FC2ブログ

てきとうVIP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ケンシロウ「世紀末からもう12年か」


前 
ケンシロウ「世紀末に2000年も含まれるのかぁ」
ケンシロウ「世紀末からあと3ヶ月で12年か」
ケンシロウ「世紀末からもう11年か」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:23:45.13 ID:n0C9vJfPO
199X年

世界は核の炎に包まれた!

海は涸れ地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかに見えた!

だが―



ケンシロウ「やべーって! マジで外寒い!」スパン

トキ「コタツから出たら死んでしまうな」

ケンシロウ「世紀末より冬の寒さの方がキツいよな」

トキ「確かに」




トキ「そういえば雪掻きに行ったジャギは?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:33:03.19 ID:n0C9vJfPO
ケンシロウ「うーさむさむ」ゴソ


ケンシロウ「…ラオウ、少し足をたたんでくれ。コタツに入れない」

ラオウ「断る。お前が太腿まで入れるには、俺が足首まで出なければならぬ」

ケンシロウ「お前がデカいのが悪い」

ラオウ「…」ゴゴゴ

ケンシロウ「…」ゴゴゴ



ケンシロウ「寒いからまた今度にしないか」ゴソゴソ

ラオウ「…仕方ない」ギュウギュウ

トキ「せまっ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:38:55.80 ID:n0C9vJfPO
ラオウ「狭いぞ愚弟」グイグイ

ケンシロウ「少しは遠慮しろ凶暴星」ギュウギュウ

トキ「なんで私を挟むように座るんだ!?」メリメリッ

ラオウ「うぬぬぬ…」グググ

ケンシロウ「ぬおおお…」グググ

トキ「アアア―!」☆

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:42:52.98 ID:n0C9vJfPO
ガラガラ スパン

シン「おい、ジャギが表で…」

ラオウ「ふんんんッ」ギュウウ

ケンシロウ「ぬあああッ」ギュウウ

トキ「――――!」☆

シン「あ」

トキ(助けて!)☆

シン(無理!)



トキ「ちにゃっ!」★

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:46:19.22 ID:n0C9vJfPO
シン「全く、お前ら大晦日ぐらい静かに過ごせないのか?」


トキ「」★圧死

ジャギ「」★凍死


ケンシロウ「むしろ静かすぎるかと」

シン「そういう事を言ってるんじゃない馬鹿野郎」

ラオウ「あの格好で雪掻きに出たジャギについては知らぬ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:52:00.70 ID:n0C9vJfPO
ケンシロウ「ところで、シンは何しに来たんだ?」

シン「お前…つくづく駄目人間だな」

ケンシロウ「はぁ」

ガラガラ

ユリア「お待たせー。鍋の材料買ってきたよー」


トキ「」★

ジャギ「」★


ユリア「ケン…そこまで意地汚いとは思ってなかったわ」

ケンシロウ「誤解だ」

シン「前科があるから仕方ないけどな」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 20:58:43.34 ID:n0C9vJfPO
ケンシロウ「そうだ、大晦日はみんなで鍋をしようと約束してたんだった」

シン「ユリア、いいのか? こいつ大事な約束を忘れやがってたぞ」

ユリア「慣れた」

ユリア「でもトキさん達の分の食材はどうしよう」

ラオウ「とりあえず作るだけ作ってしまえ」

ケンシロウ「残る心配はいらないからな!」

ゴチンッ

ケンシロウ「トキ達ならほっときゃその内生き返るから大丈夫」プクー

ゴチンッ

ケンシロウ「別鍋にしようか」プクプクー

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:06:03.32 ID:n0C9vJfPO


ラオウ「受けてみい! 我が全霊の春菊を!!」ゴオッ

ケンシロウ「俺に春菊は要らないッ!」ゴッ

ユリア「駄目、食べなさい」ヒョイ

ケンシロウ「あ! 俺の取り皿に!?」

ラオウ「ジョイヤッ」ヒュッ

ケンシロウ「モガッ」




ケンシロウ「北斗の先人達よ……」ガクッ☆

ユリア「好き嫌いで死ぬ人はいません」グイッ

ケンシロウ「モガッ!?」ビクンッビクンッ★

シン(うらやましい)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:13:20.63 ID:n0C9vJfPO
トキ「……はっ!?」

ラオウ「ぬ、生き返ったか」

トキ「なんか…狩場にいる夢を見た気がする」

ラオウ「それはマックの二階だ」

トキ「それだ! …って」

ケンシロウ「」★

ニア しゅんぎく

トキ「…なにこれ」

ラオウ「愛に生きた結果だ」

ユリア「失礼しちゃうわよっ」

シン(うらやましい)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:17:27.83 ID:n0C9vJfPO
トキ「イテテ、しかし今回復活早かったなぁ」

ユリア「手当てが早かったからですね」

トキ「そうなのか、ありがとう」

ラオウ(オロナイン塗っただけだけどな)


トキ「そういえば…ジャギは?」

シン「ジャギ?」

ユリア「ジャギさん?」




シン「まずい!」

ユリア「お湯出しっぱなしだった!」

トキ「はぁ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:20:35.61 ID:n0C9vJfPO
ジャー…

シン「うわっ 溢れてる!」チャパッ

キュッキュッ

シン「ユリア、俺、開けたくない」

ユリア「……シン、今頼れるのはあなただけなの」

シン「! 南無三!」


ガパッ


ジャギ「」プカァ★

シン「……うわぁ」

ユリア「ふやけてる…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:31:33.87 ID:n0C9vJfPO


ガラガラ

レイ「お邪魔します」スパン

マミヤ「遅れてごめんなさいね」

トキ「いらっしゃい」

レイ「あれ、俺達が最後か」

ユリア「先始めちゃってたわ、ごめんなさい」

マミヤ「いえいえ」

アイリ「あのー」

ユリア「なに?」

アイリ「ジャギさんは?」




シン「今脱水中だ」

アイリ「…脱水?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:39:12.77 ID:n0C9vJfPO
グァガガガガガガガガガガ

ジャギ「」グルングルンッ★

アイリ「」

シン「あと5分で脱水終わるから年明けまでには間に合うだろ」



アイリ「ふぅ…」クラッ

ユリア「おっと!?」ハシッ

シン「まずかったかな」

ユリア「うん」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:45:37.70 ID:n0C9vJfPO
ケンシロウ「はっ!?」

レイ「気が付いたか」

ケンシロウ「ラオウ!!」バッ

ラオウ「なんだ」


ケンシロウ「貴様に春菊を食わせる為、地獄から舞い戻ってきたぜ!」ビッ


レイ「邪魔だ」バキッ

ラオウ「ガキ使が見えぬ」ドカッ

マミヤ「さっさと退きな!」ビシッ

トキ「有情破顔拳!」ズビャッ

ケンシロウ「ぶべぇ!」ズザァァッ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/31(金) 21:53:31.24 ID:Qtvb8FN80
笑ってはいけない的な意味で破顔なのか

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 21:58:35.85 ID:n0C9vJfPO
……

ジャギ「…ここは?」

ジャギ「イテッ!? なんだ!? 狭ッ!?」

ジャギ「だ、誰かー!!」ガタガタ


デデーン

ハマダー マツモト アウトー

ユリア「…フフフッ」

ケンシロウ「ユリアはなんで浜田と同じタイミングで笑うんだよ」

トキ「プフッ Sだからだろ」

ユリア「フフッ ちがっ」

ラオウ「絶対Sだな」

マミヤ「ラオウ、少しぐらい笑ったら?」

シン「いや、さっき爆笑してたぞ」

マミヤ「えっ」

トキ「素人には見分けつかないかもなぁ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:12:42.27 ID:Z9BQYDDM0
ラオウに口出しするマミヤなんて原作ではありえないな

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:13:09.74 ID:n0C9vJfPO
ジャギ「寒い! 寒いし狭い!」

ジャギ「なんとか脱出しないと本当に凍え死んでしまう…」ガタガタ

ジャギ「ここばどこなんだ…何故俺は裸なんだ…」



レイ「このコントローラー壊れてないか?」ガチャガチャ

ケンシロウ「ラオウがコーナリングの度に思い切り倒すからな」

ラオウ「うぬもひとの事言えぬだろ」

ピシャゴローン

シン「ああ!? 誰だサンダー使ったのは!」

マミヤ「サンダーなんて使って恥ずかしくないの?」

ユリア「汚いわさすがキノピオきたない」

トキ(えっ 何この空気)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:18:28.29 ID:cJS/S+0D0
サンダー使うやつは心が狭い
この>>1絶対ブロンティストだろ・・

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:19:32.90 ID:n0C9vJfPO
アイリ「…うーん」

