の手を引きます」



210 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:48:15.77 ID:gISdB28o

アホ毛「うう・・・本当に大丈夫なのですか?とミサカは不安で目に涙を溜めます」

 11111号に手を引かれ部屋に入ってきた怯えるアホ毛の姿を見て、布束は・・・

布束「ごめんなさい、やっぱりちょっと席を外すわね」カツカツ

一方通行「えっ」

アホ毛「えっ」

 振り返ることもせずに真っ直ぐに部屋から退室し、バタンと扉を閉める布束。
そして閉じられた扉の向こうから・・・


布束「ぶふおぉぉ!!!!!」


 爆発音のような笑い声が聞こえた。

一方通行「布束さァァァァァン!!!?」


211 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:48:49.73 ID:gISdB28o

アホ毛「うわああああああ!!!!わかってた!!わかってたよちくしょう!!!!
ちくしょおおおおおお!!!!一瞬でも信じたミサカが馬鹿だったあああ!!!
とミサカは号泣します!!!くっそおおおおお!!!」

11111号「あっちゃー、やっぱりこうなりましたか
とミサカは自分のおでこをペチンと叩きます」アイタター

一方通行「テメエこうなンのわかってたな・・・?」

11111号「だって彼女、お笑い番組とかに凄く弱いですし
とミサカは先日ドリフを見ながら笑い転げていた布束砥信の姿を思い出します」ウヒャヒャ

一方通行「あァやべェ、流石に不憫すぎるわ・・・
ほれ、頭出せアホ毛、そのアホ毛どうにかしてやっから」

アホ毛「うう・・・酷いです、あんまりです、とミサカは涙を流します
でもこれでようやく開放されるのですね・・・」

一方通行「よしよし、すぐどうにかしてやるからなァ」

 そう言って、以前と同じようにワシャワシャと00001号の髪を撫でる一方通行。



212 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:49:21.22 ID:gISdB28o

一方通行「よし、いいぞ」

00001号「おお・・・ついに可憐なミサカに戻れたのですね
とミサカは感動しながら鏡を取り出し己の姿を・・・ってうおおおおおおおおおい!!!!!!」



00001号「何でアホ毛が二本に増えてんだよおおおおおおおお!!!!!」




11111号「ぶはッ!!!!!」ビクン

一方通行「あっれェ、本数足りなくて不満だったンじゃなかったのかァ?」

00001号「ふざけんな!!ふざけんなあああああ!!!!
テメエの頭の中にはカニミソでも詰まってんのかああああああああ!!!
とミサカは怒りで意識が朦朧とああああああああああ!!!!!」



213 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:49:49.91 ID:dgISdB28o

一方通行「いやだってよォ、「減らせ」とか「無くせ」じゃなくて
「どうにかしてやれ」って頼まれたもンだからてっきりよォ・・・
まぁ二本に増やしながら何か変だなァ、とは思ってたンですけどね」ゲラゲラゲラ

00001号「変なのはテメエの頭だこのクソモヤシ!!!!とミサカはあああ!!!」

一方通行「イヤ、テメエの頭だろ」ゲラゲラゲラ

00001号「もおおおおおおお!!!11111号もなんとか言ってやってください!!とミサカはあああ!!!
11111号・・・?」

 振り向いた00001号の目に飛び込んだ物、それは

11111号「ッ!!ッッ!!!」ビクンビクン

 白目を剥き、身体を痙攣させながらもなお笑い続けようとする11111号の姿であった。

00001号「ちくしょうがあああああああ!!!!テメエ等呪われろおおおおおおおお!!!
とミサカは滝のような涙を流しつつ退散します!!いつか絶対殺してやるううう!!!!!」ダダッ

一方通行「ギャハハハハ!!呪われてンのはテメエの頭だよ!!」ゲラゲラ

 00001号が走り去るのを見送りながら、一方通行はなお追い討ちの言葉をかける。



214 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:50:23.54 ID:dgISdB28o

一方通行「・・・まァ今回はベクトル操作で固定してねェからすぐ元に戻るだろ
そン時に俺に感謝するがいいぜェ」ケケケ

 自分でやったことを棚上げし感謝しろ等と口走る一方通行。
やはり彼は外道の中の外道である。

一方通行「おォ、そういやテメエは無事か?笑いの波は去ったかァ?」ケラケラ

 そんな風に声をかけながら、一方通行は静かになった11111号の顔を覗き込む。

11111号「・・・」

一方通行「おィ?」

11111号「・・・」

一方通行「し、死ンでる・・・」

 心肺停止状態だった11111号は、その後医務室に運び込まれ息を吹き返すが意識は戻らず、
偶に、意識のないまま狂ったかのように笑い出すという。


215 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:50:39.30 ID:TDM8oGKYo
増えたってどんな感じで増えたんだwwwwwwww

217 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 17:54:21.30 ID:dgISdB28o
ツインアホ毛ミサカのイメージはこんな感じか・・・
もっとアクロバットにしてもいいかもね


                    _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                  /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                  |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                  |:::::::::/         ヽ
.          ,.-'"´ `丶、 |::::::|
.         / .::::::::::::::::::::::\|::::|
        /.::::::::/  ̄` 丶、:', ::|_
       l:::::::/     /=======ァ^ト┐
       |::::::l      ト=======扣z<ヽ
       \_ヽ     人二二二二式 |:.:',  
           `    /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  
             |イ:i:代ナ 弋ナ Ⅶ .:| 
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  
    -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八  
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
      -= ヘ王│  _/V,' {}/ / {/ハ
        ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   }
            \__,xくl /} |     |   |   /
                ∨/ ,'     |  └rー|


218 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 18:00:00.63 ID:8h0Gx8xQo
空を飛べそうだなwwwwwwww
ベクトル操作パネェwwww

219 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 18:00:26.49 ID:z20lm/0Po
ゴキブリかと思った

222 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/09(日) 18:06:51.53 ID:m5KMh7Vmo
まさかのけいおん!クロスと聞いて

244 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:11:59.79 ID:Bgm6c4ijo

 場は再び、レベル5の被害者達の下へ戻る。


垣根「・・・で、次の議題だが」

御坂「一方通行からのイタズラを予防する方法について、だっけ」

麦野「ぶっちゃけ今まで効果的な対策が立てれたことないわね」

垣根「だよなぁ・・・あの野郎、神出鬼没で電工石火だからな」

御坂「アイツの能力便利過ぎるわよね・・・反則よ反則!」

垣根「まばたきしてる間にパンツ一丁にされてた時はマジでポルナレフの気分だったぜ・・・」

麦野「対策の立てようがないってのが正直なところね・・・」ハァ

御坂「あ、じゃあ今回はさ、一方通行に初めてイヤガラセを受けたときの話でもしてみない?
何が切欠でイヤガラセを受けるようになったのか、それが分かれば何か対策ができるかも!」

垣根「あー・・・はじめてイヤガラセを受けたときの事なぁ」

御坂「話したくない?」


245 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:12:31.21 ID:Bgm6c4ijo

垣根「いやなんつーか、暗部絡みだからよぉ・・・
特に御坂には出来るだけ聞かせたくねえ話なんだわ」

麦野(美琴に聞かせたくない暗部絡み?それって・・・)

御坂「ねえ、それって・・・ひょっとして絶対能力進化のこと?」

垣根「!! ・・・知ってやがったか、あのクソったれな実験のこと」

麦野(やっぱりか)

御坂「それなら心配ないわ、私はあの実験の詳細ちゃんと知ってるし
それに結局、犠牲者は一人も出てないしね。そんなに気を使ってもらわなくても大丈夫よ」

御坂「そんなことより今は一方通行の情報を集めて対策を練るのが優先事項よ!」

垣根「そうか、じゃあ話さなきゃな。御坂に謝っておきてえこともあるし・・・」

御坂「謝りたいこと?」

垣根「おお、まぁ聞いてりゃわかるさ」

垣根「あれはもう四ヶ月くらい前になるのかね。 一方通行が絶対能力進化に協力しねえから、
俺に「絶対能力者になりたくないか」ってオファーが来た」


246 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:13:00.04 ID:Bgm6c4ijo

御坂「垣根さんに・・・!?」

垣根「そう、俺にだ。 最初は詳しい事は聞かせられなかったが、
興味あるんなら指定した期日に指定した場所にこい、とまぁこんな感じだったわ」

麦野「それで、どうしたわけ?」

垣根「行ったよ、力が欲しかったからな」

御坂「ッ!」

垣根「一応弁解しておくがな、その時はまだ実験の内容はほとんど知らなかったんだ」

麦野「美琴、言いたいことはあるでしょうけど、とりあえず今は話を聞きましょう。
しかしアンタもよくそんな話に乗ったわね、罠の可能性は考えなかったわけ?」

垣根「俺を誰だと思ってやがる?どんな罠が仕掛けられてようが切り抜けられる自信があったのさ」

麦野「チッ 自慢はいいからさっさと続きを話せよ」

垣根「おっと悪い、そういうつもりじゃあなかったんだが・・・」ガリガリ

 悪いクセだ、と呟きながら垣根は髪を掻き毟る。

垣根「とにかく、俺は絶対能力者という餌に釣られてのこのこと指定された場所まで出張ったってわけだ」





247 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:13:48.35 ID:Bgm6c4ijo




垣根「ここ、か?」

 指定された場所にあったのは巨大な研究所だった。

垣根(一見普通の研究所だが・・・さて鬼が出るか蛇が出るか)

 一瞬の思案の後、研究所の入口前まで来た垣根の目に入ったのは真っ白い人間だった。
髪も肌も白く、その目だけが赤い。垣根はその人間のことを、間接的にではあるが良く知っていた。

一方通行「よォ、テメエが第二位の垣根帝督か 随分遅かったなァ」

垣根「・・・第一位だなテメエ 実験から降ろされたって聞いてたんだがな、テメエがここにいるってことは、やはり罠か!」

 後ろに跳びずさって間合いをはかり、戦闘態勢に入る。しかしそんな垣根を前にしても一方通行は動こうとしない。


248 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:14:14.25 ID:Bgm6c4ijo

一方通行「勘違いしてンなよ三下野郎が 俺はテメエとやり合う気なンざ無ェよ」

垣根「ハッ じゃあ俺が絶対能力者になるのを見届けにでもきたのか?
殊勝な心がけだな第一位、ご褒美に俺が絶対能力者になっても殺さねえでおいてやるよ!」


一方通行「アハッギャハハハハハ!!笑える冗談だなァ!自惚れンなよ第二位風情が!
教えといてやるよ・・・テメエは絶対に絶対能力者になンざなれねェ」

垣根「んだと?どういう意味だ!」

一方通行「見ろよ・・・あれがテメエが絶対能力者になれねェ理由だ」

 一方通行は垣根の背後を指差す。振り向いた垣根は、そこで信じられない物を目にすることとなる。

垣根「なんだ、ありゃぁ・・・」



249 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:14:41.60 ID:Bgm6c4ijo

 一方通行の指差した先、そこには



『ドッキリでした☆』と書かれたプラカードを持った無表情な少女が立っていた



一方通行「はァい!見事に引っかかってくれましたねェ!!!
ここでネタ晴らし、実は垣根クンに話を持って行った研究員も含めて全てが仕掛け人!
全てがイタズラだと知った垣根クンは笑いながら胸を撫で下ろすのだった」ゲラゲラゲラ

垣根「え・・・は、何?え?」

一方通行「何って、第二位のくせにドッキリも知らねェのかよ、ノリが悪ィなァ
ここは「もう二度と実験に協力するなんて言わないよ」とか言うところだろォが」

垣根「そうじゃねえ・・・そうじゃねえよ・・・いや、意味がわからねえ・・・」


250 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:15:08.26 ID:Bgm6c4ijo
一方通行「だからァ、全部嘘だったンだよ!テメエに絶対能力進化の誘いが行ったのも!
絶対能力者になれるってのも!全部俺が仕掛けたドッキリなンですゥ!!」

「第二位のくせに理解力が低いですね、とミサカは哀れみの視線を向けます」

 一方通行だけでなく、いつの間にか近くまで寄ってきていた無表情な少女にまでコケにされ、
ついに垣根の中の何かが音を立ててブチ切れた。

垣根「ふ・ざ・け・ん・なああああぁぁ!!!!テメエ等あぁ!!!!余程愉快な死体になりてえtうわっぷ!」バシャア

 しかし垣根がその能力を発現させるよりも先に、一方通行により謎の液体をぶっかけられる。

垣根「くそ、なんだこりゃ!?うわ、臭え!」

一方通行「酒だよ酒、アルコール。臭ェなんて失礼なこと言うなよ、世の中には酒を「命の水」なンて呼ぶ連中もいるンだぜ?」

垣根「酒だぁ!?ふざけるな!!一体何の真似だ!?」


251 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:15:36.08 ID:Bgm6c4ijo

一方通行「ドッキリを仕掛けた後はその後の関係がギクシャクしないように
酒宴を開いて全部忘れちまおうってのがルールらしくてよォ、おら飲め飲め」

垣根「ギクシャクも何も、元から敵同士みたいなもnごぷ!」ズボ

一方通行「ハイ、とりあえず飲んでから言いましょうねェ?」ケラケラ

 ケラケラと笑いながら、一方通行は喋っている最中の垣根の口に無理矢理酒瓶を突っ込み、その中身を
ベクトル操作を用いて高速で口内に流し込んでいく。アルハラ、ダメ、絶対

垣根「ぷはッ、テメエ絶対ぶっ殺してやrうぶ!」ズボ

一方通行「ご馳走様が聞こえねェなァ、もう一本いっとけや!」ゲラゲラ

垣根「ウプ・・・も、もうやめ・・・んぶ!」ズボ

一方通行「垣根クンのォ、ちょっといいとこ見てみたいィ!」ゲラゲラゲラ

 二本、三本と立て続けに酒瓶を突っ込まれた挙句ベクトル操作で流し込まれ、
垣根の視界はゆっくりと暗転していった。



252 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:16:09.34 ID:Bgm6c4ijo



垣根「・・・気付いたら街中でぶっ倒れてたよ、パンツ一丁で」

麦野「うわぁ・・・」

御坂「うわぁ・・・」

垣根「長々と話しちまったが、一方通行だけじゃなく妹達の一員までブチ殺そうとしたことをまずは謝らせてくれ」

 すまなかった、と深々と頭を下げる垣根に、御坂は優しげに語りかける。

御坂「垣根さん、あんまり気に病まないで、それ妹達も悪いし。
それにそんな愉快な話を聞かされた後じゃ怒る気にもなれないわよ」

垣根「愉快な話!?」

麦野「つーか何が「俺を誰だと思ってやがる?」だ!ボッコボコにされてるじゃねえか!」ヒャハハハ

垣根「う、うるせえ!何もかもが予想外でペース乱されたんだよ!!正々堂々とやってりゃ負けてねえ!」

麦野「暗部が正々堂々とか(笑)」

御坂「負け惜しみが酷すぎて小さく見えるわ・・・」

垣根「クソが!!」


253 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:16:37.90 ID:Bgm6c4ijo


垣根「・・・なあ御坂、本当にいいのか?俺は妹達の一人を殺そうとしたし、
当時は内容を知らなかったとはいえ、あのクソったれな実験に協力しようとしたんだぞ?」

御坂「垣根さん・・・本当にもう、そんなに自分を責めないで?
私だって、垣根さんと立場が逆で自分にそんな誘いが来たら乗っちゃってたかもしれないし・・・」

垣根「御坂・・・」

御坂「ううん、それどころか絶対能力者になるために垣根さんのクローン殺せって言われてたら、
私、絶対殺してるわ。躊躇無く殺してるわ。もうワッサワッサと殺してるわ」

垣根「おい」

麦野「私だったら絶対能力者になった後も殺し続けてるわね」ケケケ

垣根「おい!?」


254 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:17:25.13 ID:Bgm6c4ijo


垣根「何なのオマエ等、俺結構真剣に悩んでたんだぞ?本当に悪いと思ってたんだぞ?」

麦野「ごめーん、何か垣根弄りやすくってさぁ」ヒャハハ

御坂「一方通行の気持ちがちょっとだけわかるわね」クスクス

垣根「第二位なのに、第二位なのに・・・」

麦野「第二位(笑)」

御坂「未元物質(笑)」

垣根「・・・」イラッ

麦野「俺の未元物質に常識は通用しねえ(笑)」

御坂「メルヘンな翼(笑)」

麦野「心配するな、自覚はある(笑)」

垣根「」ブチン

御坂「あ」

麦野「やべ」


255 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:17:53.44 ID:Bgm6c4ijo


垣根「テメエ等ナメてやがるなあああ!!!余程愉快な死体になりてえと見える!」

 バサァ、とプッツンした垣根が白い翼を広げ、何事かと店内のそう多くない客と店員の注目を浴びる。そんな垣根に対して

麦野「愉快な死体(笑)」

 宥めも謝りもせず、麦野は更に挑発を重ねた。

御坂「ちょっと麦野さあああん!!?」

垣根「うがああああああああああ!!!マジで殺してやるよクソババアがああああ!!!」バサバサ

麦野「あぁ!?上等だよ第二位!!序列と実力は比例してるわけじゃねえってことを教えてやるよおお!!!」

御坂「何でアンタまでやる気になってんのおおお!?」


256 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:18:48.21 ID:Bgm6c4ijo

「お、おいやばいぞあれ!」

「うわぁ、能力者同士の喧嘩だぁ!」

「だ、誰か通報しろ!はやく!」


御坂「ああぁぁやばいって!通報されてるってえええ!!二人ともやめt」バシャン

 二人を止めようとしていた御坂の頭に、垣根の投げた醤油とソースの小瓶が命中する。

御坂「・・・」ポタポタ

垣根「ひゃはははは!なぁに蚊帳の外に出てやがんだ第三位!テメエにもムカついてんだぞ!!」

麦野「あらぁ、素敵な黒髪になったわねえ!ギャハハハハ!よく似合ってるわよ!」ゲラゲラ

御坂「ふっざけんなゴラアアアアアア!!!!」バチバチバチ

 最後の良心が、現状唯一のブレーキ役が、華麗にぶっ壊れた。もはやこの場に三人を止める手段などなく、
学園都市で唯一、この三人を止めることが出来る力を有する一方通行は、勿論、都合よくこの場に現れたりはしない。
(丁度彼がアホ毛をツインにしていた時間帯である)


257 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:19:47.50 ID:Bgm6c4ijo

 ビームが乱射され、電撃が乱れ飛び、謎の翼が辺りをなぎ払う。
三人のいたファミレスを中心とした周囲一帯は、ものの数分で焦土と化した。

 元々周囲に人が少なかったことを加味しても、これほどの戦いで一般人の死傷者が出なかったのは奇跡と言えよう。
ただ一人、「不幸だ!」という断末魔と共に弾け飛んだ哀れな少年を除いて、ではあるが。


 三人のテンションは今や最高潮に達していた。
御坂がコインを構え、麦野が反動を無視しながら出力を上げ、垣根の翼が一際大きくなる。

「そこまでですの!」

 そんな一触即発の睨み合いの輪の中に、一人の少女が飛び込んだ。


258 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:20:21.20 ID:Bgm6c4ijo

「通報が合って来て見れば、なんと言う惨状ですの!あなた方が元凶ですのね!ってお姉様!?」

御坂「あれ、黒子?」

垣根「ああ?何だこのガキ」ギロリ

麦野「死にたいのかしらぁお嬢ちゃん」ギロリ

白井「な、なんですのあなた方!?お姉様!これは一体どういう状況ですの!?とにかく捕縛させて頂きますの!!」

垣根「なんですの?じゃねえよテメエが何なんだこら」

麦野「三つ数えるわよ。その間に消えなきゃテメエの間抜けな顔をジュージューやっちまうぞ」

白井「く、そんな脅しには屈しませんの!!わたくしは・・・」


白井「ジャッジメントですの!(キリッ」


垣根「ジャッジメントですの!(キリッ」

麦野「ジャッジメントですの!(キリッ」

白井「ホントに何なんですのおおおおお!!!?」


259 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:21:11.61 ID:Bgm6c4ijo
白井「お姉様!何なんですのこの二人は!?説明していただきますの!お姉様!・・・お姉様?」

御坂「ジャッジメントですの!(キリッ」

白井「お姉様ああああああああああ!!!!!!」ダッ

 信頼していた御坂にまで暴言(?)を吐かれ、白井は泣きながらその場から逃げ出す。
ジャッジメント超つかえねえ。


垣根「なるほど、あれが本場の「ジャッジメントですの!(キリッ」か、いい物見せてもらったぜ」ゲラゲラ

麦野「なるほどああいうイントネーションなのね、参考になったわ」プククク

御坂「本場は一味違うでしょう?」アハハ



260 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:21:59.16 ID:Bgm6c4ijo

垣根「はぁー、何かキレてたのが馬鹿らしくなっちまった。悪かったなお前等、正直大人気なかったわ」

麦野「いいわよ、挑発したのはこっちだしね。こっちも悪かったわ。
それより美琴、服大丈夫?かなり汚れてるわよ。クリーニング代は出させて」

御坂「あー、いいのよいいのよ、部屋に戻れば替えがあるし。
それより身体動かしたからお腹空いちゃった、何か食べない?」

垣根「つってもここのファミレスふっ飛ばしちまったからなぁ、どこに行くか」

麦野「それなら私がいい店知ってるわ。アイテムで普段使ってるファミレスなんだけど、
食べ物飲み物持ち込んでも文句言われないし、何時間居座っても追い出されないわよ」

御坂「それ麦野さん達が怖いだけなんじゃ・・・」

麦野「そんな悪いこと言うのはこの口かにゃーん?」グイ

 むにー、と御坂の頬を引っ張り笑う麦野。先程までの殺伐とした空気など、もはや欠片も残っていなかった。

御坂「いひゃいいひゃい、やめへ」


261 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:22:25.91 ID:Bgm6c4ijo

垣根「それじゃ麦野の知ってるファミレスに行くか。あ、でも一旦解散しようぜ
俺も汗かいちまったからシャワー浴びに帰るわ」

御坂「うん、私も着替えたいし」

麦野「そうね、じゃあメールで地図送るから、また後で現地に集合しましょ」

垣根「会議も次からそこで開くことにするか、それじゃ後でな」

御坂「はーい、また後でー」

麦野「んじゃねー」

 手を振り別れる三人。学園都市は今日も平和(?)である。


264 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:41:46.62 ID:Thd6Z2U00
上条さん…!

267 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 16:58:49.56 ID:irf1r6NAO
なにこいつらおもしろすぎる

290 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:11:27.14 ID:etCcLjzso

一方通行「あァ・・・今日も暇だなァ」

 その日、一方通行は例の如く実験を無視し、午後の散歩を楽しんでいた。

「暇なら帰って実験に協力してはいかがですか?とミサカはサボり魔のモヤシを嗜めます」

 そんな彼に、一緒に散歩をしていた妹達の一人は呆れ顔で軽いつっこみを入れる。

一方通行「ったくうるせェなァ、何でテメエ等は揃いも揃って死にたがるンだよ?つーか何号だテメエ」

11111号「先日あなたのせいで死に掛けた11111号ですが何か?
ていうか研究所からずっと一緒に歩いてたのに今更かよ、マジで有り得ねえなお前
とミサカは一方通行の無関心さに辟易します」

一方通行「どうでもいいことに一々関心なんざ向けてられっかよ
まァ、テメエ等の嫌がることになら興味あるけどなァ」ケケケ


291 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:11:55.57 ID:etCcLjzso

11111号「ほう、ミサカの嫌がることに興味があると?よろしい、ならばご教授して差し上げましょう。
このミサカはクレープやパフェなどの甘いものがとてつもなく苦手なのです。
今目の前にそんなもの出されたらとっても嫌だなぁ、とミサカは意味ありげな視線を一方通行に送ります」チラッチラッ

一方通行「へえェそうなンですかァ、それじゃ今からパフェ地獄にご招待して差し上げますよォ
なんて言うとでも思ってンのか馬鹿馬鹿しい。落語の「まンじゅうこわい」でもあるまいしよォ」

11111号「あなたの口から「まんじゅうこわい」とかいう台詞が出るととてもシュールですね
とミサカは笑いを堪えながらパフェを奢らせる計画が失敗したことに舌打ちをします。Holy shit!」

一方通行「相変わらず俺のことナメ腐ってやがンなテメエ ブチ殺しますよォ?」

11111号「おや、実験をやる気になりましたか?カモンカモンばっちこい
とミサカは指をクイクイっとやりながらモヤシを挑発します」

一方通行「あァァうぜェ!コイツマジでうぜェ!!意識戻らなけりゃよかったのに!!」


292 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:12:23.94 ID:etCcLjzso

11111号「フフン、イヤガラセに関する独自の美学を捨て去れないが為にミサカを殺せないのですね?
そんなだから童貞も捨てられないのですよ、とミサカは情けない童貞坊やを嘲ります」プゲラ

一方通行「童貞ネタ引っ張りすぎだろ!?
やっぱちょっと一発だけ殴らせてもらうわ死なない程度に手加減すっから一発だけ」

11111号「構いませんよ、むしろウェルカムです、とミサカは広い心で対応します
さあどうぞ、さあ!さあ!さあ!早くその拳を振り下ろしなさい!ハリーハリーハリー!!」ハァハァハァ

一方通行「テメエは一体何をすれば嫌がってくれるンですかァァァ!?」

11111号「強いて言えばあなたの存在が嫌ですね(笑)とミサカはぶっちゃけます」

一方通行「そォかよそいつは残念だ、俺はテメエのことが大好きなンだがなァ(キリッ」

11111号「おぉっと、甘い言葉で動揺させようとしても無駄ですよ?
とミサカは自分が鉄のハートを持っていることをアピールします」

一方通行「チッ」


293 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:12:50.75 ID:etCcLjzso

11111号「どこぞのアホ毛のように「好き」だの「愛してる」だのの青臭い言葉に
コロっと行っちゃいそうになるほど、このミサカは甘くないのです、とミサカはドヤ顔になります」

一方通行「無表情のままじゃねェか」

11111号「ところで先程のあなたの甘い台詞を携帯で録音してみたのですが、これはどうしてくれましょうか
とミサカは録音したものを確認するために再生ボタンを押します。ポチっとな」

携帯<俺はテメエのことが大好きなンだがなァ(キリッ

一方通行「ふざけンな消せ!!今すぐ消せ!!テメエごと消すぞクソが!!!」

11111号「オイオイ、他人に物を頼むときはそれ相応の態度ってもンがあるンじゃないですかァ?
とミサカはかつてのあなたの発言をなぞってみます。今の物真似そっくりじゃね?凄くね?ってあぁ!!」ヒュッ

 一瞬風を切るような音がしたかと思うと、次の瞬間には11111号が持っていた携帯は一方通行の手の中にあった。


294 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:13:17.04 ID:etCcLjzso

11111号「・・・全力を出しましたね?か弱い乙女から携帯を奪い取るためだけに全力を出しましたね?
たったそれだけの為に学園都市第一位が全力を出しましたね?とミサカはあまりにも大人気ない一方通行にドン引きします」ウワァ・・・

一方通行「うるせェ!!こんな携帯こうしてやンよ!!」

 ブン!と能力を使って携帯を投げ捨てる一方通行。音速を遥かに超える勢いで飛んでいった携帯は―

「ぐはああああ!!!!」

 遠くを歩いていた通行人に直撃した。

11111号「うわぁナイスコントロール・・・ついにやっちゃいましたね・・・
面会には行ってやっから安心して臭い飯食って来いよ?とミサカは一方通行が殺人を犯してしまったという事実に身震いします」

一方通行「・・・テメエも共犯だからな」

11111号「はあああ!?全くの濡れ衣じゃないですか!とミサカは・・・あ!あの人まだ動いてますよ!生きてるかも知れません!」

一方通行「マジか!?よ、よしとりあえず確認しにいくぞ!」ダッ


295 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:14:00.27 ID:etCcLjzso

 かすかに動いている被害者に、二人は慌てて駆け寄る。

一方通行「すいませェーン、大丈夫ですかァ!?・・・あァ?こいつ」

11111号「おや?」

 そこに倒れていた白ランに鉢巻という時代錯誤も甚だしい格好の男を、一方通行は見知っていた。

一方通行「なァンだ第七位じゃねェか、心配して損したぜェ」

削板「」ビクンビクン

11111号「ほほうこの方が噂の根性馬鹿ですか、とミサカはアレに直撃したのに
タンコブが出来て脳震盪を起こしている程度で済んでいるこの方の頑丈さに驚嘆します」

一方通行「おィさっさと行くぞ、こいつ起きると多分すげェ面倒なことになっからよォ」

11111号「了解しました、とミサカは・・・」

削板「うおおおおおおおお!!!!」ガバァ

11111号「うわびっくりした!」

一方通行「あァー・・・起きちまった・・・」


296 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:14:27.66 ID:etCcLjzso

削板「痛い!!ここはどこ!?わたしはだれ!?俺は削板軍覇でここは学園都市だ!!」

11111号「うわあ本当にめんどくさそう・・・とミサカはすでに逃げ出したい気持ちで一杯です」

削板「おお!第一位にそっちは第三位か!一体何をしてるんだ!?」

一方通行「一々大声で喋るんじゃねェよ五月蝿ェから。あとこいつは第三位じゃなくてクローンの方だ」

削板「こいつが妹達ってやつか!はじめまして!」

11111号「あぁはい、はじめまして・・・あのちょっと声のトーン落として頂けませんか?
とミサカは耳がどうにかなりそうで怖いです」キーン

削板「そいつはすまなかったなあ!!」ハッハッハ

11111号「何コイツマジでうっぜぇ・・・とミサカは耳栓をしながら距離を取ります」

一方通行「よォやくオマエの苦手なモンが掴めたぜ・・・でも俺もこいつ苦手だからなァ・・・」

削板「そういえば何故俺は倒れていたんだ!?お前等何か知らないか!?」

一方通行「・・・さァ、知らねェなァ。日射病にでもかかったンじゃねェの」

11111号「・・・」


297 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:15:00.84 ID:etCcLjzso

削板「この俺が日射病だとおおおお!!!くっそおおおお!!!根性が足りなかったかああああ!!!!」ガンガン

 一方通行の適当な言葉を聞いた削板は突如、四つん這いになり叫び声を上げながら己の頭を地面に叩きつけはじめた。

11111号「えぇー・・・何か突然アスファルトの地面でヘッドドラム始めましたよこの人・・・
やっぱり打ち所が悪かったのでは・・・?とミサカは不安になります」

一方通行「心配すンな、デフォルトだ」

11111号「デフォルトかよ!?別の意味で不安だよ!!とミサカは珍しくつっこみ役に回ります。しかしあなたはよく平気ですね・・・」

一方通行「あァ、慣れたからなァ・・・おい第七位そンなもンにしとけ、地面陥没してンじゃねェか」

削板「すまねえ・・・俺に根性が足りないばっかりに・・・」ハァハァ

一方通行「何に謝ってるのかどうして根性が関係あンのかサッパリわかンねェけど気にすンな
つーかそろそろ俺等行くぞ、テメエの相手すンの割とマジでイヤだから」


298 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:15:30.06 ID:etCcLjzso

削板「ところで第一位、聞いてくれるか!?」

一方通行「テメエがまず俺の話を聞けよクソったれが」

削板「少し前の話になるんだがな・・・」

11111号「うわぁ語り始めちゃいましたよ・・・もう逃げちゃわね?とミサカは提案してみます」

一方通行「逃げると追ってくンだよコイツ・・・どこまでも」

11111号「猛獣か何かかよ・・・とミサカは頭を抱えます。本当に頭痛がしてきました・・・」

削板「おい、聞いてるか!?」

一方通行「ハイハァーイ!聞いてますよォ!」

削板「いや、その顔は聞いてないって顔だな!俺にはわかるぞ!仕方ねえ、もう一度最初から話してやるとするか!」

11111号「あの、もう本当に結構ですから、とミサカは・・・」

一方通行「諦めろ、腹括って話聞くぞ・・・」


299 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:16:16.76 ID:etCcLjzso

削板「少し前の話になるんだがな、街を歩いてたらドレス姿の女に「遊ばない?」と声をかけられたんだ」

削板「丁度暇してたしな!偶には女の子と遊ぶのもいいかと思って二つ返事でOKしたんだが」

11111号「遊ぶって多分あなたとその女性で意味が食い違ってますよね、とミサカは小声でつっこみをいれます」

削板「何か精神系の能力者みたいでな、いきなり能力仕掛けて来るもんだから参ったぜ!
根性で堪えてその後普通に遊んだけどな!」

11111号「いやいや能力使ってきた相手と普通に遊ぶなよ、とミサカは呆れ返ります」

削板「こまけぇこたぁいいんだよ!!」

一方通行(精神系能力でドレス姿の女ってまさか垣根のとこの心理定規かァ?・・・嘘から出たナントヤラだなァ)


300 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:16:49.68 ID:etCcLjzso

削板「でも行った事ない服屋とか宝石店とかに連れて行かれて大変だったぜ!
俺はトレーニングジムにでも行こうと思ってたんだが、どうも男と女じゃ随分と遊びの感覚が違うみたいだな!」

一方通行「普通は男でも遊びでジムには行かねェよ」

削板「ちなみに代金は全額男が出すのが根性ある男のマナーらしい。第一位も覚えといて損はねえぞ」

11111号「ですってよ第一位、とミサカは再び意味ありげな視線を一方通行に送ります」チラッチラッ

一方通行「そんなモン覚えてたら大損だろうがァ!テメエもこっち見ンな!何も奢らねェよ!」

削板「全く、根性ねえな第一位のくせに。で、その日は携帯の番号交換して別れてな、
その後も向こうからちょくちょく電話が来て遊んでたんだが・・・」

一方通行「その間の費用は?」

削板「勿論、俺持ちだぜ!何せ俺は世界一根性ある漢を目指してるからな!」

一方通行「ですよねェ・・・」

削板「それで何度目かに会ってるときなんだが、何処に行くか話してた時にだな・・・」




301 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:17:21.16 ID:etCcLjzso


削板「それで今日は何処に行くんだ!?何でも来いだぜ!!」

心理定規「あら頼もしいわね。そうね、今日は良く尽くしてくれているあなたにご褒美を上げるわ」フフフ

削板「ご褒美?プロテインでもくれるのか?」

心理定規「いや、そうじゃなくてね・・・とっても気持ちいいことよ」

削板「???」ウーン?