レイ「お、気が付いたか」

アイリ「おね……お兄ちゃん」

レイ「…」

ラオウ「うぬもマリオカートやるか?」

アイリ「…」

レイ「ふむ、顔でも洗ってきたらどうだ?」

アイリ「うん」



マミヤ「さっさと退かないとふっとばすわよ!」ガチャガチャ

ケンシロウ「げぇ! 死兆星!?」ガチャガチャ

シン「スターって言えよ」カチャカチャ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:24:52.28 ID:n0C9vJfPO
ジャー バシャバシャ

アイリ「はぁ……」

アイリ「せっかくおめかししてきたのに…」

アイリ「…グスッ」


ピキーンッ


アイリ「えっ」

洗濯機「ばわっ!」バギャッ

ジャギ「いてぇ!?」バタッ

ジャギ「つつ……ああ!? 洗濯機が…」ガクッ

アイリ「ジャギ…さん?」

ジャギ「アイリ……? ってうわ!?」バッ

アイリ「みてません」カァァ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:36:14.56 ID:n0C9vJfPO
ジャギ「と、とりあえず服着るから外出ててくれ」

アイリ「あ、私持ってくるよ」

ジャギ「ああ…ありがとう」

アイリ「あと、体冷えてるみたいだしお風呂も入り直した方がいいよ」ガラガラ

ジャギ「ああ、そうする」



アイリ「ジャギさん……逞しかったなぁ」カァァ




ユリア「汚物は消毒だぁー!!」ポチポチ

シン「ユリァァァアア!!」ガチャガチャ

ラオウ「崖っぷちでクッパブレスとは」

ケンシロウ「汚いなさすがユリアきたない」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:41:26.92 ID:n0C9vJfPO
ジャギ「お待たせ」

アイリ「あ、ちょっと待って」

ジャギ「ん?」

アイリ「さっき顔洗ったらお化粧が…」

ジャギ「アイリ…」

ジャギ「アイリは化粧なんかしなくても十分綺麗だよ」

アイリ「ジャギさん…」ドキッ





ケンシロウ「思いのほかシンの自殺点が少ないな」

シン「何言ってんだお前」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:46:03.45 ID:adqFu5+tO
ジャギ△

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/31(金) 22:48:14.16 ID:70Uh3Fbi0
ジャギイケメンか

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 22:51:45.78 ID:n0C9vJfPO
ジャギ「さて、せっかく二人きりになったし、二年参りにでも行くか」

アイリ「うん!」

ジャギ「今年こそ凶以外を引くぞぉ」

アイリ「私と一緒だもん、絶対大吉よ!」ギュッ

ジャギ「…そうだな!」

ガラッ

アミバ「めりくり」

ジャギ「うわ!? びっくりした!」

アミバ「俺の計算によると、お前が今回引くのは暗黒大魔凶だ!」

ジャギ「人んちの玄関先で何やってんだよ! つかさらっと不吉な事言うな!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:01:23.21 ID:n0C9vJfPO
アミバ「そこで! 俺様が開発したこの御守りの登場だ!」

ジャギ「いらん。ピラミッドパワーとか俺は信じないからな」

アミバ「ピラミッドではない。よく見ろ」

アイリ「…本当だ、聖帝十字稜だ」

ジャギ「尚更いらん」

アミバ「間違ったかな?」

ジャギ「需要がなさすぎる。用がないなら帰ってくれ」

アミバ「いいのか? アイリクンにも不幸が及ぶぞ」

ジャギ「…おれ

アイリ「ジャギさんの不幸は私の不幸です。どんな険しい道でも、一緒に歩んでいきます」

ジャギ「アイリ…」

アミバ「なるほど、いい覚悟をしている。」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:06:34.77 ID:n0C9vJfPO
アミバ「さらばだ、よい年を迎えるがいい!」ダダダ

ジャギ「…はぁ」

アイリ「溜め息!」ピッ

ジャギ「っ 悪い」

アイリ「さっ、行こう……ってジャギさん、それ」

ジャギ「ん? 十字稜ネックレス!?」チャラ

アイリ「案外いい人かもね」

ジャギ「そ………いや、やっぱ考えさせて」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:09:40.65 ID:n0C9vJfPO
ガラガラピシャン



ケンシロウ「うまくいったな」

ラオウ「うむ」

シン「あたかも計算通りみたいに言うな」

ユリア「ウチのもあれぐらいムードがあればなぁ」

マミヤ「ねー」

ケンシロウ「…」

レイ「マ、マミヤ!?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:15:03.16 ID:n0C9vJfPO
………

リハク「もーぉすーぐ新年だ酒が飲めるぞー!」

ヒューイ・シュレン「酒が飲める飲めるぞー酒が飲めるぞー!」

リハク「グビグビッ ぶはー!」

ヒューイ「お! さすが親分! いい飲みっぷり!」

シュレン「お前もグイッといけよジュウザ!」




シュレン「……あ」

ヒューイ「兄貴、ジュウザは…」

シュレン「…悪い」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:20:56.28 ID:n0C9vJfPO
フドウ「…なぁ、私達はこのままでいいのか?」

シュレン「何がだよ」

フドウ「私達は…志を共に戦った仲間じゃないのか?」

シュレン「それは…ジュウザがホームレスの真似事を」

フドウ「乞食とは志を共にできぬと?」

シュレン「だってそうだろ!? いつもゴミを漁って、カラスと残飯を取り合う奴となんか…」

フドウ「ならば私も人殺しの外道だ」

シュレン「…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:28:23.09 ID:n0C9vJfPO
ヒューイ「フドウの旦那は更正して立派に生きてるじゃないですか!」

フドウ「かもしれん。だが我々は誰の為に戦っていたのだ?」

シュレン「それはもちろん、ユリア様の為…」

リハク「そう、ユリア様の為だ」

リハク「我々はユリア様の為、5人力を一つにして戦うと誓った」

リハク「しかし今はどうだ…ただの仲良し集団ではないか」

シュレン「リハク!」ガタッ

ヒューイ「兄貴!」ガシッ

シュレン「俺達のどこがただの仲良し集団だって!?」メラッ

ヒューイ「あちっ!? 兄貴燃えてるって!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:33:55.02 ID:n0C9vJfPO
リハク「では、ここ数年お主らが何をしてたか言うてみい!」

リハク「儂を含め、皆己の生活で手一杯だった筈だ…」

ヒューイ「…」

フドウ「…」

シュレン「…ッ」

リハク「生活を捨て、ユリア様の(家の近所の公園の)傍に常に居て、真に独り戦い続けていたのは……ジュウザではないか?」

ヒューイ「…」

シュレン「…」

フドウ「…そうだ、ジュウザ一人だ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:39:55.19 ID:n0C9vJfPO
フドウ「ジュウザは私達の中で一番強い。にも関わらず、常に自分を追い込み脅威に備えていた」

シュレン「知ってるよ」


シュレン「知ってるからこそ…気に食わなかったんだ。 かっこつけやがって…」

ヒューイ「兄貴…」

フドウ「みんな、ジュウザに謝ろう。来年からまた、南斗五車星5人で頑張ろうじゃないか!」

リハク「そうだな、儂も我が身可愛さに随分酷い事をした」

シュレン「…」

ヒューイ「ほら、兄貴」

シュレン「…はぁ、わかったよ!」

フドウ「フフ」

シュレン「…」クシクシ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:44:41.29 ID:n0C9vJfPO
ガラガラ

ジャギ「お、なんだ五車星じゃねーか」

ヒューイ「あ、ジャギさん」

シュレン「悪い、急いでるんでまた年明けに」

アイリ「急ぎ?」

リハク「ちょっとジュウザを探しててな」

ジャギ「…何でよりによってジュウザなんだ」

フドウ「何か知ってるのか?」

ジャギ「ジュウザなら山で冬眠中だと思うぞ」

ヒューイ(…冬眠?)

シュレン「ありがとう! よいお年を!」ダダッ

アイリ「よいお年をー」フリフリ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:50:18.41 ID:n0C9vJfPO
……

ヒューイ「ジュウザさーん!」

シュレン「ジュウザー!!」

リハク「どこだー!!」

フドウ「ジュウザ!出てきてくれー!!」


ズスゥンッ


シュレン「なっ!?」

ヒューイ「山が!?」

ゴゴゴゴゴ……ッ


フドウ「ぐうぅ……!?」



ジュウザ「■■■■■■■■■■」ズガガガッ

リハク・フドウ・ヒューイ「」

シュレン「いつから山のジュウザになったんだよ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/31(金) 23:57:14.95 ID:n0C9vJfPO


ゴーン ゴーン

ラオウ「除夜の鐘か」

トキ「いよいよ今年も終わりだな」

マミヤ「今年一年、ありがとうございました」

レイ「来年もよろしく」


ゴーンゴーンゴーン


ユリア「…やけに除夜の鐘早くない?」

ケンシロウ「確かに早いな」





サウザー「愛などいらぬッ! 愛などいらぬッ!」ゴーンゴーン

サウザー「退かぬ!媚びぬ!省みぬッ!」ゴーンゴーンゴーン

スキンヘッド「ちょっと!? 困ります!」

57 名前: 【大吉】 【590円】 [sage] 投稿日:2011/01/01(土) 00:28:28.88 ID:GYknKhFi0
あけましておめでとう

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:30:04.31 ID:g4ufH1LTO


ユリア「じゃあ元朝参りに行きましょうか」

ケンシロウ「え、寒いしやだ」

ユリア「…」

ケンシロウ「いだいいだいいだい」ギュウウ

ユリア「みんなも行く?」

マミヤ「行くー」

レイ「行く」

シン「せっかくだし」

ラオウ「面倒だ」

ユリア「あなたは就職祈願するの!」

ラオウ「むう…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:34:42.97 ID:g4ufH1LTO
トキ「いってらっしゃい」

ユリア「御守りと破魔矢買ってきますからー」

ガラガラピシャン

トキ「…行ったか」


トキ「これで心置きなくナーナの晴れ姿が見れる!」ピッ

トキ「やばい、テンション上がってきた」ピピッ



トキ「……………何だこの烏合の衆は」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:41:51.57 ID:g4ufH1LTO
トキ「はぁぁぁぁ…超やる気なくなった」

トキ「もう寝よう、生きてるのがつらいし」ボフッ




トキ「!?」ガバッ



トキ「小林幸子かと思ったらユダだこいつ…!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:49:15.53 ID:g4ufH1LTO
ガラガラガラン

ジャギ「…」

アイリ「…」

ジャギ(アイリと幸せになれますように)

その願い、封じねばならん!


ジャギ(…親父が早死にしますように)


この恩知らずが!


ジャギ「フッ」ビッ

リュウケン「痛ッ」ドサッ

アイリ「えっ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:01:13.13 ID:g4ufH1LTO
ジャギ「おみくじ引こうぜ」

アイリ「今、リュウケンさん…」

ジャギ「気のせいだ」

アイリ「でも…」

ジャギ「大丈夫、針ぐらいじゃ死なねぇから」



ジャギ「吉…! せめて末吉ぐらいは…!」ググッ


【暗■■■■】


ジャギ「」クシャッ

アイリ「待って待って待って」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:09:12.41 ID:g4ufH1LTO
アイリ「どうしたの? 凶だった?」

ジャギ「ウウン」

アイリ「もしかして…大凶?」

ジャギ「チガウヨ」

アイリ「じゃあ見せてよー」

ジャギ「…ぐっ」バッ

アイリ「…」

ジャギ「やっぱ…俺は運が」



アイリ「やったねジャギさん!」

ジャギ「…は?」

アイリ「暗雲晴れる…吉、だって」

ジャギ「暗雲…?」

アイリ「最初に総評みたいなのが書いてあるのよ」

ジャギ「はは…なんだ、あはは…」ガクッ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:14:31.59 ID:g4ufH1LTO
アイリ「仕事・はかどる、金・大きく使うと吉、だって」

ジャギ「今年は躍進の年だな」

アイリ「あと…恋愛・成就、って」

ジャギ「え」

アイリ「えへへ」ポッ

ジャギ「…」ポリポリ




アイリ「でも健康運と家族運はかなり悪いね」

ジャギ「それ先に言って」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:22:03.75 ID:g4ufH1LTO
アイリ「あ、園長さん」

サウザー「ハッピーニューイヤー、アイリ君とその他」

ジャギ「誰がその他だ」

サウザー「冗談だ…、ムッ!?」

ジャギ「な、なんだよ」

サウザー「そのネックレス! どこで手に入れた!?」

ジャギ「こりゃ…アミバが売りに来て」

サウザー「まだあるのか!?」

ジャギ「さっきまでは一杯…」

サウザー「そうか! 進め!全て買い占めるのだ!」ブォォオンッ


アイリ「需要あったね」

ジャギ「市場が狭すぎる」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/01(土) 01:26:02.40 ID:0jTihgQoO
シュウが鐘を鳴らしてるのかと思ったぜ
社友者「南斗の血が漆喰となって聖帝十字鐘は完成するのだ!!」

シュー「ケンシローウ!!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:39:29.23 ID:g4ufH1LTO
ガラガラ

ジャギ・アイリ「俺の名を言ってみろー」

ジャギ「ありゃ、みんな元朝詣り行ったみたいだな」

アイリ「年越しそば食べてなかったし、食べながら待とうよ」

ジャギ「そうだな」



こうして一年が終わり、また新しい一年が始まる!

大晦日も元日も、過ぎてしまえば365分の1日に過ぎない!

だが、そこに特別な意味を見出し、人は一歩ずつ前へ進むのだ!



ユリア「ちゃんとお願いするのよ!」

ラオウ・ケンシロウ(来年から本気出す)パンパン

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 03:07:37.74 ID:g4ufH1LTO
……

ジャギ「真っ白いー地平のー向こうからー」トントントン

ガラッ

ラオウ「…」

ジャギ「お、兄者、今日はやけに早」

ラオウ「ぬうんッ」ブンッ


メゴッ


ジャギ「うへぁっ!?」ズザーッ


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 03:14:00.39 ID:g4ufH1LTO
ジャギ「あっ、兄者…いきなり……何を」

ラオウ「…い」

ジャギ「…は?」

ラオウ「弱い、弱すぎるわ」

ジャギ「! 兄者、まさか…」


ラオウ「北 斗 剛 掌 波」ゴッ


ジャギ「どぉえへぷ!!」ヘヂャッ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 03:20:58.23 ID:g4ufH1LTO
……

ケンシロウ「まーたジャギのやつ死んでるよ」

トキ「しかも朝食作りかけで」

ケンシロウ「正月だからって気がゆるみすぎじゃないか?」

ジャギ「」★

トキ「まぁ、とりあえず恒例のダイイングメッセージを」

ニア カ

トキ「か?」

ケンシロウ「ヒント少っ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 03:28:29.40 ID:g4ufH1LTO
スーパーサザンクロス


モヒカン「ぶべっ!?」ドカァァッ

シン「…何の真似だ」

ラオウ「…」ゴゴゴッ

シン(! こいつ、正気じゃない!)

シン「南斗千首龍撃!」バババッ

ガガガガガッ

ラオウ「ぬううう…ッ」ガガガッ

シン(避けない…だと!?)

ラオウ「ぬぅうああああああッ」ビキーンッ

シン「ぬあっ!?」パシィンッ

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 03:54:45.54 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「そんなやわな拳ではこの体に傷一つつけることはできぬわッ」

シン「ほざけ! 南斗獄屠拳!」バッ

ラオウ「ぬんッ」ガキィンッ

シン「なに!? 弾かれ―」


ラオウ「北 斗 剛 掌 波」


シン「ぬぁぁァあああッ!?」ドカァァッ


シン「…がはっ! ラオウ…貴様一体……」

ラオウ「ユリアはこのラオウがもらってやるわ…!」バサッ

シン「なんだと…!?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 04:00:37.78 ID:g4ufH1LTO


ウィン

ケンシロウ「多分、ジャギはカップめんにしろって書いてたんだよ」

トキ「絶対違う」

ケンシロウ「おーいシン、カップめんくれ……ぇ」

シン「ケンシロウ……」ボロッ

ケンシロウ「あ、すいません、間違えました」

トキ「逃げるな」ガシッ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 09:07:34.12 ID:g4ufH1LTO
ラオウ、突然の暴虐!

ラオウは普段、ケンシロウと小競り合いを繰り返しているものの、それ以外で拳を使う事はない!

しかし! 突如ラオウは牙を剥き、ほんの一時間の間にジャギ、シンに襲いかかった!

容赦の無いラオウの拳に、為す術無く倒れるジャギとシン!

一体何があったのか!

今日のラオウは本気だ!!