 妖艶な笑みを浮かべる心理定規に、首をかしげながら的外れなことを考える削板。
その二人に近付く、一人の男の影があった。

垣根「よお、心理定規に第七位、随分と仲良さそうじゃねえか」

心理定規「か、垣根!?」

削板「おお、第二位か!久しぶりだな!この子と知り合いなのか?」

垣根「知り合いも知り合いだよ、なぁ、心理定規?」

心理定規「待って垣根!これは違うの!」


302 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:18:04.62 ID:etCcLjzso

垣根「何が違うってんだ?この一週間の内に三度も、俺の誘いを断ってまで逢引してやがる癖に、
まだ「浮気じゃない」とでもほざくつもりか?」

心理定規「ど、どうしてそれを・・・」

削板(こいつ等何言ってるんだ?さっぱり意味がわからん。根性が足りないせいか!?)

垣根「それにしてもまさかこんな根性馬鹿に寝取られるなんてなぁ・・・随分男の趣味が悪くなったんじゃねえか心理定規」

心理定規「待って!こいつとは何もしてないの!本当よ!」

削板(根性だ!根性を上げろ!こいつ等が何を言ってるのか根性で理解するんだ!)グググ

垣根「おいおいおい、何か第七位の表情が険しくなってるぜ?今のオマエの発言に怒ってるんじゃねえか?」

心理定規「な、何でよ!ちょっと第七位、あなたとは本当にまだ何もしてないでしょう!?」



303 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:18:32.05 ID:etCcLjzso

垣根「ふーん、「まだ」ねぇ?」

心理定規「どうしても信じてもらえないの・・・?」

垣根「逆に聞くがお前だったら信じれるか?」

心理定規「・・・チッ 器の小さい男ね」

垣根「本性出しやがったなアバズレが・・・」

心理定規「そうよ、私は第七位と浮気してたわ!だってそうでしょう?
思い通りにならないあなたよりも、単純馬鹿で能力で簡単に操れる第七位のほうが都合がいいわ!財布的な意味で!」

削板「ん、俺はお前の能力になんてかかってないぞ?」

心理定規「えっ」

垣根「えっ」

削板「お?」



304 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:19:16.94 ID:etCcLjzso

心理定規「え・・・私最初にあなたに会ったときに能力使ったわよね?」

削板「おお使ったな、だが、あんな根性の足りてない能力じゃ俺は操れないぜ!」

心理定規「ええぇ・・・でもその後普通に一緒に出かけて色々買って貰ったわよね・・・?」

削板「それが根性ある男のマナーなんだろ?教えてくれたのはお前だぞ」

心理定規「えぇー・・・本当にかかってないの?」

削板「おう!」

心理定規「・・・」

削板「??」


305 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:19:44.88 ID:etCcLjzso

心理定規「あ、ようするにあなた、ただの馬鹿なのね」

削板「なにぃ!?」

 心外だ、と言わんばかりに憤慨する削板と頭を抱える心理定規、一段落ついただろう、というところで
しばし静観していた垣根が口を挟む

垣根「あー、話は終わったか?まあ正直俺に取っちゃ能力云々なんてどうでもいいんだよ
ただ心理定規が俺を裏切った、だからぶっ潰す、単純にそれだけのこった」

心理定規「ほ、本気で言ってるの!?第二位が痴情の縺れなんて下らない理由で同じ暗部の仲間を殺そうってわけ!?」

垣根「裏切り物は許すな、暗部の鉄則だろ?俺は何も間違っちゃいねえよ」

心理定規「そんなのただの詭弁じゃない!あなたがそんなだから私は・・・」

垣根「もういい聞くに堪えねえ、とっとと消えろ」


306 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:20:43.02 ID:etCcLjzso

 バサァ!と音を立て、垣根の翼が心理定規に襲い掛かる。本気で殺しにかかってきた第二位を止める手段など
勿論心理定規は持ち合わせておらず、彼女に出来るのは、ただ目を閉じ決定的な瞬間を待つことだけであった。

 しかし、その決定的瞬間はいつまで経っても訪れない。焦らしているのだろうか?
否、何事にも急ぎすぎるこの男がそんな器用な事をするはずもない。
恐る恐る目を開いた心理定規の目に映ったものは―

垣根「・・・何の真似だ?」

削板「ぬおおおおおおおお!!!」

 垣根の翼を素手で掴み防いでいる削板の姿であった。

心理定規「あなた・・・どうして?」

削板「生憎、目の前で殺されそうになってる女の子見捨てるほど根性なしじゃねえんだ!!早く逃げろ嬢ちゃん!!」

心理定規「・・・ありがとう、死なないで!」ダッ


307 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:21:31.47 ID:etCcLjzso



削板「行ったか・・・おい第二位!いきなり女の子に襲い掛かるなんて根性足りてねえんじゃねえか!?」

垣根「いきなりじゃねえだろ!?お前何聞いてたんだ!!」

削板「お前みたいな悪党の話なんて聞いてねえ!!!」

垣根「OKOK、どうやらお前から死にてえらしいな・・・望み通りにしてやるよ!」

削板「女の子を逃がすために格上とタイマン・・・燃えるシチュエーションだぜ!!」

垣根「[ピーーー]オラアアアアアアアア!!!」バサァ

削板「根性おおおおおお!!!!」ウオオ



308 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:22:04.11 ID:etCcLjzso



削板「なんてことがあってな、二週間ほど入院するハメになっちまったぜ!」

11111号「あ、普通にボコられたんですね、とミサカはその流れで負けてしまう第七位に軽蔑の眼差しを送ります」

一方通行「まァ垣根クンはアレで俺の次くらいに強ェからなァ・・・」

11111号「ていうか心理定規が途中からヒロインみたいになってますけど、ただのビッチですよね。
とミサカはそもそもの発端が彼女であったことを思い出します。」

削板「あれが美人局って奴なのかもしれねえな!第一位も気をつけろよ!」

一方通行「イヤそれは違ェだろ・・・」

削板「おっと、もうこんな時間か!そろそろ俺は行くぜ!じゃあな!!」ダッ


309 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:22:49.97 ID:etCcLjzso


 走り去る削板を、疲れた表情で見送った後、二人は再び歩き始めた。

11111号「喋るだけ喋って行ってしまいましたね・・・とミサカはもう言葉もありません」

一方通行「アイツはある意味最強だからなァ・・・」

11111号「あなたが第七位にはイヤガラセをしない理由がよくわかりました、とミサカは深い溜息をつきます」ハァ

一方通行「何をすりゃァ嫌がるのかサッパリわかンねェし、そもそも会うのもイヤだからな・・・
まァその辺はテメエも似たようなモンだけどな」ケケケ

11111号「ちょ、何て事言いやがる!いくらM属性持ってるからって何言われても喜ぶわけじゃねえんだぞ!?
流石にあんなのと一緒にされるのは心外です!とミサカは珍しく憤慨します」

一方通行「ハイハイ、そいつは悪ゥございましたァ ・・・ん、なンだありゃ?」

11111号「おやおや?」



310 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:23:20.12 ID:etCcLjzso

 二人から数十メートル程先の道のド真ん中に、何か白い物が見える。最初は何か分からなかったが、
近付くにつれて輪郭がはっきりとしてくると、どうやら倒れている人間らしいことがわかった。

11111号「うわぁまた人が倒れてますよ、お前何したの?とミサカは隣のモヤシ男を睨みます」

一方通行「なンもしてねェよ!ずっと一緒にいたろォが!無視すンぞ無視、絶対ェろくなことになンねェ・・・」

11111号「君子危きに近寄らずですね、道変えましょうか、とミサカは提案します」

一方通行「おォ、そっちの路地いこうz」

「ひ、ひどいんだよ!!!」ガバッ

一方通行「意識あったのかよクソが」

「こんなに可愛い子が倒れてるんだよ!?それを無視するなんて神経を疑っちゃうかも!」



311 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:23:51.48 ID:etCcLjzso

一方通行「自分で自分のこと可愛いなンてほざいてるテメエの神経疑うわ。何様だよ一体」

11111号「一方通行、知らないのですか?この方は今巷で人気のイカ・・・」

「その先は絶対に許さないんだよ!!!!!」

一方通行(イカ・・・?)

イン「私の名前はインデックスって言うんだよ!あ、あれ、どうして私の名前だけ省略されてるのかな!?」

一方通行「あーはいそりゃ良かったですねェ、それじゃサヨウナラ」

11111号「お達者で、とミサカはペコリと頭を下げます」

イン「ちょっと待たなイカ!いや違う違う、ちょっと待って欲しいかも!」

一方通行「なァンなンですかァ?」

11111号「こういう時にちゃんと待って上げる辺り、あなたは実は意外と優しいですよね、とミサカは指摘します」

一方通行「・・・ハッ、そンなンじゃねェよ」

11111号「照れんなよ気持ち悪い、とミサカは毒突きます。オエッ」

一方通行「オマエ、ホントに何なの?」



312 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:24:25.86 ID:etCcLjzso

イン「あのね、御飯くれるとうれしいな」

一方通行「はァ?」

イン「お腹が空いてるって言ってるんだよ?」

11111号「インデペンデンスデイさんは空腹のあまり倒れていたのですか?とミサカは尋ねます」

イン「名前の間違え方が有り得ないかも!?とにかくそういうことなんだよ
同居人がお昼御飯の準備を忘れたまま学校に行っちゃって、もう限界なの・・・」グーギュルル

一方通行「一食抜いたくれェじゃ人間は死なねェから大人しく帰って同居人とやらを待ってろよ」

イン「空腹で動けないんだよ・・・それに、このまま家に戻っちゃうとペットの猫に手を出しちゃうかも・・・」

一方通行(うわぁ)

11111号(うわぁ、とミサカは(ry)

一方通行「こいつに飼われてるペットが不憫でならねェ・・・」

11111号「一方通行、ペットの為にも何か奢って上げてはいかがですか、とミサカは提案します」


313 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:25:05.30 ID:etCcLjzso

一方通行「なァンで俺が見ず知らずの女に飯奢らなきゃならないンですかァ?」

11111号「かと言ってこのままペットが食い殺されるのを黙って見てるのも後味悪くないですか?
とミサカはペットの猫ちゃんを心配します」

イン「どうでもいいから早く何か食べさせて欲しいんだよ」

一方通行「あァダメだ、こいつダメだ、今ので完全に奢る気失せたわ・・・」

11111号「流石に今の催促の仕方はないわー、とミサカはドン引きします」

イン「酷いんだよ!困ってる人を見たら助けなさいって習わなかったのかな!?」

一方通行「うっぜェ・・・とにかく空腹感が消せればいいンだな?仕方ねェな・・・」ガシリ

イン「ひゃ!何をするつもりなのかな?やめて欲しいかも!」

 一方通行は突如、寝そべったままの少女の頭をガッシリと鷲掴みにする。
思わぬ行動にインデックスは驚き抗議するも、空腹のため満足に動けず、結局はなすがままにされることとなった。


314 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:25:34.12 ID:etCcLjzso

一方通行「ふゥ、まァこンなもンだろ」

 しばらくインデックスの頭を掴んで難しい顔をした後、一方通行は手をパンパンと叩きながらそう言った。

イン「あ、あれ?お腹がいっぱいになったんだよ?」

一方通行「良かったなァ、それで帰れるだろ」

イン「うん、何も食べれなかったのはちょっと不満だけど、とにかくありがとう白い人!」

一方通行「テメエに白いとか言われたくないんですけどォ?」

イン「それじゃ私帰るね、次会ったときは何か食べさせて欲しいな」

一方通行「ヤなこった」

11111号「元気でねイカちゃん、とミサカは手を振ります」

イン「おいそれやめろ」



315 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:26:33.13 ID:etCcLjzso

11111号「それで、一体何をしたのですか?とミサカは尋ねます」

一方通行「あァ?簡単なこった。ベクトル操作で胃袋と満腹中枢を刺激して、脳に満腹状態だって誤認させたンだよ
消化できねェプラスチックを胃に入れたまま、満腹だと勘違いして餓死するバカな鳥が偶にいンだろ?あれと同じだ」

11111号「え、ようするにあの子を餓死させる気ですか、いささかやりすぎでは?とミサカは焦ります」

一方通行「流石にそこまでやンねェよ、夜にでもなりゃちゃンと効果が切れるはずだ
ただ、その時には溜め込んでた分相当な空腹感を感じるだろォがなァ」ニタァ

11111号「これはひどい、とミサカは一方通行の鬼畜っぷりに震えます」

一方通行「今日はなンか面倒な事ばっか起こりやがるから今日はもォ帰ンぞ」

11111号「了解しました、とミサカは後に続きます」



316 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:26:58.93 ID:etCcLjzso

 その夜、某アパート

「インデックス、本当に腹減ってないのか?」

イン「うーん、なんだか不思議だけど、本当に満腹なんだよ」

「でも昼も食べて無いんだろ?病気じゃないだろうな」

イン「何でだろ?」

「拾い食いなんてしてないだろうな・・・」

イン「それは流石に失礼かも!あ、でも・・・」

「でも何だ?」

イン「昼間に会った白い人に頭を触られてから突然空腹感が消えたんだよ!あれが原因かも!」

「・・・インデックス、これからはお腹が空いたらその人を探しに行ってくれ」

イン「えっ」


317 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:27:27.21 ID:etCcLjzso



イン「・・・あれ?」

「どうした?」

イン「なんだか突然お腹が空いてきたかも!」

「なんだって!?」

イン「とうま!早く食べ物を持って来て欲しいかも!凄い空腹感なんだよ!」

「ちょ、ちょっと待ってろインデックス、すぐ作るから」

イン「あぁ・・・空腹で目が・・・」ガクリ

「い、インデックスゥゥゥ!!!ちくしょう!魔術師め!!」

イン「うぅ・・・」

「インデックス!インデックス!?目を開けてくれ!ちくしょおおおお!!!」

イン(なんだろう、いい匂いがする・・・)パチリ

「よかった!しっかりしろインデックス!すぐ何とかしてやるからな!」

イン(あ、あれ・・・とうまって・・・)

「インデックス・・・?」


318 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:27:57.09 ID:etCcLjzso









              (オイシソウ・・・)










319 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:28:24.34 ID:etCcLjzso

翌、夕方

「かみやーん、学校サボってどうしたんだにゃー?」ドンドン

「かみやん、いないのか?あれ、開いてる・・・」ガチャリ

「おーい、入るぞかみやん」

「かみやーん?あ・・・?」





「・・・ミンチよりひでぇや」





321 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:31:46.37 ID:b+moINtPo
うん
上条さんなら明日には「不幸だ…」とか言いながらカエル医師の病院にいるだろうって信じてる

324 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:43:25.74 ID:x6rV4okko
くそwwwwwwww11111号と一方さんの掛け合いが面白すぎるwwwwwwwwwwwwwwww

325 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:47:55.59 ID:8jykmzcso
インさん、スフィンクス食ってねえだろなwwww

326 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/11(火) 21:54:23.98 ID:Iy7L+3hd0
生きてる人間を貪り食うとか
インセクター羽蛾さん怖すぎワロタ

337 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 14:22:35.12 ID:jYQtaOQ20
ここでミンチのAA登場

338 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 20:14:20.43 ID:qeAgISgHo

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。    不幸だあああああ!!
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
.

こうですか?わかりません><


339 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 20:23:23.42 ID:WHePgaM0o
爆散じゃねぇか

340 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 23:38:38.58 ID:pJFo4HUW0
これもう死んでるだろ

341 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 14:43:06.10 ID:7MfWrBkpo
何度死んでも生き返るのが上条さん

343 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:48:29.46 ID:Hu8Dzbhbo

 垣根帝督の朝は早い。

垣根「ふぅ、今日もいい朝だぜ。さて、今日は・・・」

 グッと伸びをし、何かを確認するかのようにベッドの上から部屋を見回す。
その彼の視線が、先日買い換えたばかりの冷蔵庫の前で停止する。

垣根「ぬぁ!?一方通行の野郎またやりやがった!!
これで五台目だぞ、冷蔵庫が帝凍庫クンにされるの!!冷蔵庫買い換える度にやりやがって・・・」

 つーか寝てる俺に気付かれずに冷蔵庫改造するってどんな神業だよ・・・
そんなことを呟きながら、垣根の一日は今日も始まった。
 
垣根「今日は朝一で大事な用事があるからな、とりあえずシャワーでも浴びるとするか
えーっと着替え着替え・・・!?」ガサゴソ

 着替えを用意すべくタンスを漁っていた垣根の動きが止まる。
そこで目にした光景に、彼は一時の間、完全に思考を停止させた。

垣根「な、なんだと・・・ッ!」



垣根「下着が全部白のブリーフになってやがる!!」



 一面の白、彼の視界は今、白いブリーフに埋め尽くされている。


344 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:49:09.58 ID:Hu8Dzbhbo

垣根「なんてこった、俺のキャラ的にこんなの履く訳には絶対にいかねぇ!」

垣根「かと言って今から買いに行く時間もない・・・仕方ねぇ、今履いてるパンツそのまま使うか・・・」

 ハァ、と溜息をつきながら服を脱ぎ始めた彼の手が再度止まる。
やがてその手が震え始め、その瞳には驚愕、困惑、そして憤怒の色が宿る。

垣根「ふざけるなよ・・・これは一体なんだ!?俺が何をした!?」

垣根「どうしてだ・・・どうして・・・ッ!?」



垣根「どうして今履いてるパンツまでブリーフになってやがるんだ!!!!!」



 先日、彼は確かに黒いボクサーパンツを履いていたはずである。
その漆黒の、悪魔のようなボクサーパンツが、どういうわけか今は純白に輝く、天使のようなブリーフへと変化している。

垣根「どういうことだ一方通行アアアアアアアア!!!!」

 ここにはいない、この事象を引き起こした犯人であろう人物の名を、彼は我を忘れ絶叫した。


345 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:49:39.58 ID:Hu8Dzbhbo

垣根「ハァ、ハァ・・・いや、今は一方通行よりも下着をどうするかだ・・・」

垣根「出かける時間が迫ってる・・・さっきも言ったが買いに行く時間はねえ
なら履くか・・・ブリーフを!?冗談じゃねえ!」

垣根「こんなもん履いて外に出たらろくな事にならねえのは目に見えてる!
何か予期せぬ事態が起きてブリーフを人目に晒して笑いものになるに決まってやがる!!」

 どうする、どうする・・・と悩む彼に、一つの天啓のごとき妙案が浮かぶ。
そう、それはとても簡単なことだ。しかし彼にしかできないことだ。
それに思い至った時、垣根帝督は悠然と勝利の笑みを浮かべた。

垣根「フ・・・フハハ、クハハハハ!どうかしてたぜ、こんな簡単な事に気付かないなんてなぁ・・・
残念だったな一方通行!テメエはどうしても俺にブリーフを履かせたかったらしいが、そうはいかねぇ!」

 恐らく今頃、ブリーフを履く自分の姿を想像しながら爆笑しているであろう人物に対し、彼は勝利を宣言する。

垣根「・・・俺の未元物質に常識は通用しねえ」



346 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:50:31.27 ID:Hu8Dzbhbo

「それにしても、こんな超朝早くから呼びつけるなんて、一体何なんでしょう?」

「結局、麦野から何か重大な発表があるみたいよ?」

「そうなのか!?俺は「来なきゃブチコロス」としか言われてないんだけど!?」

「大丈夫だよ、はまづら。私はそんなはまづらを応援してる」

 とあるファミレスに、朝早くから四人の男女が集まっていた。
絹旗最愛、フレンダ、浜面仕上、滝壺理后。彼女達は「アイテム」という暗部組織のメンバーで、
今日は組織のリーダーである麦野に早朝から呼びつけられたのだ。




麦野「皆揃ってるわね?」

絹旗「超遅いですよ麦野!超待ちくたびれました!」

 予定時間ピッタリに現れた彼女に、時間の随分前から待っていた絹旗がブーブーと文句を言う。


347 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:51:00.13 ID:Hu8Dzbhbo

麦野「それでね、電話でも言ったけど今日は重大発表があるのよ」

絹旗「超スルーされました・・・」

浜面「俺は何も聞いてねえんだけど!?」

フレンダ「結局、重大発表って何なの?」

麦野「実はね、アイテムに新メンバーを加えることになったの」

絹旗「えっ」

フレンダ「えっ」

浜面「えっ」

滝壺(東北東から信号がきてる・・・)

絹旗「ちょ、ちょっと待ってください!超何も聞いてませんよ!?」

フレンダ「結局、一体いつの間にそんなこと決めたの!?」

麦野「先週、私の一存で決めたわ。とりあえず今日来てもらってるから、今から顔合わせね」


348 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:51:29.08 ID:Hu8Dzbhbo

 こっちおいで、と近くに座っていた男に声をかける麦野。
声をかけられた男――垣根帝督は気取った仕草で髪をかき上げながら、アイテムの陣取っているテーブルに近付く。

垣根「ほー、これがアイテムか、本当に可愛い子揃ってんだな。余計なのもいるけど」

絹旗「うわ、イケメンです!麦野が超イケメンを連れてきました!」

浜面「余計なのって俺のこと!?」

滝壺(可愛い子・・・)ポッ

フレンダ「結局、何なのこのイケメンは?ま、まさか麦野!そういう関係な訳!?」

麦野「イヤそれはないわ」

垣根「否定すんの早ぇなおい」

浜面「それじゃ一体どういう関係でアイテムに入れることになったんだ?」

絹旗「超イケメンだからですか?」

麦野「こいつの所属してた暗部組織が解散しちゃってね、使えそうだったから拾ったのよ」

絹旗「また超スルーされました・・・」




349 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:52:06.35 ID:Hu8Dzbhbo

垣根「あーとにかく、今日からアイテムで働かせてもらう事になった垣根帝督だ。ヨロシクな」

絹旗「あ、絹旗最愛です。超よろしくお願いします」

フレンダ「結局、私はフレンダって言う訳よ」

滝壺「滝壺理后。よろしくね、かきね」

浜面「浜面仕上だ。男同士仲良くしようぜ」

麦野「うん、それなんだけどね、浜面・・・」

浜面「ん?」

麦野「あんたクビ」

浜面「」

 ススッと手刀で首を切るジェスチャーをする麦野に、浜面は絶句する。

フレンダ「oh・・・」

浜面「何でだよ!?」

麦野「いや男二人もいらないかなーって」


350 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:52:36.88 ID:Hu8Dzbhbo

浜面「ちょ、ちょっと待てよ!イヤ待ってください!ヘマやってスキルアウトもクビになっちまったし、
ここでアイテムまでクビになったら俺本当に行くところがないんだけど!?」

麦野「そんなもん知らないわよ。滝壺の給料に少し色付けてあげるから養ってもらえば?」

浜面「それは流石に男としてのプライドが許さねえよ!!」

滝壺「大丈夫だよ、はまづら。私はそんなニートでヒモでゴミクズなはまづらを応援してる」

浜面「た、滝壺さん!?」

絹旗(滝壺さん超こえぇ・・・)

浜面「おい麦野!俺がこのイケメンよりも使えないって言うのか!?」

麦野「ええ、間違いなく使えないわね」

フレンダ「結局、顔だけでも埋めようがないくらい差がある訳よ」

浜面「ぐぐ・・・おいテメエ!」

垣根「あん?」

浜面「表に出ろ!!!!」

 浜面仕上、一世一代の大勝負である。



351 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:53:02.47 ID:Hu8Dzbhbo

浜面「なぁ麦野、俺がこいつにタイマンで勝ったらクビは取り消してくれ!」

麦野「あー・・・うん、別に構わないわよ」

浜面「よっしゃああああああ!!!負けねえぞちくしょうが!!!」ガタッ

垣根「めんどくせえなぁ・・・まぁ、売られた喧嘩くれえは買ってやるか」

麦野「あ、言い忘れてたけどそいつ第二位よ」

浜面「えっ」

絹旗「えっ」

フレンダ「えっ」

滝壺「えっ」

麦野「えっ、じゃなくて、レベル5の第二位」



352 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:53:34.90 ID:Hu8Dzbhbo

浜面「マジで・・・?」

垣根「あぁ、マジだ。第二位、未元物質の垣根帝督だ。改めてヨロシクな」

絹旗「だ、第二位って麦野より超序列上じゃないですか!凄い!超凄いです!超サインください!」

滝壺「すごい・・・」

フレンダ「結局、よくそんなとんでもないのをアイテムに引きこめたわね・・・」

垣根「そんなに褒めるなよ、照れるじゃねえか」

 黄色い声を浴びて、垣根はテレテレと頭を掻く。
長い暗部生活と実験付けの日々・・・そんな中で、これほど純粋に自分のことを褒めてもらうのは、
彼にとって初めてのことであった。

垣根「・・・それで浜面だっけ?やるのか?」

浜面「えっとその・・・」

垣根「ん?」

浜面「すんませんでしたあああああああ!!!」

 ガバッと綺麗な土下座を決める浜面。一世一代の大勝負は、始まる前に終わった。
そんな彼の姿を、アイテムの面々は冷ややかな目で見つめる。


353 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 19:54:03.82 ID:Hu8Dzbhbo

絹旗「うわぁ・・・超かっこ悪いです・・・」

フレンダ「結局、浜面は浜面って訳よ・・・」

滝壺「大丈夫だよ、はまづら。私はそんな負け犬なはまづらを、うーん・・・まぁ応援してる」

浜面「うるせえお前ら!小物には小物の生きる道があんだよ!負け犬上等だちくしょうめ!!」

垣根「何か哀れになってきたわ・・・おい麦野」

麦野「何よ?」

垣根「こいつアイテムに残してやれよ・・・どうせ雑用係だろ?いた方が便利だって」

 未だ土下座したままの浜面を見つめ、垣根はこみ上げて来る何かを堪えるように目頭を押さえる。
居場所がなくなることの恐怖を、彼は誰よりもよく知っているのかもしれない。

麦野「言われて見れば、それもそうね。今まで以上にこき使うけど、文句はないわね浜面?」

浜面「ハイ、もう置いていただけるだけで結構です。ありがとうございます」

 卑屈に頭を下げる彼の姿に、流石の滝壺もキャラを忘れて「これはないわ」と言い放ったとか。



355 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 20:04:30.16 ID:Hu8Dzbhbo
追伸
一方さんが駒場さんをアレしてないはずなのにどうして浜面がアイテムにいるのかって?
知らないわよ、バカ!