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 09:25:19.82 ID:g4ufH1LTO
ケンシロウ「ラオウがシンを?」

トキ「何かの間違いだろ!」

シン「いや、確かにラオウは戦いを望んでいた」

モヒカン「突然私達に襲いかかってきて…グスッ」

クラブ「…よしよし、怖かったね」

シン「……、ラオウはユリアを奪い去ると言っていた」

ケンシロウ「何ッ」

シン「急げ! ユリアが危ない!」

ケンシロウ「わかった!」

トキ(ユリアを連れ去って何のメリットがあるんだ?)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 09:39:24.70 ID:g4ufH1LTO
パカラパカラパカラッ

ラオウ「ユリアーッッ!」ドドドド


「 そ こ ま で だ 」


ラオウ「!」グイッ


ヒューイ「北斗の死拳、消滅する時が来たのだ!!」

シュレン「己の野望と共に灰となれ拳王!」

ラオウ「何かと思えば…有象無象が」

フドウ「このフドウを有象無象とは、大層な自信だな!」

ラオウ「…む」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 10:00:06.53 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「三人がかりであろうがどうという事はない。この拳王の前では赤子同然ッ!」

ラオウ「さあ、どこからでもかかってくるがいい!」

ヒューイ「いわれずとも!」

シュレン「血祭りに上げてやる!」

ヒューイ「五車風裂拳!」ババッ

シュレン「五車炎情拳!」ゴォッ

ラオウ「ぬううぅぅんッッ!!」

ガキィィンッ

ヒューイ「ぬぁっ!」ドサッ

シュレン「ぐうっ!」ズザッ

ラオウ「ぬぅはっは…! 我が肉体は無類無敵!」


フドウ「うううりぃゃあああああああああッッ!!」ゴォォッ

ラオウ「!」

ドガァァァッッ

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 10:11:38.09 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「ぐぅ…流石は鬼よ……ッ」ググ

フドウ「……まだ動かぬか!?」ググ

ラオウ「くっ ぬふふ…!」ググッ

フドウ「! このフドウが圧されているだと!?」

ラオウ「今のうぬでは役不足だ…!!」ズシッ

フドウ「ヒューイ! シュレン! 今だ!!」

ラオウ「何!?」



シュレン「兄弟星パワー! プラス!」

ヒューイ「兄弟星パワー! マイナス!」


ラオウ「」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 10:28:08.79 ID:g4ufH1LTO
シュレン・ヒューイ「クロス・ボンバーッ!!」

ドカァァンッッ

ラオウ「がはぁぁッ!?」


シュレン・ヒューイ「やったか!?」

フドウ「いや! 首が切断できてない!」

ラオウ「拳王の肉体は……砕けぬ、折れぬ…朽ちぬ!」ゴゴッ

ラオウ「天将奔烈ッッ!!」ズガァァァッッ


シュレン・ヒューイ「ぐあぁあっ!!」ドシャッ

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 10:39:02.88 ID:g4ufH1LTO
フドウ「このままでは…」

ヒューイ「かくなる上は…!」

ラオウ「まだやるのか」

シュレン「こちらレッド! リーダー、聞こえるか? オーバー」ジッ

『こちらリーダー! レッド、聞こえるぞ! オーバー』ジッ

シュレン「クラウドロボ発進許可を!」

『クラウドロボ発進、 承 認 !』

『了解! クラウドロボ、プログラムドラーイッブ!(裏声)』

『ガシャンッ』


ゴゴゴゴゴ…


ラオウ「…嫌な予感しかせぬ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 10:55:31.49 ID:g4ufH1LTO
ドォォォオンッッ

リハク「慈母星の導き!」

四人『南斗五車星!クラウドロボ、推参!』  ジュウザ「Mother…」



ラオウ「…どの辺がロボなのだ」

ヒューイ「どの辺って!」

シュレン「アーマー着てるだろ! フルアーマーだぞ!」

リハク「フルアーマージュウザの方がかっこ良かったかのう…」

ラオウ「…」

ヒューイ「もっかい登場シーンやっていい?」

ラオウ「…」

フドウ「ちょっとラオウ怒ってるし次回にしよう」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/01(土) 11:14:05.98 ID:qwe5JDNtO
ジュウザは何処へ向かっているんだ…

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 11:24:25.10 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「今度は5人掛かりか」

リハク「フン、お主ごときジュウザ一人で十分よ!」

ジュウザ「Mother…」

ラオウ「大した自信だな」

シュレン「それはお前の方だ! この体格差を覆せるものか!」

ヒューイ「いけジュウザ!」ピシッ


ジュウザ「■■■■■■■■■■■■」ゴゴゴッ


ラオウ「仲間に鞭とは…ゲスが」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 11:57:41.96 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「ジュウザ、うぬはそれで良いのか?」

ラオウ「昔のよしみで五車星に与しているのかも知れぬが、果たしてうぬらは対等と言えるか?」


ヒューイ「ラオウのやつ、ジュウザを懐柔するつもりか!」

シュレン「放っておけ! ジュウザに人の言葉は通じない」


ラオウ「ジュウザよ、強くなりすぎたうぬと対等になれるのは、最早このラオウのみ!」

ラオウ「己の為に戦え! ジュウザ!」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:01:31.24 ID:g4ufH1LTO
ジュウザ「……」

リハク「無駄だ、ジュウザはそれ人間ではない…」

ラオウ「だからなんだ」

リハク「…何?」

ラオウ「ジュウザが何者であろうと、戦える相手なら何でもいい。たとえ神であろうと…!」

ジュウザ「…!」

リハク「やはり凶暴星は危険だ! ジュウザ! 潰せ!」



リハク「…どうした! やれ!」ピシッピシッ

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:09:27.24 ID:g4ufH1LTO
ジュウザ「■■■■■■■■■■■■■■■」オオオオッ

ブンッ ドカッ

リハク「ぎゃあ!?」ズサァァ

ラオウ「そうだ…我等は戦いの中でのみ対等になれる!」

ジュウザ「トモ…ヨ!」ズズッ


ジュウザ「■■■■■■■■」グァッ

ラオウ「ジョイヤァァッ!!」グォッ


グァキィィンッ


リン「正面から拳でぶつかった!?」

バット「ラオウが圧し負けてない! 流石一度ジュウザの足を投げ飛ばしているだけはある!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/01(土) 12:12:04.95 ID:baXZUKMK0
おかしい…なんかラオウがかっこいいぞ…

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:15:44.76 ID:g4ufH1LTO
ジュウザ「…グゥッ!?」

リン「ジュウザが退いたわ!?」

バット「ラオウの拳の重さが勝ったんだ!」

ラオウ「これぞ天をも掴む最強の拳…!」

ジュウザ「…」

ジュウザ「■■■■■■■■■■■■■■」グァァァッ


リン「ジュウザの闘気が…!」

バット「あの闘気は覚悟の現れ! 次で決着をつける気だ!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:25:31.60 ID:g4ufH1LTO
ジュウザ「■■■■■■■■■■■」オオオッ

ラオウ「ならばこのラオウ! 全身全霊を持って撃ち破ろう!!」

ジュウザ「■■■■■」ブゥゥンッ

ラオウ「受けてみい! このラオウの無敵の拳! 天将奔烈をッ!!」ゴッッ


カ―――――ッ


ラオウ「…」シュゥゥ

ジュウザ「…」シュゥゥ

ラオウ「……見事」




ジュウザ「―アリガト…ウ」グラッ

ズズゥゥウウンッ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:35:05.70 ID:g4ufH1LTO
ザッ

ラオウ「……」

ジュウザ「流石だ……拳王」

ラオウ「…神に感謝する。我が前にこれだけの男を送り出してくれたことを!!」

ジュウザ「…へへ」

ラオウ「…フ」

ジュウザ「……人間に戻ったら…また戦ってくれ」

ラオウ「いつでも受けて立つ」バッ

ジュウザ「ありがとう……」フッ



ラオウ「走れ黒王号!」パシッ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:42:14.49 ID:g4ufH1LTO
……

ケンシロウ「これは!?」

トキ「デビルリバース!」

フドウ「ジュウザだ」

ケンシロウ「フドウ達が倒したのか?」

フドウ「いや、拳王だ」

トキ「ラオウが!?」

ケンシロウ「マジかよ…止める自信なくなった……」

フドウ「弱音を吐かないでください。ケンシロウさん達が望みの綱です」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 12:48:15.11 ID:gv0yBnujO
拳王覚醒!!

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 15:33:20.55 ID:g4ufH1LTO


ラオウ「…」

サウザー「帝王に楯突くか、面白い」

サウザー「果たしてこの俺を倒す事ができるかな?」

サウザー「ほれ、打ってこい。来ないならこちらから行くぞ!」

ラオウ「北斗剛掌波!」ゴアッ

スゥッ

サウザー「効かぬなぁ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 15:43:11.07 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「天将奔烈!!」ゴォッ

スウッ

サウザー「無駄だ!」

サウザー「羽根と化す南斗鳳凰拳に、致命の拳を突き入れる事はできぬのだ!!」バッ

ヒュンッ

ラオウ「ぬぅッ!」ズバッ

サウザー「死ねぇい!」ダンッ

ラオウ「北斗無想陰殺!」バッ

ドカァッ

ラオウ「捉えたッ」


サウザー「何を捉えたのだ?」


ラオウ「!?」

サウザー「極星十字拳!」ビッ

ラオウ「ぐぉあっ!!」ブシュッ

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 15:57:44.66 ID:g4ufH1LTO
サウザー「ワハハハハハ!! どうした! 息が上がっているぞ!」

ラオウ「ぐっ…ぬぅ……」ボタボタ

サウザー「フハハ、打たれ強さだけは一丁前だな」

ラオウ「…フンッ! うぬのやわな拳ではこのラオウは倒れぬ!」ムキッ

サウザー「戯れ言を! 南斗爆星破!」

ラオウ「ぐぅぉ!?」ズバッ

サウザー「とどめだ!!」シュッ


ズブッ


ラオウ「…今度こそ捉えたぞ」ガシィッ

サウザー「!? 腕がっ!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:07:39.07 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「 北 斗 百 裂 拳 」

ドガガァァァッ

サウザー「うぉぉぉおおお」ズドドドド

ズザァーッ

ラオウ「一撃離脱に徹すればいいものを、我が肉体を貫くなど…身の程を知れ」

サウザー「がはぁッ……流石だ、…我が拳を止めるとは…!」ズルッ

サウザー「ならば俺も虚を捨て、全力で相手をしよう!」バッ


スタッ


サウザー「南斗鳳凰拳奥義! 天翔十字鳳!」ゴォォッ

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:26:45.30 ID:g4ufH1LTO
サウザー「構えとは即ち防御の型であり下郎の使うもの!」

サウザー「本来南斗鳳凰拳に構えは無いが、その存在を脅かす者が現れた時、帝王の名誉と威信を賭けて構えを取る!」

サウザー「ゆくぞ! 今日で北斗神拳の歴史が終わるのだ!!」バッ


サウザー「死ねぇ!!」

ズバッ


ラオウ「…悲しい運命だ」スウウ

サウザー「なっ!? 瞬間移動か!?」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:32:01.07 ID:g4ufH1LTO
ガシッ

サウザー「ぐっ!?」

ラオウ「これほどの強者を失うのは実に惜しい」ググッ

ラオウ「せめて…せめて奥義で葬ろう」ゴゴゴ

サウザー「くっ!! 離せ!」グイグイッ


ラオウ「受けてみるがいい! 我が全霊の拳をッ!!」グァッ

メゴッ

ドカァァァアアアッッ


サウザー「ぐぁぁ――――ッ!!」グシャァァッ

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:39:53.31 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「このラオウより真の強者の歴史は始まるのだ」

サウザー「十字陵ネックレス着けてたのに……」ガクッ

ラオウ「次は誰だ! トキか? レイか?」パシッ

パカラパカラッ




ジャギ「……はっ!? すっかりオウガイさんと話込んでしまった…」

ジャギ「イチチ…今何時だ…って夕方!?」

ジャギ「どうしてこうなった………、あ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:43:58.78 ID:g4ufH1LTO


ピンポーン

ユリア「はーい…あらケン、トキさんも」

ケンシロウ「ユリア! 無事だったんだな!」

ユリア「え、ええ…?」

トキ「話せば長くなるんだが、今ユリアさんは狙われているんだ」

ユリア「誰に…?」

ケンシロウ「ラオウ」

ユリア「……はぁ?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 16:48:30.20 ID:g4ufH1LTO
ユリア「一体なんでラオウが私を?」

ケンシロウ「それはわからない…」

トキ「ユリアさんは美人だから狙われても不思議ではない」

ユリア「やぁだトキさんったら!」ペシッ

トキ「ハハハ」

ユリア「ケン、これよこれ! リップサービス!」

ケンシロウ「はぁ」

ケンシロウ(とりあえずクローゼットにでもぶち込もう)

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 17:15:21.61 ID:g4ufH1LTO
ブロロゥンッ

ジャギ「おーい!」

トキ「あ、ジャギだ」

ケンシロウ「忘れてた」

タタタッ

ジャギ「ラオウ兄者は?」

ケンシロウ「こっちには来てない」

ジャギ「そうか…」

トキ「ジャギ、手に持ってるそれは?」

ジャギ「これ? ルル」

トキ「ルルって風邪薬の?」

ジャギ「そうだ」

ユリア「あー!」

トキ・ケンシロウ「?」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 17:30:58.21 ID:g4ufH1LTO
ユリア「ラオウが暴れまわってて、私を狙ってるって、前にもなかった?」

ケンシロウ「前?」

トキ「あったかな…」

ジャギ「あったよ。今から10年ぐらい前だ」

ユリア「なんか突然、世紀末覇者とか言い出して」

ジャギ「そうそう」

ユリア「天はこの俺と戦いたがっているとか訳分からない事言ってたよね」

ジャギ「そうそう」

ケンシロウ(全然覚えてない)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 17:35:49.41 ID:g4ufH1LTO
ユリア「もしかして…ラオウ風邪ひいた?」

ジャギ「多分。熱っぽい顔してたし」

トキ「ああ! だからか!」

ケンシロウ「何がだよ」

ジャギ「ラオウ兄者って、風邪ひくと物凄く凶暴になるだろ」

トキ「昨日とかコタツで寝てたし、多分それで風邪ひいて暴れてたんだろう」

ユリア「10年に一回ぐらいしか風邪ひかないから忘れてたわ」

ケンシロウ「んなアホな」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/01(土) 17:40:51.09 ID:wLfK9ZibO
ラオウwwwwwww

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 17:42:03.71 ID:g4ufH1LTO
ドドドドド

トキ「お、噂をすれば」

ラオウ「ゆ、ユリアー…ゲホッゲホッ!」パカラパカラッ

ケンシロウ「うわぁ…めっちゃ具合悪そう…」

ジャギ「いよいよこじらせてきたな」

ユリア「肺炎とかならなきゃいいけど」



ラオウ「ケンシロウ! ユリアは…はっ…グチィッ!」

ケンシロウ「うわっ!? 汚え!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 17:48:44.33 ID:g4ufH1LTO
ラオウ「ゆりあばこおらおうがぼらっでやどぅば!」ズズッ

ケンシロウ「鼻詰まりすぎて何言ってるかわかんねーよ!」

ラオウ「ティッシュ…」

ジャギ「ほい」スッ

ラオウ「ンヂーッ」ビーッ

ラオウ「ふう…うぬがどれほどになっていようと、このラオウの前でばあかごどうでん!」

トキ「ああっ やっぱり鼻水が…」

ケンシロウ「ラオウ…もういい! 休め!」ガシッ

ラオウ「あう…」フシュー

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:04:44.92 ID:g4ufH1LTO
ラオウ暴走の真相!

それは体調不良からくる情緒不安定が原因だった!

10年前、天の平定を目論み世界を恐怖に陥れたのも風邪が原因!

ユリアを奪い、激しい兄弟喧嘩をしたのも風邪が原因!

体調が悪くなればなるほど機嫌が悪くなり、激しく暴れるデフレスパイラル!


歴史は繰り返す!

拳王様の今後の体調管理に注目が集まる!

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:08:21.28 ID:g4ufH1LTO


トキ「そういえば、ケンは風邪ひくとどうなるんだろう」

ケンシロウ「普通に体調崩すだろ。ほら、高校受験の時とか」

トキ「いや、あれはインフルエンザだったし」

ケンシロウ「…」

ケンシロウ「じゃあ風邪ひいた事ないかも」

トキ(馬鹿だ)

ジャギ(馬鹿だ)

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:08:46.81 ID:OHb3doPwO
>ラオウ「あう…」フシュー

まさかラオウに萌える日が来るとは思わんかった

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:21:11.99 ID:cy1muAWEO
>>135
萌えの権化と言うべきらおタンをつかまえて何言ってんだ

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:24:00.62 ID:02eIajyVO
>>135
お前じゃシエ様の良さも理解できないんだろうな

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:18:45.15 ID:g4ufH1LTO
……

ユリア「お邪魔しました」

ケンシロウ「明日も来るのか?」

ユリア「明日は仕事あるから」

ケンシロウ「そっか」

ユリア「じゃあ、おやすみケンシロウ」

ケンシロウ「おやすみ」

ガラガラピシャン

ケンシロウ「ユリアの仕事ってなんだ?」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:24:39.87 ID:g4ufH1LTO


ケンシロウ「ユリアの仕事って何?」

ジャギ「はぁ?」

ラオウ「知らん」

トキ「恋人のケンシロウが知らないのに、私達が知る訳ないだろう」

ケンシロウ「だよなぁ」

ジャギ「でも働いてはいると思うぞ」

ラオウ「とりあえず収入はあるな」

トキ「よく食材とか買ってくるし」

ケンシロウ「シンにも聞いてみよう」ピッ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:34:42.24 ID:g4ufH1LTO
ゴーゴーッ トリートォン ゴーゴーッ トリートォンッ

ケンシロウ「メール着た!」パカッ


差出人:シン・マツナガ
件名:non title
本文:南斗の直系として日々執務に終われたり、国内を視察したりごめんわかんない


ケンシロウ「シンわかんないって」

ラオウ「使えぬ奴だ」

トキ「思い詰めて飛び降りたりしてなきゃいいが…」

ジャギ「おい止めろ」

ケンシロウ「ありうる」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:36:20.39 ID:02eIajyVO
リハクなら…リハクならなんとかしてくれる!