356 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 20:13:47.87 ID:wTqBGUUDo
セルフ突っ込み乙wwwwww
浜面…頑張れ

357 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 20:19:08.94 ID:VTKN2/cdo
ていとくんパンツ創りやがったのかwwwwwwwwww

359 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 20:47:45.78 ID:/CIVYQhto
名実ともにハマーさんになりつつあるなwww

367 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:56:50.99 ID:2PkoPP4mo

「お願いやめて!やめてええええ!!!!」

「ぎゃは!力ずくで止めてみろよ!!ほら、このままじゃテメエの大事なモンが滅茶苦茶になっちまうぜェ!?」

 路地裏に少女の悲痛な叫び声が響き、次いで、そんな反応を楽しむかのように、
白い少年の口から脅迫まがいの言葉が飛ぶ。

「何で!?一体どうしてそんなことするの!?どうしてそんなことができるの!?」

 少女が大声で問う。今まさに目の前で行われようとしている行為は、明らかに人道に反しており、
彼女がこれまで受けてきた数多くの仕打ちのどれよりも残酷で、屈辱的で
真っ当な神経の持ち主ならばとても考え付きもしないような事だった。

「何でかって?ひゃはっ!決まってンだろ、楽しいからだ!!」

 返ってきたのは、必死な彼女を嘲笑うかのような、あまりにも冷酷な言葉。


368 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:57:18.25 ID:2PkoPP4mo

「さァどうすンだァ?もう後がないぜ。自慢の超電磁砲でもなんでも使って、俺を止めてみろよ!」

 ゲラゲラと笑いながら、少年は冷たい言葉を続ける。

「お願い、その子だけは!その子だけは助けてあげて!私はどうなってもいいから!!」

 少女の目には、無表情で、何も喋らないその子が、涙を流しながら助けを求めているように映る。
それでも彼女は動かない、動けない。既に、何度も挑み、散々に痛めつけられているのだ。
目の前の憎い少年に、やめてくれと懇願する以外に、もう大切なその子を助ける術はない。

「だからよォ・・・力ずくで止めようとしてみろ!ひょっとしたらどうにかなるかもしれねェぞ!?」

 力ずくで・・・それが不可能なのを少女は、そして少年もよく知っていた。
少女は学園都市の第三位で、少年は第一位なのだから。
知っていながらなお、動けなくなるほどに痛めつけておきながらなお、
第一位である一方通行は、第三位の御坂美琴に「挑んで来い」と「力ずくでやってみろ」と叫んでいる。
それはチャンスを与えているわけでもなければ、当然鼓舞しているわけでもない。
ただ、ただ反応を楽しむためだけに、一方通行は笑いながら御坂を煽り続けていた。


369 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:58:00.10 ID:2PkoPP4mo

一方通行「ほォら、テメエの意気地がねェから、今からコイツの頭が大変なことになるぜェ?」

 叫び続ける御坂に、もう良いと言わんばかりにそう言い放つと、一方通行はドス黒い何かを握り締めている右腕を振り上げた。

御坂「イヤアアアアア!!!やめてえええええ!!!」

 誰も助けに来ない。
 最高のタイミングで現れるヒーローなど存在しない。
 御坂には叫び続ける他に何もない。




御坂「私のゲコ太に、そんな誰のかもわからないパンツを被せないでええええええ!!!!」



一方通行「俺のじゃねェから安心しろ」ゲラゲラ

御坂「そういう問題じゃないわよ!!!一体誰のなのよおおお!?」

御坂「あっあぁあ!あああぁぁぁぁ・・・」


370 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:58:29.82 ID:2PkoPP4mo


    __     __
   (●)---(●)
   /      "ヘ   
   |   ,___,  人
   >,、 _____, , イ

     gekota

       ↓

   | ̄ ̄\/ ̄ ̄|
   |         .|
   |________|
   |   ,___,  人
   >,、 _____, , イ

  Gekota in the pants





371 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:58:59.20 ID:2PkoPP4mo


 ほんの数十分前まで、御坂美琴はこの上なく上機嫌だった。予てより目をつけていた
人間大のサイズはあろうかという、超巨大ゲコ太ぬいぐるみをついに購入できたからだ。

御坂「ついに私のモノになってくれたわねゲコ太ぁ・・・」ウフフ

 早く家に帰って飾る場所を考えなきゃね、がっしりと両手に大きなぬいぐるみを抱え、
幸せ一杯といった気分でそんな独り言を呟く。
しかし、悲劇とは常に何の前触れもなく襲い掛かる。悪魔は常に側に隠れている。

 学園都市の白い悪魔が、そんな幸福に満ち溢れた表情で道を歩いている彼女を見過ごすわけもなかった。

「おンやァ、随分と嬉しそうですねェ」

御坂「!?」

 突如死角からかかった聞き覚えのある声に、御坂は一瞬身体を硬直させる。
逃げる、隠れる、戦う。あらゆる行動を取るその前に、彼女は物凄い力で路地裏に引きずり込まれた。
その先で、やはり見覚えのある、今最も出会いたくなかった少年が嗜虐的な笑みを浮かべていた。


372 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 13:59:32.56 ID:2PkoPP4mo

御坂「一方通行!これは一体何の真似なの!?」

一方通行「何か?なんて聞かなきゃわかンねェかァ?」

 警戒する御坂に、一方通行はケラケラと笑いながらゆっくりと手を伸ばす。

御坂「ま、まさかこのゲコ太を狙ってるわけ!?ダメよ!それだけは許さないわ!」

 ゲコ太のぬいぐるみを自分の背後に隠し、庇うように仁王立ちする。
その姿はさながら子を守ろうとする母のようでもあり、
その目には「指一本触れさせない」という強い決意の光が宿っていた。

一方通行「いいねいいねェ!最ッ高だねェ!そういう反応をするモノこそ、やりがいがあるってモンだ!」

御坂「ふざけんなあああああ!!!」

 ゲコ太を守るため、御坂は全身全霊をかけて一方通行に挑む。しかしどのような抵抗も、
彼の反則的な能力には全く通じず、逆に全て反射され、彼女自身の身体を痛めつけることとなった。
 それでも幾度と無く立ち上がり続けた御坂だったが、ついにその膝が崩れる。


373 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:00:04.94 ID:2PkoPP4mo


御坂「うぁ・・・く・・・」ハァハァ

一方通行「もォ終わりかァ?それじゃコイツを・・・」

 倒れ伏す彼女を一瞥すると、一方通行はゲコ太のぬいぐるみに再び手を伸ばす。
なんとかその手を止めようと必死にもがく御坂だが、もはや満足に能力を使うことすらできない。

御坂「ゲコ太!逃げて!!」

一方通行「イヤ無理だろ・・・」

 御坂の必死の声もむなしく、ゲコ太のぬいぐるみは一方通行に確保され、
そして冒頭へと続く。



374 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:00:30.21 ID:2PkoPP4mo



 ゲコ太のぬいぐるみにイタズラの限りを尽くし、御坂の泣き叫ぶ姿を散々堪能した一方通行は、
「クリーニング代だ」と札束を投げ捨て行ってしまった。良く訓練されたレイプ魔のような野郎である。

 後に残ったのは泣き崩れている少女と、そして変わり果てた姿となった、少女の守れなかったもの(ゲコ太)

「あれ、御坂・・・御坂か?どうしたんだそんな所で」

 そんな哀れな少女を、一人の少年が見つけた。

「一体何して・・・どうしたんだその格好!?・・・お前、泣いてるのか?」

御坂「あ、アンタ・・・」

 少年―上条当麻は驚く。彼の知る限り相当強い部類入る少女、
学園都市の第三位である御坂がボロボロの状態で泣き伏していたからだ。

上条「何が、あったんだ?」



375 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:01:04.65 ID:2PkoPP4mo

―――――――――――――



上条「ハァ、ハァ」

 上条当麻は路地裏を全速力で駆けていた。ある人物を探すために。
その人物を殴ってでも御坂の前に引きずり出し、全力で頭を下げさせるために。

 泣き止まない御坂から断片的に聞き出せたことを思い出す。

 第一位である一方通行に敗れたこと
 目の前で大切な「友人」を汚されたこと
 それを黙って見ていることしかできなかったこと
 
 一つ語る度に、御坂の瞳からは大粒の涙がこぼれた。
「友人」の姿が見当たらないのは一方通行に連れ去られたか、或いは自分から何処かへ消えてしまったのか、
それは語られなかったが、恐らく前者の可能性が高いと当たりをつけた上条は
一方通行がどちらの方向へ歩き去ったかを聞き出すと、すぐに走り出した。

 まさかその「友人」というのが、側に転がっていたパンツを被ったぬいぐるみのことだとは夢にも思うまい。


 走り続ける上条の目に、一人の人物の後姿が映る。

 華奢な身体、白い髪に白い肌、黒い服。間違いない、こいつが―

上条「てめえが一方通行か!」



376 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:01:33.04 ID:2PkoPP4mo


一方通行「あァ?何だテメエ」

 背後からかけられた声に、一方通行はめんどくさそうに振り返る。
その顔には、自分を一方通行だと知りながらこんなナメた口を利くのは一体どこのバカだろう、
そんな傲慢な態度がありありと表れていた。

一方通行「ハッ運がよかったなァ三下野郎、俺は今機嫌がいいンだ」

 ナメた態度は忘れてやるからとっとと消えろ、そう言い放つ一歩通行に、上条は激昂する。

上条「てめえの機嫌がいいってのは、御坂をボコッたからか!?あいつの友人を散々辱めたからか!?」

一方通行「テメエ第三位の知り合いかァ?イヤ、それより友人辱めたって何だ?知らねェぞ」

上条「惚けんな!!御坂の友人を何処にやった!?」

一方通行(えェー・・・)

 一方通行は困惑していた。突然御坂の知り合いらしい熱血漢が現れ、
身に覚えのないことを糾弾されているのだから当然といえば当然である。
彼がやったのは子供のイタズラレベルのことであり、
当人はともかく第三者にここまでキレられる言われはない。


377 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:02:00.67 ID:2PkoPP4mo

一方通行(友人ってダレ?コイツ何か勘違いしてねェ?)

 流石の学園都市第一位も、「友人」がゲコ太のぬいぐるみを指していることには気付かない。

上条「あの御坂が、俺に助けを求めたんだぞ!無能力者の俺なんかに!!
その時のあいつの気持ちが、てめえに分かるかよ!?」

一方通行「サッパリ分かンねェ・・・(テメエの言ってることが)」

上条「そうかよ・・・てめえにとっちゃ御坂達にやったことは、
ちょっと目に付いた道端の石ころを蹴飛ばすも同然、何でもねえことだって言うんだな・・・」

一方通行「言ってねェよ」

上条「いいぜ、てめえが何でも思い通りに出来るってなら・・・」

一方通行「聞けよ」



上条「まずはそのふざけた幻想をぶち[ピーーー]!!」



一方通行「テメエの妄想をまずはどうにかしやがれこの三下があァァァ!!!」




378 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:02:47.97 ID:2PkoPP4mo

上条「御坂が受けた痛み、てめえにも教えてやる!!」

 問答無用、とばかりに上条は右拳を振りかぶり、一方通行に向かって突進する。

一方通行(死ぬほどめンどくせェ・・・誤解とくのもめンどくせェ・・・
サクっと反射して昏倒させて、それで終わりだ)

 そんなことを思い、身構えすらせずにいた一方通行だったが、ある事に気付く。
コイツは第三位の知り合いで、色々な勘違いはあるが、どうやら第三位の代わりに俺を殴りに来たらしい。
ということは俺の能力がどンなもンか少し位は聞いているはずだ。にも関わらず、真っ直ぐに殴りに来ている。

 これは・・・

一方通行(何かあるな・・・)

 イヤな予感がした一方通行は、上条の拳が当たる寸前、その身をそらす。
顔面に向かっていた拳は狙いが外れ、その頬を掠める。
そう、あらゆるものを反射するはずの一方通行の能力を超えて・・・


379 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:03:34.81 ID:2PkoPP4mo

一方通行(掠りやがった、だと・・・)

 ある程度予想していたとは言え、反射が効かなかったことに一方通行は少なからず動揺した。

上条「オラァ!!」

一方通行「!!チィッ!」

 その動揺を見て取ったか、すぐに二の拳を振るう上条。一方通行はそれを何とか回避し、
追撃を逃れるため、後ろ跳びに大きく距離を開けた。

上条「どうした、一発掠っただけでビビッてそんなに逃げちまうのか!?情けねえな最強!!!」

一方通行「どいつもこいつも勝手なこと言いやがる。
最強だからどンな不測の事態に陥っても決して引くな、
トコトン相手の流儀に付き合って、それを下してこその最強だろってかァ?」

一方通行「生憎だなァ、俺は確かに最強だが、万能でも全能でもねェ。
いくら格下相手だろォが、何をしてくるかわかンねェ以上は油断してやる余裕なンざねェんだよ」


380 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:04:07.84 ID:2PkoPP4mo

一方通行「そンで、どォもその安い挑発を聞く限り、テメエ接近戦がやりてェみたいだなァ
どんな方法で俺の反射を破ったのかは知らねェが、近距離じゃねェとその方法は使えねェんだろ?」

上条「く・・・」

一方通行「図星みてェだな。ひゃは!だったら簡単だ。俺はテメエに近付かねェ
後は遠距離から一方的に嬲るだけだ」ニタァ

 笑いながら、一方通行はベクトル操作を用いて風を集める

一方通行「ほォら、そよ風をプレゼントだ。死なねェ程度にぶっ飛んで頭冷やしやがれ!!」

 うなり声を上げ、一方通行の放った爆風が上条を襲う。
その風は明らかに指向性を持ち、周囲には被害を与えることなく、上条にだけ襲い掛かっていく。
しかし当の上条に到達する寸前、彼の突き出した右腕により、風は音も無く雲散した。


381 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:04:36.54 ID:2PkoPP4mo

一方通行「ンな!?」

上条「うおおおおおおおお!!!」

 驚愕する一方通行に、上条は全力で駆け寄る。
ここしかない。この機会を逃せば、もう一方通行には近づけないだろう。
握り締めた拳が、一方通行に向かって振り下ろされる。

 だが・・・

一方通行「おォーっと怖ェ怖ェ」

 それでも、上条の拳は届かなかった。
驚愕による思考の空白から素早く立ち直った一方通行は、
上条が拳を振り下ろすよりも先に、再び後ろ跳びに距離を取っていた。


382 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:05:09.52 ID:2PkoPP4mo

一方通行「なるほどなァ、手で触れた能力を打ち消す能力ってとこか」

上条「く、クソぉ・・・」

 そして、上条の持つ「幻想殺し」の本質すらも見抜かれる。
もはや勝ち目など無いに等しいだろう。

一方通行「『能力を打ち消す』ってことは、こういうのは打ち消せねェンだろォ!?」

 そう叫びながら、一方通行は地面に手を当てる。
途端、上条の周囲の建物が崩壊を始め、瓦礫が彼に降り注ぐ。

一方通行「建物を壊したのは俺の能力だが、今テメエに降り注いでるソレはただのコンクリ片だ。
消せるモンなら消してみやがれ!」

上条「う、うわああああああ!!!」



383 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:05:46.60 ID:2PkoPP4mo

―――――――――――――


 ガラガラという、瓦礫の崩れ落ちてくる騒音が収まり、上条はそっと目を開ける。

上条「い・・・生き、てる?」

 それどころかどこにも痛みすら感じない。傷一つないのだろうか。

一方通行「『生きてる』じゃねェよ、『生かしてやった』ンだ俺が」

上条「!?」

 すぐ目の前から聞こえたその声に、すぐ目の前に現れたその顔に反応し、
上条は咄嗟に右手を突き出そうとする。だが、身体が全く動かない。
改めて自分の状態を確認すると、彼は尻餅を突くような体勢で、両手両足が瓦礫に埋もれていた。

一方通行「ったく、苦労したンだぜェ、テメエに傷一つ付けないように建物の崩れ方計算すンの」


384 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:06:15.06 ID:2PkoPP4mo

上条「クソ!これは何の真似だ!?」

一方通行「テメエが暴れるから四肢拘束させてもらったンだよ!
何か勘違いしてるみてェだからとりあえず話聞け!」

上条「断る!御坂を泣かせて、あいつの友人を連れ去るような奴の言葉に耳を傾ける気はねえ!!」

一方通行「イヤ、だからそれがだな?」

上条「すまない御坂・・・俺はここまでかも知れない・・・
いや、まだだ!そんな簡単に諦めてたまるか!こんな瓦礫、すぐに跳ね除けて・・・」

一方通行「だあああァァァ!!テメエも第七位みたく一人で熱くなって他人の話を全く聞かねェタイプか!!」

 もういい、ちょっと眠っとけ そう言いつつ、一方通行は身動きの取れない上条の胸に手を伸ばす。



385 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:06:41.40 ID:2PkoPP4mo

上条(よく分からないが、あいつに触れられるのはやばい!!
く、くそ・・・本当にここまでなのか・・・?)

 何かないか、どうにか出来ないか、上条は全力で考える。
タイムリミットは一方通行の手が胸に触れるまでの数秒間。
あまりにも分が悪い勝負だったが

上条(!!)

 彼は思いついた、思い出した。自分に残された最後の手段を・・・

一方通行「な、なンだァ!?」

 ゆっくりと伸ばしていた彼の手を、突如迫り上がってきた何かが遮る。
驚いた彼は思わずその何かを握り締めた。

一方通行「なンだこりゃ・・・!?」

 それの正体に気付いたとき、一方通行は今日何度目かの思考停止を強いられた。
上条の胸に届く寸前だった一方通行の手を遮ったもの、それは――


386 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:07:09.05 ID:2PkoPP4mo


上条「おい最強・・・」





上条「熱膨張って知ってるか?」
 



 ――彼自慢の孝行息子であった。




387 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:07:37.71 ID:2PkoPP4mo

一方通行「て、テメエ・・・自分の股間を膨張させて・・・!つーかでけェ!?」

一方通行「く、は、だが残念だったなァ!生憎触るんならどこでも構わねェンだ!」

 このまま意識を飛ばしやがれ!そんな腐女子が聞いたら悶絶しそうな台詞を吐きながら、
一方通行は己の能力を行使しようとする。しかし

上条「あっふ、あんまり強く握らないで」

一方通行「な、なンだ、能力が使えねェ!?」

上条「残念だったな・・・能力を打ち消せるのが手だけだ、なんて誰が言った?」

一方通行「まさか・・・」

上条「股間の幻想殺し・・・ずっと隠してたが、まさかこんな所で役に立つとはな!!」

一方通行「て、テメエ・・・ッ」



388 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:08:04.51 ID:2PkoPP4mo

上条「そしてゼロ距離だ!!歯を食いしばれよ最強・・・」

一方通行「しまッ!!!」

上条「俺の最弱は、ちっとばっか・・・あれ?」

一方通行「・・・?」

上条「両手両足、更に股間まで拘束されて・・・この状況でどうやって反撃すればいいのでせうか?」

一方通行「・・・」

上条「・・・」

一方通行「知るかボケええええええェェェェェ!!!!!」

 渾身のベクトルチョップが、上条の頭部に直撃した。



389 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:08:31.01 ID:2PkoPP4mo



一方通行「クソ、下らねェことに時間費やしちまったぜ・・・」ハァハァ

 息を切らせながら一方通行は呟く。

一方通行「コイツは・・・死んではねェみてェだし放っとくか・・・」

 目の前の、両手両足が瓦礫に埋もれ気を失っている少年を放置することに決め、踵を返す。
もうさっさと帰ろう、そんなことを考えながら顔を上げた先に、よく見知った少女が立っていた。

「お疲れ様です、とミサカは携帯を構えながら一方通行を労います」

一方通行「て、テメエ・・・」

 立っていたのは、何故か携帯を前に突き出すように構えた妹達の一人。一方通行の目には、
無表情であるはずの彼女の顔に、悪意の塊のような笑顔が張り付いているように見えた。
そんな悪意ある無表情を出来る妹達を、彼はたった一人だけ知っている。


390 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:08:57.21 ID:2PkoPP4mo

一方通行「11111号だな?何してやがる、その携帯は何だ!?」

11111号「正解です。写真を撮って遊んでいただけですよ、とミサカは簡潔に説明します」

 矢継ぎ早に質問を繰り出す一方通行に、11111号は極めて簡潔に回答する。
だが、彼が聞きたいのはそんな答えではない。

一方通行「ナニを撮ってたかって聞いてンだよ!!」

11111号「ナニをって・・・『ナニ』をですよ、とミサカは意味深に言葉を濁します」

 11111号の言葉に、一方通行の顔が青ざめる。

一方通行「テメエ、まさか・・・」

11111号「いえいえ撮っていませんよ?一方通行がかわいそうなツンツン頭の少年の四肢を拘束し、
その股間を弄る様など、断じて撮ってはいませんよ、とミサカは否定します。正直ご馳走様でした」

一方通行「」


391 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:09:33.02 ID:2PkoPP4mo

11111号「『熱膨張って知ってるか?』『このまま意識を飛ばしやがれ!』
いやいや素晴らしい言葉の応酬でした、とミサカは何故か気恥ずかしくなってきたので顔を両手で覆います」イヤン

一方通行「うく・・・ァ・・・」

 怒りか羞恥か、或いはその両方か 一方通行は言葉にならない言葉を搾り出し、
プルプルとその身を振るわせる。

11111号「しかし一方通行にそういう趣味があったとは・・・なんつーかお前特殊性癖持ちすぎじゃね?
とミサカは携帯を奪われないようポケットに隠しながらドン引きします」ウヘェ

一方通行「ふ、ふざけンなああああ!!!違ェよ!!!違ェから!!!!
つーか会話聞いてりゃそうじゃねェって分かっただろうがああああァァァァ!!!」

11111号「写真には会話は写りませんからねぇ、とミサカは面白い絵が撮れた事に大満足します」ウフフ

一方通行「出せ!すぐにその携帯を出しやがれ!!張り倒すぞクソがああああ!!!!」


392 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:09:59.92 ID:2PkoPP4mo

11111号「オイオイ、他人に物を頼むときはそれ相応の態度ってもンがあるンじゃないですかァ?
とミサカは再びあなたの発言をなぞります。今度はそう簡単に渡さねーぞ」

一方通行「どォォォやら素っ裸に引ん剥かれて奪われるコースをお望みらしいなあァァァ!!!」

11111号「出来もしない事を言うなよ童貞坊や(笑)とミサカは嘲笑います
女の服の脱がし方なんて知らねーんだろ?」プゲラ

一方通行「ぎゃは!ビリビリに引き裂きゃいいだけだろォがよおォォォ!!!」

11111号「あ、やべえこいつマジでキレかけてやがる。
こんなところで強制ストリップさせられるなんてゴメンだぜ
とミサカは戦慄し逃げ出します。アデュー」ダダッ

一方通行「待てコラアアァァァア!!!!!」バビュン


ウヒョーニゲロニゲロートミサカハ(ry

マチヤガレエエエエ!!!




393 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:10:25.64 ID:2PkoPP4mo

―――――――――――――



「はぁ、不幸だ・・・」

 その晩、上条当麻はそんな言葉を呟きながら、一人帰途についていた。
あの後、自分のことを探しに来た御坂に瓦礫の山から助け出され、そして彼は真実を知った。
彼女の言う汚された友人というのが、ゲコ太のぬいぐるみのことだという、どうしようもない真実を・・・

 御坂が本気で悲しみ泣いていたことは事実なのだが、それでも上条は
「そんなしょぼい理由かよ!」とつっこまずにはいられなかった。

 結果、「しょぼいって何よ!」と激昂する御坂の電撃をまともに喰らい、再び意識を失うこととなった。
彼も年頃の男の子である。命がけで戦うというのに、
そんな理由ではテンションが上がらないのも仕方のないことだろう。


394 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:10:53.11 ID:2PkoPP4mo


上条「もうこんな時間か・・・インデックスの奴怒ってるだろうな・・・!?」

 唐突に、彼は思い出した。そもそも彼が出かけていた理由、
それは空腹を訴える同居人の為の買出しだったということを。

上条「ああああヤバイ!あいつ絶対に怒ってる!!せめて今からでも何か買って・・・
さ、財布がない!?瓦礫に飲まれたのか!?不幸だああああ!!!!」

 頭を抱え叫ぶ彼に――

「とうま・・・」

上条「!?」

 消え入りそうな程儚げで、それでいて、とてつもなく冷めた声がかけられる。

上条「い、いいいいい、イン・・・」ガクガク

「とうま・・・」


395 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:11:18.72 ID:2PkoPP4mo








             「ミィツケタ」









397 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 14:14:42.39 ID:KOj5q1v8o
上条さん初の手コキが一方さんか…

398 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 15:05:15.85 ID:8VmR3o+AO
哀しすぎるwwwwwwww

399 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 15:05:25.67 ID:kV3AgGa40
再会すると今度が上条さんが反撃の手コキするのか………ふぅ

400 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 15:30:10.21 ID:Dfb5fW+DO
お前らwwwwwwwwwwwwww
掴んだだけでコイたわけじゃねえだろwwwwwwwwwwwwwwww

406 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 18:00:18.81 ID:5J9Gr9QDO
どっちにドン引きすればいいのか分からんなww

408 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 23:28:29.91 ID:hmcZqrbw0
この一方さんは多分既にLV6wwww

413 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 01:00:17.06 ID:OiqvHMrZo
ねぼしは卑怯だろォ…

414 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 02:28:10.25 ID:FNSNEGODO
胸までって……ふた部かよ

415 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 03:33:26.36 ID:kg543S10o

                         _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                       /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                       |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                      |:::::::::/         ヽ
.          ,.-'"´ `丶      |::::::|
.         / .::::::::::::::::::::::\    |::::|
        /.::::::::/  ̄ |::::::|    |::::::|
        /.::::::::/  | ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄|
       l:::::::/    |            .|
       |::::::l     |__________|
       \_ヽ     /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  
           `    |イ:i:代ナ 弋ナ Ⅶ .:| 
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  
    -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八  
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
      -= ヘ王│  _/V,' {」/ / {/ハ
        ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   〉
            \__,xくl /} |     |   |   /
                ∨/ ,'     |  └rー|


424 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:36:25.36 ID:83BZm3Dio

一方通行「あァァァちくしょおォ・・・」

 ある日の朝、一方通行は研究所の一室で頭を抱えて唸っていた。
妹達も、研究員も、何時も実験実験と小うるさい天井ですら、その部屋には近付こうとしない。
何故彼がこんな状況に陥っているのか、理由は簡単である。「野放しにすると危険だから」

 というのも先日、彼は11111号から携帯を奪い取るために本気で彼女の服を引っぺがしたのだ。
それも彼女が研究所に逃げ込む直前に。

 携帯を奪い取り、11111号に撮影された恥ずかしい写真を削除する。
一方通行の目的は本当にそれだけであり、他意など全く無かったのだが
突如下着姿に剥かれる11111号を見た、事情を知らない第三者達の目には
「一方通行がとち狂って妹達の一人を犯そうとしている」ようにしか映らなかった。

 研究者達に取り囲まれ、一方通行は慌てて弁解しようとする。
しかし事情を説明しようにも写真は既に削除済みで、仕方なく11111号に身の潔白を証明させようとしたが、
あろう事か彼女は芳川桔梗に抱きつき、時折彼の様子を伺いながら泣き真似をしていた。



426 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:36:57.10 ID:83BZm3Dio

 かくして一方通行はレイプ魔の烙印を押され、研究員や妹達の冷たい視線を浴びながら、
研究所の片隅の小さな部屋に軟禁されることとなった。

 無論、彼の力を持ってすれば部屋から抜け出すどころか研究所ごと破壊することも容易なのだが、
そんなことをすれば「レイプ魔が脱走した」と大げさに騒がれ、
今回の一件が研究所の外にまで漏れるのは目に見えている。
それだけは絶対に避けねばならない。

一方通行「つーか何なんだよ、「妹達を20000体虐殺しろ」なンてクソッたれな計画立てた奴等が、
どうして今更妹達が一人犯されそうになったくらいであんなにキレるンだよ・・・」

 わけがわかンねェ・・・そんなことを呟きながら、一方通行は深い溜息をついた。
そもそも、そのレイプ未遂すら実際には誤解だというのに。



427 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:37:27.11 ID:83BZm3Dio


 コンコン、とドアをノックする音が響く。

一方通行「あァ?誰だよ、勝手に入ってきやがれ」

「お邪魔します、とミサカは手を振り上げながら部屋に押し入ります」

 見知った顔の少女が、能天気な声を上げ、手を振りながら入ってくる。

一方通行「押し入るの使い方間違ってンだろ・・・テメエは11111号だな?」

 レイプ魔の烙印を押された今の自分に無警戒に近付いてくるということは、
恐らく自分をこんな状況に陥れた張本人に違いないだろう。一方通行はそう判断した。

11111号「よくお分かりで、流石はミサカの服を引っぺがし
体中のホクロの数まで数えた一方通行ですね、とミサカは賞賛します」

一方通行「数えてねェよ!どこで覚えて来るンだそォいうの・・・」

 ハァ、と頭を抱え、一方通行は11111号から顔を逸らす。その表情は、何かもう心底疲れきっていた。


428 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:37:54.17 ID:83BZm3Dio

11111号「おやおや、何やら元気がありませんね。ちゃんと飯食ってるのかモヤシ?とミサカは心配します」

一方通行「元気の出る要素が全くねェだろ・・・誰かさンのせいでよォ」

 あまりにもナメた口を利く今回の騒動の原因に、
本当なら全力の一撃でも喰らわせてやりたいところだが、一方通行はぐっと堪える。
だって喜ばれるだけだし。

11111号「自業自得じゃね?そんなことより大勢の前で
下着姿披露したミサカのほうがダメージでけえよ、とミサカは思い出して赤面します」

一方通行「全然顔色変わってねェし、それこそ自業自得だろォが。
むしろテメエにとっちゃ望むところなンじゃねェのか。つーか何しに来たンだよ?」

11111号「君を笑いに来た。そう言えば君の気が済むのだろう?とミサカは良い声で言い放ちます」

一方通行「イヤそォいう下らねェ小ネタはもォいいから・・・」

11111号「本当にお疲れのようですね。そんな一方通行クンに朗報です、とミサカは人差し指を立てます」

一方通行「何なンだよそのキャラは・・・」


429 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:38:20.83 ID:83BZm3Dio

11111号「研究所に広まった誤解は解いておいて上げました、とミサカは伝えます」

一方通行「マジでか」

11111号「マジですマジ、被害者であるミサカの説得なので、皆結構簡単に納得してくれました。
もう部屋の外に出ても大丈夫ですよ、とミサカは引きこもりの一方通行を勇気付けます」

一方通行「・・・ナニ企んでやがるンだ?」

11111号「企んでいるとは酷い、100%善意の行動です、とミサカは目を逸らしながら答えます」

一方通行「目ェ見て話せ。テメエが善意の行動取るなンざ有り得ねェんだよクソが」

11111号「流石にそれは酷くね?こんな可憐な乙女捕まえてその言い草はなくね?
そんなだから童貞なんだよこのモヤシが、とミサカは童貞の一方通行を嘲笑います」

一方通行「もォそれは聞き飽きたからさっさと企ンでること話しやがれ!」

11111号「わかったわかった、ちゃんと説明してやるよ、
とミサカは『聞き飽きた』と言いつつちょっとイラついてる一方通行にニヤニヤしながら答えます」

一方通行「ブチコロスぞ」


430 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:38:58.41 ID:83BZm3Dio

11111号「簡単に言うとですね、あなたが00001号のアホ毛を直したのと同じ理由です、とミサカは説明します」

一方通行「同じだァ?」

11111号「ぶっちゃけると、一方通行に引きこもられてちゃつまらないんですよ、
ミサカはあなたのイヤガラセを間近で見るのが大好きなのです
とミサカはサラリと最悪なことを言ってのけます」

一方通行「・・・自分の手は汚したくねェ、でも被害を受けて頭抱えてる他人の姿は見てェ
つまりはそォいう事か。で、俺に汚ェ仕事をさせる為に、ここから出してやる、と?」

11111号「Exactly(その通りでございます)、とミサカは頷きます」

一方通行「・・・」

 目を閉じ、うんうんと頷く11111号に、流石の一方通行もしばし絶句する。
しかし同時に

一方通行(そォいやこいつとンでもねェ腹黒だったな・・・この位言い出しても不思議じゃねェか)

 とも思う。
 むしろ、「やりすぎたと思った」や「悪く思っている」などという風に
殊勝な態度をとられるよりも、遥かにしっくりとくる。

一方通行「・・・なるほどなァ、そう言うことなら納得しといてやるぜ
しかし、テメエもとンだ外道だなァオイ」ククク

11111号「いえいえお代官様程では・・・とミサカは時代劇の悪徳商人のように謙ります」フフフ

 二人の悪魔が、互いの外道振りを笑いあう。なんともおぞましい光景である。


431 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:39:24.78 ID:83BZm3Dio



一方通行「それじゃァちっと出てくるか」

 そう言いつつ部屋から出て行く一方通行を、11111号はいつものように、
悪意の塊のような無表情で見送った。

11111号「一方通行・・・私は確かにあなたのイヤガラセを見るのが好きですが・・・」

 誰もいなくなった部屋で、11111号は一人クスクスと嗤う。

11111号「あなたにイヤガラセをするのも、同じくらい好きなんですよ、とミサカは独白します」クスクス



432 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:40:03.62 ID:83BZm3Dio

――――――――――――



「あら、出てきたのね一方通行」

 部屋から出て適当に歩いていた一方通行に声がかかる

一方通行「ん、芳川か・・・」

芳川「昨日はごめんなさいね、気分はどう?」

 どうやら本当に誤解は解かれているらしい。一方通行は密かに安堵する。
先程までの11111号の話が全て嘘で、誰かと出会った瞬間悲鳴を上げられる、
というケースもある程度覚悟していたのだが、どうやらその心配は杞憂だったようだ。

一方通行「ケッ、あンな濡れ衣着せられたて、良い訳ねェだろォが」

芳川「そうよね、本当にごめんなさい。」

一方通行「フン・・・」

 ペコリと頭を下げる芳川を興味無さげに眺める一方通行。彼の頭の中は今、
研究員達にどんな仕返しをしてやるかで一杯なのだ。


433 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:40:30.02 ID:83BZm3Dio

芳川「でも意外ね」

一方通行「あァ?」

 そんな彼の思考は、芳川の一言で強制的に中断されることとなる。


芳川「あなたがゲイだったなんて」


一方通行「!!?」

 コイツは今、なんと言った?
ゲイ?どォいう意味だ?男色家、誰が?・・・俺が?