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:37:46.01 ID:g4ufH1LTO
トキ「まぁ何でもいいじゃないか。ユリアがどこで働いていても」

ケンシロウ「ダメだ! もしキャバクラなんかで働いてたりしたら…」

トキ(ねーよ)

ジャギ(ねーよ)

ラオウ(ふむ…)

ケンシロウ「…」


ケンシロウ「やばい興奮してきた」

ジャギ「もうやだこの弟」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 18:46:45.62 ID:g4ufH1LTO
翌日 午前7:00 ユリアのマンション付近

ケンシロウ「おはようございます」

ケンシロウ「今日はユリアの職業を暴くため、尾行を試みたいと思います」

トキ「嫌な恋人だな」

ラオウ「俺なら殺してる」

ケンシロウ「尚、ジャギは仕事の為欠席です」

トキ「私も帰りたいんだけど」

ラオウ「俺も」

ケンシロウ「駄目! 寂しい!」

ジュウザ(ネイキッド)「ひとんちで騒がないでくれ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:05:56.62 ID:02eIajyVO
暗殺拳としての特性、悪用しまくりワロタ

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:10:50.50 ID:IkIgfAXsO
ジュウザは戻ったのかw

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:17:36.53 ID:g4ufH1LTO
7:15

トキ「あっ 出てきた」

ケンシロウ「ニット帽カワユス」

ラオウ「行ってしまうぞ」

ケンシロウ「よし行こう!」

ジュウザ「ストーカーとか引くわぁ…」

ケンシロウ「ならジュウザはユリアの職業知ってるのかよ」

ジュウザ「いや…知らんけど」

ケンシロウ「なら黙っててもらおう」イソイソ

ジュウザ「…何してんだ?」

ケンシロウ「変装だ」

ジュウザ(なんでウサギの着ぐるみなんだよ!)

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:26:33.19 ID:T4Oq7SBVO
お前はもう死んでいるんだぴょん!

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:31:46.56 ID:cy1muAWEO
何かふもっふ思い出した

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:54:33.96 ID:g4ufH1LTO
7:45 電車で移動

ケンシロウ「ここがユリアの勤め先の最寄り駅かピョン」

トキ「オフィス街ではないのピョンね」

ラオウ「ぐずぐずしてると見失うピョン」

ジュウザ「すげぇ注目されてるんですけど」

ケンシロウ「ジュウザ! 気配を消すピョン!」

トキ「そんなんじゃユリアに気取られるピョン!」

ラオウ「これだから素人は嫌ピョン」

ジュウザ「お前らの存在感は気配消したぐらいじゃどうにもならんぞ!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 19:56:54.67 ID:qK5weH+Q0
うさぎの鳴き声って知らない奴多いよな俺も知らない

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 20:07:38.72 ID:g4ufH1LTO
ユリア「…」スタスタ



トキ「ズンズン歩くピョンね」

ケンシロウ「尾行は暗殺者の基本ピョン!」

ジュウザ「いや、イヤホンしてるお陰だって絶対!」

ラオウ「待つピョン! ユリアがビルに入るピョン!」

ケンシロウ「追うピョン!」



モヒカン「何だね君達」

ラオウ「ウサギだ」

トキ「ウサギだ」

ケンシロウ「ウサギピョン!」

モヒカン「お前らのようなウサギがいるか!」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 20:15:14.94 ID:g4ufH1LTO
ケンシロウ「お願いだからちょっと通して欲しいウサ!」

モヒカン「ダメダメ! 本番が始まってるんだから! 物音とかNGなんだよ」

ジュウザ「本番?」

トキ「まさかA」

ケンシロウ「ホォアアアアアッ!!」


ケンシロウ「 北 斗 残 悔 拳 」ピキーン


モヒカン「あう…な、なんだ!?」

ケンシロウ「経絡秘孔を付いたウサ! さっさと案内しないと体が破裂するピョン!」

モヒカン「ひいぃ!?」


ジュウザ(着ぐるみで凄まれると怖いな)

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 20:25:51.50 ID:g4ufH1LTO
ケンシロウ「さっさと歩くピョン!」ドカッ

トキ「ケンシロウ必死だピョン」

ケンシロウ「NTRとかマジ興奮するピョン」

トキ「」

ラオウ「」

ジュウザ「」

ケンシロウ「冗談ピョン」



【ON AIR】

モヒカン「ここです」

トキ「録音スタジオウサね」

ケンシロウ「もしかして歌手ウサか!」

ジュウザ「もう着ぐるみ脱いでんだから口調戻せよ」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 20:28:38.54 ID:g4ufH1LTO
せいやん「せいやん」

ユリア「YURIAの!」

『美少女ゲームは、き・ら・い(はーと)』



ケンシロウ「」

ジュウザ「」

ラオウ「ほう」

トキ「やべえ! YURIAってユリアだったのか! マジテンション上がる!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/01(土) 21:09:00.55 ID:LW+CXEiS0
そっちのYURIAかwwww

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:00:41.44 ID:ZDz+wvgPO


レイ「…来ないなぁ」パカ

マミヤ「…」

レイ「おかしいなぁ…、ちゃんと出したのに」

マミヤ「そうね、どうして来ないのかしら」

レイ「なんでだろうな」

マミヤ「なんで生理来ないのかしらね」

レイ「そうそう」



レイ「え」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:05:24.95 ID:ZDz+wvgPO
レイ「ちょっと待った! 俺は年賀状の話をしてたんだが」

マミヤ「ええ、知ってるわ」

レイ「でもマミヤは生理が……ってええ!?」

マミヤ「落ち着いてレイ」

レイ「ああ……悪い」

レイ「すーっ はーっ」



レイ「マミヤ、子供が……できたのか?」

マミヤ「まだお医者さんに診てもらった訳じゃないけど、多分ね」

レイ「そっか……」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:11:18.65 ID:ZDz+wvgPO
レイ「俺も一児の父かぁ…」

マミヤ「むしろママだけどね」

レイ「う……、やはりアミバに体を戻してもらわねば」

マミヤ「それは駄目よ」

レイ「いや! 生まれてくる子供のためにも、俺は男に戻るぞ!」

マミヤ「だからそれは駄目なのよ!」

レイ「……何故だ?」

マミヤ「生理が来てないのはレイ、貴方なのよ」




レイ「うそん」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:24:51.24 ID:ZDz+wvgPO
マミヤ「レイ、最後に生理が来たのはいつ?」

レイ「えーと、ダイダラボッチみたいになったジュウザと戦った後だから…」

マミヤ「裕に1ヶ月半以上経ってるわね」

レイ「……俺が…妊娠?」

マミヤ「でかしたぞレイ!」

レイ「……い、嫌だ! 俺は男だ!!」

マミヤ「体は立派な女だけどね」

レイ「てかなんで俺が妊娠するんだよ! 俺はマミヤ一筋だって!」

マミヤ「あれじゃない? 私がレイの■■を口に溜めて■■■に注入した時」

レイ「いつだよ! そんな事してたのか!」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:31:51.13 ID:ZDz+wvgPO
マミヤ「にしても、それ誰のチンコなのかしらね」

レイ「嫌だぁぁぁ!! 自分のならまだしも他人のチンコで妊娠なんて!!」

マミヤ「自分のならいいんだ?」

レイ「…失言だった」

マミヤ「ほら、お腹も少し膨らんできてるみたいだし」スリスリ

レイ「くっ! 正月太りだとばかり思っていたが…」

マミヤ「子供の為にも私が男になるべきかしら?」

レイ「それだけは勘弁して下さいマジで」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:39:00.32 ID:ZDz+wvgPO


ユダ「それは本当なのか!?」

レイ「……ああ」

ユダ「アイドルに恋愛沙汰は御法度だろ!」

レイ「俺はアイドルじゃない!」

ユダ「それにしても不味いだろ! モデルの仕事どうするんだよ!」

レイ「これを機に引退で」

ユダ「そうなると、REI御懐妊について詮索する野次馬が山のように出てくるぞ」

レイ「面倒だな」

ユダ「それはこっちのセリフだ」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 13:44:04.78 ID:ZDz+wvgPO
ユダ「…もう医者には行ったのか?」

レイ「…いや」

ユダ「早い内に掛かり付けの産婦人科を見つけた方がいいぞ」

レイ「でも…」

ユダ「もしかしたら単に生理が遅れてるだけかも知れんし」

レイ「! そうだな!」

ユダ「では早速コマクに手配させる」ピッ

レイ「待って待って待って」グイッ

ユダ「何だよ!」

レイ「やっぱり怖い……」ウルウル

ユダ「……その顔で言うな」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 14:10:17.80 ID:ZDz+wvgPO


デカい婆「レイさーん、中へどうぞー」

ユダ「ほら、呼ばれてるぞ」

レイ「う、うん」

マミヤ「私がついてるわ。さ、行こう」






アミバ「今日はどうしました?」

レイ「!」ググッ

マミヤ「レイ! 落ち着いて!」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 14:18:51.48 ID:ZDz+wvgPO
レイ「何故貴様がここに!?」

アミバ「なに、面白そうな匂いがしてな」

レイ「他人事だと思って…!」

アミバ「そう怒るな、胎児に悪いぞ」

レイ「ぐっ…」

マミヤ「私の嫁をあまりいじめないでくれる?」

レイ「嫁!?」

アミバ「これは失礼」

レイ「謝罪!?」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 14:23:45.84 ID:ZDz+wvgPO
アミバ「では検査を始める。そこの診察台に横になれ」

レイ「診察台って、そこのショッカー御用達なやつか?」

アミバ「いかにも」

レイ「いや、胎児に悪いからあまり刺激は…」

アミバ「ほれ、後がつっかえてるんだ」ガシッ

マミヤ「レイ、わがままは駄目よ」ガシッ

レイ「嫌だぁぁぁあああ!!」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/03(月) 14:26:47.23 ID:ilS2KaWA0
レイは改造人間である、ってなるかと思ったけどもう改造人間だった

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 14:29:23.43 ID:ZDz+wvgPO
………

レイ「……ん」

マミヤ「気が付いた?」

レイ「! ……生きてる」ペタペタ

アミバ「当然だ。俺を何だと思ってる」

レイ「悪魔…かな」


レイ「で、検査結果は?」

アミバ「残念ながら、妊娠してない」

マミヤ「残念」

レイ「マジで!? マミヤには悪いけど滅茶苦茶嬉しい!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 14:34:21.89 ID:ZDz+wvgPO
レイ「しかし……どうせなら男に戻してくれればいいのに」モニュン

アミバ「そう言われると思ってな」

レイ「え?」

ピュッ

レイ「!?」

アミバ「母乳が出るようにしといたわばっ!?」ボクシャッ

レイ「アホーッ!!」

マミヤ「あ、チンコは切っといたって」



進化を続ける女、レイ

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/03(月) 14:59:54.44 ID:ilS2KaWA0
アミバの技術力ぱねえwww

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:05:00.95 ID:ZDz+wvgPO


ラオウ「うぬら」スパン

ケンシロウ「なんだよ」

トキ「寒いから早く閉めてくれ」

ラオウ「これを見よ」

ケンシロウ「…何かと思えばヤンマガじゃん」

トキ「キスシスならもう読んだんだが」ペラ

ラオウ「違う! 巻頭のグラビアページだ」

トキ「…REIだな」

ラオウ「何か……より色っぽくなってないか?」

トキ「……確かに」

ケンシロウ「前は腰のくねりがすごかったけど、…これは胸が凄いな」

トキ「恥じらいの表情がたまらないな」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:12:07.83 ID:ZDz+wvgPO


マミヤ「これを見て」ペラ

アイリ「ぶはっ!?」

ユリア「なんて…エロい表情なの」

アイリ「お兄ちゃん…」ボタボタ

マミヤ「アイリちゃん、ティッシュ」スッ

アイリ「ありがとうございまふ」キュッ


マミヤ「忘れがちだけど、レイはもともと男です」

ユリア「はい」

アイリ「知ってます」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:17:16.20 ID:ZDz+wvgPO
マミヤ「しかし、今月の読者アンケートの集計結果、『北斗の拳のメインヒロインは?』でレイが一位を獲得しました」

アイリ「お兄ちゃんが!?」

ユリア「グラビア効果でしょ。そもそもジャンプじゃないし」

ダンッ

マミヤ「貴女達! 女として悔しくないの!?」

アイリ「いや…」

ユリア「別に…」

マミヤ「レイの方が私達より美しいって事なのよ!」

アイリ「いや…」

ユリア「一理あるし…」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:24:04.15 ID:ZDz+wvgPO
マミヤ「許すまじ性転換…」グヌヌ

アイリ「じゃあ、お兄ちゃんを男に戻せば」

マミヤ「駄目! あんなカワイイ子を手放すなんてできない!!」

アイリ「うわぁ…」

ユリア「レズって面倒くさい…」

マミヤ「アイリちゃんだってレイとニャンニャンすれば分かるわよ!」

アイリ「お兄ちゃんとニャンニャン!?」

ゴチッ

マミヤ「あいた!?」

ユリア「実妹にそういう事言わないの」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:39:29.02 ID:ZDz+wvgPO
……

サウザー「よっ」ズシッ

サウザー「これで雪だるまの完成だ」

ワーイ! エンチョウセンセイアリガトー!

サウザー「フハハ!」

エンチョウセンセイ! コッチモデキタヨ!

サウザー「ん? これは!? 雪の聖帝十字陵!!」

乗る  ニア乗らない

サウザー「フハハ……帝王とて時には省みる!」

エンチョウセンセイ…

サウザー(! そんな期待した目で見るな!)

乗る  乗らない  ニアノる

サウザー「南斗鳳凰拳奥ぎぁぁああッ!?」ズボォッ

ソレ! ウメロー!

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 15:45:22.17 ID:ZDz+wvgPO


シュウ「……園長、ですか?」

手「…」コク

シュウ「…鷲巣麻雀でも打ったんですか?」

手「…」

シュウ「あれほど十字陵トラップに引っかからないようにして下さいと言ったのに…」

手「…」フルフル

シュウ「待ってて下さい。いたずらっ子を叱ってきます」

ガシッ

手「…」グイッ

シュウ「………あの子達は悪くない、と?」

手「…」コク

シュウ「とりあえず…気持ち悪いんで離して下さい」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:00:23.36 ID:ZDz+wvgPO
……

トキ「ジャギはいつまで休みなんだ?」

ジャギ「3日、今日までだな」

トキ「そうか…」ソワソワ

ジャギ「?」

ラオウ「何か……忘れていないか?」

ジャギ「え? いや…強いて挙げれば書き初めかな」

ラオウ「いや、そうじゃなくてな」ソワソワ

スパン

ケンシロウ「ジャギ! お年玉はまだか!」

ジャギ「は?」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:05:10.74 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「ちょっと待て! 今までお年玉やった事なかっただろ!」

ケンシロウ「話が変わった。出せ」

ジャギ「1月の小遣いならやっただろ!」

ケンシロウ「話が変わった。出せ」グイッ

ジャギ「くっ苦しい! 兄者達! 助けてくれ!」

ラオウ「ジャギ、早く出した方が賢明だぞ」

トキ「イカちゃんのBDの為なら仕方ないんじゃなイカ?」

ジャギ「トキ兄者…お前もかっ!」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:14:39.24 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「わかったわかった! お年玉やるから!」

ケンシロウ「分かればいい」パッ

ジャギ「ゲホッ ただし、勝負に買ったらの話だ」

ラオウ「勝負?」

ジャギ「一位の奴には2万円、二位は1万円、三位は5000円、ビリは無し」

トキ「という事は、ジャギも参加するでゲソ?」

ジャギ「そういう事。あとその口調気持ち悪い」

ラオウ「種目はボクシングか?」

ジャギ「ボクシングだけは無い」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:23:28.48 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「公平を期する為、今回はボンバーマンで勝負をしようと思う」

ケンシロウ「懐かしいなぁ」

ジャギ「ルールは簡単、最後まで立っていた奴が優勝、2万円」

ジャギ「後は生きていた順に二位三位となる」

ラオウ「一発勝負か」

ジャギ「一発勝負。ステージも『いつもの』で」

リュウケン「ではさっさと始めようではないか」




ジャギ「うわっ!?」

トキ「びっくりした…」

ラオウ「心臓に悪い…」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:29:09.92 ID:ZDz+wvgPO
ショーブダ!

ケンシロウ「しかし一発勝負となると、アイテム出現次第でかなり優劣の差が出るなぁ」

ジャギ「あ!? トキ兄者が病に冒された!」

トキ「誰だ! ドクロ飛ばしたのは!」

ラオウ「出よ黒王号!」

ケンシロウ「ルーイとか卑怯だな」

リュウケン「黒くないし」

ラオウ「馬鹿め! 勝てばよいのだ!」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:36:34.23 ID:ZDz+wvgPO
トキ「ぬおお!? 下痢が止まらん!」

ケンシロウ「大量にボム持っててのドクロは死亡フラグだ」

トキ「あわびゅっ!?」ドカーン

ビリ トキ

ラオウ「トキ…病んでさえいなければ……」


リュウケン「ぬ!? 挟まれたか…」シマッタ!

ケンシロウ「お前の命はあと5秒だ」

リュウケン「…」

リュウケン「それってブロックに潰される事じゃろ!」

ケンシロウ「4!」←リモコン爆弾持ち

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:49:17.10 ID:ZDz+wvgPO
ラオウ「ケンシロウ! 貴様ごとき黒王号の上で十分だ!」

ケンシロウ「ルーイの上でいばるな!」

ラストスパート!