 困惑する一方通行を芳川は優しげに見つめる。

芳川「大丈夫よ、同性愛は恥ずかしいことではないわ
少しずつではあるけれど、世界中でゲイに対する偏見は減っていってるし
海外の著名な俳優やミュージシャンにも多いのよ」

 そうじゃねェ、そンなことが聞きたいンじゃねェ、俺が、ゲイ?何故、どうして?

一方通行「だ・・・誰が・・・」

 混乱の坩堝の中、ようやくそれだけを搾り出す。


434 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:41:01.84 ID:83BZm3Dio

芳川「誰から聞いたかって?11111号よ。彼女は必死になって説明してくれたわ
『一方通行はゲイなのだから自分をレイプしようなどとしていない』とね
納得しない私達に証拠の写真まで見せてくれて・・・」

 写真・・・あの時のか?バカな、消したはずだ!他にもあった?バックアップを取られていた?
・・・いや、そんなことはどォでもいい、それよりも・・・

一方通行「あンのクソガキがああああァァァァァアアア!!!!!!!!」

 一方通行は吼え、来た道を猛然と引き返す。自分が軟禁されていた部屋へ、11111号がいた部屋へ。
芳川が何事か叫んでいたようだが、彼の耳には届かない。一方通行は今、漆黒の殺意に塗り潰されていた。

一方通行(コロス、コロス、コロスコロスコロスコロスコロス!!!ブチコロス!!!!)

 長きに渡って己に課してきた不殺という枷を、彼は完全に外していた。


435 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:41:28.79 ID:83BZm3Dio

一方通行「ギャハハハハハ!!!11111号!!!望み通りぶち殺しに来てやったぜェェェ!!!」バン

 ドアを開けるのも面倒だ、とばかりに能力を使ってドアを弾き飛ばす。しかしそこには既に誰もいない。
代わりに机の上に書置きのようなものが残されていた。書かれていたのはたった一言だけ。



『ちゃお(はぁと』



一方通行「クソがあああああああ!!!!!」

 机ごと書置きをぶん殴って粉砕する。
反動で床まで砕け、底が見えないほど深い穴が開いたが、彼にとってはどうでもいいことである。


436 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:42:00.02 ID:83BZm3Dio

 騒ぎを聞きつけた一人の研究員が一方通行に近付く。一方通行の教育で紳士化した天井だ。

天井「お、落ち着いてください一方通行様!研究所を破壊するおつもりですか!?」

一方通行「いいィィ所に来たなァ天井くゥゥン!!!実験開始してやンよォ!!!
手始めに11111号を俺の前に引き摺って来いやァァァァ!!!!」

天井「ヒィィとにかく落ち着いてください!
貴方がゲイだと言うことは誰も気にしていませんし、外部にも漏れていませんから!!」

一方通行「テメエもかあああァァァァァ!!!!!」

 こいつもか!こいつも俺がゲイだなンて与太話を信じてやがンのか!!

天井「そ、それにですね、貴方がゲイで、もし望むのなら・・・」

一方通行「あ・・・?」

 待て、コイツは何を言おうとしている?

天井「もし望むのなら、私はこの身を貴方に・・・」


一方通行「」ブッツン

 あまりにも気持ち悪い天井の言動に、
ついに一方通行の理性を繋ぎ止めていた最後の何かが音を立てて切れた。


437 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:42:37.44 ID:83BZm3Dio


一方通行「オオオオォォォオオアアアアアアァァァァ!!!!!」

 両手で額を覆い叫び声を上げる彼の背中から、得体の知れない黒い何かが噴き出す。

 元々、能力に頼りきっている分だけ、彼は非常に打たれ弱い。肉体的にも、精神的にも。
そして気が長い人間でもない。彼は他人にイヤガラセをするのは大好きだが、
自分の身に、或いは心に、他人が危害を加えようとすることを決して許さない。

 それでも、生きていくうちに彼は自然と感情の制御方法を覚え、
多少の悪口や自分に向けられた悪意をある程度受け流すことができるように成長していた。
しかしもはやそんな事は関係ない。


 11111号・・・彼女は些か『やりすぎた』



438 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:43:11.19 ID:83BZm3Dio

――――――――――――




一方通行「あァー・・・」

 やりすぎちまった・・・そう呟きながら、ほんの少し前まで研究所だった地で
一方通行は今朝と同じように頭を抱えていた。

一方通行「怒りで我を忘れるなンてホントにあるンだなァ・・・」

 かすかに覚えているのは、逃げ惑う研究員達の姿、絶句した様子でこちらを眺める妹達、
そして「不幸だ」等と言いながら消し飛んだ、偶然研究所の近くを歩いていたどこかで見覚えのある男。

一方通行(最後のは気のせいだった気がする・・・)

「暴れたわねぇ・・・」

 沈み込んでいた彼に声がかかる。

一方通行「生きてやがったか芳川ァ」

芳川「なんとかね・・・私だけじゃなくて所員も妹達も全員無事よ。
研究所がなくなってしまって、明日からどうしようってレベルだけれど」


439 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:43:45.00 ID:83BZm3Dio

一方通行「ハン、そいつァよかったな」

 理性を吹っ飛ばして好き勝手暴れたつもりだったが、どうやら最低限の判断力は残っていたらしい。
犠牲者無しとは結構なことだ、と一方通行は消し飛ばしたはずの男の事を速攻で頭から追い出した。

芳川「でも、こんなことになるなんてね・・・」

一方通行「チッ悪かったとは思ってンよ」

芳川「いえ、悪かったのは私達もよ。少しからかい過ぎたわ」

一方通行「あン?どォいうことだァ?」

芳川「あなたがゲイだなんて、最初から誰も思ってないわ。
というより、そもそもそんな話を聞かされていたのは私と天井だけ」

一方通行「つまり・・・?」

芳川「あの子・・・11111号と私と天井の三人で組んで、あなたにちょっとしたイヤガラセを仕掛けたのよ」

 日頃の恨みにね、笑いながら芳川は最後にそう付け加えた。


440 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:44:23.54 ID:83BZm3Dio

一方通行「ハァ・・・そういう事だったか・・・じゃァそもそも俺が小部屋に軟禁されたのも?」

芳川「半分はお芝居ね。本当は私と天井だけで11111号を追い掛け回すあなたを部屋に連れて行く予定だったのだけど
派手に彼女の服を剥ぎ取るものだから大勢の研究員を巻き込むことになってしまったわ」クスクス

一方通行「ひゃははは・・・くっだらねェ」

 笑いながら、一方通行はごろんと仰向けに寝転がる。

芳川「意外ね、もっと烈火のごとく怒ると思っていたのだけど」

一方通行「こンだけ暴れた後だ、疲れてンだよ」ヒャハハ

芳川「そう、派手に暴れたものね。何とかあなたが制御していたんでしょうけど、
犠牲者が出ていないのが不思議なくらいよ
・・・そういえば一人見覚えのないツンツン頭の少年がやけに狙われていたけど、彼は無事かしら」

一方通行「そんな奴ァいなかった」

芳川「えっ」

一方通行「いなかったンだ」

芳川「・・・そうね、いなかったわね」

 強い口調で念押す一方通行に、甘い芳川は簡単に折れた。
かわいそうな犠牲者など、何処にもいなかったのだ。


441 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:44:55.56 ID:83BZm3Dio


「おいおい何か爽やかに談笑してるけど明日からの生活どうしてくれんだ?
とミサカは和やかな雰囲気の二人に水を注します」

一方通行「ン・・・11111号か」

11111号「いやしかしここまで暴れるとは正直思っていませんでした、
とミサカは自分の見通しが甘かったことを素直に認めます。
芳川をはじめ研究員の皆様にはご迷惑をお掛け致しました」ペコリ

芳川「いいのよ、悪乗りしたのは私達だしね」

 芳川苦笑いしつつそう言い、深く頭を下げる11111号の顔を優しく上げさせる。

一方通行「オイコラ俺には謝ンねェのか」

11111号「チッうっせーな、反省してまーす、とミサカは器の小さい一方通行に謝罪します」

一方通行「やっぱお前だけは殺しとくべきだったか」

11111号「いやいや格好よかったですよ、あの黒い翼、厨二病の塊って感じで(笑)
とミサカは先程までの一方通行の姿を思い出して吹き出します」プクク

一方通行「黒い翼なンて生えてたのか俺は・・・」


442 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:45:30.28 ID:83BZm3Dio

芳川「えぇ、上層部もあなたの能力が進歩したことを随分喜んでいるらしいわよ」

一方通行「あァそォですか、どォでもいいわ・・・」

11111号「一方通行、もう一度厨二モードになってくださいよ、今度は写真取りますから、とミサkプギュ」

 ついに一方通行のベクトルチョップが、11111号に炸裂する。
彼女は潰されたカエルの様な声を出しながら、数十メートルほどぶっ飛んでいった。

芳川(何かアヘ顔しながら飛んでった・・・)

一方通行「あァ・・・やっちまった・・・アイツ殴っても喜ぶだけなのに・・・」

 まァ殴ったときちょっと気持ちよかったからいいか・・・そんなことを思いながら、彼は立ち上がる。

一方通行「疲れたから俺ァもォ帰るぞ、研究所はどうにかしとけ」

芳川「あら、やるだけやって一人だけ帰ろうだなんて随分勝手ね」

一方通行「ハッ、心配しなくても今日の礼はそのうちたっぷりしてやンよ。首洗って待ってやがれ」ケラケラ


443 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 21:45:57.83 ID:83BZm3Dio


 ケラケラと笑いながら彼は歩き出す。散々暴れた為か、不思議とその心は晴れやかだ。

一方通行(さァて明日は誰に何をしてやろうか)

 今回の、彼がブチ切れることになった一件も
元を正せば身から出た錆なのだが、彼はそんなことは一切気にしない。
今更己の行動を改めるつもりも全くない。

一方通行(イヤガラセの仕返しだァ?上等だ、好きなだけやりゃァいい)ククク

 彼は一人笑う。

一方通行(後で万倍にして返しゃいいだけなンだからなァ)

 能力だけでなく、その性格の悪さまで進化させ、彼は歩き続ける。












453 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:29:40.04 ID:9Jp8isK9o

「さァて、今日はどうすっかなァ」

 とある日の朝、例によって例の如く、一方通行は今日も暇を持て余していた。
先日研究所を完全に破壊し尽してしまったため、研究所でダラダラと時間を潰すこともできない。
余談だが、研究所が壊れた反動で芳川はそのままニートになってしまったらしい。

 こんなとき、彼が取る行動は決まっている。

一方通行「誰かの家にイヤガラセしに行くかァ」

 誰に聞かせるでもなく一人そう呟き、彼は懐からメモ帳を取り出す。

一方通行「えェーっと、この時間帯はァ・・・」

 そのメモ帳には、これまで彼と関わった人物のスケジュールがビッシリと書き込まれていた。
学園都市第一位の前には、どんな人間もプライバシーなどあって無いようなものなのである。

一方通行「第四位が家を空けてるなァ」ニタァ

 悪意に満ちた笑みを浮かべ、本日の獲物を決定する。


454 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:30:08.60 ID:9Jp8isK9o

――――――――――――



一方通行「お邪魔しまァすっと」

 誰もいないはずの第四位、麦野沈利の家に彼は易々と侵入する。
どのような電子ロックも、通報装置も、彼の能力の前には完全に無意味なのだ。

一方通行「相変わらず鮭臭ェ部屋だなオイ」

 女性の部屋に無断で侵入しておきながら、彼はそんな失礼な独り言を言う。
そもそも半分は、以前彼がイヤガラセで部屋中に撒いたシャケフレークのせいであるというのに。

一方通行「さァてと、何をしてやるか・・・ん?」

 部屋を見渡していた彼の視線が、ベッドに集中する。
最初は気付かなかったが、ベッドには小さなふくらみができていた。

一方通行(誰か寝てやがるのか?あのふくらみ様から察するに、第四位じゃなさそォだが・・・)


455 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:30:37.34 ID:9Jp8isK9o


 そっとベッドの前まで近付き、そこにいる人物を確認する。
そこには一方通行の知らない、小さなショートカットの女の子が寝息をたてていた。

一方通行(誰だこれ・・・第四位の友達っつーには年齢が合わねェよなァ・・・
アイテムの一員だって考えるのが無難か。まァ寝てるンなら問題ねェ、さっさとやる事やっちまおう)

 眠っている少女から目を離し、一方通行はさっさと作業に取り掛かる。




「ふあぁ・・・超よく寝ました・・・」

「あれ、ここは・・・そっか、麦野の家に超泊めてもらったんでしたね」

 軽く伸びをしながら、ショートカットの少女―絹旗最愛は目を擦りながら現状を確認する。
昨日の仕事は絹旗がフルで働くことになり、くたくたに疲れ果ててしまった為、
近くにあった麦野の家に泊めてもらうことにしたのだ。


456 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:31:03.73 ID:9Jp8isK9o

絹旗(麦野は確か朝一で超用事があるって言ってましたね、
昼には戻るとも言ってましたし、それまで超留守番をしておきましょうか)

 ふああと大口を開けて欠伸をし、二度寝をしようとする。
しかしそんな彼女に

一方通行「ンお、起きたのか」

絹旗「!?」

 学園都市の白い悪魔が反応した。

絹旗「だ、誰!?超誰ですか!?」

一方通行「え、イヤお前が誰?」

絹旗「え、わ、私は麦野の・・・そ、そうだ!
ここが学園都市第四位、麦野沈利の部屋だと超知っての狼藉ですか!?」

一方通行「知ってンよ。つーか狼藉ってなンだよ、何もやってねェだろ(まだ)」


457 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:31:30.17 ID:9Jp8isK9o

絹旗「超知ってるんですか・・・では第四位の部屋なら超金目のものがあると考えて侵入してきたんですね!?」

一方通行「いや話聞けよ、何もやってねェって。いきなり泥棒扱いしてンじゃねェぞ」

 心外だ、と言わんばかりの口調で淡々と話す彼だが、実際は泥棒なんぞよりも遥かに性質が悪い。

絹旗「泥棒じゃない・・・?ではあなたは超何者なんですか?」

一方通行「他人に何者か聞く前にまずテメエが名乗れよ
俺は第四位の部屋に来たはずなのに何でテメエみてェなチビッ子がいるンだァ?」

絹旗「ち、チビッ子!?超失礼ですねあなた!!私は麦野の超知り合いの絹旗最愛です!」

一方通行「ふゥン、それでその絹旗さンは第四位の部屋で何してるンですかァ?」

絹旗「昨日泊めてもらって、そのまま超留守番を・・・ハ!そういえば超鍵がかかっていたはずです!
あなたは一体どうやって入って来たんですか!?超何者なんですか!?」


458 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:31:57.14 ID:9Jp8isK9o

一方通行「何者かっつわれてもなァ・・・第四位の部屋に自由に入れるレベルの存在ってとこかァ」

絹旗(麦野の部屋に超自由に入れる存在?それって・・・)

絹旗「それはつまり、麦野の超彼氏だということですか!?」

一方通行「」

 一方通行としては、暗に第四位よりも序列が上の存在だということを
仄めかすつもりの発言だったのだが、どうやらそうとは受け取ってもらえなかったようだ。

一方通行(なンかキラッキラした目で見てやがる・・・)

絹旗「・・・」キラキラ

一方通行「あァ、まァそンなところだ・・・」

 否定して、「じゃあ何者か」とまた尋ねられるのも面倒だと判断した一方通行は
絹旗の疑問をさっくりと肯定した。

絹旗「うひょう本当に!?麦野め私達に黙ってこんな超ビジュアル系な彼氏を作るなんて!!」

一方通行(テンション高ェなァこのチビ・・・)


459 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:32:22.16 ID:9Jp8isK9o

絹旗「許せません!超許せません!とりあえずメールで超皆に報告してやります!
麦野に超からかいのメールを入れてやります!!」

一方通行「盛り上がってるところ悪いンだけどよォ」

絹旗「はい、超何でしょうか彼氏さん」

一方通行「今アイツに『サプライズプレゼント』をちょっと仕掛けてンだ
だからあンまり話広げないで貰えねェか」

絹旗「う・・・超わかりました、それでは麦野へのメールは超控えます」

一方通行「すまねェな。それじゃ今から台所に仕掛けるからよ、オマエこっちに来るんじゃねェぞ?」

 そう言い残し、一方通行は台所に消えていった。

絹旗(サプライズプレゼントですって・・・超羨ましいです・・・)

絹旗(とりあえずアイテムの皆にメール回して・・・)

絹旗(早!?フレンダの返信超早!?あ、やっぱり超発狂してますね)

絹旗(お、垣根さんからの返信も早い・・・「写メよこせ」ですと、
流石第二位、麦野の超弱みを握るつもりですね)


460 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:32:48.33 ID:9Jp8isK9o
 
――――――――――――――


垣根(麦野に彼氏・・・だと?)

御坂「垣根さん、どうしたの?携帯見つめて」

麦野「固まってないで早く進行しろよ、会議進まないじゃない」

垣根「あ、あぁすまねえ」(麦野のいない時間帯を狙って、サプライズプレゼントを仕掛けに来る彼氏・・・)

御坂「ちょっと、顔色悪いわよ?風邪でも引いてるんじゃ・・・」

麦野「垣根は風邪ひかないわよ」ケラケラ

垣根「どういう意味だコラ」(イヤな予感がする、けど本物の彼氏だったら?あぁぁ言い出せねえ!)

垣根(写メ送ってもらって判断するか・・・)ポチポチ


461 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:33:24.17 ID:9Jp8isK9o

――――――――――――――




絹旗(んー、流石に超勝手に写メ送っちゃうのは超悪いですよね、麦野にも彼氏さんにも)

一方通行「ふゥ、まァこンなもンか」

絹旗「あ、もう終わったんですか?超早いですね」

一方通行「おォ、今回は簡単な仕掛けしかしてねェからな」

絹旗(今回は、ということはちょくちょくサプライズをプレゼントしているんですね・・・
くぅ、超羨ましいです!)

一方通行「それじゃ俺は帰るわ」

絹旗「あれ、超帰っちゃうんですか?麦野のこと待たなくても?」

一方通行「俺がいたらサプライズになンねェだろ」

絹旗「それもそうですね、では麦野が帰ってきたら超それとなく台所に誘導しておきます」

一方通行「おォ、頼むわ。アイツがサプライズに引っかかるまで俺のことは言うなよ?」

絹旗「超わかっています!麦野がサプライズに引っかかってビックリする姿を超写真にとってやります!」

一方通行「・・・そォか、頑張れよ」


462 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:33:58.71 ID:9Jp8isK9o




麦野「ただいまー」

絹旗「超お帰りなさい!遅かったですね」

麦野「んー、何か会議の進行が捗らなくてね」

絹旗「超会議、ですか?なんのです?」

麦野「そのうち話すわ。それより何かアンタそわそわしてない?」

絹旗「そ、そんなことは超ありませんよ?」

麦野「そう?」

絹旗(流石はレベル5、超鋭いです・・・)

絹旗「そ、そんなことより麦野、超咽渇いてるんじゃないですか?」

麦野「ん、そうね 何か飲もうかしら」



463 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:34:25.27 ID:9Jp8isK9o

 台所へ向かう麦野。その背後で、絹旗はシャッターチャンスとばかりに携帯を構える。

絹旗(さぁさぁ!彼氏さんからのサプライズに超乙女な反応を超見せるがいいです!)ククク

 麦野が台所へ入る。
その次の瞬間・・・

麦野「ギャアアアアアアアア!!!?」ビシャビシャビシャ

絹旗「超撮ったああ!って、む、麦野おおおおおお!?」

 四方八方から、麦野に向かって何か赤いものが襲い掛かった。
赤くて丸くて小さくて、そんなものが大量に彼女にぶつかり、
破裂して中に入っていた液体状のものをぶちまけ、彼女を朱に染めた。


464 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:34:52.46 ID:9Jp8isK9o

麦野「これ・・・イクラ?」

絹旗(彼氏さあああん!?超なんですかこれえええ!!!
大量のイクラぶっかけるのが超サプライズプレゼントですかああああ!?)

絹旗「あ、あの麦野・・・これは私では・・・」

麦野「きーぬはたぁ?」

絹旗「ひゃい!?」

麦野「オ・シ・オ・キ・か・く・て・い・ね」

絹旗「ひいいいいいいこれは超私の仕業ではあああああ!!!」

麦野「携帯まで構えてるくせに何言ってんだチビガキがああああああ!!!!」


465 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:36:27.12 ID:9Jp8isK9o

―――――――――――――



垣根「はぁ・・・結局メール返ってこなかったし、麦野にも言い出せなかった・・・」

垣根「あいつ大丈夫かね・・・」

 そんな心配をしている垣根の視線の遥か先の東の空に、極太のビームが輝く。
間違いなく、原子崩しのビームである。

垣根「・・・絹旗生きてっかな」




絹旗「む、麦野!超話を・・・話を・・・!!」

麦野「ギャハハハハ!!逃げろ逃げろ!!少しでも長く私を楽しませろォ!!!」

絹旗「ヒイイイイィィィ!!!」


 その後、駆けつけた垣根により麦野はなんとか鎮圧されたが、
勝手な勘違いをした、ということで絹旗は減給3ヶ月の刑に処されたという

467 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:42:30.74 ID:OcI+K/nNo
四方八方からイクラとか…いくらなんでもさけようがないだろ

469 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 01:53:15.49 ID:QtHLzHtDO
誰が美味いこと言えと

471 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 09:27:01.86 ID:kuVz/i+DO
>>467
ははっ、コヤツめ

473 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 21:22:19.25 ID:/OqU/lUro
11111号がすっかり一方さんの天敵と化しているなww

474 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/17(月) 21:32:57.74 ID:w0afXiie0
最愛ちゃンは可愛いなァいじめたい

476 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:21:53.45 ID:Nu1siBe3o

「今日もいい仕事したぜェ」

 麦野の部屋にイクラのトラップをしかけ、彼女がそれに掛かって荒れ狂う様を物陰から堪能した後、
一方通行は缶コーヒー片手に上機嫌で帰途についていた。

 あんまり気分がいいから次に擦れ違った奴にはコーヒーをプレゼントしてやろう、頭から
ニヤニヤと笑いながらそんな物騒な事を考えていた彼だが、不自然な事に気付く。

一方通行(何でこンなに人がいねェんだ?)

 元々人通りの多い道ではないが、それにしても少なすぎる。
というより数分前に見かけた露出狂染みた格好をした赤毛の女性を最後に、人っ子一人見ていない。
まだ日も明るいこの時間帯だというのに、この閑散さはいくらなんでも異常である。

 とはいえ、一方通行はそんなことに興味を抱かない。
彼が今考えている事と言ったら、精々

一方通行(コーヒーぶっかける計画が台無しだなァ)

くらいのことである。仕方なく、彼は少しだけ残しておいた缶コーヒーの中身を飲み干した。


478 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:22:19.73 ID:Nu1siBe3o

 そんなわけで少しだけ気分を害していた一方通行の視線の先に、ようやく一人の人物の姿が映る。
真っ黒いコートを着た、2mはある長身の、どう見ても怪しい赤い髪の男の姿が。

一方通行(何だありゃ?近くで仮装大会でもやってンのか?)

 向こうも一方通行に気付いたのだろう、何やら驚愕した様子で目を見開き、彼に近寄ってくる。
 
「キミは何者だ?」

一方通行「あァ?」

 何を言っているのだろうかこのデカブツは、と一方通行は首を傾げる。

「人払いのルーンを刻んでいたはずなのに、どうしてキミはここに近づけたんだ!?」

一方通行「人払い、だァ・・・?」

 黒いローブを着た男の言葉に一方通行が反応する。
ルーンとやらが何かは知らないが、どうやら人が全くいなかったのはこの男のせいらしい。
つまり・・・

一方通行「テメエかァ、俺の愉快で素敵な計画を邪魔してくれたクソ野郎は・・・」

 誰とも擦れ違わなかったのも、コーヒーをぶっかける事が出来なかったのも、目の前の男のせいだ。
どんな理由で人を払っていたのかは知らないが、一方通行は計画を中止する原因となった男に軽い苛立ちを覚えた。


479 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:22:46.54 ID:Nu1siBe3o

「計画だと・・・やはりキミか!彼女を狙っているのは!!!」

 一方通行の『計画』という言葉を聞いて、男は突如大声を出す。

一方通行「は、彼女?なんだそりゃ」

「いいか、僕は誓ったんだ・・・何があろうと彼女を守ると!」

一方通行「イヤ、ちょっと話聞いてもらえませン?」

「キミが何者かは知らない。だが、彼女から平穏を奪おうと言うのなら・・・」

一方通行「話聞けっつってンだろォが!!!!」

 ガン!と彼は思い切り右足を踏み込む。その衝撃で地面が裂け、
周囲の建物が崩壊しそうな程の激しい揺れが起こる。震度6弱と言ったところか。

「」

一方通行「お話聞いてくれる気になりましたかァ?」

「あ、はい・・・」


480 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:23:15.38 ID:Nu1siBe3o

一方通行「まずお名前はァ?」

ステイル「ステイル=マグヌスです・・・」

一方通行「ハイ、じゃァステイルクン、どうして人払いなンてしてたンですかァ?」

ステイル「そ、それは彼女を・・・ハッそ、そうだ!」

一方通行「あァン?」

ステイル「さっきも言っただろう!僕は彼女を守ると誓ったと!
キミがどれ程の力を持っていようと、この命に代えても彼女の元へ行かせはしない!!」

 圧倒的な力を見せられ一度は折れかけた心を奮い立たす。全ては大切な彼女を守る為・・・
そんな彼を前に、一方通行は頭を抱える。

一方通行「ったく、いつから学園都市はこンなに他人の話を聞かない奴等ばっかになっちまったンだァ?」


481 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:23:48.32 ID:Nu1siBe3o

一方通行「いいか良く聞け!そっちの方向には俺の家があンだよ!
だから俺はこの先に行く!テメエの言う彼女なンてモンは知らねェ!」

ステイル「・・・悪いが信用できないな」

一方通行「だったらどうするよ?」

ステイル「力ずくでも、キミを排除する!!」

一方通行「ひゃは!面白ェ!この俺にそンな口を利けるバカがまだいたとはなァ!」

ステイル「・・・『Fortis931』」

一方通行(・・・気配が変わった、本気で仕掛けてくるつもりだな)

ステイル「炎よ、巨人に苦痛の贈り物を!!」

 ステイルが言葉を発すると、彼の手に炎で出来た剣が現れる。
そんな、本気で殺しにかかってこようとする男を前に一方通行は――

一方通行「ぶふッ」

ステイル「!?」

 思いっきり噴き出していた。


482 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:24:18.87 ID:Nu1siBe3o

ステイル「な、何を噴き出しているんだキミは!?」

一方通行「ひゃひゃひゃ!だってオマエ、何だよ今のは!」ゲラゲラ

ステイル「い、今の・・・?」

一方通行「『巨人に苦痛の贈り物を(キリッ』じゃねえよ!真顔でそんな事言われたら噴くしかねえだろォが!!」

ステイル「いやあの、魔術ってそういうものなんで・・・」

一方通行「魔術!魔術!?いい歳こいて魔術はねェだろ!」ゲラゲラゲラ

 魔術の存在など知らない、欠片も信じない一方通行は、ステイルの言葉をゲラゲラと笑う。

ステイル「くぅ、こ、これだから頭の固いこの街の人間は・・・!
それにいい歳だって?僕はまだ14歳だ!!」

 その言葉を聞き、笑い転げていた一方通行の動きがピタリと止まる。


483 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:24:46.37 ID:Nu1siBe3o

一方通行「14歳・・・マジでか?」

ステイル「大マジだ」

一方通行「その身長で・・・?」

ステイル「悪かったな!」

一方通行「・・・」

ステイル「・・・」

一方通行「ぶはッ」

ステイル「!?」

一方通行「イヤイヤ無ェよ!有り得ねェ!14歳でその身長!?
え、成長期終わってねェの!?最終的に何処までデカくなンだよ!!
3メートルの宇宙人にでもなる気かテメエは!!」ゲラゲラゲラ

ステイル「ぐぐぐぐ・・・」ギリギリ


484 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:25:14.85 ID:Nu1siBe3o

一方通行「いやァでも14歳ってことは正真正銘の中二か、それなら魔術なンてェ設定つけるのも頷けるなァ」

ステイル「言わせておけばあ!!」

 うんうん、と勝手に納得する一方通行にステイルは掴み掛かるかの様な勢いで吼える。

ステイル「いいか!キミが知らないだけで魔術は存在する!!
この世界はキミのちっぽけな頭で測れるほど狭くないんだ!!!」

一方通行「あァハイハイ、魔術はあるンですねェ、スゴイスゴイ」ケラケラ

ステイル「ぐぬぬ・・・ん?」

 一方通行にからかわれながらも、彼はハタとある事に気付く。

ステイル「魔術のことを知らないということは、キミは本当に彼女を狙っているわけじゃないのか?」

一方通行「だから最初からそォ言ってンじゃねェか。誤解が解けたンなら行かせて貰うぜ?」

ステイル「・・・待て」

一方通行「何なンですかァ?」


485 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:25:50.09 ID:Nu1siBe3o

ステイル「彼女を狙っていないのはわかった。だがね・・・
ここまでコケにされて黙って道を譲ってやるほど、僕はお人好しじゃないんだ!」

一方通行「ほォ・・・で、どうすンだ?」

ステイル「決まっている!キミを叩きのめして土下座の一つでもしてもらうさ!」

一方通行「ぎゃは!いいねェ土下座!俺が勝ったときにもして貰おうか!!」

一方通行「ただし俺にじゃねェ・・・全国のショタコンどもにだ!!!」

ステイル「は!?な、何故そんなことを僕がしなければ・・・」

一方通行「決まってンだろォ、テメエが残念な14歳だからだ」

ステイル「ざ、残念だと!?」

一方通行「いいか、14歳の外人男児つったら頭の腐ったショタコンどもなんて字面だけで涎垂らすレベルだぞ?
そこで出てくるのがオマエ、そりゃショタコンもブチギレるわ『こンなもンショタじゃねえ!』ってなァ」

一方通行「だからテメエは『期待させてすいませン』って頭の可哀相な連中に謝る義務があンだよ!
手始めにさっき見かけた露出狂みてェな格好した女に頭下げてもらうぜェ・・・
アイツ、ショタコンっぽかったからなァ」

 一目見ただけの女性をショタコン呼ばわりする彼は間違いなく外道である。


486 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:26:17.84 ID:Nu1siBe3o

ステイル「・・・これは、負けられないね。先手必勝だ!」

ステイル「灰は灰に 塵は塵に 吸血殺しの・・・おいい!何でまた噴き出してるんだキミは!?」

一方通行「その設定マジでやめろって!!堪えきれねェから!!」ゲラゲラ

ステイル「く、とにかく喰らえ!!」

 炎剣が一方通行に向かって振り下ろされる。しかし一方通行は動かない。
防御も回避もしようとしない。彼はただ笑いながら立っている。

 確実に一方通行を捉えていた筈の炎剣は、しかし彼に接触する刹那、あらぬ方向へと弾かれ雲散する。

一方通行(!?)

ステイル「弾かれた!?」

 その現象に、弾かれたステイルは勿論、弾いた一方通行も驚愕する。

一方通行(反射し切れなかっただと?どォいうこった・・・ただの炎じゃねェのか?)



487 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:26:45.58 ID:Nu1siBe3o

ステイル「クソ、もう一度だ!」

 炎剣が再び、一方通行に襲い掛かる。

一方通行(落ち着け、完全な反射はできなかったが、逸らすことが出来たってこたァ
操れないわけじゃねェはずだ・・・ベクトルは確かに存在してる)

ステイル「く、また弾かれただと・・・まだだ、もう一発!!」

一方通行(反射は出来ねェが、さっきと『同じ様に』弾くことはできる・・・
物理法則が通常のソレとは異なってンのか?・・・・・・魔術?
イヤ、今はそンな事考えるな、ただ目の前のアレを解析することに頭を使え)

 三度、炎剣が振り下ろされた時、

一方通行「捕まえたぜェ・・・」ニィ

ステイル「な、炎が跳ね返されて・・・ぐあぁ!?」

 一方通行は魔術の炎の解析を完了した。

一方通行「ハッ!この俺に何度も同じ手を使うンじゃねェよ」

 自らの炎に飲まれたステイルに、彼は悠然とそう言い放つ。


488 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:27:21.09 ID:Nu1siBe3o



ステイル「クソ・・・どういうことだ?」

一方通行「おォ?無事だったか」ケラケラ

ステイル「自分の炎で焼き尽くされるようなバカな真似はしないさ・・・
それより、まさかもう勝った気でいるのかい?」

一方通行「やめとけ、もォテメエの魔術とやらの解析は終わってンだ
今更何やろうが俺の髪の毛一本焦がすこたァ出来ねェよ」

ステイル「・・・どういう心境の変化かは知らないが、魔術を認めてくれたようだね
だが、今更後には引けない、僕の『とっておき』を見せてやるよ!」

ステイル「『世界を構築する五大元素の一つ、偉大なる始まりの炎よ
それは生命を育む恵みの光にして、邪悪を罰する裁きの光、それは穏やかな至福を満たすと同時、
冷たき闇を滅ぼす凍える不幸なり その名は炎、その役は剣 顕現せよ、我が身を喰らいて力と為せ』

ってだから何で笑ってるんだキミは!?魔術認めたんじゃないのか!?」


一方通行「いや認めてようが認めてまいがこればっかりは無理だろ!
むしろそんな呪文一々言わなきゃならないなンてかわいそうだなァ魔術!!」ゲラゲラ



489 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:27:47.59 ID:Nu1siBe3o

ステイル「・・・『イノケンティウス』!!!」

 ステイルの叫びと同時に、炎を纏った巨人がその姿を現す。

一方通行「ほォ・・・こいつァすげェ・・・」

ステイル「関心している暇はないよ?やれ、イノケンティウス!!」

 掛け声に呼応し、炎の巨人、イノケンティウスが一方通行に襲い掛かる。

一方通行「確かにすげェよ、見た目はな! だが言ったはずだ、テメエの魔術の解析は終わったってなァ!」

 巨人に向かい、彼は真っ直ぐに右手を突き出す。
そしてその手が触れた瞬間、巨人は散り散りに弾け飛んだ。

一方通行「ほォら仕舞いだ!さて、次はどうすンだ?」

ステイル「フフ、何も終わってやしないさ」

 勝利を確信する一方通行に、ステイルは不敵に笑う。

一方通行「!?・・・なンだとォ」

 四散したはずの巨人が再びその形を取り戻し一方通行の前に立ちはだかる。


490 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:28:19.24 ID:Nu1siBe3o

ステイル「イノケンティウス・・・その意味は『必ず[ピーーー]』だ
何度でも蘇り、確実に敵を追い詰める僕の『とっておき』さ。 堪能してくれ」

一方通行「チィ!」

 巨人の腕を弾き飛ばす。弾き飛んだ腕は即座に巨人に取り込まれ、瞬時に欠損した部位を再生させる。

一方通行「なるほど、こいつァ厄介だな」

ステイル「無駄だよ・・・さあ行け!イノケンティウス!!」

 ステイルの指示に、巨人はまるで抱擁するかのように、その炎で一方通行を包み込んだ。

一方通行「ひゃはは!まるで出来の悪ィ着ぐるみでも着せられてるみてェだな!」ケラケラ

 しかし一方通行は怯まない。巨人に抱かれ、炎に包まれながらなお、彼は無傷のまま笑っている。

ステイル「・・・どういう理屈かは知らないが、イノケンティウスの炎ですら届かないというのだから恐れ入るよ
しかし、キミにもイノケンティウスは倒せない。どちらかが根を上げるまで根競べと行こうじゃないか!」


491 名前:ステイルさんの決めセリフがピーされちまった![sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:28:54.60 ID:Nu1siBe3o
 
一方通行「根競べだァ?冗談じゃねェ、そんなモンやってらンねェよ」

ステイル「ほう?じゃあキミにイノケンティウスをどうにか出来ると?」

一方通行「いやァ、コイツ自体をどォにかするのは時間がかかりそォだわ、ただな・・・」

 ニィィと炎に包まれたまま、一方通行は歪な笑みを浮かべる

一方通行「テメエをぶっ倒せばそれで終わりだろォが!!」

ステイル「ちょ、待!それは反則じゃないかい!?
というか何でキミはイノケンティウスに抱きつかれたまま動けるんだ!?」

 逃げるステイル、笑いながらそれを追う、炎の巨人に包まれたままの一方通行。
その光景は傍目に見れば、自分で生み出した巨人に追われているアホな魔術師という構図にしか見えなかった。
ステイルが疲労で倒れるまで、奇妙な鬼ごっこは続けられた。




492 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:29:25.45 ID:Nu1siBe3o



ステイル「ハァ、ハァ、ハァ」ゼーゼー

一方通行「ギャハハハ!もォ終わりかァ!?」

 四つん這いになり息を切らすステイル。イノケンティウスはとうに消滅している。

ステイル「く、クソ、フィールドにモンスターがいるのに
プレイヤーにダイレクトアタックを仕掛けようとするなんて反則だ・・・」ハァハァ

一方通行「イヤ、何言ってンだオマエ・・・」

ステイル「TCGの基本ルールだよ!キミはやっちゃいけないことをやったんだ!」

一方通行(やっぱこいつただのゲーム脳じゃね?) 

 魔術の存在を再び訝しむ一方通行であった。


493 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:29:53.20 ID:Nu1siBe3o


一方通行「はァ、ったく・・・」

 ぐだぐだと文句を言い続けるステイルに背を向け、一方通行は歩き始める。

ステイル「ま、待て、何処に行くんだ!」

一方通行「帰ンだよ、追い掛け回してたら家通り過ぎちまったからなァ」

ステイル「まだ勝負はついていないぞ!!」

一方通行「動けねェくれェへばってンじゃねェか、誰がどう見てもついてンよ」

ステイル「く、くそう・・・」

 動けないステイルを振り返りもせず、一方通行はその視界から消えていった。



494 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:30:37.05 ID:Nu1siBe3o

――――――――――――――




ステイル「完敗、だな・・・」

 一方通行が立ち去ってしばらくした後、ステイルは一人そう呟いた。
口では強がったが、実際にグゥの音も出ないほどの大敗だったということは、本人が一番よくわかっている。

ステイル(結局、彼は一度も自分から攻撃を仕掛けてこなかった・・・こちらは半ば[ピーーー]つもりだったと言うのに)

 それほどのハンデを貰っておきながら、彼は結局、一方通行の髪の毛一本燃やすことすらできなかったのだ。

ステイル「まだまだ修行が足りないな・・・」

 彼女を守る為にも、もっと強くならなければ・・・そう改めて決意をしている彼の目に
先程行ってしまった白い少年の姿が映る。

一方通行「おォ、まだここにいたか」

ステイル「・・・帰ったんじゃなかったのかい?」

一方通行「イヤ、ちょっと忘れ物しちまってなァ」ニタァ

ステイル「忘れ・・・物?」


495 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:31:08.76 ID:Nu1siBe3o

――――――――――――――



一方通行「お、いたいた、あの女だ」

ステイル「ま、待て、本当にやるのかい?」

 物陰に隠れながら会話をする二人の視線の先には、下半身にミニスカート、上半身はサラシを巻き、
そこにブレザーを羽織っているだけ、という露出狂めいた格好をした女性の姿がある。

一方通行「いいから早く行け、アイツ多分ショタコンだから」ケラケラ

ステイル「キミは本当に失礼な奴だな・・・それに僕は負けていないぞ!だから・・・」

一方通行「『完敗だァ』とか言ってたのは何処の誰でしたっけェ?」ケケケ

ステイル「クソ、聞いていたのか」

一方通行「ほォら行った行った、残念ショタ代表としてショタコン代表に謝って来い」ゲラゲラ

 一方通行に促され、ステイルは渋々女性に近付いていく。

ステイル(クソ、何故僕がこんなことを・・・
そもそも偶然見かけた女性がそんなに都合よくショタコンだったりするわけがないだろう!)トボトボ


496 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:31:36.62 ID:Nu1siBe3o



ステイル「あ、あー、そこのキミ」

「・・・どちら様?ナンパなら他を当たってくれる?」

 ステイルの呼びかけに、女性はあからさまに不快感を示している。

ステイル「えーっとだね、僕は14歳なんだが・・・」

「えっ」

ステイル「こんな14歳ですみません」ペコリ

「」

 深く頭を下げるステイルを、女性は絶句した様子で見つめる

ステイル(そりゃそうだろ、いきなりこんなわけわからない事されたら・・・)

「ねえあなた」

ステイル「は、はい」

「本当に14歳なの?」

ステイル「はい、一応・・・」


497 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:32:07.85 ID:Nu1siBe3o

 やっぱり見えないか・・・そんなことを思いつつも、
女性が思ったより普通に対応してくれていることに、ステイルは安堵する。
しかし

「・・・けんな」

ステイル「え?」

「ふざけんな!!!」

ステイル「!?」

 突如、女性は激昂する。

「あなたみたいのが14歳!?そんなことあってはいけない事よ!!!」

ステイル「え、え?」

「あなた、見たところ学園都市の人間じゃないみたいね・・・?」

ステイル「あ、はいイギリスから来ました・・・」

「イギリス出身の14歳!!なんて甘美な響きなのかしら・・・
それなのに・・・どうしてあなたみたいなのが出てくるの!?詐欺じゃない!!女将を呼べ!!!」

ステイル(うわぁ、本当にショタコンだった・・・)


498 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:32:43.39 ID:Nu1siBe3o

「いい?14歳って言うのはもっとこう、汚れを知らない顔をしていてね・・・」

ステイル(何か語りだした・・・)

 ドン引きしつつ、思わず一方通行が隠れているほうを見る。

一方通行(本当にショタコンだった!本当にショタコンだったよオイ!それも超重度の!!)ゲラゲラゲラ

 彼は人目もはばからず、腹を抱えて笑い転げていた。

ステイル(あの野郎・・・)ギリギリ

「それで髪ももっとこうふんわりとしていて、思わず撫でたくなるような・・・
ちょっと、聞いてるの!?」

ステイル「は、はい聞いてます!あの、お話は良く分かりましたからこれで失礼します!!」ダッ

「あ、ちょっと待ちなさい!!」


499 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:33:11.81 ID:Nu1siBe3o

ステイル(付き合ってられないよ、これ以上聞いてたら頭がどうにかなってしまう・・・)

 そんなことを思いつつ、女性から逃げ出したステイルだったが・・・

ステイル「あ、あれ?」

「はい、おかえりなさい」ニタァ

何故か目の前に、先程の女性がいる。

ステイル(さ、先回りをされた・・・どうやって!?
イヤ、これは・・・僕が移動させられたのか!?)

 彼は驚愕する。真っ直ぐに逃げ出したはずの自分が、何故か元の、女性に話しかけた場所まで戻っていたからだ。

ステイル(ど、どうやって・・・これも何らかの能力なのか!?)

ステイル「クソ!」ダッ

 再び、彼は逃走を試みる。だが・・・

「フフフ、どれだけ逃げても無駄だってわかった?」

ステイル「」


500 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:33:40.84 ID:Nu1siBe3o

「さぁて、残念ショタのあなたにはたっぷりとショタのなんたるかを聞いてもらうわよ・・・」

ステイル(た、助けてくれ・・・って、いないだと!?)

 一方通行に助けを求めようとしたステイルだったが、既にそこに一方通行の姿は無かった

「・・・そしてショタの全てを理解した暁には、手術でも超能力でも何でも使って、理想のショタになってもらうわ!!!」

ステイル「だ、誰か・・・」



 学園都市の一角に、可哀相な魔術師の声が響き渡った。


501 名前:>>1[] 投稿日:2011/01/18(火) 20:35:07.12 ID:Nu1siBe3o
ステイルさん編、完
14歳で身長2mで赤毛でピアスでタバコでバーコードの刺青とか完全に需要を無視してるよね!
最後に出てきたショタコンは勿論あの人だ!

503 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:56:37.43 ID:stMv+2RKo
今回は一方さんよりも歪みねぇショタコンが加害者だな

504 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:57:23.95 ID:iJuP/0jyo
ステイルさんじゅうよんさいにコーヒーぶっかけるの期待してたのに

506 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 00:54:20.92 ID:wCbx0c9co
追伸

目の前でこんなんやられたらそりゃ一方さんも噴き出すわ





                       ヘ(^o^)ヘ  世界を構築する五大元素の一つ、
                         |∧     偉大なる始まりの炎よ
                     /  /
                 (^o^)/
                /(  )   それは生命を育む恵みの光にして、邪悪を罰する裁きの光なり
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三    それは穏やかな幸福を満たすと同時、冷たき闇を滅する凍える不幸なり
 ( /
 / く   その名は炎、その役は剣
       顕現せよ、我が身を喰らいて力と為せ!!


 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                    -‐
  ー
 __        イ ノ ケ ン テ ィ ウ ス         --
     二          / ̄\           = 二
   ̄            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \



507 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 01:09:52.39 ID:7/0wYa4Bo
                  〉`ヽ. O 〉 人,人  O  `ヽ}`ヽ  Yヽ
                 _f⌒ o  ⌒Y   .イ__ノ て    ヽf⌒ o⌒ヽィ..
  ギャー!          人_ノゝ、‐'`‐ァ´ 人  ヽ_ノ弋___ノィr    人゛
        / ̄\     7,、r‐´`ァ'´レ':ゝし':::::::::ー'::::::::::::::::::レハゝ‐く`イノ
       .| ^o^ |.    f'⌒Yノし':::::::::::::::/::::,:::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::レ'⌒ヽj
        \_/!     (   う:::::::::/:i!::::/|::::::::::::::::ハ::::トi:::ト:::::::::::|::::(  
         l   ト、   . (  ぅ:::::::::〃::i!ィ:|‐_、:i|::i!::::| !:::ィ:ニ=ト:、!::::|::::::::ゝイ
    〃ミ ,r''f!  l! ヽ.  'Y|:::|::::::::||::ィL::j L:_jLiL:/ L::j Lj L:::ヽ:|:::::::i!::::|
  ノ ,   ,イ,: l! , ,j! , ト、 i:| |:::|::::::::|レ ,ォ ≠ミ      ィ ≠ミ、`|::::::,:::::.′
   / ィ,/ :'     ':. l ヽ. i:| |:::|::::::::| 〃 yr=ミ:、     !/行ミt  ハ :::/:::/
  / :: ,ll         ゙': ゙i V从::::从iイ {_ヒri}゙     ゙ ヒrリ.》 从:/::: .,r' l
 /  /ll         '゙ !  イ::人:::::iゝ   ̄´           j:人::::ヽr',i゙
   /' ヽ.          リ 弋_彡f⌒        '       r_'_ノ`⌒ !
  /  ヽ        /     `ーハ     {ニニニィ      /:/     うるせぇ!保 温 能 力 !
  /  r'゙i!     .,_, /        ヾ:ゝ.    ∨    }   ィ::/
 /.     l!       イ          )::::>  ゙こ三/ , イ:从
/   ,:ィ!        ト、       'イ:::::_::_| ` r   <ト、:/


508 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 01:42:36.51 ID:W90N0RGP0
やめろwwwwww

509 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 03:37:25.11 ID:oiL3389k0
クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

510 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 06:23:18.81 ID:73Uhr6Z60
俺のお茶返せwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

511 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 08:15:21.68 ID:ONpSkdFDO
保温してどうするwwwwwwwwwwwwww

523 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:12:30.97 ID:I2CxNAkro

「あなたを抹[ピーーー]る為の個体が作られたそうですよ、とミサカは恐ろしい事実を伝えます」

 一方通行の部屋を訪れた11111号は唐突に、冷蔵庫を開けながらそう言った。

一方通行「俺を抹[ピーーー]る為の個体、だァ?いやその前に勝手に冷蔵庫のモン漁るのやめろ」

11111号「はい、その通りです、とミサカは頷きます。
研究所の食事は味気ないんです、コーヒーでいいからよこしなさい」

一方通行「何の為にンな下らねェモン作りやがったンだァ?おいそのコーヒーすぐに置け」

11111号「あなたが実験を行わないからでは?とミサカは缶コーヒーを開けながら考えを述べます。ブラック(笑)」

一方通行「本気で殺しにかかってくる個体を作ることで無理矢理実験開始させようってか?
笑ってンじゃねェぞブラックが一番うめェだろォが」

11111号「それもあるかもしれませんが、恐らくあなたが自発的に実験開始するための
後押しという側面が大きいのではないでしょうか、とミサカは推測します
ブラック好きって大抵ただの厨二病ですよね(笑)」

一方通行「アレか、上の奴等は俺が実験やらない理由を妹達を殺したくないから、
ンでもって、一人殺せば諦めもついて実験開始するだろう、とでも思ってやがンのか
あァァ結局飲みやがったなこのクソガキ・・・」

11111号「多分そうなのでしょうね、ですからあなたを『抹[ピーーー]る』為の個体というよりは
あなたに『抹殺される』為の個体、と言った方が正しいかもしれません、とミサカは訂正します。
このコーヒー不味!」


524 名前:毎回saga入れ忘れるから困る[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:13:25.69 ID:I2CxNAkro

一方通行「別にわざわざ新しく作らなくても、オマエ等を再調整でもしてけしかけて来りゃいいだけじゃねェのか?
オイコラ勝手に飲ンどいて不味いとか言ってンじゃねェぞ」

11111号「サラっとミサカ達を虐殺することに抵抗がないというアピールをしていますね、恐ろしい
あなたが積極的に実験に取り組んで二万通りの殺し方をしないと、ただ反射でサクサク殺すだけじゃ実験の意味がないのです。
それに、数ヶ月間人間として経験を積んで来たミサカ達を再調整するよりも
新しく作った方が楽だったのではないでしょうか、単価18万円だし、とミサカは説明します
こんなもん人間の飲み物じゃないだろ・・・」

一方通行「テメエ、コーヒー馬鹿にしてンのか・・・?」

11111号「いいか白モヤシ、いくらコーヒー飲んでも黒くはなれないんだぞ、とミサカは優しく諭します」

一方通行「ぐああァァ!相変わらずムカつくなテメエは!!朝から最悪な気分だぜクソが!」

11111号「最悪といえば、その新しい個体の名前は番外個体(ミサカワースト)と言うらしいですよ、
とミサカは思い出したことを口にします」

一方通行「番外個体ォ?随分ひでえ名前だなオイ
まァこの俺を抹殺する為に作られるなンざ、確かに最悪かもなァ」ククク

11111号「名前の酷さならあなたも負けていないでしょう、とミサカはつっこみます。一方通行(笑)」

一方通行「それ本名じゃねェから!つーか名前すら無ェ奴に言われたかねェよ!」

11111号「oh・・・そういえばミサカには検体番号しかありませんでしたね、とミサカは落ち込みます」


525 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:13:52.26 ID:I2CxNAkro

11111号「あ、そうだ、ミサカに名前を付けてくださいよ、とミサカは一方通行にお願いします」

一方通行「はァ?なンで俺がそンな面倒なことしなきゃならないンですかァ?」

11111号「いつまでも検体番号じゃあなたも呼び辛いでしょう?
それに最近流行ってるらしいですよ、とミサカは流行に疎そうな一方通行を説得します」

一方通行「メンドイ、断る。つーかテメエの名前呼ぶ機会なンざ有り得ねェ」

11111号「何にしようかなぁ、とミサカは腕を組んで考えます」

一方通行「オイ結局自分で考えンのかよ、絶対呼ンでやンねェからな」

11111号「・・・よし、思いつきました、とミサカは親指を立てます」

一方通行「あァ?」

11111号「ナナ、なんてどうでしょう」

一方通行「おいばかやめろ」

11111号「どうしてダメなのでふか?とみしゃかはあくせられーたにたずねまふ」

一方通行「わかってんじゃねェかァァァァ!!!怒られるから早くやめろこのクソガキィィィ!!!!」

11111号「ちなみにスレタイが地味に似ているため
間違えてスレを開く人が後を絶たないとか、とミサカは頭を抱えます」

一方通行「どォでもいいわボケがァァァ!!!」


※間違えて開いちゃった人、本当にすみません



526 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:14:23.27 ID:I2CxNAkro


一方通行「それで、番外個体とやらについてもっと詳しく話せ」

11111号「スリーサイズとかですか?残念ながら知りませんよ、とミサカは首を振ります」

一方通行「いらねェよボケが どうせテメエ等やオリジナルと同じ残念ボディだろォが」

11111号「このわがままボディを前にしてなんということを!
とミサカは憤慨しつつ悩ましげなポーズを取ってみます」

一方通行「メリもハリもねェマニア向け寸胴体系じゃねェか」

11111号「ロリコンのお前には丁度いいだろ、とミサカは童貞でロリコンの一方通行を嘲笑います。アクセロリータ(笑)」

一方通行「テメエは俺にどンだけ妙な性癖付け加えてェンだよ・・・
いいから番外個体について知ってる情報よこしやがれ!」

11111号「はいはいわかりましたよ、全くこれだから早漏は・・・とミサカは膨れっ面になります」

一方通行「オマエは俺をどォしてェんだ」

11111号「えーっとですね、番外個体なのですが、
まずMNWから負の感情を拾いやすいように調整されています、とミサカは説明します」

一方通行「負の感情だァ?」


527 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:14:53.52 ID:I2CxNAkro

11111号「はい。特にあなたに対する妹達の不満や怒り等を凝縮したような感じになっているようです。
そんなわけで番外個体は死ぬほどあなたを憎悪しているみたいですよ、とミサカは溜息をつきます」

一方通行「妹達ってそンなに俺のこと憎ンでたかァ?あンまり身に覚えがねェンだけど」

11111号「どの口がほざきやがる・・・とは言え確かにこのミサカは全然、全く、これっぽっちも、
道端に生えている雑草程もあなたのことなど気にしていませんが、」

一方通行「ブチコロスぞ」

11111号「主に00001号の負の感情を拾っているみたいですね、とミサカは納得します」

一方通行「あァ、元アホ毛か」

11111号「ええ、元アホ毛です、とミサカは頷きます」

一方通行「アイツは確かに俺のこと恨んでそォだなァ」

11111号「ちょっと前に藁人形に五寸釘打ってましたよ、とミサカは思い出し笑いをします」ククク

一方通行「ほォ、俺を呪おうたァいい度胸だ。今度見かけたらトリプルアホ毛の刑だなァ」ケケケ


528 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:15:20.57 ID:I2CxNAkro


11111号「さて次の情報なのですが、番外個体はミサカ達よりも外見の設定年齢が高くなっています
とミサカは一目見た彼女がミサカ達よりも女らしい体つきをしていたことに歯軋りをします」ギギギ

一方通行「設定年齢高くねェ・・・何の意味があンだ?能力向上の為とかかァ?」

11111号「ロリコンのあなたを喜ばせない為でしょう
とミサカはロリコン、童貞、早漏の三重苦の一方通行を哀れんだ目で見つめます。あ、ついでにゲイでドSでしたね」

一方通行「ちょっとホントに死ンでもらえませン?」

11111号「まあ実際のところあなたの言う通り能力向上の為とかではないでしょうか、とミサカは・・・!?」

一方通行「!!」

 11111号の言葉を遮るかのように、玄関から轟音が響く。

「うひゃひゃひゃ!いたいたぁ」

 次いで聞こえてきたのは、他人を小馬鹿にするような不快な調子の笑い声。
玄関をドアごと破壊した声の主は、土足のまま部屋へと上がりこんできた。


529 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:15:46.45 ID:I2CxNAkro

「やっほう、あなたが第一位だよね?思った通りムカつく顔してるね」

一方通行「テメエが番外個体って奴か。家に入るときはちゃンとドア開けて靴脱げって習わなかったかァ?」

番外個体「きゃは!ミサカ生まれたばかりだからわかんなーい☆」

一方通行「ギャハハ!学習装置使ってもらえなかったのか?それとも学習したこと忘れちまったか?
どっちにしろトンだ欠陥品だなァこいつァ」ゲラゲラ

番外個体「ひゃひゃひゃひゃ、ホントにムカつくね!
あなたの顔なんてこれ以上一秒たりとも見てたくないからさっさと死んでくれる?」

 言い終わるや否や、番外個体は右手を前に突き出し電撃を放つ。
しかし一方通行はそれを避けようとも防ごうともしない。

一方通行「よっと」

11111号「え?」

番外個体「ハ?」

 ただ、11111号をひょいと己の前に移動させた。
無論、電撃は彼女に直撃する。


530 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:16:40.68 ID:I2CxNAkro

11111号「あばばばばばば!!!」ビリビリビリ

一方通行「11111号!!!!」

番外個体「え、いや自分で盾にしたよね?」


一方通行「クソ、しっかりしろ11111号!」

 倒れ伏す11111号を一方通行は胸に抱き寄せる。

11111号「うぅ・・・どうやらミサカはここまでのようです・・・とミサカは息も絶え絶えに語ります」グフッ

一方通行「なに弱気になってやがる!らしくねェぞ!!」

11111号「そんなに焦燥して・・・らしくないのは、あなたの方ですよ・・・とミサカは情けない一方通行を嘲笑し、うくッ」ゼェゼェ

一方通行「もう喋ンな!すぐ研究所に連れてってやるから大人しくしてろ!!」

 苦痛に喘ぐ11111号を抱き抱え、研究所に連れて行こうとと立ち上がる一方通行。
しかし、11111号はそれを制す。


531 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:17:30.17 ID:I2CxNAkro

11111号「いえ、もう間に合いません・・・そんな事より一方通行、
最後に一つだけ、お願いをしてもいいですか?とミサカは確認をします」ハァハァ

番外個体「いや、あなた達何言ってんの・・・」

一方通行「・・・・・・なンだ?」

11111号「ありがとうございます・・・
嘘でも、冗談でも構いません・・・ただ、最後にもう一度・・・いつかの散歩の時のように、
ミサカのことを『好きだ』と言って貰えませんか・・・とミサカは懇願します・・・」

一方通行「・・・11111号」

11111号「はい・・・」

一方通行「そォいう事はこれ見よがしに構えてる携帯を隠してから言いやがれ!!」

 叫びながら、一方通行は抱えていた11111号をポイッと投げ捨てる。
投げられた11111号は片手に携帯を構えていた為受け身を取りそこない、思い切り尻から床に落下して悶絶した。

11111号「いってぇー!お前乗り掛かった船なんだから最後まで乗れよこのモヤシが!
とミサカはお尻をさすりながら中途半端に演技をやめたノリの悪い一方通行を罵倒します」

一方通行「託けて他人にクサエセリフ要求してンじゃねェよクソガキが!!しかもまた録音しようとしやがって!!」


532 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:19:37.53 ID:I2CxNAkro

11111号「別にいいだろ減るモンじゃなし、そんな些細なこと気にしてるから何時まで経っても童貞なんだよ
とミサカは股間だけでなく器まで小さいモヤシを嘲笑います」プゲラ

一方通行「いい加減童貞ネタはつまンねェンだよおォォォォ!!!あと小さくねェから!!!」

11111号「そんな貧弱モヤシ体系で巨根とかむしろそっちのが怖いわ・・・とミサカはドン引きします」ウワァ

一方通行「よしテメエはそこに直れ、この場で愉快に素敵なオブジェクトにしてやる」


番外個体「・・・あのさ」

一方通行「あァ!?」

番外個体「いつまでミサカの事無視してイチャついてんの?ホントにイラつくんだけど」

一方通行「あァ・・・なンだオマエ」


一方通行「まだいたのか」


番外個体「ハアアァァァァ!?」


533 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:20:04.97 ID:I2CxNAkro

11111号「派手な登場の割りに実に空気ですね、とミサカは新人をいびります」ククク

番外個体「ていうか、何であなたは平気なわけ!?」

11111号「あの程度の電撃ご褒美だ!とミサカはツヤツヤとした顔で言い放ちます」

番外個体「ムカつく・・・ムカつくムカつく!!さっさと死んじゃえ!!」

 再び、一方通行に向かって電撃が放たれる。しかし、今度も彼は避けようとも防ごうともしない。
もちろん11111号を盾にしようともしない。
ただそこに立っていただけで、電撃は反射され番外個体の元へと戻っていった。

番外個体「!?クソ!これが反射ってヤツ!?あなたに似て捻くれた能力だね!」

 反射された電撃をなんとか相殺し、番外個体が吼える。

一方通行「いいねいいねェ!そォいう素直な反応する奴は好きだぜェ!」

11111号「はい、『好きだぜェ』頂きましたー、とミサカは携帯片手にほくそ笑みます」

一方通行「おらァ!!」バキィ

11111号「あぁ!!ミサカの携帯が!?」

 会話を録音し、ニタニタと悪意の有る無表情をしていた11111号から
携帯をぶん取り破壊する一方通行。どこかで見た光景である。


534 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:20:54.67 ID:I2CxNAkro

11111号「これで何台目だと思ってんだ、携帯だってタダじゃねえんだぞ
とミサカは物を大切にしない一方通行に憤慨します」

一方通行「全部自業自得だろォが!!!」

番外個体「だからさぁ・・・ミサカのこと無視すんなつってんの!!!」

 再び漫才を始めそうな二人に、番外個体は怒鳴り声を上げながら詰め寄る。

一方通行「テメエの短気さは間違いなくオリジナル譲りだなァ
ったく、先に造られた妹達を見習ってちっとは大人しく出来ないンですかァ?」

11111号「ほう、ようやくミサカ達のありがたみがわかってきましたか
今後は11111号様と呼んでも良いのですよ?さあ跪きなさい、とミサカは勝ち誇ります」

一方通行「前言撤回だ、こいつ等みてェには絶対なるンじゃねェ」

番外個体「・・・もうあなた達の相手するのに疲れてきたよ、本当に死んでくれない?」

一方通行「死なねェよ、そもそもテメエはどうやって俺のこと殺すつもりなンだ?」

番外個体「え?」

一方通行「俺の詳細データとか貰ってンだろ?そンで勝てると思ったのか?」

番外個体「殺せなかったらあなたに殺されろって言われてるから、別にミサカは勝敗なんて考えてないよ」


535 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:22:19.43 ID:I2CxNAkro

一方通行「言っとくが俺はテメエを殺してなンてやらねェぞ」

番外個体「ハァ?・・・あ、そうかあなた妹達の一人も殺せないチキン君なんだっけ
あひゃひゃ!ミサカコンプレックスとかそういう歪んだ性癖でも抱えてるわけ?」

一方通行「違うわボケ。 どいつもこいつも自分から死にたがるからよォ
そんな奴等を殺してやるほど優しくねェンだよ俺は。
どォしても死にてェンなら勝手に自殺でもしてろ」

番外個体「あなたがやる気になって殺してくれないと意味ないんですけどー
ミサカのこと生かしておくと四六時中あなたのこと攻撃しちゃうよ?それでもいいの?」

一方通行「お好きにどォぞ、テメエが何やらかそうが俺には傷一つ付きませェン、残念でしたァ」

 そう言い放つと、彼は番外個体に背を向けゴロンと横になった。
それは「殺せるモンなら殺してみろ」という無言の挑発にも見える。

番外個体「ムカつくー!!聞いてたよりもずっとイヤなヤツだね第一位!!」

11111号(番外個体、番外個体、聞こえますか)

番外個体(・・・何なの?目の前にいるのにわざわざMNWなんて、ミサカあなたにもムカついてるんですけど)



536 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:22:55.65 ID:I2CxNAkro

11111号(いいから黙って聞きなさい、一方通行をヤル気にさせたいのでしょう?)