リュウケン「ぐぇ!?」グシャッ

四位 リュウケン(1000円)


ケンシロウ「アァタタタタタタタタタタッ!!」ケリッケリッ

ドーン ドーン

ラオウ「ぬぅ!? 黒王号が!?」ドーン

ケンシロウ「 北 斗 百 花 繚 乱 」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 16:55:51.56 ID:ZDz+wvgPO
ケンシロウ「ラオウ! そんな駄馬の上ではこの俺には勝てんぞ!」

ラオウ「うぬがどれ程になっていようと、このラオウの前では赤子同然!」

ピッ

ケンシロウ「え」

ラオウ「あ」

ドカーン カンカンカンカーン

ケンシロウ「…え?」

ラオウ「何が起きたのだ?」

ジャギ「俺には地雷という切り札があったのだ!」

トキ「汚いなさすが主催者きたない」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:03:29.59 ID:CKIn90Kj0
最近のボンバーマンには地雷とかあるのか

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:07:55.79 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「結果発表!」

ジャギ「第四位! リュウケン選手! 賞金1000円! おめでとう!」

リュウケン「…」

ジャギ「第三位! 同率三位で、ケンシロウ選手とラオウ選手! それぞれ5000円ずつ! おめでとう!」

ジャギ「さて、優勝は…デケデケデケ」

ケンシロウ「もういいよそういうの」

ラオウ「さっさとしろ」

ジャギ「ジャギ選手2万円贈呈! おめでとうイヤッホウ!!」

ラオウ「自分の金だろ」

トキ「何はしゃいでんの」

ケンシロウ「地雷持ち凄いですね」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:11:25.95 ID:SWvxCMTaP
お年玉貰えたんだから少しは感謝しろよニート共www

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:14:18.75 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「…さて、優勝祝いにこの金で寿司でも食いに行くか」

ラオウ「何!」

ケンシロウ「本当か!」

リュウケン「さすがはジャギ! 気前がええのう!」

ジャギ「ヒィャハハハ!!」



トキ「ちょっと待たなイカ!」

ジャギ「へ?」

トキ「これではイカ娘のBD買えないじゃなイカ!」グイッ

ジャギ「ぐぇっ!?」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:18:50.28 ID:QvQrzzOZ0
トキwww

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:19:31.51 ID:ZDz+wvgPO
北 斗 神 拳 奥 義

リュウケン「 七 星 点 心 」

トキ「あべしっ!?」★

リュウケン「見苦しいぞトキ! 寿司が食えるだけ有り難いと思え!」

トキ「」★

ケンシロウ(親父が珍しく正論言ってる)

ラオウ(まともな事言ってるの初めて見た)

ジャギ(多分聞こえてないけどな)

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:23:56.05 ID:ZDz+wvgPO
お年玉争奪ボンバーマン大会!

優勝はジャギに決まり、トキ以外にはお年玉が贈呈された!

リュウケンの乱入もあったが、ガチンコ一本勝負はつつがなく終わり、北斗一家は寿司屋に出掛けるのだった!


ケンシロウ「回らない寿司な」

ラオウ「ウニ、イクラ、大トロのある店だぞ」

リュウケン「チェーン店も不可」

ジャギ「お、お手柔らかに……」





トキ「」★

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:27:23.12 ID:Sgv0B7FlI
トキが相変わらず酷いwwww

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:35:26.29 ID:KC4Lr5bJ0
ジャギがケツ毛までむしられて★がつきそうだな

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:38:08.00 ID:ZDz+wvgPO


ピンポーン

ジャギ「はいよー」

ガラガラ

?「よっ! あけましておめでとう!」

ジャギ「は?」

?「いやーしばらく見ない間にデカくなって!」バシバシ

ジャギ「ちょっ、ちょっと待ってくれ!」

?「あん? なんだ?」

ジャギ「あんた誰だ?」

?「え」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:41:42.10 ID:ZDz+wvgPO
ラオウ「なんだ騒々しい…」スパン

?「おー! ラオウ! 本当にデカくなったな!」

ラオウ「ぬ、この拳王を呼び捨てるとは…」

?「拳王(笑)」

ラオウ「」ブチッ

ジャギ「まずい!」

ラオウ「北斗剛掌波!!」ゴッ

ジャギ「危ない! 避けろ!」

?「ニッ」


?「 北 斗 剛 掌 波 」


バシュウウッ

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:46:55.78 ID:ZDz+wvgPO
?「全く……はるばる中国から来てみればとんでもねぇ悪ガキばっかりだぜ」

ジャギ「剛掌波を…」

ラオウ「相殺した…?」


リュウケン「おいジャギ! 飯はまだか!」

ジャギ「さっき寿司食ったろ!」

リュウケン「!! 兄さん!!」

ラオウ「」

ジャギ「」

拳志郎「よ! お前老けたなー!!」




ラオウ・ジャギ「えええええええええ!?」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:51:40.21 ID:ZDz+wvgPO
リュウケン「こちらがワシの兄、霞拳志郎じゃ」

拳志郎「お前らが覚えてないのも無理はないな。最後に会った時なんか、こんな小さかったもんなー」

ジャギ(そんな小さくねーよ)

ラオウ(米粒か)

ケンシロウ(若!)

拳志郎「にしてもハゲたなー羅門!」キュッキュッ

リュウケン「兄さんがおかしいんです! 若すぎ! 撫でんな!」バタバタ

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:57:58.34 ID:Sgv0B7FlI
そっちのケンシロウは波紋使いでもあるわけか

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 17:59:46.58 ID:ZDz+wvgPO
ジャギ「というか、拳志郎伯父さんは死んだって親父が言ってたけど…」

拳志郎「ほう」

リュウケン「言っておらん! デタラメ言うな!」

ケンシロウ「言ってたよな」

ラオウ「言ってた」

拳志郎「だってよ」

リュウケン「……だって全然連絡ないし、死んだかと」

拳志郎「羅門、お前変わったな」

ケンシロウ「いや、物心ついた時にはこうだった」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 18:06:17.66 ID:ZDz+wvgPO
拳志郎「ところで」

リュウケン「はい」

拳志郎「あそこで死んでるのは…?」


トキ「」★


リュウケン「ああ、トキです」

拳志郎「トキ!? おい! 大変じゃないか!」

リュウケン「大丈夫、いつもの事です」

拳志郎「いつもなのか……伝承者争いも大変だな)」

ラオウ(新鮮だ)

ケンシロウ(新鮮だ)

ジャギ(お年玉争奪戦で死んだなんて言えない)

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 18:16:08.67 ID:ZDz+wvgPO
リュウケン「今日は泊まりで?」

拳志郎「いや、これから長崎に行かなきゃならんからな。そろそろお暇するわ」

リュウケン「そうですか…」



拳志郎「今ほっとしたろ」ギュウ

リュウケン「してない! してないって!」

ケンシロウ(あのリュウケンが圧倒されてる)

ラオウ(一体何者なんだ…)

ジャギ(親父じゃなく伯父さんが育ての親だったら……やめとこう)

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 18:24:36.09 ID:ZDz+wvgPO
拳志郎「じゃあな! 次は盆にでもゆっくりさせてもらうわ!」

ジャギ「また来て下さい」

ケンシロウ「バイバイ」

拳志郎「じゃあな、羅門」

リュウケン「兄さん、お元気で」

拳志郎「お前こそ、老衰で死ぬなよ!」

ガラガラピシャン

ケンシロウ「伯父さん格好良かったなー」

ジャギ「まともだし」

ラオウ「それに比べて……」

リュウケン「なんでワシを見る!」

ケンシロウ「はぁ…」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/03(月) 18:28:01.24 ID:ilS2KaWA0
拳志郎がジジイなのを想像できない

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 19:07:16.69 ID:ZDz+wvgPO
申し訳ないですが今回ここまでです
ジャコウ社長とルイお嬢様とか、YURIAがバレたユリアが拗ねる話とか、そろそろバットとリンの話書きたいな、とかいろいろ考えてたんですが、一身上の都合で終了させてもらいます

期待して下さってた方々には本当に申し訳ありません
ありがとうございました
良い一年をお過ごし下さい

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 19:28:47.15 ID:Sgv0B7FlI
お疲れ!
また期待してるぜ

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 19:47:41.27 ID:hajNRh8i0
>拳志郎「じゃあな! 次は盆にでもゆっくりさせてもらうわ!」
期待してもいいんですね

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/03(月) 20:22:50.47 ID:KC4Lr5bJ0
盆まで待てねーYO。。。

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/03(月) 22:03:40.99 ID:s6GaFhF30
乙。
おもしろかったです。続きゆっくり待ってます












リボルテック レイ白髪Ver. 北斗の拳REVOLUTION Series No. 009リボルテック レイ白髪Ver. 北斗の拳REVOLUTION Series No. 009
(2009/04/01)
海洋堂

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2011年01月05日 19:38 |
  2. ジャンプ系SS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

管理人帰還ッ!管理人帰還ッ!管理人帰還ッ!

あとこのシリーズ大好きwww
  1. 2011/01/05(水) 23:43:15 |
  2. URL |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tekitouvip.blog107.fc2.com/tb.php/594-c84b52ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。