番外個体(ハァ?ミサカに味方してくれるわけ?ワケわかんない、あなた一方通行派でしょ?)

11111号(ククク、色々事情があるのですよ。
ミサカの伝える通りの発言をすればきっと一方通行はヤル気になります。いいですか・・・)

番外個体(・・・)


番外個体「ねえ第一位」

一方通行「あァ?まだ諦めてねェのか」

番外通行「このモヤシ野郎」

一方通行「あ?」

番外個体「ロリコン!変態!モヤシ!童貞!」

一方通行「・・・オイ」

番外個体「ホモ!厨二!えーっとそれから・・・」

一方通行「何のつもりか知らねェけどな、そンなやっすい挑発に乗ると思ってンのかァ?」

番外個体(何よ、全然ダメじゃん!)

11111号(む、おかしいですね・・・仕方がありません、では最終手段です)


537 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:23:26.59 ID:I2CxNAkro


番外個体「ねえ、その服全然似合ってないんだけど」

一方通行「・・・あ?」ピク

番外個体「特撮ヒーローでも意識してるわけ?あひゃひゃ!そんなのに憧れてもあなたはモヤシのままだよ?」

一方通行「・・・ハッ!テメエみてェな生まれたてのクソガキにこの服の良さはわかンねェンだよ!」

番外個体「うわ、本当に気に入ってるんだ・・・自分ではセンスあるとか思っちゃってるの?
はっきり言うけど全ミサカが引いてるよ、ドヤ顔でそんな服着てるの恥ずかしくない?」

一方通行「・・・」

番外個体「だいたい、黒って言うのがもうダメだよね、丸っきりセンス感じない
あ、あなた白いからバランス取ってるんだ?うひゃひゃひゃひゃ、そんなに白黒が好きならオセロでもやってろってのー」

一方通行「・・・」

番外個体「あれあれ、どうして俯いちゃってるの?服馬鹿にされて落ち込んでる?
ごめんね、ミサカって正直者だからさー」ギャハハハ


538 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:24:12.97 ID:I2CxNAkro

11111号(番外個体、番外個体、楽しそうなところ悪いのですが)

番外個体(ハァ?何なの、いい所なのにさ)

11111号(このモヤシ、音反射してるっぽいです)

番外個体(へ?)

11111号(つまり、あなたはドヤ顔でブツブツうざったい独り言を言ってただけです)

番外個体「ふざけんな!!」

 衝撃の事実に番外個体は思わず声を上げた。
独り言をで悦に入っていた自分が恥ずかしいのか、その顔は朱に染まっている。

番外個体「どこが一方通行をヤル気にさせる方法なの?全然ダメじゃん!」

11111号「おかしいですねぇ、ミサカはどんな暴言を吐いても音声の反射なぞされたことはないのですが・・・
ハッ、これが愛!?ダメですよ一方通行、ミサカはあなたに性的な興味などこれっぽっちもありませんから
とミサカはツンデレな一方通行の無言の告白をバッサリ切り捨てます」

一方通行「テメエの都合のいい妄想も、そこまで行くとつっこむ気にすらなれねェよ・・・」


539 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:24:46.70 ID:I2CxNAkro

11111号「つっこむ?ナニをつっこむつもりですか?とミサカはニヤニヤしながら尋ねます」

一方通行「どこぞのセクハラオヤジかテメエは!!一々下ネタに走るンじゃねェよ!!!」

番外個体「ちょっと、なんでそっちの声はちゃんと聞こえてるわけ!?ミサカの話も聞けよ!!」

一方通行「・・・」

番外個体「もおおおおおおおお!!!!!!」

 散々暴言を吐いてからかっていたつもりが、実は全て聞こえてすらいなかったという事実をつきつけられ、
怒りが臨界点に達した番外個体は発狂したかのような叫び声を上げる。しかし、その叫びすら一方通行には届かない。

一方通行「ところでアイツまだいンのか?」

11111号「ええ、あなたの後ろで叫んでますよ、とミサカは報告します」

番外個体「死ねええええええええええ!!!!!!」

 番外個体から推定2億ボルトという、落雷すら上回る電圧の電撃が放たれる。
背を向け、彼女の発する音を全て反射していた一方通行にそれを感知する術はない。

一方通行「お?」

 しかしそれほどの電撃を受けてもなお、一方通行はそよ風が吹いた程にも感じない。
彼の能力は、科学によりもたらされるあらゆる脅威を完璧に反射する。

番外個体「あっ・・・」

 そして、半ば我を忘れて全力で能力を使った番外固体には反射された電撃を相殺し切るだけの余力が残っていなかった。
哀れ彼女は自分の放った電撃に飲まれ吹っ飛ばされてしまう。



540 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:25:35.01 ID:I2CxNAkro

一方通行「あーあ・・・死ンでねェだろォな・・・」

11111号「意識はないようですが辛うじて生きているようですね、とミサカは一先ず安心します」

一方通行「どうすっかなァこれ、起きたらまためんどくせェことになりそォだし・・・
イヤ、このままガン無視し続けるのもアリか・・・可愛い反応見せてくれるしなァ」ククク

11111号「今はあなたしか眼中に無かったから良いかも知れませんが、
知識付いて家具狙ったり間接的に地味なイヤガラセに走るようになるかもしれませんよ?とミサカは危惧します」

一方通行「それもそォか、身近にテメエみてェなクソうざってェイヤガラセの手本がいるわけだしなァ」

 さてどうするか、と腕を組み考える一方通行。
殺すのは主義に反する、生かしておいても後々鬱陶しいことになり兼ねない、
となると、生かさず殺さず何処かに監禁するのがベストだろうか・・・しかしどこに?

一方通行「おォそォだ」

 彼の脳裏に、一人の人物の姿が浮かび上がる。

一方通行「良ィこと思いついたぜェ」ニタァ

11111号「なにその笑顔怖い、とミサカはかつて無いほど凶悪な笑みを浮かべる一方通行に身震いします」



541 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:26:04.74 ID:I2CxNAkro
――――――――――――



一方通行「さァて、こンなモンでいいだろ」

 一方通行の周囲は今、完全な廃墟と化していた。
とある人物を誘き寄せるために彼が適当に暴れまわったのだ。

「そこのあなた!!あなたがこの惨状の犯人ですのね!?」

一方通行「きたきたァ」ニタリ

 そして彼の思惑通り、その人物はすぐに現れた。

白井「ジャッジメントですの!(キリッ ってあなたはああああ!!!!」

一方通行「はァいどォもお久しぶりでェす」ケラケラ

白井「きいいいいい!!ここで会ったが100年目ですの!!先日の恨み、晴らさせて頂きますの!!!!」

一方通行「何かしましたっけェ?」

白井「あなたのせいでお姉様と部屋が離れ離れになってしまったんですのよ!!
お陰でわたくしの中のお姉様分は枯渇寸前なんですの!!」

一方通行「ほォ、まだ超電磁砲とは別の部屋なのか、そいつァ都合がいいな」


542 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:26:38.23 ID:I2CxNAkro

白井「何の都合ですの!?さてはまたお姉様の部屋に侵入してナニかするつもりですのね!?
許せません!わたくしにも一枚噛ませてくださいまし!!」

一方通行「本音ダダ漏れじゃねェか」

白井「ハッ!わたくしとしたことが・・・なんて高度な誘導尋問ですの!
学園都市第一位は伊達ではないということですのね!?」

一方通行「オマエはホントに頭が可哀相だなァ」

白井「とにかく!この惨状はあなたの仕業なのでしょう?
今日はキッチリ連行させていただきますの!」

一方通行「まァ落ち着け、今日はテメエに愉快なプレゼントがあンだよ」

白井「・・・賄賂が通じると思ったら大間違いですのよ?」

一方通行「いいから受け取れよ、ホラ」

 そう言いつつ、一方通行は白井の前に「何処に置いてたの?」と聞きたくなるような
馬鹿でかい箱をドン、と置いた。


543 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:27:06.53 ID:I2CxNAkro

白井「な・・・なんですの、この見るからに怪しい箱は・・・」

一方通行「プレゼントだつってンだろ、有難く受け取れよ」

白井「イヤ、どう見ても罠でしょうこれ・・・こんなモンいりませんの!」

一方通行「あァ?テメエは学園都市第一位を敵に回してェのか?」

白井「」

一方通行「あーァ、誰かさンがプレゼント受け取らねェから学園都市の区分が一つ減っちまう・・・」

白井「ヒイイイイ!!わかりました!受け取ります!受け取りますのおおおお!!!!」

一方通行「はァいよく出来ましたァ、部屋に着くまで絶対に開けるンじゃねェぞ?
それと生ものだから腐らせねェよォに気をつけろよォ」ゲラゲラ

白井「うぅ・・・イヤな予感しかしませんの・・・」



544 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:27:45.58 ID:I2CxNAkro
――――――――――――



白井「け、結局持って返って来てしまったんですの・・・」

 現場の後始末をし、部屋に戻った彼女の前に先程一方通行から押し付けられた巨大な箱がある。

白井「うぅ・・・開けたくないですの・・・けど何処かから見られてるかも知れないと思うとそういうわけにも・・・」

 巨大な箱の前に正座し、半泣きになりながら開けるか開けまいか悩む白井。
箱に手をかけ、やっぱりやめて、という動作を小一時間ほど繰り返した時、

箱<ガタンガタンガタン!!

白井「!?」ビクゥ

 箱の中からなにやら音が聞こえ、ガタガタと揺れ始めた。

白井「何ですの!?何が入ってるんですの!?生もの・・・まさか生き物でも入ってるんですの!?」

 だとしたらヤバイかもしれない、既に数時間箱詰めのまま放置してしまっている。
もし小動物などが入っていたら瀕死になっているかもしれない。
その可能性を考えた白井は、半ばやけっぱちで箱を一気に開いた。
そこには――

番外個体「んーんー!!」モガモガ

白井「」

 両手両足を縛られ、猿轡をされた少女が入っていた。


545 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:28:19.48 ID:I2CxNAkro


白井(え、なに、なんですのこれ?)

 理解が追いつかず、白井は完全にフリーズしてしまう。
それはそうだろう、プレゼントを開けたら生きた人間が入ってました、などそう滅多にあることではない。

白井(ま、まさかあの方は人身売買にでも手を染めてますの!?
でも・・・プレゼント?一体どういう・・・いえ、考えるよりもすぐに通報しなくては・・・)

 警備員に連絡しようと、携帯を取り出す。しかしそこで彼女はある事に気付く。

白井(あれ、この方・・・お姉様に似てね?)

番外「んー!!(ちょっと、はやくほどいてよ)」モガモガ

白井(やっぱり・・・瓜二つですの!ちょっと大きいですけどお姉様の香りがしますの!)


546 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:28:46.82 ID:I2CxNAkro

白井「嗚呼、第一位様・・・わたくしあなたのことを誤解しておりました・・・」

 恍惚とした表情で白井が呟く。その様子に身の危険を感じた番外個体は
なんとかその場から逃れようと身体を捩るが、手も足もきつく縛られており身動き一つとれない。

白井「こんな素敵なプレゼントを頂けるだなんて・・・
今日まで風紀委員として真面目に頑張ってきた甲斐がありましたの・・・」

番外個体「んーんー!!!!(やばいってこいつ目がイッちゃってるよ!!)」

白井「うへへへ・・・そんなに怯えてかわいそうに・・・すぐに黒子がめくるめく快楽の世界へ誘って差し上げますわ・・・」

番外個体「んんー!!!(ちょ、馬鹿!くんな変態!!!)」

白井「大きいお姉様あああああああああ!!!!」

番外個体「んー!!!!!(らめえええええ!!!)」



547 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/20(木) 23:29:12.56 ID:I2CxNAkro
――――――――――――



一方通行「いやァ、良い事した後ってなァ気分がいいなァ」

11111号「結局どうしたんですか?とミサカは尋ねます」

一方通行「ンー?とォーってもいい所に連れてってやったンだよォ」ゲラゲラゲラ

11111号「おかしい・・・見慣れているはずの一方通行の笑顔がとてつもなく恐ろしいです
とミサカは震えます」

一方通行「ひゃは!テメエもそのうち連れてってやるから楽しみにしとけよォ」ニタァ

11111号「ちょっとだけですが、自分の行いを改めようかと思いました、とミサカは震えながら反省します・・・」


550 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:32:25.06 ID:5SH++jljo
くそっ。まさかのナナ登場に噴いた。
それは卑怯だろwww

551 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:36:31.10 ID:BFrZET+9o
言われて始めてタイトルが似てることに気づいたわwwwwwwww

552 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 23:38:34.70 ID:6OJi2M4Eo
今までの中で最悪の嫌がらせじゃねえかww

556 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/21(金) 00:25:40.92 ID:mFB3WxdI0
ナナが分からん。他スレネタ?

557 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/21(金) 00:35:46.50 ID:ruguy8cDO
一方通行「・・・・・・クソッタレ・・・」

ってスレがある
好み別れるかもしれんが、個人的には名作だと思う

561 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/21(金) 01:49:02.50 ID:JfFqP9KAO
番外個体……ガッショウ

564 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2011/01/21(金) 15:54:56.41 ID:36LR5BO20
           ミ\                      /彡
           ミ  \                   /  彡
            ミ  \               /  彡
             ミ   \            /   彡
              ミ   \         /   彡
               ミ    \      /   彡
                \    \   /   /
    ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡
     ミ____        \  |.  .| /        ____彡
           / ̄ ̄\|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|/ ̄ ̄\
          /   / ̄|               || ̄\.   \
        /   /   |〕   帝凍庫クン   .||   ´\   \
       /    │   ..|              ||    |     \
     /    /│    |___________j|    |\.     \
     彡   /  │  ./..|   -―- 、__,        |ト、  | ´\    ミ
      彡/   │ ../ |   '叨¨ヽ   `ー-、  || \ |    \ ミ
            │ / ..|〕   ` ー    /叨¨)  ..||   \|     
    r、       |/   !         ヽ,     || \  \      ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / |    `ヽ.___´,      j.| ミ \   ̄` ー‐'´ (_
  とニ二ゝソ____/ 彡..|       `ニ´      i|  ミ |\____(、,二つ
             |  彡...|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i| ミ |
             \彡 |               .|| ミ/
                       |〕 常識は通用しねぇ  ||
                  |             ..||
                  |___________j|

565 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/21(金) 16:27:50.70 ID:tRxST+XR0

これだんだん愛着が湧いてきたんだがwwww

594 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:42:29.29 ID:1h9gYZtXo

 時間は少々巻き戻る。
白井が一方通行から巨大な箱を押し付けられていた丁度その頃、
御坂美琴は街を全速力で駆けていた。

御坂「黒子、無茶してなければいいけど・・・」

 高位の能力者が暴れているという速報を聞いたのが数分前
その後、風紀委員の第一七七支部が出動したという情報を入手した御坂は
後輩である白井が現場に向かった可能性が非常に高いと見当をつけ
何かと独走しがちな彼女をサポートするために家を飛び出したのだ。



 御坂(ん・・・あれは!?)

 現場近くまで辿り着いた御坂は、とある人物の後姿を見つけ咄嗟に物陰に隠れた。
白い肌に白い髪そして黒いシャツ、彼女はその後姿にイヤと言うほど見覚えがある。

御坂(間違いない・・・一方通行!どうしてこんなところに・・・?)

 高位能力者が暴れているという情報、そしてその現場から遠ざかるように歩いていく学園都市第一位の能力者。

御坂(無関係ってことはないわよね・・・あいつが犯人?それとも何か企んでる?)


595 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:42:58.25 ID:1h9gYZtXo

 しばしの思案の末、御坂は一方通行の後をつけることにした。

御坂(騒ぎはもう収まってるみたいだし、黒子も多分大丈夫でしょ
それよりも、アイツを見失う方が厄介なことになるかもしれない・・・)

 しかしそんな彼女の考えに反し、一方通行は何をするでもなく、ただ歩き続けているだけだ。
彼にとっては、やる事をやったので散歩がてら家に帰っているだけなのだが、当然御坂はそんなことを知る由もない。

御坂(何処まで行くんだろう、段々人通りの少ないところに来てるけど・・・
まさか尾行がバレてる!?人のいない場所まで誘導して私をどうにかする気なんじゃ・・・え!?)

 不吉な考えが頭を過ぎり一瞬目を離した隙に、前方にいたはずの一方通行の姿が消えていた。

御坂(嘘、なんで・・・どこに!?って、なんだ・・・)

 慌てて周囲をバタバタと見回した御坂だったが、すぐに一方通行を見つけ安堵する。
彼はカンカンと音を立てながらすぐ近くのアパートの階段を登っていた。
何のことはない、目を離した隙にアパートの方に曲がった為見失っただけだ。

御坂(アイツこんな所に住んでるの?ていうか、家に帰ってただけ?)

 勝手に陰謀の臭いを感じて尾行してきた自分が馬鹿みたいだ、と彼女は大きく溜息をつく。
なんとも無駄な時間を過ごしたものだ。

御坂(ん?イヤイヤ待ってよ、無駄だなんてとんでもない
アイツの住んでる場所を知れたってのは大収穫じゃない?)


596 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:43:31.89 ID:1h9gYZtXo

 そう、今まで彼女は、彼女のみならず一方通行にイヤガラセを受けているほとんどの人物は彼の住処を知らなかった。
それもそのはずで、突然現れたかと思うとターゲットにイヤガラセの限りを尽くし、
それが終わるといつの間にかいなくなっている、というのが彼の普段のパターンだからだ。
その為バレないように後をつけて住処を割り出す、等と言う事は今まで誰にもできなかったのである。

御坂(これはチャンスよね・・・今から奇襲をかければ一矢報いる事くらいできるかもしれない
いえ、それより麦野さん達に連絡して皆で一緒に仕掛けた方が・・・)

「おや、そこにいるのはお姉様ではありませんか?とミサカは声をかけます」

御坂「!?」ビクッ

 悩んでいた御坂に突如声がかけられる。ギョッとして声の聞こえてきた方を見ると、
彼女と瓜二つの人間が、先程一方通行の登って行ったアパートの階段を下りてくるところだった。

御坂「な、なんだアンタか、驚かせないでよ」

「はて、何故驚くのです?こんなところで何を?とミサカはお姉様に尋ねます」

 先程まで一方通行の部屋にいた個体―11111号は、挙動不審な御坂に首を傾げながら尋ねる。

御坂「わ、私はちょっとその・・・そ、それよりアンタどうしてこんな所に?」

11111号「質問に質問で返すな!と学校で習いませんでしたか?とミサカは慌てた様子のお姉様を訝しげに見ます」ジトー


597 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:44:03.01 ID:1h9gYZtXo

御坂「いいから答えなさいよ!ここ、一方通行が住んでるのよね?こんな所で何してたの?」

11111号「・・・お姉様が期待しているようなことはありませんよ?
ミサカはあんなモヤシ野郎に体を許すほど緩い女ではありません
とミサカは手をパタパタ振りながらお姉さまの邪な予想を否定します」

御坂「か、体を・・・って、そんなの考えてないわよ!!」

11111号「oh・・・冗談が通じませんね、そんないい反応するから一方通行の格好の餌食になるのですよ
とミサカは初心なお姉様に哀れみの視線を向けます」

御坂(この子生まれて数ヶ月のはずよね・・・?)

11111号「まあ本当のところはお姉様の想像通り、一方通行の部屋で色々していたのですよ、とミサカは説明します」

御坂「やっぱりアイツの部屋に・・・いや、それよりも色々してたって何?」

11111号「ふむ・・・今日起こったこと、お姉様には話しておいたほうが良いかもしれませんね
とミサカは一人頷きます」

御坂「今日起こったこと・・・?」

11111号「はい、実はですね、カクカクミサミサ、ということなのですよ、とミサカは簡単に解説します」

御坂「アイツを抹[ピーーー]るための個体・・・そんなものが作られてたなんて・・・」

11111号(うわぁ本当に伝わったよ、お姉様パねえな)


598 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:44:32.21 ID:1h9gYZtXo

御坂「番外個体か・・・いやいやそれも大変なことだけど、今の話もっと重要なことがあったわ」

11111号「はてなんでしょう?とミサカは首を傾げます」

御坂「アンタは一方通行に暴言を吐いても仕返しをされないってところよ!これ重要でしょ!」

11111号「・・・新しく造られたご自分のクローンに関することよりもそっちが重要ですか、
とミサカは遠い目をします」

御坂「ねえ、何でアンタはイヤガラセ受けないの?何かコツとかあるわけ?」

11111号「えー・・・あー・・・ミサカは愛されてますから、とミサカは説明を半ば放棄した返答をします」

御坂「あああああ、愛!?ダメよ!アイツは他人の不幸を喜ぶ最低のクズなのよ!?」

11111号「信じるなよ・・・本当にいい反応するなぁお姉様、とミサカは単純なお姉様をからかうのが楽しくなってきました」

御坂「ちょっと!!」

11111号「めんごめんご。 まぁ性格の問題でしょうね、とミサカは当たり障りのないことを言ってみます
それにあのモヤシは妹達には甘いところがありますし」

御坂「妹達には甘い・・・つまり私も妹達のふりをすればアイツに反撃できるってことね!」


599 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:45:14.27 ID:1h9gYZtXo

11111号「妹達のふりをして反撃、そしてその後の被害は全て妹達へ、ですか
流石お姉様、流石このミサカのオリジナル、実に腹黒い、とミサカはドン引きします」

御坂「い、いいじゃないちょっとくらい!アンタなんて好き放題言ってるわけでしょ!?
・・・今度妹達全員に甘いものご馳走してあげるからさ、アンタのゴーグル、ちょっとだけ貸してもらえない?」

11111号「このゴーグルはミサカのチャームポイントなのですが・・・お姉様にそこまで頼まれては仕方がありませんね
決して甘いものに釣られたわけではありません、お姉様の必死な態度に心を動かされたのです
とミサカは弁解しておきます」

御坂「ありがとう!じゃあ早速行って来るわね!」

11111号「あ、少々お待ちを、とミサカはお姉様を呼び止めます」

 ゴーグルを受け取り、アパートに駆け込もうとする御坂を11111号が制止する。
出鼻を挫かれた御坂はバランスを崩し、前のめりに倒れそうになった。

御坂「ちょっと、何よ?」

11111号「検体番号をしっかり吟味しなければなりませんよ
中にはモヤシのイヤガラセの標的になっている個体もいますから、とミサカは説明します」


600 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:45:44.50 ID:1h9gYZtXo

御坂「そっか・・・じゃあさ、アンタに成り済ますから検体番号教えてくれる?」

11111号「む・・・仕方がありませんね、その代わりミサカには特別たくさん奢ってくださいよ?
とミサカは交換条件を提示します」

御坂「オッケーオッケー、ドンと来なさい」

11111号「契約成立ですね。 さて、このミサカの検体番号なのですが・・・」



11111号「00001号です、とミサカは自分が最初のミサカであることを誇らしげに言い放ちます」



御坂「00001号ね?わかったわ、一方通行に番号聞かれたらそう答えとく」


 上機嫌でアパートに駆け込んでいく御坂を、11111号はいつもの様に無表情で見送った。
御坂にはわからなかったが、その無表情は見る人が見れば悪意の塊のように映っただろう。


601 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:46:14.90 ID:1h9gYZtXo


御坂(うわ、本当に玄関吹き飛んでる・・・部屋の中丸見えじゃん
ってアイツこんな状況で普通に寝てるし!)

 番外個体が吹き飛ばした玄関から中を覗くと、そこには一方通行がこちらに背を向け、無防備な姿で寝転がっていた。
とは言えこの状況でもキッチリ反射は作用しているので、例え核が振ってこようが彼は無傷なのだが。

御坂(えーっと、アイツ眠ってる?中入っちゃって大丈夫かな?どうしよ・・・)

一方通行「オイ」

御坂「ひゃい!」

 下を向いて考え込んでいた御坂の思考は、唐突に発せられた一方通行の言葉で強制的に中断させられた。
見ると先程まで背を向けていた彼が、めんどくさそうな表情でこちらを伺っている。

一方通行「何やってンだテメエは?俺に何か用ですかァ?」

御坂「え、あの、えっと・・・」

一方通行「ったく、今日は客が多い日だな・・・入りてェンならさっさと入って来い、そうじゃないンなら帰れ」

御坂「お、お邪魔します・・・とミサカは挨拶します」

一方通行「チッ用があンのかよ」


602 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:46:43.49 ID:1h9gYZtXo

御坂(思わず入っちゃったけどどうしよう・・・)

一方通行「ンでェ、何なンですかァ?」

御坂「えー・・・」(どうしよどうしよ・・・適当に暴言吐いちゃっていいのかな)

一方通行「おいィ?」

御坂「んー・・・」(いいわよね、今までこっちは散々やられて来たんだし・・・)

一方通行「耳聞こえてっか?」

 一方通行は参っていた。やけに挙動不審な妹達が外からこちらを伺っていたため
とりあえず部屋の中に入れてみたのだが、唸るばかりで一向に何も言おうとはしないからだ。

一方通行(ホントに何なんだコイツ?つまみ出しちまうか・・・)

御坂「・・・バーカ」

 彼が妹達に化けている御坂を追い出す決意をしたとき、ようやく彼女は口を開いた。

一方通行「ハ?」

御坂「バーカバーカ!モヤシ!色白!」

一方通行「いや・・・なに?え?」

 突然発せられた小学生レベルの悪口に、一方通行は困惑する。
先程まで借りてきた猫のように大人しかった彼女の態度が一変したのだから、それも当然である。


603 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:47:18.47 ID:1h9gYZtXo


 ― 数分後、息が上がったのか気がすんだのか、ようやく彼女の暴言は止まった。

御坂「ふぅふぅ・・・」(言ってやった!言ってやったわ!)

一方通行「あー・・・何か知らねェけど気ィ済ンだかァ?」

御坂「全然堪えてない!!」

一方通行「そンな小学生レベルの悪口でダメージ受けるほど繊細じゃないンで・・・」

御坂(く・・・何て精神力なの!?これが学園都市第一位・・・!
でも妹達に甘いっていうのはどうやら本当みたいね、定期的に妹達のふりしてストレス解消にこようかな)

一方通行「で、結局オマエは何なンだ?何がしてェンだ?」

御坂「わたsゲフン ミサカは日頃の恨みを晴らしたかっただけです・・・とミサカは返答します」

一方通行「日頃の恨みねェ・・・何号だか知らねェがよくもまァ面と向かって来たもンだなァ」

御坂「あ、えっと、ミサカの検体番号は00001号です・・・とミサカは自分の番号を述べます」


604 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:47:58.34 ID:1h9gYZtXo

 これまでどこか気だるそうで、半ば呆れたように彼女の相手をしていた一方通行だが
『00001号』という番号を聞いた瞬間、彼の雰囲気が一変した。
眠たげだった半開きの眼は限界まで見開かれ、口角は吊り上がって行き、その髪までもが音を立てて逆立っていく。
悪意に満ちた狂気の笑顔が、一方通行の顔に張り付いた。

一方通行「そォかそォか、テメエ00001号だったのか・・・随分雰囲気が変わってたから気付かなかったぜ」ククク

御坂(え?え?何これ・・・何でこいつ突然こんなになってるの!?
00001号って何やっても許される個体じゃなかったわけ!?)

一方通行「呪いのかかり具合でも確認しに来たか?それとも別の目的があったか?
まァどっちでもいいンだけどよォ・・・俺の前に姿を現したクソ度胸だけは褒めてやンよ」ケラケラ

御坂(の、のろい?何のことだかわからないけど・・・とにかくやばいって!目が据わっちゃってる!
逃げなきゃ・・・逃げなきゃ・・・)

 一方通行の只ならぬ雰囲気を感じ取り、御坂は逃げ出そうと身体に力を込める。
しかし、手も足も凍りついたかのようにピクリとも動かない。
一方通行の悪意に飲まれた彼女は、まさに蛇に睨まれた蛙のように身動き一つとることができなかった。

御坂「あ・・・あぁ・・・」

一方通行「ひゃは!楽しい楽しいお仕置きの時間だぜェ」

 ゲラゲラと笑い声を上げながら、一方通行は右手を御坂の方に伸ばしていった。



605 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:48:27.87 ID:1h9gYZtXo

――――――――――――




「御坂の奴どうしたんだろうな?会議に遅刻するなんて今までなかったはずだが」

「垣根が遅刻するんならともかく、美琴が来ないっていうのは珍しいわね」

 一組の男女―垣根帝督と麦野沈利はとあるレストランの一角で話し込んでいた。
本来なら今の時間帯はもう一人、御坂を加えて三人で一方通行の対策会議をしているはずなのだが、
集合時間を数十分過ぎた今になっても彼女が現れないのだ。

垣根「イヤ待て俺も遅刻した事一回しかねえし、そもそもあれは途中で一方通行に遭遇してたからだろ」

麦野「遅刻は遅刻でしょ?どんな事情があれ可愛い女の子二人も待たせるなんて男としてどうなのよ?」

垣根「可愛い・・・女の『子』?」

麦野「ブチ殺されてぇかブタ野郎」

垣根「あんまり怒ると小皺が・・・ん、あれ御坂じゃねえか?」

麦野「おい小皺がなんだって?」


606 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:48:58.23 ID:1h9gYZtXo

 垣根の視線の先にいたのは確かに御坂だったのだが、どうも様子がおかしい。というか格好がおかしい。
いつもの常盤台の制服に加え、彼女の顔に不釣合いなほど大きな帽子とサングラスを装着している。
変装をしているつもりなのかも知れないが、はっきり言ってバレバレである。

御坂「お、遅れてごめん・・・」

垣根「いや、ごめんっつーかさ・・・」

麦野「何よその格好・・・」

御坂「ちょっと事情があって・・・」

垣根「一方通行の野郎に何かやられたのか?」

御坂「うん・・・あのさ、ちょっと人目につかない所に移動できない?
あんまり大勢の人がいる所にいたくないの・・・」

麦野「よくわからないけど重症みたいね・・・わかった、私の家に行こうか」

 そんなこんなで、何も注文せずに店を出る三人。これにはレストランの店員も苦笑い。


607 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:49:25.40 ID:1h9gYZtXo


麦野「それで、そろそろ何があったか話してくれる?」

 麦野の家に辿り着いても一向に何も語ろうとしない御坂に、痺れを切らした麦野が催促する。
当の御坂は、サングラスは外しているが帽子はまだつけたままで、怯えるように部屋の隅に座っている。

垣根「その帽子が関係してるのか?整理がつかないんなら俺はまた今度でも構わねえが」

御坂「ううん、話すわ。 私一人じゃどうしようもないもん・・・
今から帽子脱ぐけど、絶対に笑わないでね?二人とも信じてるから・・・」

 覚悟を決めたように、御坂が帽子に手をかける。
彼女の頭から帽子が取り払われた時、垣根と麦野はかつてない程の衝撃を受けた。

垣根(アホ毛が・・・ッ!!)

麦野(三本も・・・!?)


それはアホ毛と言うにはあまりにも大きすぎた

大きく ぶ厚く 重く そして大雑把すぎた

でもやっぱりそれはアホ毛だった



608 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:49:52.78 ID:1h9gYZtXo
トリプルアホ毛想像図


                       _,,-‐'' ̄`''- 、,_
.                     /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                     |:::::::::::::/    `''ヾ、 
                     |:::::::::/  .,.-'"`丶、  ヽ
.             ,.-'"´ `丶、 |::::::|  / .::::::::::::::\ 
.            / .::::::::::::::::::::::\|::::| /.:::::/  ̄丶、::::',   
           /.::::::::/  ̄` 丶、:', ::|/::::/      ヽ::ヽ
          l:::::::/        ´ : : : : : `⌒丶      ヾ、
          |::::::l     /: : : : : : : / : : : : : >:\
             \_ヽ   /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
            ` ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N  さすがの私もこれは引くわ
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
             {  'ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨


609 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:50:29.84 ID:1h9gYZtXo

垣根「ぐ・・・おお・・・」(麦野ぉ!絶対笑うんじゃねえぞ!!)プルプル

麦野「くぅ・・・」(わかってるわよ!美琴を裏切るわけにはいかない!)ピクピク

 アホ毛を揺らしながら瞳を潤ませる御坂の姿に、垣根と麦野は過去最大の苦戦を強いられることとなった。
これまで何度も一方通行と対峙し、どんな絶望的な状況に陥ろうと決して折れなかった二人の心は
たった三本のアホ毛によって粉砕寸前に追い込まれていた。

垣根(アホ毛なんてもんじゃねえ・・・アホ過ぎだ!一方通行の野郎なんて真似しやがる・・・!)

麦野(これは分が悪いわね・・・普通に喋ろうと思って口を開いたらその瞬間ドカンよ・・・)

垣根(ダメだ・・・視線を逸らしても目に焼きついてやがる!どうすりゃいい?どうすりゃ・・・)

麦野(か、垣根・・・悪いけど私もう・・・)

垣根(何言ってやがる!諦めるな!絶対に何か方法があるはずだ!!)

麦野(アイテムの皆には・・・勇敢に戦ったって伝えて・・・うぐっ)

垣根(止めろ麦野おおおおお!!!!今笑われたら俺まで釣られて・・・)

御坂「・・・」



610 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:51:02.90 ID:1h9gYZtXo
――――――――――――――




垣根「正直すまんかった」

麦野「ごめんね、悪気はなかったの」

御坂「・・・」ズーン

 小一時間後、そこには後ろを向き膝を抱えて落ち込む御坂に土下座する黒コゲになった垣根と麦野の姿があった。
一度決壊し、溢れ出してしまった爆笑を途中で止めることなどできるはずもなく、二人は体をくの字にして散々笑い、
息も絶え絶えになり演算すら禄にできなくなってもなお笑い続けていた所で御坂に電撃を落とされたのだ。

垣根「ほ、ほら御坂、気を取り直してそのアホ毛どうするか考えようぜ」

御坂「・・・」クルッ

垣根「ぶふっ!」

御坂「うあああああん!!!!」バチバチ

垣根「うぼぁ!!」ビリビリ

 振り向いた御坂を見て垣根は再び噴き出す。演算が停止しかかっている彼に対し、
御坂は容赦なく高圧の電撃を浴びせた。


611 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:51:28.52 ID:1h9gYZtXo

麦野「お、落ち着きなって!そのアホ毛、ハサミとかで切れないわけ?」

御坂「切れるんならとっくに切ってるわよ!ハサミだけじゃなくてナイフでも
チェーンソーでも電撃でもダメだったのよおお!!!」

垣根「どんなアホ毛だよ!?」

御坂「・・・垣根さん生きてたんだ」

垣根「流石にそれはちょっと酷くねえか?」

麦野「美琴の電撃でも通じないってどうなってんのよ・・・ちょっと私も試してみていい?」

御坂「あ、うん、どうぞ」

垣根「くっ・・・」

 アホ毛を麦野に差し出す御坂の姿に、垣根は再度噴出しそうになる。
完全にツボに入ってしまっているようだ。

麦野「動かないでねー・・・狙って狙って・・・」キュイイイン

 揺れるアホ毛に麦野は慎重に狙いを定める。彼女の能力は制御が難しいため、
下手な撃ち方をすると御坂の顔面を吹っ飛ばしてしまいかねない。

麦野「さんにーいちドバーン!!」


612 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:52:06.11 ID:1h9gYZtXo

 麦野から放たれた原子崩しのビームは正確に御坂の頭部に生えているアホ毛に襲い掛かる。
が・・・


アホ毛<ミョイン


御坂「!!」

麦野「反射された!?」

垣根「危ねえ!!!」

 まるで一方通行を相手にした時のように、ビームはアホ毛に反射され何故か垣根の方に飛んでいった。

御坂「やっぱりダメか・・・私の電撃も同じように反射されたし」

麦野「第一位の反射と同じ仕組みなのかしら?にしてもアホ毛に弾かれるって悔しいわ・・・」

垣根「何で俺の方に飛んできたんだよ、このアホ毛俺に恨みでもあんのか?」

麦野「そりゃアンタ笑いまくってたしアホ毛もいい気はしなかったんでしょ」

垣根「クソが、アホ毛の分際で俺に歯向かうつもりか」

御坂「あのさ、アホ毛に意思があるみたいな話し方やめてよ、気持ち悪いじゃない・・・」


613 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:52:48.17 ID:1h9gYZtXo

垣根「アホ毛だって生きてるんだぞ!それを否定するつもりか!?」

御坂「生きてないわよ!!他人事だと思って馬鹿にしてるでしょ!?」バチバチ

垣根「止めとけ御坂、能力使うと電気で髪が逆立って余計愉快な事になるぞ」

御坂「ふざけんなゴラアアアアアア!!!!」バチバチバチ

 本日三度目の電撃が垣根を直撃した。
雷を纏い直立した三本のアホ毛は、神々しくすら見えたという。

垣根「おい御坂、俺じゃなかったら死んでるレベルの電撃を何度も撃つんじゃねえよ」

麦野「・・・もう垣根は放っといて二人で対策考えましょうか」

御坂「うん・・・」

垣根「無視すんな、聞け。一方通行の反射と同じ仕組みだってんなら
俺にならなんとか出来るはずだぞ」

御坂「ほんとに!?」

麦野「方法があるんならさっさと言えよ」

垣根「現金だなお前等・・・要はそのアホ毛が生きるために受け入れてるベクトルを逆算して、
それと同じベクトルを持つ有害な物を作ればいいだけのこった。それでアホ毛にダメージが通るはずだ」


615 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:53:25.23 ID:1h9gYZtXo

御坂「すごい・・・そんなことができるんだ」

麦野「・・・なんでそれだけのことが出来るはずなのに第一位にやられっぱなしなわけ?」

垣根「あの野郎が逃げ回るから中々解析出来ねえんだよ!
アホ毛は逃げねえからな・・・この機会に反射を解析して一方通行の野郎に一泡吹かせてやるぜ」ケケケ

御坂「それじゃお願い・・・」

垣根「あぁ、任せろ」

 差し出されたアホ毛を真剣な表情で睨みつける垣根。しかし、睨むばかりで彼は一向に動こうとしない。
それどころかどんどん顔色が悪くなり、その額には脂汗が滲み始めていた。

麦野「・・・垣根?」

御坂「垣根さん大丈夫!?凄い汗よ!」

垣根「御坂・・・スマン」ハァハァ

御坂「ど、どうしたの!?解析できなかったの!?」

麦野「いえ、まだ解析を始めてすらなかった・・・
まさか、感付いた第一位に攻撃を受けた!?クソ、何処から!?」

垣根「違う、違うんだ・・・解析に失敗したわけでも攻撃を受けたわけでもねえ・・・」


616 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:53:53.96 ID:1h9gYZtXo

御坂「じゃあどうして!?」

垣根「近付くな!!」

 駆け寄ろうとした御坂を、垣根は辛そうな表情で制止すし、彼はそのまま頭を抱え蹲ってしまった。
そんな彼を御坂と麦野は不安げに見つめる。

垣根「実はな・・・」

 蹲ったまま、垣根が呟く。


垣根「実は・・・御坂がアホ毛をこっちに向けたときから・・・もう笑いを堪えるだけで精一杯なんだ・・・
とてもじゃねえが能力使って解析してる余裕なんてねえんだよ・・・」


御坂「」

麦野「」

垣根「だからスマン御坂!その姿に俺が見慣れるまでしばらく待ってくrクフックククク」ケラケラ

 ついに堪えきれなくなったのか、最後まで喋る前に垣根は肩を揺らして笑い始める。
最初は静かに、しかし次第に大声になり、遂には腹を抱えて爆笑まで始めた。


617 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:54:23.80 ID:1h9gYZtXo

御坂「やっぱり垣根さん私のこと馬鹿にしてるんでしょ?してるのよね?」

垣根「やめろ、こっちを見るな!俺を殺す気か!!」ゲラゲラ

御坂「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」バチバチバチ

麦野(私の台詞・・・)

垣根「だから能力使うなって!アホ毛が偉いことになってるぞ!!」ゲラゲラゲラ

御坂「死ねやああああああ!!!!」

 コインをトスし、御坂は躊躇無く超電磁砲を放つ。
しかし彼女の一撃が垣根に直撃する刹那、彼はその身体から白い翼を発し、超電磁砲の軌道を逸らした。
逸らされた超電磁砲はそのまま麦野の部屋の屋根を破壊し、大空へと消えていく。

麦野「・・・」ピキピキ

御坂「使えるじゃん!能力使えるじゃん!!」ムキー

垣根「お前の電撃防ぐくらいは楽勝なんだよ!そのアホ毛の反射の解析は負担が段違いなんだ」ゲラゲラ

御坂「何よ!私がアホ毛以下みたいな言い方しないでよ!!」

垣根「ひゃはははは!!事実アホ毛以下なんだよ!!」

御坂「ふざけんなああああああ!!!!」バチバチ

 もう一発超電磁砲を放つが、やはりそれも垣根の翼に逸らされてしまう。
今度は部屋の壁を破壊し、そのまま外へ飛び出していった。


618 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:55:10.95 ID:1h9gYZtXo

垣根「お、何だやんのか?いいぜ、今ならひょっとしたら掠り傷くらい付けられるかもなぁ!」ゲラゲラ

麦野「テメエ等私の家で暴れてんじゃねええええええ!!!!」

 一触即発、いつぞやのファミレスの悪夢が再び繰り広げられようとしたまさにその時
二発目の超電磁砲が飛んでいった先から「不幸だあああ!!」という絶叫が聞こえてきた。

垣根「な、なんだ!?」

御坂「まま、まさか超電磁砲が誰かに当たっちゃった!?」

麦野「お、落ち着きなさい美琴!まだそうと決まったわけじゃ・・・」

 慌てる三人の元に、『何か』が飛んでくる。
その『何か』は赤黒い液体を撒き散らしながら、御坂の頭にクリーンヒットした。

御坂「いたた・・・何よこれ・・・ってこれぇ!?」

 飛んできた物を拾い上げた御坂が大声を上げる。
彼女の頭に直撃した物、それは・・・

垣根「人間の右手、だな・・・」


619 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:55:36.52 ID:1h9gYZtXo

麦野「・・・超電磁砲で四散した反動で飛んできたって考えるのが妥当よね」

御坂「どどど、どうしよう!?私やっぱり一般の人を殺しちゃった!?」

麦野「大丈夫、逸らした垣根が全部悪いわ」

垣根「どういう理屈だ!? ん?御坂、お前アホ毛が・・・」

御坂「え?」

麦野「あれ、なくなってるわね」

御坂「嘘!本当に!?」

 さすさすと御坂は自分の頭を撫で回す。すると確かに、さっきまであったはずの不快な感触が消えている。

御坂「本当になくなってる!垣根さんがやってくれたの?」

垣根「いや、俺はまだ何もしてねえ」

麦野「不思議なこともあるものね」

御坂「よかったー、一時はどうなるかと・・・って、それよりも被害者の確認にいかないと!!」


620 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/23(日) 20:56:05.15 ID:1h9gYZtXo



垣根「何の被害者だ?」

御坂「何のって・・・超電磁砲のよ!悲鳴が聞こえたじゃない!」

麦野「悲鳴?そんなの聞こえたっけ?」

垣根「さぁ・・・」

御坂「ちょ、ちょっと二人とも何言ってんのよ?千切れて飛んできた右手がここに・・・あれ?」

麦野「右手・・・?何のこと言ってるのよ」

御坂「な、ない!?そんな・・・確かに飛んできて私の頭に当たったのに・・・」

垣根「おいおい、夢でも見てたのか?」

麦野「おかしな美琴ね」

御坂「ゆ、夢?あれは夢だったの・・・?」

垣根「実際飛んできた右手とやらは無くなってるんだし、夢以外の何者でもねえだろ」

御坂「そ、そっか・・・疲れてたのかな私・・・」アハハ

麦野「そうそう、アホ毛のことで精神的に参ってたのよ」

垣根(・・・で、どうすんだ?)

麦野(大丈夫、さっき浜面達に連絡したからすぐに死体は片付くはずよ
美琴には人殺しの重荷なんて背負って欲しくないし、このまま夢で押し通すわ)

垣根(証拠の右手はもうしばらく俺が隠し持ってればいいか・・・
しかし何なんだこれ、能力で消そうとしたのに無効化されたぞ、気持ち悪い)

御坂「何かよくわからないけど、アホ毛が消えてよかった!」

麦野「そうね、よかったわね」

垣根「ハハ、よかったな」


 学園都市は今日も平和です。


621 名前:>>1[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:57:39.25 ID:1h9gYZtXo
なんという無理矢理なオチ・・・(^o^)
自分でもびっくりするほど纏まらなかったよ母さん!

久しぶりにAA改変してみたものの、先に貼られてたAAのインパクトに完全に喰われてるから困る
ちくしょー!

622 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:57:47.97 ID:CmzGu5HJo
上条さんの命と引き換えに美琴は救われた訳か

623 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:57:57.73 ID:4VP9AQ1vo
まぁ右手ならまた生えてくるさ

625 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 20:58:32.72 ID:8Tp5qiSwo
もっと可哀想な人がいて泣けて・・・来ないな不思議と
なんでだろ

628 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 21:18:01.43 ID:c/0O80hKo
……もしかして、ここの上条さん、弟達が大量に作られてないか?

636 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/24(月) 00:43:50.95 ID:T3ipDg790

                       _,,-‐'' ̄ ̄`''- 、,_
.                      ノ:::::::::::::::: :::__;;;;;;;;;`ヽ
                      |::::::::::::::::: /    `''ヾ、 
                     ノ::::::::::::  /    
.         ,.-'"´ `丶、__,,-‐''::::::::::::   '- 、,_
.       / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ` ヽ
.       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        `ヽ
       l:::::::/'"´ `丶、_:::::::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::::  `ヽ
       |::::::l       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::  / `ヽ::::::  `''、 
       \_ヽ       .|:::::::::::::::::::::::   /     `ヽ:::::: ヽ
..         `       |:::::::::::::::::::::::::  |        `ヽ: ヽ
  .               |:::::::::::::::::::::::::  |          `''ヾ、
                 :|::::::::::::::::::::::   ヽ
                  ノ:::::::::::       丶  
                 /:::::::::::: / : : : : : >:  \
                   /:/::::::::/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
              ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
                : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
                  {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
              '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N  みんなはアホ毛に注意だからね。ビリビリ!
                } :( ∧       '    , )!
                 / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│
             /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八
              |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ
              ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
              /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
              {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
              〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
                ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
             {  'ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
              レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
                \|  /`ー /  /   ∧  \∨

637 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/24(月) 00:47:36.70 ID:0qqnhbP0o
─────それは、アホ毛というにはあまりにも大きすぎた
大きく、 ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。それはまさに毛塊だった

664 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:06:28.68 ID:0DuOfmg9o

 ―前略 木原くン

「ZZZ・・・」スースー

 散歩から帰って来たら家で見知らぬ幼女が寝ていました。
一体何が起こったと言うのでしょうか。

「んー・・・ZZZ・・・」クークー

一方通行「マジで何なンだこの状況・・・」

 一方通行は酷く困惑していた。いつもの様に彼が日課のイヤガラセ兼散歩から帰って来てみれば
自分のベッドの上で見知らぬ幼女が眠りこけていたのだからそれも当然であろう。
そんな状況で平然としていられるのは、二次元と三次元の境界が曖昧になっている良く訓練されたロリコンくらいなものである。

一方通行「どっかのガキが間違えて入って来やがったか?でも鍵かけてたよなァ・・・どうすっかな」

 カリカリと頭を掻きながら思案に暮れる。最初は叩き起こそうと思っていたのだが
無邪気な寝顔を見ているとどうにも毒気を抜かれ、無理に起こすのがかわいそうな気がしてきたのだ。

一方通行「誰かに似てる気がすンだよなァ・・・こうしてても埒が明かねェしやっぱ起こすか」


666 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:06:52.22 ID:0DuOfmg9o

 やれやれと溜息を吐きつつ、彼が眠っている幼女に手を伸ばした丁度その時

<ピンポーン

玄関からインターフォンが鳴り響いた。

一方通行「おォ?ったく、誰だよ・・・」

「一方通行一方通行、大変なことが起きました、開けてください、とミサカは激しくドアをノックします」ドンドン

一方通行「その声は・・・11111号か、どうした?」

11111号「ついに声だけで判断できるようになりましたか、ミサカマイスターを名乗れる日も近いですね
とミサカは一方通行の無駄な判別能力を褒めちぎります。そんなことより開けてください」ドンドン

一方通行「わかったからドア叩くのやめろ、近所迷惑だろォが!」

 文句を言いながら玄関の鍵を開けようとする一方通行だが、その手が鍵にかかる直前、彼の動きは停止した。

一方通行(今玄関を開けるとマズいンじゃねェか・・・?)


667 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:07:19.45 ID:0DuOfmg9o

 外にいるのは彼の天敵とも言うべき最悪の妹達。
そして今、彼のベッドでは見知らぬ幼女が眠りこけている。
彼女にこの状況を目撃されればどうなるかは火を見るより明らかだ。
下手をしなくても、一方通行はロリコンの烙印を押され社会的に抹殺されることになるだろう。

一方通行(開けるわけにはいかねェ!!)

11111号「どうしたんですか?早く開けてくださいよ、とミサカは一方通行を急かします。ハリーハリー」

一方通行「悪ィ、ちょっと立て込ンでるから後にしてくれ!」

11111号「いえいえ、そういうわけにも行かないのです。最初に言った通り大変なことが起きているのですよ
とミサカは再度玄関を開けるてくれるようにお願いします
早くしないと能力で開けてしまいますよ?」

一方通行「いやいやいや、こっちも大変なンだよ!頼むから引き下がってくれ!」

11111号「全ミサカの存在がかかってるレベルで大変なんです、それでも開けて貰えませんか?
とミサカは電撃で鍵をこじ開けながら懇願します」

一方通行「既に実力行使入ってンじゃねェか!!反射だ反射ァァ!!
こっちだって俺の(社会的な意味での)生死がかかってンだよォォ!!」


668 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:07:46.58 ID:0DuOfmg9o

11111号「精子ですと?別にあなたが股間の一方通行をベクトル操作してようがこのミサカは気にしませんから
観念してさっさと反射を解きなさい、とミサカは高圧的な口調で命令します」

一方通行「意味のわかンねェこと言ってンじゃねェェェ!!絶対開けねェからなァァァ!!!」

11111号「・・・どうしてもダメですか、わかりました。
仕方がありません、出直すことにします、とミサカはガックリと肩を落として退散します」ハァ

一方通行「すまねェ、片付いたら連絡入れるから待っててくれ」

 妹達の存在がかかっている用件とやらが気になるところではあるが、とにかくこれで一安心か
と一方通行が玄関に背を向け一息ついた直後

11111号「かかったなアホが!!」ドゴーン

 11111号が重火器で玄関をふっ飛ばしながら部屋に侵入してきた。

一方通行「リフォーム終わったばっかなのに何やってンですかテメエはァァァァ!!!?」

11111号「うるせえええ!!緊急事態なんだよこのモヤシが!!とミサカは話の分からない一方通行を罵倒します
何だズボンもパンツも履いてるじゃん、一体何をやって・・・ん、あれは?」

 彼女の目が、一方通行の背後のベッドで眠っている幼女を捕らえた。


669 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:08:12.81 ID:0DuOfmg9o

11111号「・・・」

一方通行「待て、違ェぞ、話を聞け」

11111号「お前ロリコンが高じてついに誘拐までやらかしたのかよ・・・流石に引くわ・・・
とミサカは犯罪者を見る目つきでロリコンモヤシを睨みます。マンマミーア」

一方通行「違えっつってンだろォが!!!マンマミーアじゃねェよクソが!!!」

11111号「・・・ハァ」

一方通行「その蔑むような視線やめてくれねェ?マジでちょっと心痛いンですけど・・・
散歩から帰って来たらあの幼女がいきなりベッドの上で寝てたンだよ・・・」

11111号「そんな言い訳が通ると思ってんの?第一位ならもっとマシな嘘考えろよ・・・
とミサカはあまりにもお粗末な一方通行の言い訳を一笑します」ハッ

一方通行「こうなると思ってた、こうなると思ってたよ・・・だから開けたくなかったンだよちくしょォ・・・」

 頭を抱え項垂れる一方通行を尻目に、11111号はベッドの上の幼女に歩み寄る。
そのまま幼女の顔を覗き込むと、彼女は安堵したかのような、呆れたかのような溜息を吐いた。

11111号「やはりそうでしたか・・・やれやれ、こんな所にいたんですね『上位個体』
とミサカは呆れながらも胸を撫で下ろします」


670 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:08:44.77 ID:0DuOfmg9o

一方通行「・・・『上位個体』だァ?」

 頭を抱えていた一方通行が11111号の声に反応して顔を上げる。

11111号「はい、この幼女は『打ち止め(ラストオーダー)』と言って、
こんな見た目ですがこれでもれっきとした妹達を管理する上位個体なのです。
この幼女を通した命令一つでミサカ達は従順なメイドにも冷酷な殺人マシンにもなるのですよ
とミサカは幼女の恐ろしさについて解説します」

一方通行「誰かに似てると思ったらテメエ等に似てやがったのか・・・
何でそいつだけ小せェんだ?」

11111号「先程も言った通り、ミサカ達全体を管理する個体ですから
研究員達が掌握しやすいようにわざと幼く作られているのでしょう、とミサカは推測します。
まぁその幼さのせいでチョロチョロと研究所から脱走しやがったわけですが」

一方通行「研究所から脱走ねェ、テメエが言ってた『大変な事』ってなァそれか
・・・てことはテメエ、俺がそいつを誘拐したわけじゃねェってわかってて暴言吐きやがったンだな?」

11111号「いえいえ、ミサカは本当にあなたがミサカそっくりな幼女を目にして
自制が効かなくなってしまい誘拐に走ったのだと考えていますが、違うのですか?
とミサカは可愛らしく小首を傾げます」


671 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:09:16.68 ID:0DuOfmg9o

一方通行「違ェよ!わかってンだろォが!!あと可愛くねェから!!テメエ等そっくりなんて願い下げだ!!!」

 一方通行は息を荒げながら怒鳴り声を上げる。先程まで無邪気でかわいらしく見えた幼女の顔も
妹達に(というか11111号に)似ていると認識した途端ムカついて見えるから不思議なものである。

 そんな彼の大声に、眠っていた打ち止めがもぞもぞと身を捩り、次の瞬間バサリと布団を跳ね除けた。

打ち止め「うるさーい!ってミサカはミサカは眠りを妨げられたことに激怒してみたり!」

11111号「やっべ起きちまったよめんどくせえ、とミサカは密かに舌打ちをします」チッ

打ち止め「起こされた上に舌打ちされるなんてどういうことなの!
ってミサカはミサカは下位個体の態度を諌めてみたり!」

11111号「勝手に脱走した挙句こんな所で何やってたんですか、とミサカは上位個体のアホ毛を掴みながら尋ねます」

打ち止め「ちょ、掴まないで!何であなたはそんなに無礼なの!
ってミサカはミサカは手をバタつかせて抵抗してみる!」ジタバタ

一方通行「ああァうるせェ・・・いいからさっさと二人で研究所に帰れよ・・・もォ用事ねェんだろ?」


672 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:09:44.93 ID:0DuOfmg9o

打ち止め「あ、あなたが一方通行?はじめまして、ミサカは打ち止めって言います
ってミサカはミサカは礼儀正しく挨拶してみたり!」

一方通行「あァはい、ハジメマシテ。 そしてサヨウナラ」

 そう言いつつ、一方通行は打ち止めと11111号を持ち上げ、玄関からポイと投げ捨てた。

打ち止め「ひどい、ひどすぎるよ!せめてミサカがここにいた理由くらい聞いてくれてもいいのに!
ってミサカはミサカはあんまりな仕打ちに文句を言ってみる!」

11111号「あ、上位個体は誘拐されたんじゃなくて本当に自分の意思でここに来ていたのですね
とミサカは今更ながら一方通行が真実を語っていたのだと認識します」

 ギャーギャーと声を上げながら、打ち止めは再び一方通行の部屋に駆け込む。
それに続いて、彼女を連れ戻すと言う使命を帯びている11111号も部屋に戻ってきた。

一方通行「ハァ・・・わかったよ、理由なら聞いてやるから話したらさっさと帰れよ?」

打ち止め「ありがとう!ってミサカはミサカは優しいあなたに感謝してみる」

11111号「やはり幼女には優しいのですね、さすがロリコン」

一方通行「しね」



673 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:10:12.89 ID:0DuOfmg9o

打ち止め「あのね、ミサカがここに来た理由はあなたに会ってみたかったからなの
ってミサカはミサカは説明してみたり!」

一方通行「・・・ハ?」

打ち止め「だからね、実験を凍結してミサカ達を救ってくれた王子様を一目見たかったの!
ってミサカはミサカは仄かな想いをぶっちゃけてみる!」

一方通行「・・・え、そンだけ?」

11111号「おいこら幼女、お前探すためにどんだけの人員が動員されたかわかってんのか?
とミサカは身勝手な上位個体に凄みます」

打ち止め「うぅ~、でもでもMNW見たら皆この人と遊んで楽しそうにしてたじゃん!
ミサカも一緒に遊びたかったんだもんってミサカはミサカは仲間外れにされたことを悲しんでみたり」

11111号「楽しそう!?楽しそうに遊んでるように見えたの!?一体MNWの何を見てたんだ!?
とミサカは上位個体の脳味噌のお花畑っぷりに驚愕します」

一方通行「おいチビ、今度遊んでやるからとりあえず今日は帰れ。 この後客が来ンだよ」

打ち止め「えー、そんなこと言って体よく追い払うつもりなんじゃないの?ってミサカはミサカは訝しんでみる!


674 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:10:43.72 ID:0DuOfmg9o

11111号「あなたを訪ねてくる物好きなんているんですか?とミサカは素朴な疑問を口にします」

一方通行「うるせェな本当に来るンだよ、テメエ等とと会わせると絶対に面倒な事になるやつが・・・だから、」


「ジャッジメントですの!(キリッ」


一方通行「あァ来ちまった・・・」

 一方通行の説明が終わるより先に、彼と11111号達の間に一人の女性が
決め台詞を叫びながら空間移動で飛び込んできた。

白井「第一位様!白井黒子、只今参上致しました!」

 白井は11111号達に気付かず、彼女達に背を向けたまま一方通行に向かって一礼をする。

11111号「おや、この方は・・・」

11111号(確か変態と名高いお姉様の後輩・・・)

打ち止め「お姉ちゃん誰!?ってミサカはミサカは突然目の前に現れた人にビックリしてみたり!」

一方通行「バカ、話しかけンなお前等」


675 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:11:11.91 ID:0DuOfmg9o

白井「はい?・・・!?」

 そこで初めて自分以外の人間が一方通行の部屋にいることに気付いた彼女は、
声をかけられた方に視線を向けて驚愕の表情を浮かべる。

白井「お姉様何故ここに!?いえ、それだけでなく隣にいるのは何だか小さいお姉様!?
この前の大きいお姉様といい、第一位様はお姉様の栽培でもしてますの!?」

一方通行「落ち着け、そいつは超電磁砲じゃねェ。 つーか栽培って何だよ・・・」

11111号(大きいお姉様・・・番外個体のことでしょうか?ということはこのツインテールが
番外個体を監禁して色々と禁則事項している張本人・・・?)

 重度のミサカコンプレックスをこじらせている白井にとって、目の前の光景は楽園以外の何者でもない。
彼女は恍惚の表情を浮かべながらくるくると回り、やがてピタリと止まると一方通行の前で膝をついた。

白井「第一位様!あの小さいお姉様をわたくしにくださいまし!」

打ち止め「やだ、このお姉ちゃん何か怖い・・・ってミサカはミサカは怯えてみたり・・・」

白井「あぁん!震えてる姿もキュートですの!お持ち帰りしたいですのおおお!!!」

一方通行「イヤ流石にダメだろ・・・倫理的にアウトだ」

白井「えっ」

一方通行「何でそンな貰えて当然だと思ってたみたいな反応してンの?」


676 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:11:38.92 ID:0DuOfmg9o

打ち止め「ミサカはあなたを信じてたよ!ってミサカはミサカはお姉ちゃんの要望を突き返したあなたに感謝してみる!」

 そう言いつつ、一方通行に抱きつこうと駆け寄る打ち止めだったが、
彼の能力にあっさりと反射され、強かに床に尻を打ちつけ悶絶した。

打ち止め「痛ぁーい!ってミサカはミサカはお尻をさすりながら涙目になってみたり」

一方通行「あ、悪ィ」

白井「く・・・ではそちらのゴーグルをかけたお姉様を!」

一方通行「あー、そりゃァ今日のテメエの成果次第だなァ」

11111号「おい何の権限があってこのミサカを勝手に変態に譲り渡そうとしてんだ
とミサカは身勝手な一方通行に憤慨します」

白井「は、はい今日の成果ですのね。 まずはこちらが・・・」

 喋りつつ、白井は懐からメモ帳を取り出し、一方通行に差し出す。

白井「こちらがこの先一週間のお姉様のスケジュールの詳細ですの」

一方通行「おォ、ご苦労」

 そう、彼女は一方通行に御坂の情報を売り渡していた。白井から受け取った情報を元に
一方通行はイヤガラセを実行する。そして彼女はそれに乗じて御坂の部屋に侵入したり、
落ち込む御坂を慰めたりして、彼女との距離を縮めているのだ。ようするにマッチポンプである。
一方通行から番外個体をプレゼントされてからというもの、白井は完全に彼の手駒と成り果てていた。


677 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:12:08.59 ID:0DuOfmg9o

11111号「後輩に売られるとか・・・これは流石にお姉様に同情するわ・・・
とミサカは何も知らないお姉様のことを思い浮かべて切ない気持ちになります」

白井「それで次の情報なのですが・・・」

 白井が再び懐からメモ帳を取り出そうとした時

「そこまでよ!!!!」

白井「あばばばばばば!!!!」ビリビリビリ

叫び声と共に、特大の電撃が彼女を襲った。

「黒子ぉ!最近こそこそしてると思ったら、まさかアンタがコイツと繋がってたなんてねぇ!!」バチバチバチ

 玄関の方から近付いてくる怒号。声の主である少女はその身を怒りに打ち震わせながら
既に意識を失っている白井に更なる電撃を喰らわせた。

白井「」プスプス

一方通行「チッ、まためんどくせェのが出てきやがったなァ
可愛い後輩にいきなり電撃喰らわすなンざ随分ひでェ事しやがるじゃねェか、超電磁砲」


678 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:12:35.04 ID:0DuOfmg9o

御坂「可愛い後輩は先輩を悪人に売り渡したりしないわよ!」

11111号「正論ですね、とミサカはお姉様の肩を持ちます」

打ち止め「これがお姉様・・・?想像してたよりちょっと怖い
ってミサカはミサカは怒り心頭のお姉様に震えてみたり」

御坂「・・・え、何このちっこいの?この子も妹達なの?」

打ち止め「はじめまして、ミサカは・・・」

11111号「ストーップ!」

 御坂に自己紹介をしようとした打ち止めに、11111号が途中で割り込む。

打ち止め「ちょっとなんなの?ってミサカはミサカは割り込んできた11111号をジト目で見てみたり!」

11111号(まぁまぁ、ちょっと面白いことを思いついたのでここはミサカに任せておいてください)

打ち止め(MNW?どうして普通に会話しないの?)

11111号(ククク、見ててください。 お姉様はからかうと面白いのですよ)

打ち止め(??)


679 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:13:05.11 ID:0DuOfmg9o

御坂「ちょっと、この子はなんなの?」

11111号「はい、この子はですね・・・」


11111号「ミサカと一方通行の愛の結晶です、とミサカは顔を赤らめながら衝撃の告白をします」

御坂「」

打ち止め「」

一方通行「なにそれこわい」

打ち止め「え、そうだったの?じゃあ、あなたがパパで11111号がママなの?
ってミサカはミサカは自分の出生に驚愕してみたり!」

11111号「いや何で上位個体まで信じてんですか、あんた培養機から這い出してきたでしょうが
とミサカはボケっぱなしの上位個体につっこみを入れます」

一方通行「冗談でも愛の結晶とか言うのやめて貰えますゥ?マジで気分悪くなって来たンですけどォ」

11111号「こっちの台詞だモヤシが!自分で言ってて吐きそうになったわ!!
お詫びにダッシュでスイーツの一つでも買ってきやがれ!!
とミサカはこの手の冗談に乗れずに童貞丸出しの反応をしている一方通行に逆ギレします」

一方通行「何なのオマエ」


680 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:13:35.48 ID:0DuOfmg9o

11111号「しかしおかしいですね、お姉様が思ったよりも反応をしてくれません、とミサカは残念がります」

打ち止め「ねぇねぇ、お姉様息してないよ・・・ってミサカはミサカはまさかの事態に戦慄してみたり・・・」

11111号「なんですと!?」

一方通行「こンなンでショック死だァ!?笑えねェぞ!!」

打ち止め「お姉様戻ってきて!ってミサカはミサカは最高出力の電撃を浴びせてみる!!」バチバチバチ

御坂「あふっ!」ビクン!

 御坂の身体が激しく痙攣する。いくら打ち止めの電撃が御坂のそれに比べて遥かに出力が低いと言えど
呼吸すら止まっている状態でモロに喰らえばひとたまりもない。
息を吹き返すことには辛うじて成功したが、彼女はそのまま白目を向いて意識を飛ばしてしまった。

打ち止め「テヘッやりすぎちゃったってミサカはミサカは可愛く舌を出して誤魔化してみる!」

11111号「さすが上位個体、末恐ろしい幼女です、とミサカは上位個体のドSっぷりに将来を危惧します」


681 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:14:10.41 ID:0DuOfmg9o

一方通行「まァ、とりあえず息は吹き返したしセーフだろ・・・
目障りだし白黒もろとも外に捨てとくかァ」

 そう言うと、彼は先程11111号と打ち止めを投げ捨てた時と同じように、
黒コゲの白井と御坂をポイっと玄関から投げ捨てた。まさに外道。

打ち止め「これでお客さんはいなくなったしミサカと遊べるね
ってミサカはミサカは期待に満ちた眼差しであなたを見つめてみる!」

一方通行「まさか・・・このガキ、ここまで計算してやがったのか!?」

11111号「イヤイヤそれはねーだろ、とミサカは深読みし過ぎてる一方通行に呆れます」

打ち止め「ねーねー遊んでよー、他のミサカ達とは遊んでるんだからいいでしょー
ってミサカはミサカは駄々をこねてみたり!」

一方通行「・・・ようするに他の妹達と同じ目に会いてェわけだなァ?」

打ち止め「うん!同じように遊んで欲しいの!
ってミサカはミサカは乗り気になってきたあなたに期待の眼差しを向けてみる!」

11111号「おいモヤシ、まさかこんな幼女に・・・」

一方通行「同じようにして欲しいつってンだ、しょうがねェだろォ?」

 しょうがないと言いつつ、一方通行の顔には悪意に満ちた笑顔が張り付いていた。
彼の手が、ゆっくりと打ち止めの頭に向かって伸ばされていく。


682 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 01:14:44.17 ID:0DuOfmg9o

一方通行「動くンじゃねェぞチビ」

打ち止め「何をしてくれるの?ってミサカはミサカは期待で胸がドッキドキ!」

11111号(ご愁傷様です上位個体・・・)

一方通行「よォし完成だ、似合ってるぜェ」ケラケラ

 彼が打ち止めの頭から手をどけると、そこには彼女の身長と同じくらいはあろうかという
超巨大なアホ毛が聳え立っていた。

11111号「oh・・・This way・・・」

打ち止め「うわあああああ何これえええええええ!!」

一方通行「ギャハハハハ!!ちったァ大人の怖さがわかっt」

打ち止め「かっこいい!!!」キラキラ

一方通行「」

11111号「」

打ち止め「スゴイスゴイ、ながーい!ってミサカはミサカは大満足!ちょっと皆に自慢してくるね!」ダッ

一方通行「お、おい!」

11111号「ちょ、待ってください上位個体!!とミサカはイカれたセンスの上位個体を呼び止めます」

 超ド級のアホ毛を装備したまま外に出て行こうとする打ち止めを制止しようとした二人だったが、
彼女はそんな言葉などどこ吹く風と言った様子で元気に部屋から駆け出していった。

一方通行「・・・」

11111号「あー・・・ドンマイ、とミサカは親指を立てて一方通行を慰めます
上位個体を追わなければならないのでミサカもこれで・・・」タッタッ


一方通行「何なンだ、この敗北感は・・・」

 二人を見送った後、一方通行はぐったりとその場に崩れ落ちた。


683 名前:>>1[] 投稿日:2011/01/26(水) 01:17:45.67 ID:0DuOfmg9o
投下終了
打ち止めの超アホ毛姿は勝手に想像してくれ!

あといい加減ネタも出てこないからこのスレはそろそろ終わりな
一旦終了させた後騙し騙し続けてきたがそろそろ限界だぜ

ここまで付き合ってくれてありがとよ またそのうち適当なスレ立てるから、よかったら見てくれ

684 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 01:20:54.43 ID:Y+Pzo+hAo
打ち止めが出て来たしこっからだな!と思ったら終わりかよ!
ていうか無邪気な打ち止め可愛すぎるだろ

おつかれ

685 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 01:27:46.73 ID:g8bKXfds0
実に良かった
またいつか貴方に会いたい

686 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 01:40:29.09 ID:mj2P4+vZo
やっぱり打ち止めには敵わないんだね一方さんww
>>1おつかれー!楽しかったぜ

688 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:02:01.11 ID:Cz5ar+nyo
やはり対一方さん最終兵器は打ち止めだったのか


690 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:31:37.36 ID:j66yGLBXo
          ミ\            _,,-‐'' ̄`''- 、,_  /彡
          ミ  \         /:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ/  彡
           ミ  \       |:::::::::/     /  彡
            ミ   \     |::::::::::|     /   彡
             ミ   \   |::::::::/   /   彡
              ミ    \  |::::|  /   彡
               \    \ |::::| /   /
   ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ||::||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡
    ミ____        \  |.|::::|.| /        ____彡
          / ̄ ̄\|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i|/ ̄ ̄\
         /   / ̄|               || ̄\.   \
       /   /   |〕   帝凍庫クン   .||   ´\   \
      /    │   ..|              ||    |     \
    /    /│    |___________j|    |\.     \
    彡   /  │  ./..|   -―- 、__,        |ト、  | ´\    ミ
     彡/   │ ../ |   '叨¨ヽ   `ー-、  || \ |    \ ミ
           │ / ..|〕   ` ー    /叨¨)  ..||   \|     
   r、       |/   !         ヽ,     || \  \      ,、
    ) `ー''"´ ̄ ̄   / |    `ヽ.___´,      j.| ミ \   ̄` ー‐'´ (_
とニ二ゝソ____/ 彡..|       `ニ´      i|  ミ |\____(、,二つ
            |  彡...|´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`i| ミ |
            \彡 |               .|| ミ/
                     |〕 常識は通用しねぇ  ||
                 |             ..||
                |:::::::::::::::::::::::       /
                 |:::::::::::::::::::::::::::::   /
                 `|:::::::::::::::::::::::   /
.                  |::::::::::::::::::::::::: ノ         
.                    マ::::::::::::::::::::/_,,-‐'' ̄`''- 、,
        .            \:::::::::::::://:::::::::::::::::__;;;;;;;;;`ヽ
                     |:::::::::::/ /:::::::::::/    `''ヾ、 
                     |::::::::/|/::::::/         ヽ     
.             .-'"´ `丶、 ):::::|/::::::ノ
.            / .::::::::::::::::::::::\|::::|::::::/
           /.::::::::/  ̄` 丶、l::::::::リ
           l:::::::/         マト/ __,. --──一ァ    ┌‐┐
           |::::::l        -‐ヽ\::/:: :: :: :: ::<´__        ノ
            \_ヽ      , ::´:: ::/: :: :: \:: ヽ:: :: :: :: `::<
                 /:: :: :: :: :: :: ::: :: :: :: :: :: :: ::、 : 寸=一   _|_
              _,ィ彡 :: :: ::′:: :: :: :: :: :: :ヽ:: :ト、:: ;ハ    /|
              ̄ ̄/:: :: :: :: |:: :: :: :/ :/ヽ::.::.Ⅳハ ∨: ∧
               / : :: :: :: :;|: :: :::/|:7 .i :: :| マ:}`.V:: ::.i    |
              / : :: :: :: r‐く|:: ::./ .l/__ | :: :|__N  }: ト::|    |
             ー─一ァ:: ::{⌒)! ::/ ,ィf卞ト |/l/{灯iヽ/!:ノ リ    |
                 厶イ人ゝj / 圦:::ツ   {:::ツ }ルヘ{
                 > 笊 j/:;ゝx:x   _'  x:x丿
           *   /   :||: : ': : :> ._(_ノ_,. イ }   *
                     /   .: :||: : :_ : /´ノ // : : /
               /   .: :: ||: : : : : : : : : //;ノ: ./
          *  /   . :/: }`ー──一' 》': : :/
       ., .,.    , ′ . : :/=≠辷=ニ二ニ=彳:.:../
           ,   . : : /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :;イ.: : {__
       :;.   〈    ̄ ` ー- ::_;: -─‐ 寸.:/、 i i ト、   ':,':,':,
            `,ー-.. .. ..____,.、ヽヽヽ}⌒ー'ーヘ′
           /:; :: :: :: :/: : . .     `┴┴ヘ: : : : .  } ゛"
       : ; : /: {:: ::_::_;:′: : : : : .      }: : : : ノ  、,、,   ゛"゛  .;:;:;:;.
         厶:: :;イ: : : : : : : _: : : -‐: . .  /: ;. <:、:、
              ゝ-: -‐: ´: : : : : :_:x≦=‐ "゛  ゛゙゛゙  .,.,.,.,.  "゛"゛
             ム: : : :Tニて:´: : 〔_
             三迅 : : マニニ}: : : :マニニ__   .;:;:;.
           三王存 : : : 迂迅、:、:、マ≡ニ=         凹_i_i_凹
          =三王企zzzz生 企企企三二     ,、,、    ┌ヘ_}┐ )))  俺何やってるんだろ…

691 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:33:13.36 ID:cF1cOMcQo
メカッコイイ……(///)

692 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:39:14.38 ID:SSTcQOIlo
カニかっこいい///

693 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 03:30:01.48 ID:gIGxW2c4o
深夜にリアルに吹いたじゃねぇかwwwwwwww

694 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 03:46:30.95 ID:UzR7GK1Xo
ベクトル操作は無限の可能性だな・・・

698 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 07:13:39.58 ID:10I5ig+yo
実は俺、最初にこのスレタイ見た時には「イヤだ」のセリフと共に相手の指をへし折るような一方さんを想像してたんだ……

699 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 07:15:30.22 ID:SSTcQOIlo
俺も実は最初にこのスレタイ見た時上条さん相手に遠距離攻撃連発す……あれ、間違ってねぇや

705 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:07:07.76 ID:HWD8OsAAO
乙でした

いやあ素晴らしいAAにあふれたスレでしたねwwww

706 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:10:16.97 ID:+06s+7l5o
NIPの80行仕様がこんなところで活かされるとはwwww

707 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:11:50.01 ID:0DuOfmg9o

一方通行「もォ見てる人もほとんどいないだろォし、唐突ですが『裏話、没ネタ大公開』のコーナーでェす」

11111号「その名の通り『本当はこうするつもりだった』『こんなネタも考えてた』
というぶっちゃけトークをするコーナーです。完全な蛇足かつメタ発言のオンパレードなので
苦手な方は回れ右をしてください、とミサカは説明します」

一方通行「今から話す没ネタ等が今後この作者の他SSで使われるかも知れませンが、
そン時は生暖かく見守ってください」

11111号「もし見かけたら罵って上げてください、喜びます、とミサカは作者の性癖に頭を抱えます」

一方通行「罵れなンて言うンじゃねェよ!偶々ネタが被った別の作者だったらどうすンだ!」

11111号「SS書いてる人なんて程度の差はあれ皆変態なんだから問題ねえだろ
とミサカは溜息混じりに言い放ちます」

一方通行「11111号さァァン!?いきなり超問題発言してますよォォォ!!」

絹旗「『超』と聞いて超やってまいりました」

11111号「おぉっと皆大好きモアイちゃんですね、とミサカはわざとらしく彼女の名前を間違えます」

一方通行「どこ行っても人気だよなァ、世の中ロリコン多すぎだろォ・・・」

11111号「お前もな(笑)」

一方通行「しね」


708 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:12:24.30 ID:0DuOfmg9o

11111号「さてこの超モアイちゃんなのですが実はもっと出番が与えられる予定でした、
とミサカはさっそく裏話を公開します」

絹旗「超当初は一方通行の手によって、ただでさえ超ギリギリのワンピースの丈を
超気付かないほど微妙に上げられてしまいパンチラを超晒しまくってしまう、というネタが存在しましたね」

11111号「他にも対策会議に参加したり第二位とフラグが立ちかけたり、
という結構重要なポジションも用意されていたのですが・・・」

一方通行「ただ絹旗と俺が絡むことになると、どォしても暗闇の五月計画がついて回るからなァ
その辺どォするか考えてたら無駄にシリアスな方向に行きそうだったから
結局お互い素性も事情も知らない状況でしか会えませンでした」

絹旗「不幸です!超不幸です!超薄幸の美少女です!」

一方通行「つってもフレンダやら滝壺やらよりは随分マシだろォ」

11111号「あっちは最初から出番考えられてませんでしたからね、とミサカは同意します」

絹旗「そういえば浜面も超ネタにされる予定だったんですよね?」

一方通行「そうそう、浜面クンも俺のイヤガラセの標的にはるはずだったンだよ」

11111号「確か、一方通行が唐突に浜面氏の服を引ん剥くと、彼は何故か第四位の下着を身につけていた
とかいう感じのネタでしたよね、とミサカは確認します」

絹旗「どう転んでも浜面が超虐殺されることにしかならないから没になったんですよね」

一方通行「今思えば浜面も三下と同じく死ンでは蘇る不死身設定でよかったかもなァ」


709 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:13:00.53 ID:0DuOfmg9o

―――――――――――――――――――――

11111号「さて次の没ネタなのですが、実はこのミサカがアレイスターとつながっている
などというぶっ飛んだネタもありました、とミサカは暴露します」

一方通行「11111号が俺に対してイヤガラセしたり挑発したりすンのはアレイスターからの指示で
その目的は俺を精神的に追い詰めて能力進化させるため、ってとンでも設定でしたァ」

11111号「>>437辺りでぶち切れて黒翼を出す一方通行の姿を見届けた時点でミサカのお仕事は終了、
その後一方通行からの復讐と情報の漏洩を避けるためにアレイスターの指示で
ミサカはヨーロッパ方面に逃走するという壮大な計画がありました、とミサカは投げやりすぎな設定にげんなりします」

一方通行「ちなみに俺は当然それを追いかけてヨーロッパ上陸、魔術師編が開始されるって流れも考えてたンだぜ」

11111号「一方通行はバチカンで同じ趣味を持つフィアンマ氏と遭遇、意気投合して大暴れ、という予定でしたねぇ
とミサカは最初に浮かんだプロットを懐かしみます」

一方通行「ローマでの主な被害者は前方のバナナさンの予定でしたァ」

11111号「敵意ではなく悪意を向けているため天罰術式は通用しません、という理屈でしたね、とミサカは思い出します」

一方通行「書かれなかった理由は話が広がりすぎて書ききる自信がなかったってのと
作者が魔術をあンまり理解できてなかったからというお粗末なもンです」

11111号「もし新しくスレが立つとしたら『フィアンマ「断る」』とかになるんでしょうかね
とミサカは推測します」

一方通行「冗談じゃねェ、とてもじゃねェが書き切れねェよ。 誰か代わりに書いてくれ」



710 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:13:28.03 ID:0DuOfmg9o
―――――――――――――――――――――


11111号「さて次の話題ですが、このSS屈指の見所である『熱膨張って知ってるか?』に関してです
とミサカは解説します」

一方通行「本編では両手両足ついでに股間を拘束されてなす術も無くぶっ飛ばされた三下さンでしたがァ」

11111号「初期段階では股間の幻想殺しから純白の竜王の顎を放つ予定でしたね
そんで一方通行の顔面に直撃、キレた一方通行が黒翼を発して全員虐殺ENDという流れも有り得たんですよね
とミサカは恐ろしいバッドエンドを思い浮かべ身震いします」

一方通行「書いてる途中で気持ち悪くなってきたし、その先のネタも思い浮かンできたから結局お蔵入りになりましたァ」

11111号「バッドエンドといえば、本格的な欝エンドも用意されてたんですよね
とミサカは思い出します」

一方通行「あァ、結局俺が学園都市の暗部に抗い切れなくて実験開始しちゃうエンドな」

11111号「上位個体を通した命令で、妹達は近いうちにとんでもない苦痛をともなう
生物の尊厳すら無視した無残な死を迎えてしまう。それを阻止するために一方通行は実験の開始を決意する・・・
という欝ストーリーでしたね、とミサカはとんでもない展開に怯えます」

一方通行「誰も特しねェよなァ・・・ラストシーンは俺が11111号を抱きしめながら殺すっていう
これまたとんでもない欝展開が考えられてたンだと」

11111号「>>537の『嘘でも冗談でも~』辺りの件はそもそも
その欝エンドのために考えられてた台詞でしたからね、とミサカはぶっちゃけます」

一方通行「本来この作者は欝展開好きだからなァ、ギャグで終われてよかったですねェ」


711 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:13:59.67 ID:0DuOfmg9o
―――――――――――――――――――――

11111号「そういえばハワイアンこと初春氏が出てきませんでしたね、微妙に登場フラグ立ってたのに
とミサカは>>507~周辺の書き込みを思い出します」

一方通行「いやァ割と真面目に登場考えてたンだけどよォ、花畑登場させたら
その後キチガイなハワイアンAAで埋め尽くされるのが目に見えてたから見送ったンだわ」

11111号「個人的にはマジキチなハワイアンのAA大好きなんですがね、とミサカは作者の気持ちを代弁します」

一方通行「リアルに気持ち悪いから苦手な人も多いだろォしなァ」

11111号「他にも、土御門氏なんかも登場予定でしたよね
とミサカはちょい役でしか登場できなかった彼を不憫に思います」

一方通行「アレイスターの指示で実験を開始させるために俺と接触、それが原因で俺に目を付けられるって設定だったよなァ」

11111号「その後、女装した一方通行に迫られ、義妹の舞夏さんとの関係を滅茶苦茶にされる
という流れでしたね、とミサカは一方通行の女装を思い浮かべて額を押さえます。気持ち悪ぅ・・・」

一方通行「イヤガラセの為ならなンでもやりますよォ」


712 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:14:26.21 ID:0DuOfmg9o
―――――――――――――――――――――

一方通行「さて、次はジャッジメントですのに関してですがァ」

11111号「本来もうちょっとまともな突っ込み役になるはずだったんですよね
どうしてああなった・・・とミサカは白井氏の変態っぷりにドン引きします」

一方通行「なっちまったもンはしょうがねェってことで終盤は番外個体との絡みとか
書こうと思ってたンだよ」


番外個体「うひゃひゃひゃひゃ!ほら、どうして欲しいのか言ってごらんよ!」

白井「欲しい・・・欲しいんですの・・・」

番外個体「何が欲しいのか言ってごらんよ、はっきり言わないとやめちゃうよ?」

白井「大きいお姉様の!大きいお姉様の電撃が欲しいんですのおおおお!!!」

番外個体「あひゃひゃひゃ!電撃喰らって喜ぶなんてとんだ変態雌豚だね!!
望み通りたくさんあげるよ!!」バチバチバチ

白井「ですのおおおおお!!!!」ビリビリ


11111号「とまぁこんな感じで番外個体と白井氏の立場を逆転させる予定もありましたねぇ
とミサカは新しい喜びに目覚めた番外個体を思い浮かべホロリとします」

一方通行「そのシーンを俺が録画して超電磁砲に見せ付けてトラウマ植えつける
って流れも考えてたンだよな」

11111号「お姉様精神崩壊まっしぐらでしたねぇ、とミサカは合掌します」

一方通行「番外個体は他にも、ちょっと流れが違ったら終盤の11111号みたいな
俺の悪友的ポジションになってた可能性もあったンだよ」

11111号「このミサカのキャラが濃すぎたのと、最近一方通行と番外個体のラブラブなSSが多いから
ちょっとアプローチを変えてみるか、というどうでもいい理由で彼女はフルボッコにされることになったんでしたね
とミサカは不憫な番外個体に同情します」

一方通行「あンな性悪願い下げだァ」


713 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2011/01/26(水) 21:14:54.15 ID:0DuOfmg9o
―――――――――――――――――――――
一方通行「裏話もこンなもンにしとくか、あンまり話しすぎると次のSSのネタが無くなっちまうからなァ」

11111号「いやしかし、こんなに長々とSS書いたのは久しぶりでしたねぇ
とミサカは一仕事終えていい汗かいた作者を労います」

一方通行「禁書系ではこンだけ長く書いたのは始めてだなァ」

11111号「ここまで読んで下さってありがとうございましたまた適当なSSでお会いしましょう
とミサカは当たり障りのない挨拶で締めくくります」

一方通行「まァ次も多分ギャグSSだろォなァ、欝ストーリーは誰も望ンでねェだろォし」

11111号「真面目にシリアス物書いてるはずなのに、上条氏が股間で銃弾を受け止めながら
『熱膨張って知ってるか?』とか言い出しますからねぇ
とミサカは根本的にシリアス物が書けない作者を哀れみます」

一方通行「つーわけで本当にこのスレは終わりでェす、また何処かでお会いしましょう。 次はAAもっと頑張るぜェ」


END


714 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:18:27.06 ID:gIGxW2c4o
乙~ 次回も期待物だなwwww

715 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:26:23.59 ID:gFbSxKYio
美琴と麦野の初めて受けた嫌がらせの話って結局したっけ?

716 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:27:25.48 ID:0DuOfmg9o
>>710の
11111号「>>537の『嘘でも冗談でも~』辺りの件はそもそも
その欝エンドのために考えられてた台詞でしたからね、とミサカはぶっちゃけます」

は>>537じゃなくて>>531でした。最後の最後までミスしてサーセンwwwwwwwwwwwwwwww


717 名前:>>1[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:30:27.76 ID:0DuOfmg9o
>>715

一方通行「それは多分今後別のSSで活かされることになりまァす」

11111号「概要だけ説明すると、お姉様は絶対能力進化を止めるために研究所に乗り込んだ先で一方通行に遭遇
麦野さんは原作通りお姉様を阻止するために研究所の護衛をしてた所に一方通行が現れる、という感じでしたね
とミサカは解説します」

718 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2011/01/26(水) 21:33:24.39 ID:dvliA0nDO
裏話乙
こういうのも新鮮でいいなwwwwwwww
しかしこれで本当に終わりか、楽しみが減ってしまうな

719 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 21:43:07.79 ID:z/p15mxmo
乙乙

最初から最後まで楽しめたぜ


724 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 05:02:56.88 ID:nU7j7muAO
乙!面白かった!













とある魔術の禁書目録 一方通行 Tシャツ ブラック サイズ:Lとある魔術の禁書目録 一方通行 Tシャツ ブラック サイズ:L
(2010/06/26)
コスパ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2011年02月06日 22:56 |
  2. 禁書SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

AAの破壊力wwww
  1. 2011/02/07(月) 13:39:41 |
  2. URL |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

普通に面白かった

フィアンマのもみたいな
  1. 2011/02/08(火) 07:47:23 |
  2. URL |
  3.   #4DOcPobI
  4. [ 編集 ]

一方通行「かまってかまって欲しいの~www」
  1. 2011/02/10(木) 05:02:50 |
  2. URL |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tekitouvip.blog107.fc2.com/tb.php/628-ad89c6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。